2011年02月19日

make a point of

2/18「実践ビジネス英語」

だれが何を注文したのかを覚える、といえば、
どこかのラーメン屋さんで複数のお客さんの細かい注文まで
完璧に覚えるラーメン職人さんを見たことがあります。(on TV)
あれはすごかった、まさにプロであった。

I was so impressed that I made a point of coming here regularly.
− 私はとても感心して、ここへ定期的に来るようにしたのです。
make a point of … 必ず〜をする、〜をすることにしている
同じ意味だけど make it a point to のパターン
Brian and I make it a point to use e-mail to talk about mundane, everyday stuff ...
(ブライアンと私は、(中略)日常生活のことには電子メールを使うことにしている)
(10/05/26「実践ビジネス英語」)

do’s and don’ts … すべきこととしてはいけないこと、注意事項、心得
この関連でテキストに紹介されていた
Mind[watch] your p’s and q’s.
(言動に気をつけてきちんとしなさい)
p’s pleaseq’sthank you のこと、と一般的には解釈されている。(テキスト)
へー。
前から気になってはいたんですよ、pq が何なのか。
「活字の p q は混同しやすいので、気をつけるように」という
印刷業界から生まれた表現説(テキスト)も捨てがたい。
こちらの本によれば
日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス) [単行本] / 藤浦 文夫, ニコラス ハワース (著); Nikolas Howorth (原著); 旺文社 (刊)
この表現は old-fashioned で若い人は使わないし、
これを使うとかなり fussy と思われるそうなので、お気をつけあさーせ。

p’s and q’s ときたら、コレコレ。
But we still must dot all our i’s and cross all our t’s.
− でも、まだ細かいところの総仕上げをしなくちゃならない。
(08/07/21「入門ビジネス英語」)
細部にまで周到である」というこの表現の語源はこちら
06/10/10・11「ビジネス英会話」でクリスさんが説明してくれました。

I hate it when a waiter comes to your table and asks, “So, who’s having the filet mignon?”
− 席に来たウェイターに、「では、フィレミニヨンの方はどなたでしょうか」と
  聞かれるのはすごく嫌なものです。
I hate it when 〜 が、また出た!
I hate it when no one stops for us.
(1台も止まらないというのは実に腹が立つものだ。)(08/10/07「ラジオ英会話」)
I hate it when that happens.
(そういうときって嫌よね。)(09/12/08「英語5分間トレーニング」)
「実践ビジネス」にも登場したことで、3番組制覇!

That sounds so offhand and rude.
− とても無作法(ぶっきらぼう)で失礼な感じがします。
He was very offhand with me.
(彼は私にとてもそっけなかった)(OXFORD)

07/12/3・4「ビジネス英会話」では
「思いつきで、即興で」という副詞で使われていた offhand
I can’t decide offhand which car to buy.
(どの車を買うか即決できない)(プログレッシブ)


以前ブログに書いたことですが
「英語圏で何かささいなことを決める場合、
コイントスで決めることが多く、じゃんけんはほとんど使わない」
とALTから聞きました。
しかし先日、ドラマ「Ugly Betty」の中でじゃんけんするアメリカ人を初めて見た!
やっぱりじゃんけんする人もいるんだね。
それはいいとして、私は英語のじゃんけんに不満があります。
英語のじゃんけんのかけ声って、私の知る限りでは2通り。
Rock Paper Scissors
と言ってからグーかチョキかパーを出す
または Rock Scissors Paper
と言ってから出す、の2つ。
順番は人それぞれらしく、ALTによっても違うので生徒も困惑。
ちなみに「Ugly Betty」では Rock Paper Scissors だったけど
小学5年生の「英語ノート(教科書のようなもの)」では Rock Scissors Paper
日本にもいろんなじゃんけんがあるし、仕方のないことけど
せめてALTの間で統一してくれないかなぁ、と常々思っています。


去年の今頃、2/19「実践ビジネス英語」
You’re not doing them a favor if you lead them on with false hopes.
(根拠のない望みを抱かせたら、相手に悪いですから。)
は、昨日のブログに書いた
they’re doing you a favor(彼らがあなたの願いを聞いてあげる)
とちょっとカブり気味。

*Daddyさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:10| Comment(7) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする