2011年11月30日

do lunch

「英語5分間トレーニング」

ちょっと更新遅れ気味で、すまん。

11/21(月)
チョコチップクッキーについて。
He says they taste best frozen.
凍らせると一番美味しいんですって。
どういう文型なんだろう?って思ってたら
frozen の前に when they’re が省略されている。」(テキスト)
だって。

椅子の上に立つと
It’ll roll out from under you.
− あなたの下から椅子が転がり出ちゃうわよ。
「椅子が転がり出る」という日本語を初めて聞いた。
椅子にキャスターでもついてるのかな?

11/24(木)
乾燥機はタイマーをセットしたから
It’ll turn off automatically.
自動的に切れるわ。
こんな使い方もあるんだな、と思った英文
In everything―learning a foreign language or driving a car―it is necessary to practice until you can do it automatically.
(外国語を勉強するとか車を運転するとかいったあらゆることにおいて、
無意識のうちにできるようになるまで練習することが必要である)
 ↑ 反転で読んでくださいね。(10/05/19のブログ)
岩村イズム!

11/26(土)
故障も多くて、お金がかかる車だけど
I think I can squeeze another year or two out of it.
− あと1年か2年は何とか乗れると思う。
squeeze強引に引き出す
強引に押し込むのもアリ。
We managed to squeeze a lot into a week.
(一週間になんとかたくさんのことを詰め込んだ)
(OXFORD)

11/27(日)
What’s done can’t be undone.
すんでしまったことはどうしようもない
Let bygones be bygones.
(過去のことは水に流しましょう。)
なんていうのもありましたよね。

Don’t get all bent out of shape.
− へそを曲げるなよ。
bent out of shape … 怒っている、取り乱した
(プログレッシブ)

Why don’t we do lunch today?
− お昼、一緒にランチを食べない?
ランチするdo lunch
日本語とおんなじだ!


前に、英語の授業でちょっとミスったことがあって
「もう終わったことだから忘れるよ」と言うつもりでR先生に
Let bygones be bygones.
と言ったら、その状況で使うのはヘン、と指摘されました。
これは、人間関係でトラブルがあったとき、
「もう忘れよう」と仲直りする時に使うんだそうです。
そうだったんですか。
That's water ( under ) the ( bridge ).
(もう過ぎてしまったこと)
ならOKだそうですよ。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング(part1)」「英語5分間トレーニング(part2)」
Here’s a non-delivery notice.
(不在配達通知が来てる。)
よくうちのドアにもはさまってる。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

for all

11/24「実践ビジネス英語」

テキスト54ページに
textese(携帯メールに特有のことば)の例がいくつか載ってますけど、
おばさんは、そっちを覚える方が面倒。

For all its benefits, texting doesn’t convey the subtle nuances of a spoken conversation, which is warmer and more honest.
− 携帯メールには、いろいろな利点があります、温かみと率直さにおいて
  勝る会話の微妙なニュアンスを伝えてはくれません。
for all … 〜にもかかわらず(in spite of)
(ジーニアス)
Texting has all its benefits, but ...
と同じ。(ヘザーさん)
ジーニアスの例文
For all she was a heavy woman, she danced well.
(彼女は体重が重たかった上手に踊った。)
彼女は、きっとこの人 

I’m all thumbs, ...
− 私は不器用なので、...
clumsy と同じ。(杉田先生)
ヘザーさんが紹介した不器用な人
butterfingers … 物をよく落とす人(ジーニアス)
へたな内野手、という意味もあるそうです。

目にも留まらぬ速さでメールを打ち込む人の話を聞いたウォーカーのセリフ。
That explains the misspelling and abbreviations that seem to be standard textese, which the linguistic purist in me abhors.
− それでつづり間違いのある単語や略語が、
  標準的な携帯メール語になっているようなのですね。
  私の中のことばの厳格主義者は、それに耐えられませんが。
Linguistic purist … 言語純粋主義者、ことばに厳格な人
06/05/3・4 「英会話上級」より
Would you call yourself a purist?
(ご自分を純粋主義者だと思われますか?)
このときは、日本料理のシェフに対する質問。
↓こちらの本に載ってます。
遠山顕の英会話上級自由自在の英会話 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)

abhor … 嫌悪する、忌み嫌う
others abhor crowds and tourist-ridden locations
(人ごみや観光客の多い場所は絶対に嫌だという人)
(07/12/3・4「英会話上級」)
私が一番最初に習ったのは、07/09/19・20「ビジネス英会話」。

Daily Exercise(2)
Ron Walker is all thumbs, so what is he likely to do while texting?
の答え。
Fumble with his phone.
fumble with … ぎこちなくいじる
(プログレッシブ)
He fumbled with the buttons on his shirt.
(彼はシャツのボタンがうまく留められなかった)
(OXFORD)
子供か!

本当に子供かも...。


かくいう私も、かなりの all thumbs です、自覚あり。
以前、友達に誘われ、「魚のさばき方」教室に連れて行かれたんです。
4人1グループの申し込みだったための人数合わせ。
漁業協同組合主催だったので、あじ、さんま、いかなど、いろんな種類の魚が
豊富に用意されていて、さばいた後はお持ち帰りできるシステム。
「まず、あじからさばきましょう。」
と子出刃包丁を渡された瞬間、イヤな予感がしたんですけど、案の定、  

ギャッ!!  

そこからは、止血しながら、みんながさばくのを見てました(泣)。
不器用だからイヤだって言ったじゃん!
でも、ここまで不器用なヤツとは思わなかったんだろうなー。
謙遜して言ってると思ってたんだろうなー。
私はいつも本当のことしか言わないのに。
不器用だって言ったら不器用だし、
テスト前に勉強してないって言ったらしてないんだから!


去年の今頃、「ラジオ英会話」
ニュースとイソップ。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

second nature

11/23「実践ビジネス英語」

最近、必要に迫られて、大人数に一斉携帯メールを送ることがあるんですけど
返信の仕方や内容に、かなり人柄が反映されることがわかりましたよ。

11/23放送分
at one’s leisure … 手の空いてる時に、暇なときに、都合のよい時に
Daily Exercise(1)での言い換えは
at one’s ( convenience )← 反転チェック

in one's ( spare ) ( time ) でもいいかな。

誰かと話している最中にその相手が携帯メールで別の人と会話をすることは
That irks me no end.
非常にいらだたしいですね。
no end … とても、非常に
これなら既に習ってました。
St. Nick, I’m amazed to no end.
(聖ニック、何もかも驚くことばかりです。)
to no end … 限りなく
(09/12/16「ラジオ英会話」)

no でなくて on end の例がコレ。
They work for hours on end.
(何時間もぶっ通しで働きます。)
on end … (続けて、立て続けに)
(09/12/08「ラジオ英会話」)

Try telling that today’s teens.
− そのことを、今どきの10代の子に話してみてごらんなさい
「話しても何の効果もありませんよ」「言っても聞いてくれませんよ」
という意味。(テキスト)
2001年度「ラジオ英会話」より
インターネットを使って家で調べものをしてくるように、という先生に向かって
親がパソコンの使用を許可しないという、生徒のセリフ。
Try convincing my dad with that.
(できるものなら、父さんにそのことを納得させてみてください。)
納得させるのが難しい、ということ。

For them, it’s second nature to text and talk at the same time.
− 彼らにとっては、携帯メールと会話を同時にするのはごく自然なことです。
second nature … 第2の天性、(深くしみこんだ)習慣
2011年2月号「5トレ」今日の単語
You need to practice these moves until they’re second nature.
(君は習慣になるまでこういう動きを練習する必要がある。)
今読んでみると、「こういう動き」がどういう動きなのかという疑問も。

I’m worried that we may be confusing continual connectivity with making real, meaningful connections.
−私が危惧しているのは、切れ目なく続いているやり取り
  本当の意義深い人間関係の構築だと考え違いをしている、ということです。
confuse を、この意味で使ったことないです。
My aunt is confused with my mother.
(私のおばはよくうちの母と間違えられる)(プログレッシブ)

alarmist warning人騒がせな警告
習ってないなーと思ったのに…。
I don’t want to sound unduly alarmist, but in some countries I’ve visited, you’re taking your life in your hands when you travel by road.
(あまりにも心配性だと思われたくはないのですが、
私がこれまでに訪れた国のいくつかでは、車での移動は命がけです。)
alarmist … 人騒がせな、心配性の
(11/05/26「実践ビジネス英語」)
09/08/14の「5トレ」でも習ってました。

a grievous social faux pas … 重大なエチケット違反
faux pas は ( gaffe ) や social ( blunder )と脳内グループ化ずみ。


携帯メールの返信に関していうと、
同じ内容のメールを一斉送信した後
返信の早い人はいつも早い。
催促しないと返事を返さない人はいつもそう。
硬い文章の人もいれば、絵文字を入れて楽しそうな人もいる。
その人らしさが出るんだなーと思いました。


去年の今頃、11/24「実践ビジネス英語」11/25「実践ビジネス英語」
..., but I’m not sold on the idea.
(私にはその考えがいいとは思えませんね。)
be sold on … (〜に夢中である、〜をよいと思う)
今回の「覚えていなかった大賞」。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

compute

「英語5分間トレーニング」

更新は遅れ気味だけど、聞いてますよ!

11/14(月)
Nancy is wearing her hair in a ponytail.
− ナンシーがポニーテールにしてるのよ。
別の髪型
I remember her as a girl in ( pigtails ).
(彼女がおさげにしている少女のころを覚えているけど。)
(10/12/01「5トレ」)
(カッコ内は反転で読めます)

映画の中で
It seems to have some very strong language.
− すごく乱暴な言葉が出てくるみたいだから。
辞書で調べると violent / rough でもいいみたいです。

11/15(火)
中古の家を買ったんだけど
But it’s been renovated recently.
− でも、最近リフォームされたから。
外側をきれいにするリフォーム
It just underwent a major face-lift.
(大々的な化粧直しを受けたばかりなんだよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
駅の改装の話。

コーヒーが熱いから
I’ll let it sit a few minutes.
− 少しの間そのまま置いておこう。
この let ~ sit はときどき聞きます。

進行形
Something came for you in the mail today. It’s sitting on the kitchen counter.
(今日、君宛てに何か郵便が来ていたよ。台所のキッチンカウンターの上に置いてある。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

One-Pointers
These onions are burning my eyes.
− タマネギが目にしみる
前にこんな単語を習いました。
The dry cabin air ( irritates ) them.
(機内の空気が乾燥してたから目がしみるの。)
(10/03/11「5トレ」)
プログレッシブの例に
His eyes ( smarted ) from the gas.
(ガスがしみて目がちくちくした。)
というのもあったけど、どんなふうにしみるのか、とか、程度で使い分けるのかも...。

11/17(木)
You went quiet all of a sudden.
− 突然黙り込んで
fall silent なんていう言い方もあるようです。

ブログ検索でこんなのも発見。
... sometimes you ( clam ) up.
(時どき黙り込むことがあるだろう。)
(10/03/09「入門ビジネス英語」)

11/18(金)
But something doesn’t compute.
− でも、何か腑に落ちない
compute … 意味をなす、つじつまが合う
Something doesn’t quite compute about recent market figures.
(最近の市場に関する数値には腑に落ちないところがある。)
(プログレッシブ)
not ( make ) ( sense ) なんていうのはどうでしょうか?

11/19(土)
手作りクッキーを勝手に食べた犯人に心当たりあり。
Why do I get the sneaking suspicion you ate them?
− どうしてあなたが食べたとひそかに疑っているかって?
sneaking suspicion … ひそかな疑惑の念
かなり前に習ってます。
I have a sneaking suspicion that they amount to a new form of overload.
(私は、それが結局は新しいタイプの過剰負担を強いることになるのではないかと、
ひそかに疑っています。)
(07/10/22・23「ビジネス英会話」)

What have you got to say for yourself?
− どんな言い訳があるの?
say for oneself … 言い訳をする
speak for oneself だと「自分だけの意見を述べる」でした。
(11/11/12「5トレ」)
これはまぎらわしい!


お気に入りポッドキャストを聞いていて、気づいたこと。
脚を通してはくものは、複数形にするらしい。
briefs
trunks
a pair of ってことなんだろうけど、briefs は何がいったいペアなのかしら?
穴?


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、
He is such a ( contrary ) person.
(彼はとてもあまのじゃくよね。)
この前これを言いたかったのに、 contradict(×) と言ってしまった...。
品詞も違うってーのに

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

wise guy

「ラジオ英会話」

今度、赤ちゃんを抱く日がくるとすれば、孫か...。
かわいぃんだろうな〜、当分ないけど。

11/14放送分
・( How ) ( far ) ( along ) is she?
− 彼女、もう(妊娠して)どのくらいなの
いきなり反転確認です。
この質問に対する答えですけど、テキストでは
Eleven weeks.
− 11週。
とかなり短め。
もうちょっと長く答えるとこうなるらしいですよ。
「彼女は妊娠6か月だ」
She is six months ( along ).
(ジーニアス)

メアリーの妊娠のことは、お父さんにはまだ
Don’t let the cat out of the ( bag ).
ないしょにしておいてよ
うっかりバラしちゃう場合
... she ( spilled ) the ( beans ) about his difficulties.
(社長の面倒な問題を彼女がうっかり漏らしてしまったのです。)
(09/08/26「実践ビジネス英語」)

11/15放送分
You’re cooking up a storm!
− ずいぶんたくさん料理を作っているね!
up a storm … 一生懸命にやる(テキスト)
storm つながり
Japan has ( taken ) the world by ( storm ) with an entirely new and unexpected export: popular culture.
(日本は「ポップ・カルチャー」という、まったく新しい、
しかも思いもよらない発信によって、世界に旋風を巻き起こしました。)
( take ) 〜 by ( storm ) … 〜を魅了する、〜に旋風を巻き起こす、〜を席巻、〜で爆発的な人気を博する
(08/03/3・4「英会話上級」)

アイスクリームはやめるのか?と聞いたジョンにメアリーが言ったセリフ。
Okay, wise guy!
それ、ひと言多くない?(わかった、君は頭がいいよ!)
「相手が嫌味を言ったときなどに返す言葉」かつ女性にも使う。(テキスト)
wise guy … 小ざかしい[生意気な]やつ
(プログレッシブ)
使い方によっては、こんな意味になるという例か。

11/16放送分
妊娠中にもかかわらず、ドレッサーを動かそうとしたメアリーに向かって
You can’t be lifting heavy things anymore.
− これから重いものを持ち上げるのは、もってのほか
許可の can かな?

背中の筋を違えたジョンに
I’ll get the heating pad.
− 温湿布持ってくる。
heating pad … 加温パッド、温湿布、カイロ
使い捨てカイロなんかも、これでいいのでしょうか。
disposable heating pad とか?

11/17放送分
If it’s a boy, ...
− もし(赤ちゃんが)男の子なら、...
赤ちゃんに it って、なんとなく抵抗あるなー。

ハンターという名前に関して
I have to veto that.
− それは否決させてもらわないと。
veto … 〜を否決する
フォーマルかつユーモラスな響き。(テキスト)
refuse と同意のようです。
I wanted to go camping but the others quickly vetoed that idea.
(私はキャンプに行きたかったけど、他のみんなは即座にその考えを否決した)
(OXFORD)
quickly ってあたりが、コントみたいで笑える。


BBC 6 Minute English では、毎回トピックに関する質問が出るんですけど、
今回の Night skies にちなんだ問題がコレ。

How many moons has the biggest planet in the solar system, Jupiter, got?

ん? ちょっと待ったー!
「月( moon )」って世の中に何個もあるの?
と思ったら、「(惑星)の衛星」っていう意味もあるんですね。
ちなみに、答えが気になる人はこちらのページの音声でご確認を!


去年の今頃、「ラジオ英会話」、「英語5分間トレーニング
You don’t have to spare me.
(遠慮しなくていいんだから。)
このときの spare は「思いやりを示す」、
spare は意味がいっぱいあって、苦手な単語のひとつ。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

antipathy to

「実践ビジネス英語」

昔は電話で話していると仕事をしているように見えたらしいけど
最近はPCに向かってるとそれらしく見えるのでは?

11/17放送分
bend someone’s ear … (人)に長々と話をする、(人)にしゃべりまくる
ビニェットだと、和訳がどの部分にあたるのかわかりにくかった。
わかりやすい英文
Our summer interns often bend my ear on the subject.
(うちの夏期インターンから何度となくその話を聞かされていますから。)
(08/02/18・19「ビジネス英会話」)
Daily Exercise(1)で言い換えに使われていた表現
Jody has been talking my ear ( off ) all morning!
(ジョディが私に朝中しゃべりっぱなしなの!)
(09/08/20「ラジオ英会話」)

Given my antipathy to Mr. Bell’s ubiquitous invention, ...
− どこにでもあるベル氏の発明品に、不快感をもっていましたから、...
given …  〜を考慮すれば、〜を思えば
ポッドキャストから書き取った英文に given 発見。
北京オリンピックで、人口の割合からいうと、もっとも多くメダルをとった国の話。
どこの国かは反転でどうぞ。
( Australia ) is a country that loves its sport and its interest in the Olympics borders on the obsessive. Given its relatively small population just over 20 million people, it performs disproportionately well.

antipathy to … 〜への嫌悪、〜に対する反感
同意語
We were just talking about your ( aversion ) to cell phones.
(私たちはちょうど今、あなたが携帯電話嫌いだという話をしていたのですよ。)
(10/12/16「実践ビジネス英語」)
偶然にも電話つながり。

Unfortunately, I hadn’t bargained on the fact that people would often need to confirm that a fax had arrived, ...
− あいにく、人によってはファックスが届いたかどうかを確認する必要が
  しばしばあることを予期していなかったのです。
bargain on … 〜を予測する、〜を当てにする[期待する]
07/02/12・13「ビジネス英会話」で習った(らしい) bargain for と同意。

And upwards of a third of cellphones are smartphones ...
− そして、携帯電話の3分の1より多くは、(中略)スマートフォンなのです。
こんな upwards の使い方があるんだねぇ、と思ったら、の例のパターン。
upwards of a million yen … 100万円以上
(07/09/5・6「英会話上級」)

11/18放送分
If I do take a call from someone, odds are it’s after they’ve emailed or texted me to ask whether it’s OK to phone.
− 私がだれかからの電話に出るとしたら、その人からパソコンや携帯のメールで、
  電話をしてもいいかと聞かれたあとだけでしょう。
odds are … たぶん、〜だろう
たぶん、これといっしょ。
Chances are in our favor. Lady Luck is on our side.
(おそらく我々が優位に立っているだろう。)
(07年3月ぐらいの「ビジネス英会話」)
どちらも可能性を表す。

・ ... so for me, texting was a godsend.
− 私の場合、携帯メールは願ってもないもの(天の賜物)だったのです。
この映画の原題が GODSEND だったことを覚えてます。
boon と同意。(杉田先生)
Daily Exercise(3) によれば、同意の形容詞が ( heaven)-sent
だそうです。
なるほど、つながってる!


デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーが離婚しました。
それにちなんだポッドキャストニュースで、
結婚式当日も「この結婚、うまくいかないだろうな」と思っている女性が
30%もいるっていう話題がありました。
それでもなぜ、結婚式をしたのか?という質問に対する答え。
I don’t want to waste the time I have invested in this relationship.
All my friends are getting married, I don’t want to be alone.
He’ll change after we get married.
It’s too embarrassing or expensive to call off the wedding.

なんか、わかる気もする。


去年の今頃、11/18「実践ビジネス英語」11/19「実践ビジネス英語」
That really throws me for a loop.
(それには本当にびっくりしましたよ。)
若者の携帯メールのやりとりに驚く大人たち。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

quixotic

11/16「実践ビジネス英語」

「携帯メールと電話」について。
今回から新人加入ですが、おなじみの声なのでいまひとつ新鮮味が...。

新人のマリア・ディアスは
・ ... on a temporary basis to help look after administrative matters, ...
− 臨時採用されて、管理部門の仕事のアシスタントをしています。
administrative といえば
昔「秘書」は secretary と呼ばれていたけど、最近は
administrative assistant … 管理スタッフ
と呼ばれる。(08/04/02「実践ビジネス英語」)
administrative assistant っていう肩書、長くない?

・..., so it’s nice to finally put a name to the face.
− やっと顔と名前が一致してよかった。
先に顔を知って、後から名前と一致したパターン。
ヘザーさんも言っていた「先に名前で後から顔」のパターン
It’s nice to be able to put a face to the name after corresponding with you by e-mail for the past few months.
(あなたとはここ何か月かメールでやり取りをしてきましたが、
名前と顔が一致できてうれしいです。)
(10/04/02「実践ビジネス英語」)

グレートレイクスが、ほかのどの会社よりも静かであることは
Not that that’s a bad thing, mind you.
− 悪いことだというわけではありませんよ、念のため。
not that … だからと言って〜というわけではない(ジーニアス)
I agreed. Not that I am satisfied.
(私は同意した。だからといって私が満足しているわけではない。)
(ジーニアス)

It’s certainly a far cry from the days when everyone working in an office tried to look busy by constantly talking on the phone.
− オフィスで働くだれもが、絶えず電話で話して忙しそうに見せようとしていた時代とは、
  確かに大違いですね。
大違いの英文
That’s a far cry from your usual working life.
(それは、あなたのふだんの仕事中心の生活とは大違いですね。)
(08/07/16「実践ビジネス英語」
a がつくんだから、cry が名詞ってことになると思うけど何の cry ?「世論」?

cubicle farm … パーティションで区切られた小部屋が並ぶオフィスフロア
これだけ説明が長いと、日本語にするときも
「キュービクルファーム」と言うしかないかも。

orthodontist … 矯正歯科医
お初記念にメモ。

I don’t know how many years I fought a quixotic one-man battle against what I call “the tyranny of the telephone.”
− 私が「電話の横暴」と呼ぶものと、いったい何年間、
  一人でドン・キホーテのような闘いをしたことでしょうか。
quixotic … 非現実的な、無謀な

“Phones” can be so intrusive.
− 電話というのは、とても煩わしいものにもなりますね。
intrusive … でしゃばりの、立ち入った、煩わしい
10/11/25「実践ビジネス英語」で紹介された intrusive の同意語も
「なんとかtrusive」でした。
trusive だったでしょうか?
:( obtrusive )
   ↑ 反転でどうぞ


「ドン・キホーテ」のスペルを辞書で調べたら
Don Quixote
って書いてあったけど、xo で「ホ」って音だったっけ?
と思い、過去のスペイン語テキスト(2009年度10月号)で確認してみました。
なつかし〜!
ちなみに xo だと「クソ(!)」または「ソ」という音なので
ドン・キクソテ or ドン・キソテ
になるんじゃないのかな?
Wikiに行ってみたら、スペルがもうひとつ書いてあって、そっちは
Don Quijote
jo は「ホ」だから、これなら「ドン・キホテ」になる!
スッキリー。
それにしても、なぜスペルが2つあるのか、不思議...。
(ネットで少し調べてみたけどわからずじまいでした。)


去年の今頃、11/17「実践ビジネス英語」
Talk about misplaced priorities.
(優先順位がまったくおかしいですね。)
(誤った優先順位とはこのことです。/ 誤った優先順位もそこまでひどいとは。)
これ、聞いてわかればたいしたもんだ。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

verdict

「英語5分間トレーニング」

朝晩、冷えますね。
そんな時は、5トレで口の筋肉をウォームアップ。(する?)

11/7(月)
Here’s an information packet.
− 資料集をどうぞ。
packet … 文書ひとそろい
携帯電話の「パケットし放題」のパケットもこの単語で、
辞書によれば「データ転送単位」だそうです
よくわかりませんが...。

11/8(火)
フルートの練習をずっとしてないので
Maybe I’ll dust it off this weekend.
− 今週末に引っ張り出してみるかな。
dust off … 〈長く放置しておいた物・技術を〉(再び使用・利用するために)取り出す
かぶっていたほこりをはらうこと。
ほこりをかぶる
I can catch up on reading books that have been ( gathering ) ( dust ) on my shelf .
(棚でほこりをかぶっていた本を読むことができます。)
(10/08/26「実践ビジネス英語」)(読めないところは反転で!)

車に乗りっぱなしで
Aren’t you feeling cramped?
窮屈な感じがしないかい?
Growing numbers of people are not content to sit back in cramped seats for hours on end.
(狭苦しい座席に何時間も座っていることに苦痛を覚える人が増えているのです。)
(06/11/17・18「ビジネス英会話」)
  ↑ の英文は飛行機の話題だったので、エコノミークラスのことだと思います。
一度は体験してみたいもんだ、ファーストクラスっていう未知の世界を。

11/9(水)
にんじんケーキを作ったので
Let me hear your verdict.
− あなたの意見を聞かせて。
What’s your verdict on his works?
(彼の作品をどう思いますか。)(プログレッシブ)
この単語、使えそうだけど、ネイティブに「この人、がんばってる」と思われそう。

11/10(木)
Didn’t I ask you to rake the leaves?
− 葉っぱをかき集めるように頼まなかった?
どうせかき集めるならこっち。
rake in ( the ) money / rake it in … 〈金を〉荒稼ぎするがっぽりもうける

11/11(金)
レストランの照明が暗いのは
I wonder if they’re trying to save on electricity ...
− 節電しようとしているのか...
「節約する」という意味の自動詞の場合、on といっしょに使う
I save on fares by walking to work.
(職場まで歩いて乗り物の料金を節約している)
そのくせ、ちゃっかり交通費(transportation expense)はいただいているとか?

11/12(土)
美術展の感想を言った後で
Of course, I’m just speaking for myself.
− もちろん、個人的な意見を言ってるだけだけどね。
speak for oneself … 自分だけの意見を述べる

こっちはちょっと意味が違うみたいです。
And what’s inside speaks for itself.
(そして、〈最先端のコンピューターの〉中味については言うまでもない。)
speak for oneself … ( 説明を必要としない )
(11/09/03「5トレ」)

11/13(日)
He always says one word too many.
− 彼はいつもひと言多いんだよ。
I’ve had one too many.
(飲みすぎた)

I’ve had one drink too many.
とも考えられる。(ジーニアス)
一杯多すぎた。


この前、R先生が「日本人は『ローマの休日』が本当に好きだね。」と言った件ですが、
発端はこの映画。
アラバマ物語
アメリカのクラシック映画の話をした翌週、DVDを貸してくれたんです。
グレゴリー・ペックを指して、「私、この人好き。」と言ったら、
「そういえば...」と「ローマの休日」の話になりました。
久々に映画を見たけど、やっぱりテレビドラマとは違う魅力や力強さがありますね。
もう一本、アメリカ人でこれを知らない人はいない、
というクリスマス鉄板映画も貸してくれました。
素晴らしき哉、人生!【淀川長治解説映像付き】 [DVD] / ジェームズ・スチュワート, ドナ・リード, ライオネル・バリモア, ヘンリー・トラヴァース (出演); フランク・キャプラ (監督)
まだ、こっちは見ていないんですけど、どんな心温まる話なのか、楽しみ。

映画って、やっぱりいいですね!


去年の今頃、お休みです。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

Everything’s coming up roses!

「ラジオ英会話」

メアリーは食中毒じゃなかった、やっぱりなー。

11/7放送分
Try It in a New Situation!
They are practicing scales for their voice lessons.
− 2人は発声練習で音階の訓練をしている。
遠山先生が「10段階評価で」というときに scale を使いますよね。
on a scale of 1 to 10

11/8放送分
軟膏を持ってきてくれた隣人のトゥレッサに、メアリーが言った一言。
You’re a saint.
− 感激です。
saint (聖人)のところは、コレでもいいかしら。
good Samaritan … 善きサマリア人、困った人を助ける善人
(11/04/04「ラジオ英会話」)

I’m not feeling my best today.
− 今日は気分がいまひとつで。
「すっきりしない、調子がいまひとつ」である、という意味。(テキスト)

11/9放送分
プーキーをノミ取りバスに入れるのはたいへん。
It was a struggle, but we got through it.
− 一苦労だったけど、やりとげた
動詞 + through で、やりとげたり、乗り切ったりする意味になる場合がある。
Deep down in my heart, I know that little puppy will pull through.
(私、あの子犬がやり抜くんだって、心の底でしっかりわかっている。)
pull through … (困難など)を乗り切る
(08/11/17「ラジオ英会話」)

11/10放送分
妊娠していたメアリー。
The doctor performed an ultrasound, ...
− 先生が超音波検査をしてくれて、...
以前、習った「超音波検査を受ける」は
have a ( sonogram ) ← 反転ですよ

My morning sickness symptoms should subside in a couple of weeks.
− 私のつわり症状は2、3週間で弱まっていくはず。
subside … (症状などが)弱まる
ポッドキャストニュースでは「嵐が弱まる」という場合に、よく聞きます。
他に、「怒り(anger)」 / 「痛み(pain) 」にも使える。(OXFORD)

Everything’s coming up roses!
万事順調よ!
これは、このまま覚えるのみ。
バラ関連表現
Independence may not be a bed of roses if she doesn't know how to cope with loneliness.
(一人で生活するのは、叔母さんが孤独に立ち向かうすべを知らなければ、
気楽とは言えないかもしれませんよ。)
(06/07/18・17「ビジネス英会話」)
こっちは not などを伴って、否定的に使われるようです。


今月の「ラジオ英会話」テキストには、
イギリスに帰った Colin Joyceさんのエッセイが載っています。
自分の出身地、Essex について書かれていましたが、
くわしい内容は読んでいただくとして、気になる単語をメモ。
The women have the reputation of overdressing, drinking heavily and being promiscuous.
− (エセックスの)女性は着飾りすぎ、大酒飲みでふしだらという評判がある。
promiscuous … 〈人が〉相手の見さかいなく性交する(プログレッシブ)
すごい意味の単語だなー、と思ったら、
伝説の2007年度「英会話上級」で習ってた!
I fail to see how such a promiscuous hero can be so highly venerated, and why we have to even read this book.
(こんな無節操な主人公がなんでそんなに高くあがめられるのか、
それになんでこんな本を読まなければならないのかさえわかりません。)
この無節操な主人公って、日本文学のある有名人なんですけど、
誰だと思いますか?
:( 光源氏 )
promiscuous といえば、この人、ということで。


去年の今頃、
11/11「実践ビジネス英語」
「ラジオ英会話」
「英語5分間トレーニング」
「実践ビジネス英語」より
You see, four is the ultimate unlucky number since it’s a homonym for death.
(というのも、4 は死の同音異義語で、究極の縁起の悪い数字ですからね。)
外国人には、このまま 4 の縁起の悪さを説明できそうです。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 12:58| Comment(7) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ploy

「実践ビジネス英語」

昨日の雨で、富士山冠雪!

11/9放送分
Smart marketers are latching onto the frugal mood among consumers.
− 賢いマーケティング担当者は、消費者の倹約ムードに乗っかっていますね。
latch onto … (考えなど)を取り入れる
2か月前に習ってた!
Latching onto these fundamental shifts can propel an entire brand strategy forward and put it way out in front of the rest of the pack.
(こうした根本的な変化をつかめば、ブランド戦略全体を促進して、
他社を大きくリードできるのです。)
(11/09/01「実践ビジネス英語」)

11/10放送分
One example that springs to mind is falling for buy-one-get-one-free deals.
すぐに思いつく例は、1つ買えば1つただでもらえる商法に引っ掛かることです。
spring … 急に動く(プログレッシブ)
A question sprang to his lips.
(質問が口をついて出た)(プログレッシブ)
前回のブログで spring の持つ「急なニュアンス」を確認したばかり。

上の英文に出てきた「1つ買えば1つただ」は
They’re just a marketing ploy to get people to spend more money.
− あれは消費者に、さらにお金を使わせる、販売促進の仕掛けにすぎないのです。
似たような単語に gimmick がありました。
(06/08/16「徹底トレーニング英会話」)

クーポンを使って買い物をする人たちについて。
・... some people devote an inordinate amount of time and energy to finding such deals.
− そうしたお買い得販売を探すのに、途方もない時間と労力を注いでいる人がいますよね。
inordinate … 過度の、法外な、極端に
全然記憶がないけど inordinately という副詞を2回もブログに書いているという事実あり。
I guess you’ve explained why the Japanese are so inordinately crazy about Beaujolais Nouveau, too.
(なんで日本人がボジョレ・ヌーヴォーにあんなに極端に夢中になるのかも、
それで説明がつくようね。)
(2007年度「英会話上級」)

Despite my best intentions, sometimes I fall prey to what you could call impulse bargain shopping.”
− 精いっぱい心がけてはいるのですが、
  いわゆる「特売品の衝動買い」のえじきとなってしまうことがあります。
good intentions(善意)が「裏目にでる」という状況でよく使われる、
と09/10/31のブログに書きました。
ここでは best intentions だから、すごくがんばってるけど、うまくいかないのね。

よかれとおもってやるのに裏目にでる別パターン
She may have ( meant ) well, ...
(彼女に悪気はなかったのかもしれませんが、...)
( mean ) well … よかれと思ってする、悪気はない
(カッコの中は反転で読んでください)

I always kick myself when I get home and realize that I don’t actually need whatever it is that I’ve bought.
− 買ったものが何であれ、家に帰ってから、本当は必要ではないことに気づいて、
  いつも自分に腹をたてていますね。
誰でもこういう経験ありそう。
別の言い方
I’m so mad at myself.
(自分にとっても腹を立てているの。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

Daily Exercise (2)
Do some people put their health on the back burner?
on the backburner … 棚上げに、後回しに、二の次に
別の「二の次」
Building relationships is not unimportant but ( takes ) a ( back ) seat to achieving individual objectives.
(人間関係の構築が重要でないわけではありませんが、
個人の目的を達成することに比べれば二の次です。)
( take ) a ( back ) seat … 二の次になる
(09/01/06「入門ビジネス英語」John’s Advice)


当ブログ常連、ALTのR先生の疑問。
(1) 日本人は、どうしてあんなに「ローマの休日」が好きなのか?
アメリカ人はあの映画に対して日本人のような思い入れはない。
(2) 日本人は、英語の歌というとなぜカーペンターズと
「カントリー・ロード by ジョン・デンバー」なのか?
どうしてって言われても...。
R先生がカラオケにいっしょに行ったメンバーはきっと40代後半以上ですね。
でも、こういう素朴な疑問って、cultural difference が感じられて面白いなぁ。


去年の今頃、
英語5分間トレーニング
11/10「実践ビジネス英語」
「5トレ」より
You should be more flexible. You know, ( bend ) ( with ) the wind.
(あなたはもっと柔軟になるべきよ。わかるでしょう、風に身を任せるの。)
恥ずかしいぐらいカッコいい表現!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 11:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

spring a leak

「英語5分間トレーニング」

やっと秋めいてまいりました。

11/1(月)
新しいヘアスタイルをほめて
You should wear your hair shorter all the time.
− いつも髪をもっと短くしたらいいわ。
wear one’s hair short / long で「髪を短くしている/伸ばしている」(テキスト)
SVOC なのでしょうか?

11/2(水)
庭のホースがなぜか不調で、水は出るけど
・(But) there’s little pressure.
− 出が悪い。
水圧がほとんどない、という言い方をするんですね。

Maybe it’s sprung a leak.
− 漏れ出したのかな。
spring a leak … 漏れ始める
spring には「急に何かが始まる」というニュアンスがあったような...。
Ida sprang a surprise.
(アイダには驚かされました。)
spring … 〜を(人に)急に持ち出す[始める]
(08/01/9・10「ビジネス英会話」)

11/3(木)
急にファッショナブルになったトッド、その理由は
She dresses him like that.
− 彼女(新しいガールフレンド)が彼にああいう服を着せてるのよ。
dress をこんな風に使えるんだ、ということでメモ。

11/5(土)
人気のある企業の採用試験で、採用されなかったものの
But I did make the short list.
− でも、最終選抜の候補者名簿に載ったのよ。
make と組み合わせるんですね。
make it make と同じでしょうか?

11/6(日)
Both are to blame.
− どっちもどっちだな。
似たような表現:「お互いさまなんだからさ。」
You’re both ( right ), and you’re both ( wrong ).
(10/11/04のブログ)


恒例「今日の単語」チェック
runaway … (勝利などが)簡単に得られる
runaway victory で「楽勝」。(テキスト)
run away with 〜 とか walk away with 〜 で
「〜を楽々と取る、さらう」という表現がある。
She walked away with the gold medal.
(彼女はかんたんに金メダルを手にいれた)(OXFORD)

inarticulate … 言葉で言い表せない
テキストの英文は「怒りで口が利けなかった(inarticulate with anger)」。
息子から手作りのジンジャーブレッドハウスを渡されて、
うれしくて口が利けなかった場合。
Oh, my gosh! Look at it. It’s ... it’s ... I’m speechless.
(あら、まあ、見て。それって…それって…何と言ったらいいか。)
(06/12/25「徹底トレーニング英会話」)

unsung … たたえられない、歌にされない
an unsung hero で「陰の英雄」(ジーニアス/プログレッシブ)
↑ アン アンサング が言いにくい

stammer … 口ごもる
辞書によると falter stutter と同意。

unruffled … 落ち着いた、冷静な
08/12/16「入門ビジネス英語」で
Nobody’s feathers get ruffled, ...
(誰も憤慨することなく、...)
が出てきたときに、
ruffle …〈人・心〉を動揺させる、いら立たせる(プログレッシブ)
を自習してました。
ゆえに、unruffled はスンナリ納得。


「今日の単語」(217)の
vertigo … めまい
を覚える必要があるのかなぁ、と思いつつ辞書を引いたら
「(高い所から下を見たときのような)目のくらみ」(プログレッシブ)
と書いてあって、
もしや!
と思ったらやっぱりこの映画のタイトルだった。
めまい (初回限定生産)
ばっちもんがらさんだったら、絶対に知ってる単語に違いない!


去年の今頃、「英語5分間トレーニング
It has a hole on the bottom.
((靴下の)足の裏に穴が開いているわよ。)
you have a hole in your shirt.
(シャツに穴が開いている) ← 10/02/19「ラジオ英会話」
どっちでもいいってことなんだろうか。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 13:09| Comment(9) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

make a run

「ラジオ英会話」

ジョンとメアリーシリーズ、
ということは Pookie が出てくるわけですよ。

10/31放送分
Wake up, sleepyhead!
− 起きなさい、お寝坊さん
プログレッシブによれば、「特に子供の眠たがり」を指す、とのこと。
late riser なんていう言い方もあるそうです。(辞書)
early riser の反対だから。

メアリー不調。
I’m feeling queasy.
胃がむかつくの。
07/01/22・23「英会話入門」にも同じセリフがありました。
同日のダイアログより、
吐きそうな気分。」を表す英文を考えてみてください。
I feel like ( gagging ). ← 単語の中の g 率 50%以上。

11/1放送分
I like my bacon crispy.
− 私はカリッとしたベーコンが好き。
この語順(SVOC)の場合、prefer のニュアンスがある。(OXFORD)
I like my coffee sweet.
(コーヒーは甘いのがいい)(プログレッシブ)
ミー、トゥー。

I feel sick to my stomach.
胃がムカムカするの。
「吐き気がして」の意味で sick を使う場合、
アメリカだと to one’s stomach を通例用いる。
(プログレッシブ)

ちなみに、今、トイレなどでその最中の場合
He’s being sick.
と言うそうです。(プログレッシブ)

11/2放送分
メアリー不調の原因。
I ate some raw oysters last night ...
− 夕べは生ガキ(中略)を食べました。
生ガキで具合が悪くなったと言えばこの英文。
Oh, er...( against my better judgment ), I had raw oysters for lunch.
(ああ、そう…よせばいいのに、昼食に生ガキを食べました。)
(06/04/5・6 「英会話上級」)
食中毒っていうと「生ガキ」の出番。

11/3放送分
不調のメアリーが今食べたいもの。
I’m craving ice cream right now.
− 私、アイスクリームが今すぐ食べたくって
11/02/24「実践ビジネス英語」で
クリスさんがある単語の同意語として crave を紹介しました。
ある単語とは?
Yes, obnoxious waiters like that make me ( hanker ) for Japan, ...
(そんな不愉快なウェイターがいると、私は日本が懐かしくなってしまいますね。)
( hanker ) for … 〜にあこがれる、〜を恋しく思う

I’m making a run to the store for ice cream.
− 店までひとっ走りしてアイスクリームを買ってくるよ。
これを買いに走ったこともあった。
It’s time for a beer run.
(ビールを買いに走らないと。)
(10/02/10「5トレ」)


ダイアログとは全然関係ない話なんですけど、
創作料理のでる居酒屋さん、ありますよね。
先日、PTAの仲間と行きました。
メニューに「ロシアンたこ焼き」って書いてあったんですよ。
イタリアンたこ焼きなら「ピザ風」?
コリアンたこ焼きなら「キムチ」入り?
ロシアンたこ焼きって何が入ってるんだろう?
と好奇心で注文してみたら
もんのすごく辛いっ!ヒーヒー。
ロシアにこんなに辛い名物料理ってあるのかな?
と思いつつヒーヒー言いながら、他の人に味の感想を聞いたら
「普通のたこ焼きだよー。」
その時、やっと気がついた。
ロシアンルーレット形式のたこ焼き」ってことに。

みなさんも「ロシアンなんとか」っていう名前の食べ物にはお気をつけ下さい。
(っていうか、気づくの遅すぎ...)


去年の今頃、「ラジオ英会話」、
去年は「隠された遺書」というミステリーだったんですね。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

in a frugal frame of mind

「実践ビジネス英語」

今回のテーマは「新しいアメリカの消費者」、
3日分をまとめて更新。

11/2放送分
金銭的に余裕があるピアソンがランチの支出を控えようとしていたので
驚いたウォーカーがこう言った。
・... I must say I’m surprised to see you so sparing with your money.
− あなたがお金をそんなに節約しているとは、本当に驚きですね。
反対の意味になる表現
spare no expense/effort … 費用/努力を惜しまない(ヘザーさん)
10/01/10「5トレ」最後のメッセージがコレ。
「夢を実現するためには努力を惜しんではいけません。」
Spare no efforts to make your dreams come true.

ピアソンがリサイクルショップに行った理由。
I guess it’s because I’ve been in a frugal frame of mind ...
− 私は倹約ムードになっているようなのです。
frame … 心の状態、気分
in a miserable [good] frame of mind … みじめな気持[上機嫌]で
(ジーニアス)

You can put that down to the recession.
− 不況のせいなのでしょうね。
put something down to … (物事)を〜のせいだと思う[考える]
attribute something to / think something is caused by と同じ。(ヘザーさん)
put down her unhappiness to her poverty
(彼女の不幸を貧乏のせいにする)(ジーニアス)

Daily Exercise (3)
well-to-(do) … 裕福な(カッコ内反転)
well-off と同意だそうで、プログレッシブによると
「(家庭などが)裕福で立派な」というニュアンス。

11/3放送分
well-heeled customerお金持ちの
「お金持ちのはく靴は靴底がすり減っていないので
well-heeled がお金持ちを表すのは 納得の理由」、とヘザーさんが言っていた。

Name brands have lost their cachet.
− 有名ブランド製品が優れているとは思われなくなりました。
lose one’s cachet … 高い評価[威信]を失う、特別なものでなくなる
cachet には「品質保証の印」という意味があるそうです。
失うシリーズ
The ultracompetitive rat race is losing its allure for many people.
(過度な競争社会は、多くの人にとって魅力を失いつつあるのです。)
(10/03/19「実践ビジネス英会話」)
Credit cards have lost their luster.
(クレジットカードも輝きを失いました。)
(08/10/0/1「実践ビジネス英語」)

I find myself spending far less time aimlessly milling about my local mall.
− 私が地元のショッピングセンターで、目的もなくぶらぶらする時間は、
  ずっと少なくなりました。
mill about … ぶらぶらする
「ぶらぶらする」表現多いですよね。

11/4放送分
in fits and starts … (少しずつ)断続的に
ここでは経済成長が断続的、というときに使われていた。
断続的な」という形容詞だと ( fitful )
(08/08/21「実践ビジネス英語」)

・... American consumers are holding on to products longer, such as cars and smartphones, computers, even shampoo and toothpaste.
− アメリカの消費者は、車、スマートフォン、コンピュータ、さらにはシャンプーや
  歯磨きもですが、そういった製品を、以前より長く使っています。
hold on to … 持ち続ける、手離さない
逆に「歯磨き粉」とか、アメリカ人は最後の最後までしぼったりしてなかったの?

That frugal approach may outlast a full recovery and the return of easy credit, ...
− 景気が完全に回復し、手軽なクレジット払いが復活しても、
  そうした倹約の姿勢は続くかもしれません。
outlast … 〜より長持ちする、〜より長く続く
私の好きな out は自分との戦い。
You really outdid yourself.
(本当によくやったね。)
(09/09/29「5トレ」)


ビニェットに、覚えた方がいいのかどうか、微妙な感じの単語がいくつかありましたよね。
tony … 上流社会の、粋な
passé … 古めかしい、過去の
albeit … 〜ではあるが、たとえ〜でも
どうなんだ、このへん...。
albeit なんて、「アルバイト」がなまったのかと思った。


去年の今頃、
11/3「実践ビジネス英語」
11/4「実践ビジネス英語」
11/5「実践ビジネス英語」
... I’ve been sorely tempted when my in-laws make themselves at home at my place.
(妻の親戚がうちでくつろいでいる時に、すごくやってみたくなりましたね。)
今回も、ここを読んでピンとこなかった。

*Daddyさん、メールでのご指摘、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

in the flesh

「英語5分間トレーニング」

今日は Culture Day です。

10/24(月)
We never got to the heart of the discussion.
− 議論の核心をつくことはなかったから。
get to the core of でもいいようです。
「核心」でブログ検索するとこんなのもヒット。
This is the ( crux ) of a debate ...
(それこそが(中略)議論の的になっていることです。)
( crux ) … 最も重要な点、核心
(09/07/03「実践ビジネス英語」)(反転ですよ)

10/26(水)
憧れの女優に会った!
The actress in the flesh.
実物の女優さん。
I have seen him on TV but not in the flesh.
(テレビで見たことはあるが直接本人に会ったことはない)(ジーニアス)
in person と同じ。
動詞の flesh
I would like to ask if you could help me flesh it out.
(プレゼンに肉付けするのを手伝ってほしいんだけど。)
flesh out … (〜を肉付けする、仕上げる)
(08/09/15「入門ビジネス英語」)

Can you believe she’s umpteen years older than me?
− 私よりずっと年上だって信じられる?
umpteen … 多くの
序数
This is the umpteenth time that I’ve been it.
(もう何回鬼になったかわからないぐらいだ)
この鬼は「おにごっこ」の鬼。
(08/02/13・14「英会話入門」)

10/27(木)
Why are you making grimaces?
− どうして顔をしかめてるの?
歯が痛いからだそうです。
動詞の grimace
What’s the matter, Bob? You’re grimacing.
(どうしたのよ、ボブ?顔をしかめてるけど。)
(10/07/16「5トレ」)
何に対してしかめるのかは at で。
He grimaced at the bitter taste.
(彼は苦い味に顔をしかめた)(OXFORD)

10/28(金)
やっと営業を始めたホテルについて。
I hear legal problems were holding it up.
− 法律上の問題で遅れてたんですって。
hold up … 遅らせる、妨げる
2010年度5月号「Phrasal Verb Diversion」より
全然列が動かないので一言。
What’s holding us up?
(なぜ前に進めないんだろう?)

10/29(土)
夢の中で見た飛行機のコントロールパネル。
It was a jumble of dials, switches, gauges, knobs, and levers.
− ダイアル、スイッチ、計器、つまみやレバーがごちゃまぜになってた。
10/01/08「5トレ」のごちゃまぜ
The entryway is a jumble of shoes.
(入り口で靴がごちゃごちゃになってるから。)

そのごちゃまぜについて。
I couldn’t make heads or tails of them.
何が何だかさっぱりわからなかった
こちらの本でしっかり学習済み。
岩村式トレーニングブック 英会話レッツスピーク 表現力アップ編|岩村圭南|NHK出版|送料無料
コイントスの表裏も heads tails で。
Headsyou get 〜 … 表なら〜はあなたのもの。
TailsI get 〜 … 裏なら〜は私のもの。
(09/09/14「ラジオ英会話」)

10/30放送分
You’ll never learn.
お前も懲りないね
「懲りない」で、この単語がブログ検索ヒット。
He’s ( incorrigible ).
(懲りないやつです!)
( incorrigible ) … 懲りない、救いがたい
上の英文は、犬の Pookie のことだったけど、懲りない人間もいた。
Tony, you really are ( incorrigible ).
(トニー、あなたはまったく手に負えない人ですね。)
(11/03/31「実践ビジネス英語」)


水曜日のモノローグは有名人に会った話でしたが、
私のような地方在住者が有名人に偶然出会うことはほとんどありません。
もし、ブログに遊びに来てくださった方の中で
「この人のオーラ、ものすごかった」
というオーラ振りまき芸能人(有名人)などに遭遇した経験のある方、
是非、コメント欄にご一報ください。
あるいは
「本当に芸能人なのかと思うほどオーラのなかった人」
もお願いします。

ちなみに、私の友人が見た芸能人で一番オーラがあったといったのは
木村拓哉さん。
納得。


去年の今頃、久々に1回休み。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

give way

「ラジオ英会話」

久々の英語劇場。
「おだんごをなくしたおばあさん」からだけメモ。

だんごが転がって、土間(earthen floor)の穴に落っこちたので、
手を伸ばして取ろうとしたら
・... all at once the earth gave way and the old woman fell in.
− 突然土間が2つに裂けて、おばあさんは落っこちてしまった。
give way … 割れる、底が抜ける

give way to だと「〈物が〉〜にとって代わられる道をあける譲る
... straw-mat flooring has given way to hardwood, linoleum and carpet.
(畳敷きは硬材のフローリングや、リノリウム、カーペットににその座を譲っています。)
(07/09/17・18「英会話上級」)(読めない所は反転させてください)

Squat down here behind my sleeve, ...
− 私の袖の後ろにしゃがんで、...
squat … しゃがむ
hunker down にも「しゃがむ」という意味があるそうですが、
別の意味でメモしてありました。
Instead of hunkering down and hitting the books, they spent far too much time in front of the idiot box.
(腰を据えて一生懸命勉強する代わりに、子供たちはどれほど長い時間をテレビの前で過ごしたことか。)
hunker down … ( やる気を出す、本腰を入れる )
(09/07/02「実践ビジネス英語」)

presently … やがて、まもなく
soon とか shortly と同意で、通例文頭・文尾に置かれるそうです。

米一粒を釜に入れて鬼のしゃもじでかき回すと
・... the grain will multiply until the pot is full.
− 米は倍々となって釜いっぱいになる。
multiply … 倍々に増える
Rabbits multiply rapidly.
(ウサギはどんどん繁殖する)(OXFORD)
ネズミもね。

あと、ここの will は「必然性」の will かな?
と思ってみたりしましたがどうでしょうか?
鬼のしゃもじには不思議な力があるから、必ず釜いっぱいになる、みたいな?(自信ないけど)
It stands to reason that it will be colder in February.
(2月がどの月よりも寒いのは当然です。)(2010年12月号 Phrasal Verb Division)

girdle腰巻き
ガードル = 腰巻き
イメージ合わない...。

・... the Oni stopped drinking and began to wade across.
鬼たちは(川の水を)飲むのをやめ、歩いて渡り始めた。
wade水の中を歩いて渡る
この意味ででてきたの、初めてかも。
But you have to wade through so much cyberjunk to get to it.
(でも、それにたどり着くには、大量にあるネット上のくだらないものの中を
かき分けていかなくちゃいけないでしょう。)
wade through 〜 … 〜を苦労して進む

Oni の複数形は Oni なんだね。

・... she could make dumplings whenever she pleased.
− 作りたいときにだんごを作れた
please … 望む、好む、〜したいと思う(プログレッシブ)
You can see me whenever you please.
(いつでもお好きな時に来ていいです)(ジーニアス)
please に自動詞があったことを初めて意識した。

昨日はハロウィンでしたね。
ハロウィン.jpg
↑ あるホテルでのデコレーション
ネット検索で、面白い Jack-o-Lanterns を見つけられると R先生から聞いて
探してみたら、芸術的な Jack-o-Lanterns を発見。
その年に亡くなった人の顔が彫ってありました(2009〜2011)。
Memorial Jack-o-lanterns
どんな風に彫っていくのかもビデオで見られます。
そしたら、2010年の「亡くなった人」が
Ronnie James Dio 
じゃありませんか。
いつの間に亡くなってたの!


去年の今頃、「英語5分間トレーニング
Don’t push your luck.
( 調子に乗るなよ。)
どこかで使えそうな気がする...。

*Daddyさん、メールでご指摘ありがとうございます。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする