2012年02月04日

mealy

「英語5分間トレーニング」

昨日、恵方巻き食べましたか?

Monday gives me the blues.
− 月曜日は憂鬱よね。
そういうときは
( beat ) the blues … 憂うつな気持ちを吹き飛ばす
(08/02/19「徹底トレーニング英会話」)(反転させてくださいね)

Don’t pick at the scab.
− そのかさぶたをいじったらだめよ。
at なしで pick the scab だと「かさぶたを取る」。

flightless birds 飛べない
昨日(2/3)の「実践ビジネス英語」でヘザーさんが言っていた。

They stuck together through thick and thin.
どんなときでも彼らは一緒にいた。
He’s supported the team for over ten years through thick and thin.
(彼はどんなことがあっても、10年以上そのチームを応援した)(OXFORD)
横浜ベイスターズファンですか?

His voice still lingers in my ears.
− 彼の声が今もなお耳に残っている
ロマンチック! いつか使ってみたいなぁ〜♡
ロマンチックじゃない例
You know our place to linger over a cup of coffee.
(ほら、一杯のコーヒーでいつまでも粘る場所ってことよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

She keeps espousing this warmed-over theory from the 1960s.
− 彼女は1060年代からこの新鮮味のない理論を信奉し続けている。
espousesupport と同意(ジーニアス)。
初めて聞いた。
辞書によれば spouse(配偶者)っていう単語が入ってるだけあって、昔は
「〈特に男性が〉〜と結婚する」という意味があったとか。

warmed-over … 料理が温め直された、新味のない(プログレッシブ)

This pear is worm-eaten and mealy.
− このナシ、虫が食ってて、ぱさぱさしてる
OXFORDによれば、主に「果物野菜」について言うそうです。
食べた時に soft and dry な感じが mealy ということで、
古いリンゴを食べた時の「スカスカ感」かなぁ。

以前、finicky(食べ物に関してうるさい)という単語を習ったときの
「この目玉焼き、(焼きすぎて)パサパサしている(という内容)」の英文では
( dry ) が使われていた、と記憶しております。


昨日、スーパーに行ったら、とんかつ入りだの、エビフライ入りだの、
いろんな恵方巻きが売られていました。
私が子供の頃、節分に巻きずしを食べる習慣なんてなかったのになぁ...。
ここで、恵方巻きを買ったら、スーパーの戦略に屈したことになる、
ような気がして、しばし立ち止まり考える私。
買うのか? 買わないのか?
さぁ、どーする、自分!?

結果は、

あえて恵方巻きに背を向けて帰ったので、
私の勝ちだゎ!
ということにしておこう。
(ホントはちょびっと、かぶりついてみたかった...)


去年の今頃、
2/2「実践ビジネス英語」
2/3「実践ビジネス英語」
... but decided it was time to live a little.
(こういう時こそ少し人生を楽しむべきだと思いました。)
私もそうありたいものです。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 12:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。