2011年12月12日

blow over

「ラジオ英会話」

フォーマルな状況での「許可を求める」、
というわけで、表現硬めになっております。

12/5放送分
自分でスタントをこなした映画スター。
In fact, I almost drowned after jumping off a bridge.
− 実際、橋から飛び降りたときなど、おぼれそうになりました
almost が無いと、おぼれ死んだ人の独りごとになってしまう。
drown … 溺れ死ぬ
演歌みたいな drown
drown one’s sorrows in drink … 悲しみを酒にまぎらわす
(プログレッシブ)

So you’re a thrill seeker.
− ということは、スリルを楽しむ人なんですね。
似たような人に、「向う見ずな人 ( daredevil ) 」
って単語もありました。
(カッコの中は反転)

スタントチームを頼む資金がなかったと聞いたインタビュアー。
That’s unheard-of!
− それは前代未聞ですね!
「聞いたことない」。
I’ve never heard of it.
でもいいと思うけど。

12/6放送分
I order you to leave the premises immediately.
− 即刻この構内から立ち退くよう命じます。
単数形の premise だと、こんなのありました。
on the premise that … (〜という条件で)
(08/10/17「実践ビジネス英会話」)

12/7放送分
顧客の問題をアシスタントに伝える公認会計士(CPA)。
I’m telling you this in the strictest confidence.
− 今から言うことは絶対に内密にしてください。
極秘で」という訳もあり。

アシスタントの返事。
My lips are sealed.
− ひと言も漏らしません。
こんなのもありました。
I won’t ( breathe ) a word of it.
(ひと言ももらさないよ。)
(11/07/27「ラジオ英会話」)
↑ 意外と最近でびっくり

Let’s hope it all blows over.
− すべて丸くおさまるように祈っていましょう。
blow over … 嵐が去る
The scandal will soon blow over.
(スキャンダルはすぐにおさまるだろう。)
(OXFORD)

12/8放送分
Try It in a New Situation!
They are both in a foul mood.
− 2人とも機嫌が悪い
in a bad moodin a foul mood だったら、
どっちの方が機嫌が、
より悪いのだろうか?


最近、英語にかける時間を増やしたら、さっそくラジコった。
There’ s a lot to be said for that.
(いい点がたくさんある。)
が ABCニュースの Nightline で使われていましたよ。
昨日のブログに書いたばかりではありませんか!
ただ、どんなニュースだったか思い出せないのが残念...。


去年の今頃、「ラジオ英会話」、
We’ll get a laugh out of this someday.
(いつか、このことを笑える日が来るわ。)
人生、こんなことの繰り返し。

*Daddyさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 14:44| Comment(8) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。