2013年01月05日

get the better of

12/27「実践ビジネス英語」

あんまりがんばりすぎない程度に、2013年の学習がスタートしています。

Those two trivial but annoying incidents put me in a foul mood.
− ささいなこととはいえ腹立たしいこの2つの出来事のせいで、
  私は不機嫌になりました
11/12/08「英語5分間トレーニング」で
They are both in a foul mood.
(2人とも機嫌が悪い。)
を習ったときに、bad mood より機嫌が悪い状態と Daddyさんにコメント欄で
教えてもらいました。

*I hate it when my emotions get the better of me like that.
− そんなふうに、自分の感情に負けてしまうは嫌なものですね。
get the better of 〜 … 〈人・事に〉勝つ、〜を出し抜く;〈感情・暑さなどが〉〜を圧倒する
テキストは感情が圧倒した英文です。
My curiosity got the better of me and I opened the letter.
(好奇心に負けてとうとう私は手紙を開封した)(ジーニアス)
例文的に、なかなかイイ感じ。

あと、この英文は I hate it when 〜. のパターン。
11/02/18「実践ビジネス英語」に、いくつかメモしてありますよ。

*Don’t beat yourself up over it.
− そのことで自分を責めてはいけませんよ
Hey, don’t beat yourself up about it.
(まあまあ、そんなに自分を責めなくても。)
(10/12/17「実践ビジネス英語」)
私の場合、
Don’t blame yourself.
が、とっさに浮かびます。

We want everyone to start the day off on the right foot.
− 私たちは、皆さんにいい1日のスタートを切ってほしいのです。
バリエーション ↓、かな?
Jack wants to get off on the right ( foot ) with his service providers.
(11/11/30「実践ビジネス英語」Daily Exercise)
言いにくそうなので、聞いてわかればよしとする。

このセリフの後で
get up on[out of] the wrong side of the bed(機嫌が悪い)
が出てきましたが、この wrong side とは
左側」を指すと聞いたことがあります。


年明け早々なんですけど、「名探偵モンク」の
シーズン4、第10話「消えたスーパーモデル」を見ていたら、
前回ブログ記載分で、初ラジこりしました。
証拠もそろっていて、犯人に間違いないと言われている少年の母親に
息子の無罪を証明してほしいと言われ、
乗り気でないモンクに、アシスタントのナタリーが言ったセリフ、
Well, it doesn’t hurt to meet him.
(話を聞くだけ。)
すごくな〜い?
春から縁起がいいねぇ〜。


去年の今頃、「英語5 分間トレーニング
restless sleeper は「寝相の悪い人」、
私は good / heavy sleeper です!


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 02:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする