2012年02月17日

Linsanity

ここんとこ、アメリカ全土を熱狂させている男といえば、この人、
Jeremy Lin
なんだそうです、NBA の選手。
R先生に教えてもらったんですけど、
ポッドキャストでも立て続けに彼のニュースを聞きました。

くわしい経緯はこちらのページにとってもわかりやすく書かれています。
今、彼が巻き起こしているブームは、彼の名前をもじって
Linsanity
と言われているんだとか。(クリックするとビデオが見られます)

ちょっと前までまったくの無名選手だった Jeremy の突然の大活躍に
R先生が、
He came out of nowhere.
と言ってました。
コレだゎ ↓
That car came out of nowhere.
(あの車、いきなりでてきたでしょう。)
(10/06/07「5トレ」)
(Linsanity のビデオの中でも came out of nowhere が使われていました。)
こんな時に、こう使うのか!と勉強になりました。

プレーが決まったりすると、選手同士で
ハイタッチとかハイファイブをやりますよね。
それの、もうちょっと手の込んだタイプの一連のジェスチャーを
routine と言うそうなんですが
Jeremy Landry という選手の routine がちょっと変わってて面白い。
Youtube へ ↓
Jeremy Lin & Landry Fields's Nerd Shake
Youtube にジェスチャーの解説が書かれているので、
読んでくだされば意味がわかります。
さらに Jeremy がハーバード大出身で
Landry がスタンフォード大出身と聞けばなおさら、ナットク!

アジア人として、彼の活躍を応援したいな!


去年の今頃、2/16「実践ビジネス英語」
You can be pretty sure you’re onto a good thing when you hear about it through the grapevine that way.
(そのように口コミで情報を得ると、
自分は思いがけない幸運に恵まれたに違いないと思えます。)
こういう何気ない表現が難しいのだ。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ以外の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。