2013年01月08日

put 〜 in writing

「ラジオ英会話」

seaweed という単語だと食欲がわかないので、kelp の方がいい、
とスティーブ先生が言ってました。(プチ情報)
でも、今日は「ラジオ英会話」。

1/7放送分
へび年は
*Apparently, Paul, it’s going to be all about rebirth and renewal.
どうも再生とやり直しがテーマになりそうよ、ポール。
あきらかに(×)でなくて、「どうも〜ということらしい」の apparently です。
Apparently so.
(どうやらそのようです。)
(12/07/17「ラジオ英会話」)

Oh, like a snake shedding its skin.
− おお、蛇が脱皮するように。
skin ついでに、これを復習。
*It really gets under my skin ...
(本当に気に障りますからね。)
(11/12/29「実践ビジネス英語」)

*Let’s put our goals in writing.
− 目標を書きましょうよ。
put in writing … 〜を書く、文書化する
Could you put that in writing please?
(それを文書にしてもらえませんか。)(ジーニアス)
書いて残しておく、ってことだね。

Let's put our ときたら、これだな〜。
Let’s put our heads together and figure out a healthy meal plan.
(2人で相談してヘルシーな食事プランを考え出しましょうよ。)
(12/08/20「ラジオ英会話」)

1/8放送分
Zodiac sign/Chinese animal sign を教えるときの言い方。
You are a snake ...
− あなたはへび(年)です。
カンタ〜ン。

毒があるのか?と聞かれて
*Far from it.
とんでもない
Of course, I’m far from objective.
(もちろん、全然客観的じゃないけど。)
(12/12/26「英語5分間トレーニング」)
否定するときにつかってみよう。
I’m far from ( ).
いろいろ入りそう。(反転じゃないですよ)

far from none too とブログにメモしてありました。
something my mom is none too pleased about.
(これには、母は少しもいい顔をしないのですが。)
(09/10/28「実践ビジネス英語」)

本日の重点項目:4つ

わたくしの仕分けにあい、聞かなくなったポッドキャストもありますが、
ECC 英会話ポッドキャスティングは聞かせていただいています。
今回、形容詞を並べる場合の順番を教えてもらったのでメモ。
よく文法書にもあるけどね。
1 opinion 2.size 3.age 4.shape 5. color 6.origin 7.material noun
こんなに並べることないと思うけど...。

ネット検索したらためになるサイトがあったので、よろしければいかがですか?
クイズもありました。

去年の今頃、「ラジオ英会話
He blew up when he found out Tommy missed the project deadline.
(トミーがプロジェクトの締め切りに遅れたのを知って、すごい勢いで怒ったんだ。)
こういう普通の文章を普通に言うのが、今年の目標。

コメント欄ですが、試しに、禁止ワードから「ラジオ」を外してみます。
いたずらコメントが入るようなら、また戻しますけど。
posted by ラジ子 at 17:29| Comment(5) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする