2012年03月06日

unattended

「ラジオ英会話」

幼児を持つ親のための表現を学ぶ、というテーマなのですが、
私の場合、いつか孫を持った時のために学習。

2/27放送分
いったい息子はいつになったらしゃべり始めるのか?
Boys tend to lag behind girls in speech development.
− 男の子は言葉の発達では女の子に後れがちなんだよ。
lag behind 〜 … 〜に後れをとる
3/2 More Info!
Boys tend to lag behind girls in fine motor skills.
− 男の子は緻密な運動技能では女の子に後れがちです。
motor に「運動の」という意味があったのですか。
最初、てっきり「車の」かと思い混乱。

2/28放送分
11か月の息子(リオ)が1人で階段を上がって2階へ!
I was making the bed and the next thing I knew Leo was sitting right behind me!
− 私がベッドを整えているとき、気がつくと真後ろにリオが座っていたの!
One minute I’m watching soccer and the next thing I know, it’s over.
(サッカーを見ていたと思っていたら、
次に気がついたときには試合が終わっているなんて。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

We can’t have him climbing the stairs unattended.
ひとりで階段を上らせておくわけにはいかないわよ。
unattended … ひとりで、付き添いなしで
unsupervised(監視なしの) なんていうのもありますね。

2/29放送分
階段にセーフティーゲートをつけたけどリオが乗り越えてしまった。
Well, so much for the safety gate!
− ま、セーフティーゲートも、もはやこれまでだな!
かつて「もはやこれまで」だったもの
Well, so much for “till death do us part.”
(うーん、「死が2人を分かつまで」なんて、その程度のものですか。)
(10/10/14「実践ビジネス英語」)
So much for peace of mind.
(心の平和もこれまでだ)
(「Marley and Me」)
So much for the bacon!
(ベーコンもこれまでね。) ← たしか、ベーコンにシロップがついちゃったから
(10/04/27「ラジオ英会話」)

3/1放送分
リオの将来を想像して
Before you know it, he’ll be running and jumping off furniture.
あっという間に走ったり家具から飛び降りたりするようになるよ。
Before you know it, you’ll be back on your mountain bike.
(あっという間に、またマウンテンバイクに乗っているわよ。)
(10/10/13「ラジオ英会話」)

Heaven help us!
− 大変だわあ!
これって、2/23の「実践ビジネス英語」
Heaven help me if 〜 … もし〜なら、私は大変なことになるだろう
if 無しバージョンだ!


「5トレ」2月号の「Let’s Build Up Your Vocabulary」に
僕は暑がり()」という英文が載っていました。
I am sensitive to the heat.
これ、montoさんのブログで読んだなぁ、と思って検索させてもらったら、
やっぱりあった
さすがだな〜。
montoさんのブログ、ためになりますよ!


去年の今頃、3/3「実践ビジネス英語」3/4「実践ビジネス英語」
Mom and Dad are there for you to fall back on, ...
(母親父親は頼れる存在です。) ← 唯一の反転どころ
私ぐらいの年になると親と子の立場が逆転、さみしいけど...。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 21:32| Comment(9) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。