2011年12月31日

hash out

「実践ビジネス英語」

topless と聞いて、あっちの topless を思い浮かべたのは私だけじゃないですよね?
bottomless ならコレ。
They serve a bottomless cup of coffee here.
(ここはコーヒーのお代わりが自由なんだよ。)← もちろん、反転ですよ!
(2009年6月号「5トレ」巻末、Word of the Day)

12/28放送分
We hashed out a lot of important issues.
− 多くの重要な問題を徹底的に議論しましたよ。
hash out … 徹底的に討議する、十分話し合って解決する
(プログレッシブ)
hash re がついた word
It just seemed to rehash other stories I’d already read.
(私がすでに読んだ他の話を焼き直しただけみたいだった。)
rehash … ( 焼き直す、作り直す )
(11/06/18「5トレ」)
1999年度「ラジオ英会話」では別の意味。
rehash … ( 論点などを再び議論する )

会議室にいた人の多くがラップトップを使ってるのを見て
Harold blew his stack ...
− ... ハロルドは、(中略)、怒りを爆発させました
Daily Exercise にもあった「類似表現」
Thomas blew his top when he was hassled by a couple of drunks on the street.
(トーマスは道で2人の酔っ払いにしつこくからまれて、かんかんに怒った)
(09/02/12「実践ビジネス英語」、あんな時、こんな時)

社内の会議室でのデジタル機器使用が禁止になりました。
Wow, this new policy is going to be a bitter pill for many people to swallow, including yours truly.
− うわー、この新しい方針は、にとってもそうでしょうが、
  多くの人にとって耐えなければならない嫌なことでしょうね。
「苦い薬(bitter pill)」ついでに
良薬は口に苦し
Good medicine tastes bitter.
(ジーニアス、プログレッシブ)
pill じゃなかった...。

yours truly … 私(自身)
辞書によれば、おどけて使うとか。
I can take care of yours truly.
(自分のことは自分でできる)
(ジーニアス)

12/29放送分
会議室でのデジタル機器を禁止したハロルドに対して
I know where Harold is coming from.
− 私はハロルドの気持ちがわかります。
I see where you’re coming from.
(そういうことなんだ。意図がわかりました。)
(10/07/05「ラジオ英会話」)
割と聞くので、あとは使うのみ。

It really gets under my skin ...
− ..., 本当に気に障りますからね。
That got under his skin.
(それが彼をいらいらさせたようです。)
(07/10/8・9「ビジネス英会話」)
これも使うべし。

Daily Exercise(2)
Does it rub Melinda the wrong way when people text during her presentations?
和訳はご自分でしていただくとして
rub (a person) the wrong way … 人の気持ち〔神経を〕逆なでする
(08/03/12・13「英会話上級」)
これも...。

12/30放送分
Well, I must say that’s a striking way of making one’s point.
− まあ、確かにそれは、自分の言いたいことをわからせる一つの強烈な方法ですね。
striking … 顕著な、強烈な、際立った
11/05/19「実践ビジネス英語」の「強烈な」
Wow, that’s pretty ( intense ).
(うわー、かなり強烈ですね。)

I hate it when someone’s got their nose in their laptop during a meeting and is oblivious to what’s going on around them.
− 会議中にラップトップに夢中になって
  自分の周りで進行していることに気づかない人がいると、嫌ですからね。
be oblivious to … 〜に気づいていない、〜がわからない
They’re oblivious to what’s going on onstage.
(連中は舞台で起こっていることに気が付いていないのよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
A and B are oblivious to the approaching thunder.
(A と B は近づく雷鳴に無頓着である)
(08/11/05「ラジオ英会話」TRY IT IN A NEW SITUATION!より)
難しそうな単語だけど、何度も聞くうちに覚えるもんですね。


忘れられないことがいっぱいあった2011年、
来年はどんな2012年になるのか、まだ誰にもわからないけど、
自分の出来ることを、ひとつひとつ精いっぱいやるだけ。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、「英語5分間トレーニング」、
We’ve had quite a few ups and downs.
(浮き沈みがかなりあったけど。)
これからも、いっぱいあると思うけど、一人じゃないから大丈夫。

I wish you the best of luck in the coming year.

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 11:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。