2013年01月11日

personality traits

「ラジオ英会話」

星座占いも当たるんだか、当たらないんだか...。

1/9放送分
山羊座の占い、というかダジャレ?
*It says: “Don’t let anyone get your goat today.”
− 「今日は怒りを募らせることのないように」ですって。
get 〜's goat … 〜を怒らせる
何度か習ってますよね。
What gets my goat is coming back home with loads of clothes I didn’t have time to wear.
(本当に嫌になるのは、一度も着る機会がなかったたくさんの衣服をそのまま持ち帰ることですよ。)
(08/07/02「実践ビジネス英会話」)
せっかく出張に持っていったのに、着なかったことにイライラ。
ブログに
tick someone off … (人)をいらいらさせる、(人)を怒らせる
と同じ、とメモしてありました。
ということは
Don’t let anyone tick you off.
と意味は同じだけど、ダジャレになんないんだなー。

1/10放送分
*What are the personality traits of a Taurus?
− おうし座の性格の特徴は?
ブログにメモしてあった traits
That helps boost concentration and reflexes, helpful traits in the fast-paced world of financial trading.
(それにより、集中力や反射神経といった金融取引業界においては有利となる特性が向上すると考えられています。)
これ、ABC World News のディクテーションの一部なんですけど、
テキストに書いてあったように、たしかに複数形ですね。
男性で左手の薬指が人差し指より長い人は、金融業界に向いているっていうニュースでした。
ホンマかいな。

You’re very loving.
− とても愛情が深い
普通は限定用法らしいのですが。
loving words だと「愛のこもった言葉」。(プログレッシブ)
英辞郎に載っていた
loving father → マイホームパパ
が、なんとなく気に入りました。

*Business opportunities are coming your way.
− ビジネスチャンスがやってくる
むこうから。
This information came my way by chance.
(偶然にその知らせを知った。)(プログレッシブ)
英語っぽくていいな〜。

本日の重点項目:3


TOEIC English Upgrader の 5tn Series を聞いて、
へーそうか!と思ったこと。
「演奏会や講演会など公共の場で聞くものは hear を使う。」
hear an orchestra play というのが一般的なんだそうですよ。
へー!
プログレッシブにも
hear は会合などでの人の話、コンサートの演奏などについては、
耳を傾ける聴くの意味で使われるから注意」
と書いてありました。
以前、コンサートという状況で、なんで hear が使われてるんだろう?
と思った記憶がうっすらよみがえって、ちょっとスッキリ!


去年の今頃、「英語5分間トレーニング
問い合わせの電話をたらい回しにされた時の言葉。
I’ve been getting the runaround all day.
(一日中ずっとたらい回しにされてるんですから。)
そもそも、なんで「たらい」回しなんだろう?
と思って調べたら、曲芸が由来らしいですよ。
posted by ラジ子 at 21:49| Comment(5) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする