2011年12月31日

hash out

「実践ビジネス英語」

topless と聞いて、あっちの topless を思い浮かべたのは私だけじゃないですよね?
bottomless ならコレ。
They serve a bottomless cup of coffee here.
(ここはコーヒーのお代わりが自由なんだよ。)← もちろん、反転ですよ!
(2009年6月号「5トレ」巻末、Word of the Day)

12/28放送分
We hashed out a lot of important issues.
− 多くの重要な問題を徹底的に議論しましたよ。
hash out … 徹底的に討議する、十分話し合って解決する
(プログレッシブ)
hash re がついた word
It just seemed to rehash other stories I’d already read.
(私がすでに読んだ他の話を焼き直しただけみたいだった。)
rehash … ( 焼き直す、作り直す )
(11/06/18「5トレ」)
1999年度「ラジオ英会話」では別の意味。
rehash … ( 論点などを再び議論する )

会議室にいた人の多くがラップトップを使ってるのを見て
Harold blew his stack ...
− ... ハロルドは、(中略)、怒りを爆発させました
Daily Exercise にもあった「類似表現」
Thomas blew his top when he was hassled by a couple of drunks on the street.
(トーマスは道で2人の酔っ払いにしつこくからまれて、かんかんに怒った)
(09/02/12「実践ビジネス英語」、あんな時、こんな時)

社内の会議室でのデジタル機器使用が禁止になりました。
Wow, this new policy is going to be a bitter pill for many people to swallow, including yours truly.
− うわー、この新しい方針は、にとってもそうでしょうが、
  多くの人にとって耐えなければならない嫌なことでしょうね。
「苦い薬(bitter pill)」ついでに
良薬は口に苦し
Good medicine tastes bitter.
(ジーニアス、プログレッシブ)
pill じゃなかった...。

yours truly … 私(自身)
辞書によれば、おどけて使うとか。
I can take care of yours truly.
(自分のことは自分でできる)
(ジーニアス)

12/29放送分
会議室でのデジタル機器を禁止したハロルドに対して
I know where Harold is coming from.
− 私はハロルドの気持ちがわかります。
I see where you’re coming from.
(そういうことなんだ。意図がわかりました。)
(10/07/05「ラジオ英会話」)
割と聞くので、あとは使うのみ。

It really gets under my skin ...
− ..., 本当に気に障りますからね。
That got under his skin.
(それが彼をいらいらさせたようです。)
(07/10/8・9「ビジネス英会話」)
これも使うべし。

Daily Exercise(2)
Does it rub Melinda the wrong way when people text during her presentations?
和訳はご自分でしていただくとして
rub (a person) the wrong way … 人の気持ち〔神経を〕逆なでする
(08/03/12・13「英会話上級」)
これも...。

12/30放送分
Well, I must say that’s a striking way of making one’s point.
− まあ、確かにそれは、自分の言いたいことをわからせる一つの強烈な方法ですね。
striking … 顕著な、強烈な、際立った
11/05/19「実践ビジネス英語」の「強烈な」
Wow, that’s pretty ( intense ).
(うわー、かなり強烈ですね。)

I hate it when someone’s got their nose in their laptop during a meeting and is oblivious to what’s going on around them.
− 会議中にラップトップに夢中になって
  自分の周りで進行していることに気づかない人がいると、嫌ですからね。
be oblivious to … 〜に気づいていない、〜がわからない
They’re oblivious to what’s going on onstage.
(連中は舞台で起こっていることに気が付いていないのよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
A and B are oblivious to the approaching thunder.
(A と B は近づく雷鳴に無頓着である)
(08/11/05「ラジオ英会話」TRY IT IN A NEW SITUATION!より)
難しそうな単語だけど、何度も聞くうちに覚えるもんですね。


忘れられないことがいっぱいあった2011年、
来年はどんな2012年になるのか、まだ誰にもわからないけど、
自分の出来ることを、ひとつひとつ精いっぱいやるだけ。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、「英語5分間トレーニング」、
We’ve had quite a few ups and downs.
(浮き沈みがかなりあったけど。)
これからも、いっぱいあると思うけど、一人じゃないから大丈夫。

I wish you the best of luck in the coming year.

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 11:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

lump

「英語5 分間トレーニング」

先週は、あんまり難しい表現はなかったですよね?

12/19(月)
携帯電話を探すために、電話をかけて鳴らそうとしたものの
I’m afraid I switched it to silent mode.
音が出ないようにしたと思うんだけど。
silent mode だと、音も鳴らないうえに、振動もしないらしい。
それじゃ探せない!
せめて vibration mode にしておけば...。

12/21(水)
出かけるので。
That’s Bill, my parakeet. I need someone to babysit.
− ビルなのよ、私が飼ってるインコ。
  世話をする人が必要なの。
babysit … 面倒を見る、子守りをする
10/09/18「5トレ」では家の面倒をみてました。
I guess you could call it a house-sitting job.
(留守番の仕事と言ってもいいかもしれないわね。)
だったら bird-sit(?) とか言ってもよさそうなのに。

12/23(金)
トランプの手品です。
Now, I shuffle ... and here’s your card!
− じゃあ、シャッフルするよ … そして、これが君のカード!
シャッフルといえば、これですが、他にもあるんですわ。
shuffle の別の意味
And he shuffled out of the room.
(それからオフィスからそそくさと出て行ったんだ。)
(読めないところは反転で)
(08/03/5・6「英会話上級」)
足を引きずって歩く」っていう意味があるんですよ。

What’s this huge lump in the envelope?
− 封筒の中に入ってるこの大きなは何?
「(一定の形のない)塊」が lump (辞書)。
パンとか肉の塊は ( chunk )。
10/12/17「ラジオ英会話」の More Info!
Oh, I’ve got a lump in my throat!
(ああ、胸が詰まってしまいました!)
「のど」なのになぁ。

12/24(土)
I assume you want to split the bill again, too.
− 当然、また割り勘にもしたいわけね。
ちょっと前に習った割り勘
I was thinking we could ( go ) ( in ) together on a bottle of wine.
(3人でワインを1瓶、割り勘でどうかな、なんて考えていたんだけれど。)
(11/11/30「ラジオ英会話」)


最近、ポッドキャストでよく聞くなーと思うのが
the sky is the limit … ( 無制限である、青天井である )
(08/10/01「実践ビジネス英語」)
実は、最近 iPod touch を買いまして、
Wifi を利用すると、ポッドキャストの更新がものすごく速く終わるんですよ。
チョ〜快適!
今年買った物の中で、一番のヒットだったかも。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、「英語5分間トレーニング」、
I can see pillow ( scars ) on your face.
(顔に枕の跡がついているわよ。)
最近、本当になかなか取れないんですよ(泣)。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 22:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

embark on

「実践ビジネス英語」

目標を達成するには、レベル設定も大切。

12/21放送分
I think your brother is right to get out of the New Year’s resolution rut, ...
− 弟さんがマンネリ化した新年の誓いをやめたのは、当然だと思います。
↑ は抜け出したけど、はまってる方
When you're stuck in a rut, action is the antidote.
(マンネリになっている時には、行動することがそこから抜け出すにはいいんだよ。)
(06/08/15「徹底トレーニング英会話」)

Or they just go for low-hanging fruit.
− あるいは、簡単に達成できる目標を追求するだけです。
とってもイメージしやすい!

It’s smarter to try to make incremental changes in your eating habits, for example, than to attempt to embark on a whole new diet from day one.
− たとえば、食習慣を徐々に変えていく努力をするほうが、
  初日からまったく新しい食生活を始めようとするより、賢明です。
incremental change … 漸進的な変化、徐々に変わること
increment が「増加、増大」だそうです。
increase と関係あるのかな?

embark on … 〜に乗り出す、〜を始める
embark upon motherhood で「母親になる」(プログレッシブ)
母親業への乗船。

minutiae … ささいな点[こと]、詳細
複数形が minutiae (テキスト)
覚える必要があるだろうか...。
08/12/23「入門ビジネス英語」にメモしてある
in minute detail … 事細かに
minute(微笑の、微細の)と関係あるはず。
この minute の発音は「マイニュート」。

「5トレ」12月号、「Let’s Build Up Your Vocabulary」 の76ページに
「注意すべき複数形」が載ってますけど、ここに書かれている単語もかなり手ごわい。

Daily Exercise (2)
Does the desire for immediate gratification often trump long-term planning?
和訳はご自分で、お願いします。
11/09/02「実践ビジネス英語」より
Technology has trumped geography, ...
− テクノロジーは地理的な問題を乗り越えていますし、...
trump … ( 〜より勝る、〜の上をいく )
読めないところは反転させてくださいね。


12/22放送分
If you don’t start changing your life right here and now, it’s dollars to donuts you won’t do it next week.
− 今すぐに自分の生活を変え始めないのなら、
  翌週になっても、変え始めないのは確実です
古い表現と言ってましたよね。
同じ意味で it’s ten to one も言う。(テキスト)
十中八九」で辞書を引くと、ten to one が出てくるんですけど
当ブログで「十中八九」を検索すると出てくるのが
In all ( likelihood ), she’s back together with Derek.
(おそらく間違いなく、彼女はデレックとよりをもどしたと思うわ。)
(08/11/03「ラジオ英会話」)

Instead of trying to put their house in order once a year by making New Year’s resolutions, ...
− 新年の誓いを立てることで、1年に1度、行いをただそうとするのではなく、...
put one’s house in order … 自らの態度を改める、自分の行いを正す
家をきちんとすることは、自分の行いを正すこと、なのか。


12/21のビニェットの内容に
「すぐに得られる満足感(immediate gratification)を優先するように
脳が仕組まれている」というのがありましたが、似たような内容がかつてあったのです。
Nicotine is a drug that provides instant gratification― ...
(ニコチンは速攻で満足をもたらすドラッグであって、...)
(06/04/14・15 「英会話上級」)
こっちは instant だったけど。
だから、タバコをやめるのは難しいということ。
でも the power of the mind(マインドの力)で、タバコはやめられる、
という結論だったので
新年の誓いをやり抜くのも、the power of the mind 次第ってことかな?


去年の今頃、12/23「実践ビジネス英語」
You really are a dyed-in-the-wool Luddite, aren’t you?
(あなたは本当に徹底した(筋金入りの)テクノロジー嫌いなのですね。)
私の友達にもいるんですよ、メールすらやらない人。

*Daddyさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

send out for

「英語5分間トレーニング」

今週の「リスニング力アップウィーク」、楽しいですね♪

12/12(月)
CDに傷がついた場合、
That makes it skip when I play it.
− そうするとCDをかけたときに音が飛ぶから。
音が飛ぶ場合、jump も使えたはず。

動物の好みについて。
I’m partial to dogs, myself.
− 私はね、犬が好きだわ。
be partial to 〜 … 〜が好きで、〜をえこひいきする(テキスト)
One-Pointes
That English teacher is partial to some female students.
− あの英語の先生は一部の女子をえこひいきしてる
いけませんな。
かつての「えこひいき」
Employers tend to favor candidates who write a follow-up letter.
favor … えこひいきする、偏愛する
(11/04/28「実践ビジネス英語」のDaily Exercise)
I don’t play favorites.
(えこひいきはしません。)
(06/12/29・30「ビジネス英会話」)

別の One-Pointers
You shouldn’t swallow what he said.
− 彼の言ったことをうのみにしないほうがいいよ。
鵜呑みにする」といえば、これも。
swallow ( hook ), ( line ) and ( sinker )

12/13(火)
One-Pointers
Why don’t we send out for something tonight?
− 今夜は何か出前を頼まない
send out ( for ) … 〜を持ってくるように注文する、〜の出前を頼む
(プログレッシブ)
出前だと、やっぱり deliver を思い出す。
Let’s have something delivered tonight.
(今夜は店屋物にしましょう。)
(09/10/04「5トレ」)

12/14(水)
You won’t get a handle on how this engine works until you take it apart and put it back together.
− 分解して、元通りにするまで、このエンジンがどうやって動くのかわからないよ。
get a handle … 把握する、理解する
Get a handle on how things are run.
(どうやって物事が進められるかを把握するんだよ。)
(11/07/09「5トレ」)
get a ( grip ) on ともいう。← カッコの中は反転お願いします

12/17(土)
長年ジョギングをしていなかった人が再開するにあたってのアドバイス。
You should ease into it.
徐々に慣れるようにすべきなのよ。
ease into 〜 … 〜に徐々に慣れる
ease の「(苦痛などが)和らぐ、軽くなる、楽になる」
の関連ですか。

アドバイスした本人には、ある日突然5マイル走ってひどい目にあった経験あり。
My knees complained about it for a month.
− 私のひざがそれで1か月間不調を訴えたわ!
何事も、いきなりやりすぎるのは、よろしくないですね。
complain … (苦痛・病苦などを)訴える、悲しそうな音を立てる
人間以外が complain の例
The rocker complained.
(揺りいすががきしんだ)(プログレッシブ)
   
12/18(日)
He’s good at doing impressions.
− 彼はものまねがうまい。
Have you ever heard him do impressions?
(彼がものまねをするのを聞いたことがある?)
(08/01/25「徹底トレーニング英会話」)
( impersonate )っていう動詞もありますよ。
(06/12/15・16「ビジネス英会話」)


11/10/20「実践ビジネス英語」で習ったときに、内心
「この単語って、いったいどこで出会うんだろう?」なんて思っていた
altruism … ( 利他主義、愛他主義 )
ですが、なんと!出会ったのです。
ポッドキャストニュースで!(↓ のビデオの中でアンカーパーソンが言いますよ)
Complete Strangers Touched By Altruistic "Layaway Angels" 
タイトルの中には、形容詞の altruistic が入ってますね。
しかも、最近「実践ビジネス英語」に何度もでてきてる layaway
関連しているニュースです。
このニュース、アメリカ版「タイガーマスク現象」みたいですよ。
それにしても
モチベーション上がった!


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、12/22「実践ビジネス英語」
No being shackled to a desk?
(机に拘束されることもないの?)
記憶の片隅にもなかった。
I was shackled in the shack.
(掘っ立て小屋拘束された。)
こんな苦し紛れの英文が、単語記憶の一助となるのか!?

*Daddyさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 11:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

dock

「ラジオ英会話」

ただ今、年賀状印刷中。

12/12放送分
写真撮影を注意された学生の謝罪。
My apologies, ma’am.
申し訳ありません
フォーマルな謝罪。(テキスト)
プログレッシブによれば
Please accept my apologies.
(ここにおわびいたします。)
の短いバージョンらしいです。

12/13放送分
リポートを提出できない、という学生に、教授が言ったセリフ。
That’s a shame, Alan.
− それはいけないわね、アラン。
I’m sorry. のくだけた言い方。(テキスト)
なんとなくshame の語感が強い気がして、使いにくい。

I’ll have to dock your grade.
− 成績を下げなければならないわ。
dock … 〜を下げる、減じる[評価・給料など](テキスト)
I’m going to have to dock your pay next time you’re late.
(次に遅刻したときは、君の給料を減らさなければならなくなる。)
(08/08/19「ラジオ英会話」)
評価・給料、両方カバー。

dock って、宇宙船の「ドッキング」とかの dock ですよね。
あと、
dock a dog
(犬の尾を切り詰める)
(プログレッシブ)
なんていう意味もあるそうです。
痛い!

I’ll give you until Friday to turn it in.
− 提出は金曜日まで猶予を与えます
until Friday が「(今から)金曜日まで(という期間)」
という名詞的な扱い方。(テキスト)
説明されなかったら、聞き流していたかも。

12/16放送分のWeekly Review
You have until Friday―and no later―to turn it in.
− 提出はどんなに遅くても金曜日までです。
no later than Friday という強調らしい。
You should turn it in by Friday at the latest.
(遅くとも金曜日までには提出してください。)
なんかでもOKかなぁ?


時間的な短さの割に内容の濃いポッドキャスト「CNN 毎日ちょこっとリスニング特訓
の最近のシリーズテーマが
「センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす」。
さらに、
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、
ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!」
っていう説明が入ります。
知的で品の良いスラングの例がこちら。
have the runs
technicolor yawn
number two / number one
the john
XYZ
知的で品の良いスラングの定義が私にはよくわかりませんが...。
あと、すごいと思ったのは
have the runs XYZ をコメント欄で以前、私に教えてくれた人がいるんです。
その人の名は Lilyさん!!
Lilyさんは硬軟取り混ぜて、いろんな表現を知っていらっしゃるのです。
すごいな〜。
いつも、ありがとうございます!


去年の今頃、12/17「実践ビジネス英語」「ラジオ英会話」
店員」という意味の sales ( associate ) は12/14のダイアログにも出てきましたね。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

pie-crust promise

「実践ビジネス英語」

「新年の誓い」って、こんなに早いうちにたてるもの?

12/14放送分
ジャックがスポーツジムのよさについて、マリアに話す。
It gave me the incentive to stick with a good, solid exercise regime.
− おかげで、信頼できるよい運動法を一つ続けていこうという気になりましたからね。
solid … 内容の充実した、しっかりした(プログレッシブ)
ジーニアスの例に
a solid meal
(食べごたえのある食事)
っていうのがあるんですけど、
「固くて食べごたえのある」って意味じゃなかろうね。

exercise regime … 運動健康法
ここでの regimeregimen と同じと言っていた。
The regimen I try to stick to is a good long walk or bike ride, ...
(続けようと心がけている健康法は、たっぷりと時間をかけて歩いたり、
自転車に乗ったりして...)
(11/09/22「実践ビジネス英語」)
たしかに!

If I recommend you as a new member, I’ll get a modest rebate on my membership fee.
− 私があなたを新会員に推薦すれば、私は会費を少し払い戻してもらえますし。
get a modest rebate on … 〜のささやかな払戻金をもらう
modest だから、額も「控えめ」なのか。

12/15放送分
・... “pie-crust promise” ― easily made, easily broken.
− 「パイ皮のような約束」、つまり作るのも簡単、破るのも簡単...
ビニェットによればメリー・ポピンズのセリフらしいですが。
プログレッシブに
Promises are like pie-crust, made to be broken.
(約束はパイ皮のように破れやすい)
ということわざが載ってました。

Trying to become a teetotaler in one fell swoop is a pretty tall order for most of us.
− いきなり絶対禁酒主義者になろうというのは、
  たいていの人には、かなり難しい注文です。
in one fell swoop … 一挙に、一気に
なんで、動詞の過去形が?と思ったら
この fell は「残忍な、獰猛な」という形容詞だそうです。
ナットク。
a fell disease
(恐ろしい病気)(ジーニアス)

It’s better to steer a middle course ...
− ほどほどのところにして、...
steer a middle course … 中庸をとる、ほどほどにやる
「進路をとる」の steer です。
その他の「ほどほど」
strike[take] the happy medium between A and B
(A と B の折衷案をとる)
follow the golden mean
(中庸をとる)
(ともにプログレッシブ)

But morning-after wisdom tends to fade away along with the effects of the hangover.
− しかし、二日酔いの朝の懸命な誓いは
  たいてい二日酔いの症状とともに消えていってしまいます。
morning-after wisdom … 二日酔いの朝の知恵[分別]
私好みの表現。

Daily Exercise (2)
Has Jack been hit-and-miss in his attempts to be healthier?
hit-and-miss … 行き当たりばったりの、計画性のない
習ってないはずと思い、念のためブログ検索したら、
08/09/30「入門ビジネス英語」で習っていたことが判明。
いつものことだけど...。

12/16放送分
ワキモトの弟はソーシャルメディアを利用することで効果的なコミュニケーションを図る予定。
That will help boost his profile ...
− これは、(中略)彼のことをよく知ってもらうのに、役立つでしょう。
boost someone’s profile … (人)に対する関心を高める、(人)の知名度を上げる
boost の代わりに raise でもいいらしいです。(OXFORD)

新年の誓いに「禁酒」か...、
「やせるぞ!」並みに、できそうでできなさそう。
禁酒している/する」という意味の、面白い表現がありまして、
11/09/02「実践ビジネス英語」にメモしてあります。
be/go on the ( wagon ) … 禁酒している、禁酒する
1998年度のマーシャ先生の講座で習った表現。

似ている単語つながり
With so many companies jumping on the CSR ( bandwagon ), merely making a gesture isn’t enough.
(非常に多くの企業が CSR の波に乗っていますから、
やろうというポーズだけでは不十分です。)
(11/10/27「実践ビジネス英語」)

禁酒の ( wagon ) は「(戦時中の)給水車」という意味で
( bandwagon ) は「楽隊車」、
だそうですよ。


去年の今頃、12/15「実践ビジネス英語」12/16「実践ビジネス英語」
He’s made it a point to resist what he calls the siren call of the mobile phone.
(彼は自ら「携帯電話の誘惑」を称しているものに、あえて抵抗し続けているのです。)
ググってみたら the siren call of sweets / candy のように、
食べ物にも使えるみたいです。
あの誘惑にはさからえない。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

quick on the draw

「英語5分間トレーニング」

今回、One-Pointers 祭り。

12/5(月)
One-Pointers
That newcomer is pretty quick on the draw.
− あの新人は理解するのがかなり速いよ。
be quick on the draw … (剣・ピストルなどを)抜くのが早い、理解が早い
(プログレッシブ)
飲み込みの早い人」だと
a quick study / fast learner
がおなじみ。
ピストルの早撃ち」といえば
( shoot ) from the ( hip ) … よく考えずに、あるいは衝動的に反応すること
というのがありましたっけねー。

This could be habit-forming.
− これって癖になるかもね。
「癖になる」なんて面白い単語だな〜と思ったのもつかのま、
This TV show is quite habit-forming.
(このテレビ番組はかなり癖になる。)
(10/06/20「5トレ」)
習ってんだなー、これが。

12/6(火)
One-Pointers
What’s 111 divided by 3?
− 111割る3は?
3で分割された111は何?
37!
余りがでる場合
When ten is divided by three, the remainder is one.
のように言うそうです。
(プログレッシブ)

12/7(水)
One-Pointers
He took it easy just before reaching the finish line.
− ゴールに着く直前で彼は軽く流した
陸上の短距離予選なんかでよく見る光景。
こんな風に言えるんだ、へー。

12/9(金)
His soccer team made the championship.
− 彼のサッカーチームが決勝戦までいったのよ。
この make の使い方は
11/11/05「5トレ」の
But I did make the short list.
(でも、最終選抜の候補者名簿に載ったのよ。)
make と同じだと思う。
この日のブログコメント欄にHildaさんが書いてくれた英文。
I didn't make the team.
(チームには入れなかったんです。)(2001年度「ラジオ英会話」)
I didn't even make the first cut?!
(最初の選抜に残れなかったの?!)(大杉先生のラジオ講座)
やっぱりHildaさんは、私の師匠です、いつもありがとう!

12/10(土)
家の鍵を忘れたので、出かける予定の妻がまだ家にいてくれたら...
Oh, please let her be home.
− まだ出かけてないといいけど。
ここで let ?という消化不良感のため、とりあえずメモ。

I’m getting this sinking feeling that nobody’s home.
− 誰も家にいないっていう悪い予感がしてきた。
↓ こちらの本より
NHKラジオ英会話レッツスピークベストセレクション (NHK CD BOOK) [単行本] / 岩村 圭南 (著); 日本放送出版協会 (刊)
見知らぬ人からの添付ファイルを開けてしまい、
The second I opened it, I got this terrible sinking feeling.
(開けたとたん、とんでもなく悪い予感がしたんだ。)
bad feeling ばかりじゃつまらないので、こちらも。
自分が使うことがない方がいいけど。

12/11(日)
What good is it to say that now?
− 今それを言って何になる
言えそうで言えない!
What good is it to 〜?
〜して何になる?
という表現のようですね。


One-Pointers といい、巻末の補助教材といい、非常にためになるものが多くて
「5トレ」のテキストは cost-effective だと思います。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」
A simple pair of glasses made all the difference.
(たった1つの眼鏡ですべてが変わったのよ。)
老眼になってみて、初めてメガネの偉大さを知った私。
ハッキリ見えるって素晴らしい〜!


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

blow over

「ラジオ英会話」

フォーマルな状況での「許可を求める」、
というわけで、表現硬めになっております。

12/5放送分
自分でスタントをこなした映画スター。
In fact, I almost drowned after jumping off a bridge.
− 実際、橋から飛び降りたときなど、おぼれそうになりました
almost が無いと、おぼれ死んだ人の独りごとになってしまう。
drown … 溺れ死ぬ
演歌みたいな drown
drown one’s sorrows in drink … 悲しみを酒にまぎらわす
(プログレッシブ)

So you’re a thrill seeker.
− ということは、スリルを楽しむ人なんですね。
似たような人に、「向う見ずな人 ( daredevil ) 」
って単語もありました。
(カッコの中は反転)

スタントチームを頼む資金がなかったと聞いたインタビュアー。
That’s unheard-of!
− それは前代未聞ですね!
「聞いたことない」。
I’ve never heard of it.
でもいいと思うけど。

12/6放送分
I order you to leave the premises immediately.
− 即刻この構内から立ち退くよう命じます。
単数形の premise だと、こんなのありました。
on the premise that … (〜という条件で)
(08/10/17「実践ビジネス英会話」)

12/7放送分
顧客の問題をアシスタントに伝える公認会計士(CPA)。
I’m telling you this in the strictest confidence.
− 今から言うことは絶対に内密にしてください。
極秘で」という訳もあり。

アシスタントの返事。
My lips are sealed.
− ひと言も漏らしません。
こんなのもありました。
I won’t ( breathe ) a word of it.
(ひと言ももらさないよ。)
(11/07/27「ラジオ英会話」)
↑ 意外と最近でびっくり

Let’s hope it all blows over.
− すべて丸くおさまるように祈っていましょう。
blow over … 嵐が去る
The scandal will soon blow over.
(スキャンダルはすぐにおさまるだろう。)
(OXFORD)

12/8放送分
Try It in a New Situation!
They are both in a foul mood.
− 2人とも機嫌が悪い
in a bad moodin a foul mood だったら、
どっちの方が機嫌が、
より悪いのだろうか?


最近、英語にかける時間を増やしたら、さっそくラジコった。
There’ s a lot to be said for that.
(いい点がたくさんある。)
が ABCニュースの Nightline で使われていましたよ。
昨日のブログに書いたばかりではありませんか!
ただ、どんなニュースだったか思い出せないのが残念...。


去年の今頃、「ラジオ英会話」、
We’ll get a laugh out of this someday.
(いつか、このことを笑える日が来るわ。)
人生、こんなことの繰り返し。

*Daddyさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:44| Comment(8) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

compunction

「実践ビジネス英語」

チップは面倒だけど、それも文化だから仕方ないですね。
私の場合、それがイヤなら外国に行かないだけのこと。

12/7放送分
Providing service above and beyond the call of duty like that certainly merits a hefty tip.
− そのように職務範囲を超えたサービスを提供することは、
  確かに高額のチップをもらうに値しますね。
above and beyond … 〜以上に、〜の範囲を超えて

merit … 〜に値する、〜の価値がある
イコール deserve

チップがあらかじめ勘定に含まれている場合があることについて
That’s pretty cheeky.
− かなりずうずうしいですよね。
cheeky が人間以外にも使えることを確認。
cheesy だと「安っぽい、ちゃちな、ありふれた
(読めない部分は反転させてみよう)

でも predetermined / preset tip には、いいこともある。
It does save me worry of figuring out how much to tip, ...
− チップの額が最初から決まっていると、確かに、いくら渡せばいいのかと
  悩まなくて済みます
spare と同じ。
spare you the trouble(君に面倒をかけないようにする)(ジーニアス)

If I have an especially bad experience at a restaurant, I have no compunction about leaving the waiter a big fat goose egg.
− 私がレストランでとてもひどい経験をしたなら、なんのためらいもなく、
  ウエイターには1セントたりともチップを置かずに立ち去りますね。
compunction … 良心の呵責、気のとがめ
(プログレッシブ)
Daily Exercise(3) では ( qualms )と言い換え。
2007年(伝説の)「英会話上級」より
日本人が神社で初宮参りをして、教会で結婚式をあげて、
仏式の葬儀で送られることを外国人に質問された日本人の答え。
We have no ( qualms ) about it.
(何も気がとがめることはないわ。)

goose egg … セロ、0点
テニスの「0(ゼロ)」を「ラブ」って言いますよね。
それがフランス語の「卵」っていう単語から来てる、という説を
高校生と勉強していて知りました。(教科書に書いてあった)
ネットにも同じ説明がありましたよ。


12/8放送分
natural inclination … 自然な気持ち、生まれながらの性向
inclination はこの単語の名詞形ですよね。
he’s inclined to give in to his impulses.
(彼には一時の感情に流されてしまう傾向がありますからね。)
(08/09/10「実践ビジネス英語」)

There’s a lot to be said for that.
− チップを渡す習慣がないということには、利点がたくさんありますね。
that が「チップを渡す習慣がない」という部分。
08/02/27「徹底トレーニング英会話」より
I guess sometimes there’s something to be said for a quiet job.
(ときにはたんたんとした仕事にもいい点があるんだね。)
この日のブログに
there is (   ) to be said for 〜.
(   )の中に入る語によって、意味が変わるそうです。」
とメモしてありました、4年前の自分もがんばってたなー。

However you feel about dishing out tips, keep in mind that the income they provide is anything but trivial.
− チップを気前よく渡すことについてどういう意見があろうとも、
  チップがもたらす収入はばかにならないということは、心に留めておいてください。
dish out … どんどん与える、ばらまく
Do you dish out their allowances with no strings attached?
(あなたは子供たちに何の条件も付けずにお小遣いをあげているのですか。)
(06/10/16・17「ビジネス英会話」)
この日のブログにメモしてあった「支払い系」イディオム
shell out / fork out … ( 金をしぶしぶ出す )

anything but … 少しも〜でない
11/06/30「実践ビジネス英語」Daily Exercise (1)
The bank’s rule is anything but extreme.
(その銀行の規則は決して極端ではない。)

ばかにならない」で思い出すのがコレ。
09/04/01「ラジオ英会話」
Five pounds is ( nothing ) to ( sneeze ) at.
(5ポンドって、ばかにできないわよ。)
09/08/20「実践ビジネス英語」
Micro-donations by computer geeks is ( nothing ) to be ( sneezed ) at.
(コンピュータ・オタクたちによるマイクロドネーションはばかにできない。)
両方OK。


勉強したー!
って気がする。


去年の今頃、
ラジオ英会話」、12/8「実践ビジネス英語」、「英語5分間トレーニング」、「ラジオ英会話
ずいぶん、たまってたなぁ...。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

expiration date

「英語5分間トレーニング」

師走ですな。

12/1(木)
子供がテレビを見る時間をキッチンタイマーで制限している人に
How long do you usually set it for?
− いつもはどのくらいにセットしてるんだい?
ここの for 、自分だったら思いつかなかったかも...。
set the oven timer for 10 minutes
(オーブンのタイマーを10分にセットする)
(プログレッシブ)

12/2(金)
Let’s meet up again.
− また会いましょう。
meet up … 〈いっしょに何かをするために、時・場を決めて〉(人と)会う
(プログレッシブ)
これも言えそうで言えないなー。

ビタミンのサプリメントを捨てる。なぜなら
They’re years past their expiration date.
使用期限が何年も過ぎてるから。
expiration date … 使用(賞味)期限
ブログにあった賞味期限
sell-by date … 賞味期限、品質有効期限
(08/05/12のブログ)
It passed its use-by date yesterday.
(賞味期限は昨日で切れてるんだけど。)
best-before date
(10/02/15「5トレ」)

12/3(土)
This is shaping up into a fantastic day.
− 今日はすばらしい日になるわね。
shape up into 〜 … 〜の形になる
名詞の shape で「形になる」
I can hardly wait to see it take shape.
(形になるのを見るのが待ち遠しいな。)
(06/11/20「徹底トレーニング英会話」)

ランチを食べ終わったら
Then we’ll come back in the early afternoon and set everything up for our next project.
− それから午後の早い時間に戻ってきて、次のプロジェクトの準備をしましょう。
set up … 〈物・事〉を準備する
(ジーニアス)
arrange といっしょ。(OXFORD)
これも自分では使ったことないなー。
2000年度「ラジオ英会話」より
なじみのコピーライターと今度いっしょに仕事をすることになり
Just call my office and my secretary will set something up.
(オフィスに電話してちょうだい。そうしたら秘書が何かお膳立てするわ。)
やっぱり arrange だゎ。


11月号のテキストを捨てるにあたり、もう少し。
Let’s Build Up Your Vocabulary!
slapped cheek disease … リンゴ病
たしかに「ほっぺたが赤い感」は同じだけど、
この日米の表現の違いから日本人の優しさが感じられる。

Let’s Sophisticate Your English!
今度のバイトがよく働くので
「私たち正社員の影が薄くなっちゃうわね。」
Sophisticated バージョン】
With her around, full-timers like us will ( fade ) into the background.
blend into the woodwork(姿を消す)でもいい。(テキスト)
【私バージョン】
We full-time workers could pale in comparison with her.
出来うんぬんよりも、pale を思い出した自分をほめたい。


去年の今頃、「ラジオ英会話」
wrigglewiggle 、似てる!


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

tag along

「ラジオ英会話」

今週は「日常的な状況で」許可を求める週。

11/28放送分
クッキーを作っていて
I botched this one.
− こいつは失敗しちゃった
10/03/8「ラジオ英会話」では
I botched it!
(しくじった!)
という訳。

失敗しちゃったクッキーを
Would you care if I ate it?
− それ、いただいてもいいかしら。
仮定法過去なんですね。

11/29放送分
Do you model?
モデルをしてるの?
model に動詞があった。

撮影現場に
Do you think I could tag along?
ついて行ってしまっていいかな?
相手が誘わないのについて行く、といった意味合いが強い。(テキスト)
Mind if I tag along?
(ついて行ってもいいかな?)
(2000年度「ラジオ英会話」)
気晴らしにサッカーをしに行くという同僚にお願いしてました。

Sorry. This particular photographer doesn’t allow onlookers.
− ごめんなさい。この写真家に限っては見学を許さないのよ。
onlooker見物人
そういえば、「見物人」には、こんな単語もあったっけ。
1998年度「ラジオ英会話」より
ロックスターのミュージックビデオに出演させられたおばあちゃん。
ダンスを踊らされたか?と聞かれ
No, they just made me stand in the background with several other ( bystanders ).
(いえいえ、他の何人かの見物人たちと一緒に背景に立たされていただけなのよ。)

11/30放送分
Any chance of catching a ride with you to the party?
− ひょっとして、パーティー会場まで乗せてもらえる
catch a ride with 〜 … 〜の車に乗せてもらう
12/2の復習回にでてきた
give me a lift (ride) ならおなじみなんだけど、なんか覚えにくい。

I’d like to swing by Wine Mart if that’s okay.
− ワインマートに寄りたいのだけれど、差し支えなければ。
swing by … 〜にちらっと立ち寄る、立ち寄る
11/01/13「5トレ」でも習っていた。
Tell them I’ll swing by and pick it up.
(取りに立ち寄ると言っておいて。)

I was thinking we could go in together on a bottle of wine.
− 3人でワイン1瓶、割り勘でどうかな、なんて考えていたんだけれど。
覚えにくいー!

別の「3人で割る」場合
Let’s split the check three ways.
(勘定を3つに分けましょうよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
three ways で「3人均等に」。

「2人で割る」場合
Why don’t we go ( halves ), then?
(じゃあ、割り勘にしましょうか?)
(09/09/23「5トレ」)

12/1放送分
Can I use your pen a sec?
− ペンをちょっと借りていい?
「ペナセック」って何だろう?って思った、自分のリスニングスキルにショボン...。


久々に借りた「Glee」を見ていたら、
今日メモした botch が出てきました。
ファーストシーズンの第18話です。
あと、同じエピソードの中に、11/14のブログにメモした
ふしだらな」という意味の単語もでてきました。
その単語って何だったでしょうか?
:( promiscuous )
どんな単語でも拾っておくもんだ。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、
He and I talk the same language.
(彼と僕は話が合う。)
同じ言語を話さなくても、こういう人っていると思うけど。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

largesse

12/2「実践ビジネス英語」

レストランやホテルでのチップについて。

Even seasoned business travelers don’t know how much to tip.
− 出張に慣れている人でも、チップをいくら渡せばいいのかわかっていないのです。
seasoned … 経験豊富な、慣れた
experienced ってこと。

Sometimes that makes them panic and forgo the practice altogether ...
− そのためにうろたえてしまい、チップを渡すのをやめてしまうこともあるのですが、...
forgo the practice … 習慣をやめる
ブログにメモするのも4度目なんで、さすがに forgo の意味を覚えてました。
ワーイ。
ジーニアスによると forgo には
楽しみなどを差し控える〜なしですませる」というニュアンスがあるそうです。
説明が当てはまってる英文
But maybe I should forgo my usual Danish in the morning from now on.
(しかし、これからは、毎朝食べているデニッシュペストリーを
やめたほうがいいかもしれませんね。)
(11/11/07/21「実践ビジネス英語」)
デニッシュペストリーを食べるのが楽しみなんだと思う。

〜なしですます」だと
( dispense ) with
もあったなぁ、
ニュアンスは違うかもしれませんが...。(カッコの中は反転でどうぞ)

I’ll give a generous tip when hotel staffers go the extra mile for me.
− ホテルの従業員が特別なことをしてくれた場合は、私はチップをはずむようにしています。
go the extra mile … 一層の[特別な]努力をする
People who have no passion for their work aren’t going to go that extra mile.
(自分の仕事に情熱をもたない人は、そのように努力することはないでしょう。)
(10/08/04「実践ビジネス英語」)
  ↑この日の放送で、クリス松下さんが紹介してくれた同意表現
( go ) ( out ) of your ( way )
どっちもわざわざ多く歩いてる感じ。

primer on tipping … チップの手引き[入門書]
「〜 for dummies(初心者のための〜)」という実用本のシリーズがある、
って、以前、杉田先生の講座で習いました。

I’m sure she appreciated your largesse.
− 彼女はきっと、お二人の心遣いに感謝したことでしょう。
largesse … 気前のよさ、気前のよい贈り物
formalhumorous に使うそうです。(OXFORD)

Daily Exercise
(1) The concierge pulled some ( strings ) to get tickets for Melinda.
pull ( strings ) … 手を尽くす
06/03/1・2「ビジネス英語」に
影響力を行使する、陰で糸を引く」という意味で
pull ( strings )」がでてきたようです。昔のブログ内に発見。

(3) Melinda found an article on Tipping ( 101 ).
( 101 ) … 入門編、初歩(杉田先生)
わんちゃんといっしょだ。


コカコーラの缶の色が変わって不満続出というニュースを
ポッドキャストで聞きました。
Coca-Cola's White Can a Mistake?(ビデオが見られます)
缶の色が変わると味まで違って感じるとはねー。
色が与えるインパクトの大きさを改めて知るニュースです。
よかったらどうぞ。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「実践ビジネス英語
Well, I hope your golden years aren’t too Spartan.
(なるほど、お二人の老後があまりにも質素なものにならなければいいですね。)
老後の生活がスパルタ式?と思ったあなた、ご安心を。
ここでは違う意味ですから。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

accommodating

「実践ビジネス英語」

杉田先生、風邪ひいたみたいな声でしたよね。
大丈夫かしら?

今回は「チップの作法」ということで、
ワキモトにチップの習慣を質問されたピアソンのセリフ。
Ah, to tip or not to tip.
− なるほど、チップを渡すべきか、渡すべきではないか。
これは tip を別の動詞に変えて会話で使えそうである。

In your case, I think it makes sense to use year-end gratuities as a way to grease the proverbial wheel to ensure good service in the coming year.
− あなたの場合、次の年によいサービスを必ず受けられるようにするための潤滑油として、
  年末のチップを活用するのが賢明だと思いますよ。
grease the proverbial wheel … 物事を円滑に運ぶ
The squeaking wheel gets the grease.
(文句を言わなければ、聞いてもらえない)(テキスト)
ということわざありきのセリフ。

Daily Exercise 3連発
(1) Jack wants to get off on the right ( foot ) with his service providers.
get off on the right ( foot ) … うまく始める、出だしをうまくやる
get things off to a good start(よいスタートを切る、出だしがよい)の言い換え。
(読めないところは反転させると読める仕組み)

(2) The building’s staff will be accommodating.
accommodating … よく世話をする、親切な
この単語とよく似ているのが
obliging … 喜んで人の世話をする、親切な
プログレッシブによる2つの違い
obliging 頼まれてなくても進んで世話を焼く
accommodating 人の求めに応じて、助力を惜しまないこと
実はどっちも知らなかった...。

(3) Britons have a good ( feel ) for how much to give on Boxing Day.
have a good ( feel ) for … 〜をよく知っている、理解している(杉田先生)
たぶん、これ ↓ に good がついたってこと。
I wonder how much our top brass have a ( feel ) for the current situation.
(わが社のお偉方はどの程度現状を把握しているのでしょうね。)
(06/11/27・28「ビジネス英会話」)

12/1放送分
・..., you don’t want to tip them too much and seem like an easy mark.
− チップをはずみすぎて、お人よしととられるのもいけませんね。
easy mark … だまされやすい人、かも、お人よし
easy 系だと
easy target / easy prey
っていうのもありました。
Daily Exercise では ( soft ) touch と言い換え。

チップの額が多すぎても少なすぎてもね、というわけで
It’s a fine line, ...
微妙なところですよね(それは紙一重である)。
ヘザーさんによれば、この後ろに between A and B がついたとき
B に悪いことがくるそうです。
He was walking a fine line between being funny and being rude.
(彼は「面白い」と「無作法」のギリギリのところだった)(OXFORD)
ホントだ!

There’s less money to throw around these days.
− 近ごろは、気前よく使えるお金が少なくなっています。
throw around … お金を浪費する
英辞郎の「投げ散らかす」っていう訳がいい感じ。

Year-end gifts can strike an emotional chord with recipients.
− 年末の贈り物で、それを受け取る人たちの心に訴えることができます。
strike an emotional chord … 心の琴線に触れる、心に訴える
emotional 抜き
And it seems to have struck a chord with many of those who attended.
(そして、それは参列者の多くの共感を呼んだようですね。)
(10/03/17「実践ビジネス英会話」)


Daily Exercise(3)
Melinda uses one provision of service as a ( yardstick ) for tipping.
(メリンダはサービス一回分をチップの目安として使っている)
の選択肢がよかった。
matchstick / broomstick / yardstick
stick で統一させたい感がアリアリ。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、「英語5分間トレーニング
insidious forms of bullying … (陰湿な)いじめ
いじめなんかなくなっちゃえ!


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。