2013年03月31日

laugh in 〜's face

「ラジオ英会話」

私もリスナー歴長いけど、遠山先生も講師歴、長いですねぇ。

3/25放送分
「チョコの祭典で日本人が2年連続受賞」
*A Japanese pastry chef has been named “Best Foreign Chocolatier” at a world chocolate fair in Paris for the second year in a row.
− パリで行われた世界チョコレートフェアで、外国人部門の最優秀ショコラティエに、
  日本人パティシエ2年連続で選ばれました。
女の子に人気の職業、パティシエは pastry chef
ショコラティエは別の言い方だと chocolate chef
キスマイの玉森君は「信長のシェフ」だった。

その他の2年連続
The report says that in 2004, Japan marked the longest life expectancy for the second year in a row, ...
(報告書によると、2004年、日本は2年連続で最長平均寿命を記録、...)
(06/08/14・15「英会話上級」)
Chicago, for the second year in a row, was voted the most stressful city in America last year.
(シカゴは昨年、アメリカで最もストレスの多い都市に2年連続で選ばれたのです。)
(10/04/14「実践ビジネス英語」)

awardee … 受賞者
entrant … 参加者
attendee だと「会議の参加者」で attendant だと「接客係、付添人」
I’d assumed she was simply an attendee.
(彼女はただの出席者だとばかり思っていた。)
(08/11/27「実践ビジネス英語」)
gas station attendant … ガソリンスタンドの店員
(11/10/13「実践ビジネス英語」)

*sake lees … 酒かす
(ワインの樽やびんの底にたまる)おり、(コーヒーなどのカップに残る)かす
(ジーニアス)
おりが残るようなワインは
This wine has a lot of body.
(このワインはとてもこくがある。)
(11/09/25「英語5分間トレーニング」)

「世界最大の出版社、誕生へ」
Analysts say the firms expect their scale will help meet the challenges of the industry’s digital transformation.
− アナリストによれば、両者は規模を拡大することで、デジタル化という
  この業界の難題に対応しやすくなるものと期待しているということです。
この meet meet the expectations とか meet the demands とかの meet

distribution … 流通
言えそうで、言えない。

3/26放送分
「恋するライオン」
*But when he came again to the parents of the young girl they simply laughed in his face, and bade him do his worst.
− しかし、ライオンが再び娘の両親のもとを訪れると、彼らはライオンに面と向かってただあざ笑いどうでも勝手にせいと言った。
laugh in’s face … 〜を面と向かってあざ笑う
I told my sister what I thought, and she just laughed in my face.
(私の考えを妹に言ったら、ただ私をあざ笑っただけだった)
(ロングマン)
sneer と仲間。

do one’s worst … 好き勝手にする
ジーニアスによれば
「ひどいことができるものならいくらでもやってみろ、というニュアンス。」
do one’s best の反対。


本日の重点項目:3


いよいよ明日から4月、公式的にはラジオ講座歴16年目。
私が英語の勉強を再開した年に子供が生まれていたとしたら
もう高校生ですよ。
本物の子供は、もう大学2年生ですけどね...。(下の子ね)

それなのに、私のスピーキング力は未だに幼稚園レベル、
いや、それ以下かも。(いと悲し...)
しかも、その割には、ヘンに難しい単語を知っているというアンバランスさ。

なんとか、来年度は小学生レベルに格上げしたいな。
千里の道も一歩から。

大江千里はどこ行った!?(ブログと関係ないけど...)

あせっても仕方ないので、気長にいきますわ〜!


去年の今頃、「ラジオ英会話
mock … 模擬の
mock の動詞には「あざける、あざ笑う」という意味があって
laugh in 〜’s face とか sneer と同意表現になるのです。
なんちゅー偶然!
posted by ラジ子 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

get grief

「実践ビジネス英語」

今日はいい日だったなぁ〜。(ひとりごと)
あなたの今日もいい日でしたか?

*But I imagine many seniors find it hard to cut back on their driving like that.
− しかし、多くの高齢者は、そのように運転する機会を減らしていく気にはなれないでしょう。
量を減らすというよりは、頻度を減らす場合も cut back on ということ。
I’ve cut back on my late-night carousing, ...
(夜遅くまで酒を飲むのを控えるようにしたのです。)
(10/09/29「実践ビジネス英語」)

The big question for adult children is how to approach this kind of role reversal.
− このような立場の逆転という事態にどう対処するのかは、
  成人した子供にとって大きな問題なのです。
grown-up children という言い方もありました。
(07/11/21・22「ビジネス英会話」)

role reversal … (夫婦・親子などの)役割の交換、立場の逆転
立場の逆転と言えば、「大逆転」ていう映画があったなーと思って
調べてみたら、原題は「Trading Places」でした。
でも IMDd で調べたら、「Daigyakuten」で載っていた。
ホワイ?

*You’ve got to be diplomatic.
相手の気持ちを十分に考えて行動しなくてはなりませんよね。
副詞ならメモがありました。
Well, I don’t know quite how to say this diplomatically, ...
(あのう、うまい言い方がよくわからないので、...)
diplomatically … そつなく、うまく
(10/09/01「実践ビジネス英語」)
政治と関係なく使える。

*Taking away someone’s car keys can be very traumatic for them.
− ある人から車のキーを取り上げれば、その人を非常に傷つけることにもなります。
traumatic … トラウマ[心的外傷]になる、心に傷を残す
11/03/04「実践ビジネス英語」では
両親の元に帰って同居することは traumatic である、
という英文で使われていたようです。
traumatic の概念ですが、
日本だともっと深刻な状況で使われているような気がします。 

Only one of my friends got any serious grief when he raised the subject of driving with his parents.
− 一人だけですが、親に運転の問題を切り出して、大きな反対に遭った友人がいます。
get grief … 叱責される(ジーニアス)
give a person (a lot of) grief だと (人を)うるさく非難する[しかる](プログレッシブ)
criticism のやりとり、という感じ。
grief の意味が「悲嘆」なんていうのと変わるんですね。

*They resisted and things looked like they would get ugly.
− 二人は彼の心配をはねつけ、険悪な状況になりそうでした。
get ugly … 険悪な(厄介な)状況になる
ヘザーさんご紹介の
rear its ugly head(厄介な問題が鎌首をもたげる)
も要チェック。
The problem of drug-taking in sport has reared its ugly head again.
(スポーツにおける薬物摂取問題が再び持ち上がった)
(ロングマン)

occupational therapist … 作業療法士
いつか耳にすることがあるかも。

*・... persuaded my friend’s parents to put certain limits on their driving.
− ... 友人の両親に、運転に、一定の制限を設けるよう説得したのです。
put on つながり
Well-designed complete streets put a premium on safety.
(適切に計画されたコンプリート・ストリーツは、安全性を重視したものなのですね。)
(08/11/05「実践ビジネス英語」)


本日の重点項目:5


THE MENTALIST の見過ぎでポッドキャストもたまりがちな今日この頃ですが、
気にしない、気にしない。
前回、non-confrontational(けんか腰でない)をメモした直後に
confrontational(けんか腰の)を聞いたり、
最近復習で繰り返し聞いているこの本の
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) [単行本(ソフトカバー)] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)
This trash stinks to high heaven.
(このゴミ、とんでもなく臭いわね。)
(10/06/13「英語5分間トレーニング」)
の一部、stink to high heaven(ものすごく怪しい、疑わしい)が
使われているセリフを聞いたりして、
やっぱり、ドラマとラジオ英語講座とのリンク学習は効果あるね〜!
とか言いながら、また次のエピソードを見てしまうのです。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「ラジオ英会話
The pelvis was suitable for walking upright.
(骨盤は直立歩行に適していて...)
わー、今日、Hildaさんが「骨盤は英語で pelvis ね」
って言ったのを聞いたばかり!

*Daddyさん、ありがとうございます。
Hildaさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

surrender

「実践ビジネス英語」

今回の内容は、実生活とリンクする部分があるので、
けっこう真剣に聞いてます。(いつもは?)

3/20放送分
I finally got my father to surrender his car keys.
− やっと父の車のキーを手放してもらったのです。
surrender … 引き渡す、手放す、放棄する
誰かに引き渡す理由は
because you are forced to (ヘザーさん)
ロングマンにも同じ説明が書かれていました。
The army surrendered the fort to the enemy.
(軍は敵に要塞を明け渡した)(プログレッシブ)

たしか get (人) to do の場合、「話し合いや説得の後で〜させる」という
ニュアンスがあったはず。

It can be quite upsetting for all concerned.
− この問題にかかわっただれもが、とても動揺する場合もあるでしょうね。
別の言い方
It’s been quite a shock to everyone concerned.
(関係者すべてにとって、かなりショキングなことですよ。)
(09/012/02「実践ビジネス英語」)
ショッキングな事件とは、高校生が携帯でカンニングをしたこと。
調べてみたら、センター試験(もちろん日本)で
携帯を使ったカンニングが行われたのが2011年だったようで、
実践ビジネスの方が2年早かったので、ある意味先取っていた。

* ・... had a series of non-confrontational conversations with him.
− ... けんか腰にならずに父と会話を重ねたのです。
もしかしたら、けんか腰の会話も
feisty な人とか、contentiousquarrelsome な人なら喜んで受けるかも。

level-headed guy … 分別のある人
calm and sensible ということだそうです。(ロングマン)

*He’s been having trouble walking, and sometimes just nods off in the middle of a conversation.
− 歩くのにも苦労するようになっていましたし、
  会話の最中に居眠りしてしまうこともあるのです。
「コックリコックリ眠ってしまう」ならコレもあります。
AT first, I thought I might doze off but what an eye-opener.
(最初は居眠りするのではないかと思いましたが、なんと啓発的だったことか。)

3/21放送分
*get behind the wheel … (車の)運転席に座る、運転する
ヘザーさんご紹介の関連表現
* fifth wheel … よけいな物[者]、無用の長物
feel like a fifth wheel … まわりから邪魔者扱いされている気がする
(ジーニアス)

*I’m impressed that your father went along with the idea of giving up driving altogether.
− あなたのお父さんが車の運転を完全にやめることに同意されたのには、感心します。
go along with … 〜に賛成[同意・同調]する
単語が普通過ぎて、覚えていられないパターン。
I’ll go along with that.
(それでいいですよ。)
(10/02/12「ラジオ英会話」)

・... it seems more common for older motorists to wind down their driving gradually.
− 年配の運転者は、徐々に運転をやめていくほうが一般的なようですから。
同じ意味だけど、自動詞の wind down
the cycle in which Americans save less, borrow more and spend more does seem to have wound down.
(貯蓄はあまりせずに、多くの借金をして多くのお金を使うというアメリカの生活サイクルは確実に下火になってきたようです)
(08/10/02「実践ビジネス英語」)
↑ この日に「徐々に減る」系のメモあり。

本日の重点項目:4
(get behind the wheel fifth wheel は2つで1つ)

ドラマを見ていて、ラジオ講座では聞かないけど、
よく使われてるなーと思った単語が freak です。
名詞の「変わったヤツ」はメモしてあるんですが、
動詞ではメモがないんですよ。
「怖かった、パニックに陥った」という場合に
I freaked out.
とか
It freaked me out.
のように何度も使われてました。
「名探偵モンク」とか「メンタリスト」のようなドラマばかり見てるからかも?


去年の今頃、「英語5分間トレーニング
Spring is in the air.
(春の雰囲気が漂っているわ。)
昨日は漂っていたのに、今日はどこ行った?
posted by ラジ子 at 13:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

pave the way

「ラジオ英会話」

今回、長めです。

3/18放送分
going solar(太陽光利用にした)人との会話。
PV system … 太陽光発電(装置)
photovoltaic(光起電力性)の略(テキスト)だそうです、ムズかしぃ。
photo って「光」に関係あるんですよね。
photosynthesis は「光合成」。(09/03/24のエントリー)

*The instructions are clearly spelled out in the manual.
やり方はマニュアルにはっきりわかりやすく説明してあるので。
やり方 = instructions (この意味では複数形が普通 ← テキスト)
一語でスッキリ言えるわけですね。
procedures でもいいみたいです。

Wow, sounds like groundbreaking technology!
− おお、革新的な技術のようですね!
個人的には
groundbreaking に「地鎮祭」の意味がある。(遠山先生)
の部分に反応しました。

It’s going to pave the way for a solar electric system in every home.
− 一家に1台、太陽光発電システムへの道を開くことになりますよ。
初期費用がもっと安くなればなぁ。
辞書で例文を読むと、けっこうカタイ感じの文章が多い。

当ブログにおける pave 関連のメモは
The road to hell is paved with good intentions.
(地獄への道は善意で敷き詰められている)
だけ。

3/19放送分
早期退職をした知り合いとの会話。
How’s life treating you, Frank?
最近どうしてるの、フランク?
[親しい人へのカジュアルな問いかけ]だそうです。(テキスト)
今日の調子を聞いてもOK。
How’s life treating you today?
(きょうの調子はどうですか。)
(09/07/15「実践ビジネス英語」)
How are you? とたいして変わらない感じなのかもね。

As a matter of fact, I just landed a contract with a geographic magazine.
− 実はね、ある地理学の雑誌と契約を結んだばかりなんだ。
「ラジオ英会話」で、この land を聞くとはね!
と思ったら、08/10/09「ラジオ英会話」で
I’ve landed a job at a club.
(クラブの仕事を見つけたので。 )
を習っていた...。

3/29放送分
ダーウインについて。
He was the pioneer of the theory of evolution.
進化論の先駆者でした。
多少関連があると思う表現
Yes, it’s survival of the fittest over there, all right.
(ええ、確かにあちらは適者生存の世界です。)
(12/08/23「実践ビジネス英語」)
あちら = 中国 です。

*That trip enabled him to see things from a different angle.
− その旅行のおかげで彼は物事を別の角度から考えることができました。
It helps if you can look at things from a different angle.
(異なる視点から物事を見られるといいですね。)
(12/07/26「実践ビジネス英語」)
I’ve been seeing things in a different light ...
(私は物事に対して違う見方をするようになりました。)
(12/07/25「実践ビジネス英語」)
いろんな言い方があるということ。

3/21放送分
ホテルの改装。
Apparently, it’s going to be refurbished.
改装されるようだよ。
改装関連だと
renovate / restore / repair / revamp / remodel
などなど、やはり re のつくものが多いです。

改装はかなり困難を極めそう。
They’re going to have to move mountains to do that.
− そうするには、山でも動かさないといけないはずよ。
move mountains … 大変なことを達成する
Well, faith can move mountains, ...
(うーん、信念があれば何でもできるでしょう...)
(11/03/10「実践ビジネス英語」)
逆に言うと、困難なことは、それがなければ成し得ない。


本日の重点項目:2
記事が長い割に実りが少ないか...。


わたくし、Hulu でのドラマ鑑賞にいそしんでおりまして、
Mentalist のシーズン1 を見終わったところで、
「なんかコメディが見たい!」と思い、
FRIENDS のシーズン5を字幕無しで見てみたところ、
けっこうわかるじゃ〜ん!
とひとりでご満悦。

でも、推理ドラマに比べるとストーリーは単純だし、
音がなくてもだいたい何をしてるかわかるもんな...。

いや、もっと素直に喜んだ方がいいね!


去年の今頃、「ラジオ英会話
You know better than that.
(言うことがわからないわけないだろう!)
プーキー(犬)へのお説教ですが、
*I know better than to strain my eyes.
(目に悪いことはしないようにするくらい、分かっているよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)のように、
「〜するのがよくないことぐらい分かっている」の方が使い時は多そう。
重点項目に追加しとこ。
posted by ラジ子 at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

gregarious

3/13「実践ビジネス英語」

「春分の日」は英語だと Vernal Equinox だけど、
知っていても使う時がないなぁ。

* network と組み合わせて使う動詞
build a personal network … 私的なネットワークを作る
establish a solid network … しっかりとしたネットワークを築く
ジーニアスの例文が
Build [Create, Establish] a network of friends you can rely on.
(友人の間で信頼できる人間関係の輪を築きなさい)
ということなので、create も追加。

Luckily, Jim’s always been a fairly gregarious fellow, ...
− 幸い、ジムは昔からかなり社交的だったので、...
gregarioussociable
gregarious solitary
ロングマンに、この記号を使って書いてありましたよ。
solitary って、あんまり英語講座で聞かない気がする。

gregarious を説明する時にヘザーさんが紹介してくれた表現。
I like to feel that I control my availability and don’t run with the herd.
(自分の時間は自分で管理していて、ほかの人とは違うんだ、と感じたいのです。)
(10/12/16「実践ビジネス英語」)
 ↑ この日は
not run with the herd →「みんなと同じようにしない、人と違うことをする」
として習いました。

・... when you’re plotting your career path.
− 仕事の進路を決めようとしている時に、...
悪いことを企てる、というよりは「(経路などを)記す」という意味と思われます。
... to plot the right educational course for the younger generation.
− 若い世代の人たちにふさわしい教育方針を立てるにあたって、...
(10/01/27「実践ビジネス英語」)
plot の代わりに map でもOK。(ヘザーさん)

All work and no play makes Jack a dull boy.
− 勉強ばかりで遊ばないと、子供はだめになりますからね。
all (A) and no (B) のパターン
He’s all talk and no action.
(彼は口先だけで行動が伴わないわ。)
(09/05/10「英語5分間トレーニング」)


最近、意図的にあまり聞かないようにしているポッドキャストですが、
とあるポッドキャストで偶然に、コレ聞きました。
The mattress, pillows, and table are on their last legs.
古くて、もう正常に機能しないという表現。
It’s on its last legs.
(壊れる一歩手前なのよ。)
(13/03/05「ラジオ英会話」)
ラジオ英会話ではパソコンが on its last legs でしたね。
そのポッドキャストで、同様に
something or someone is very old and in bad shape
を表す表現として紹介されていたのが
My television has seen better days.
* That player has seen better days.
(あの選手にも全盛期があったんだよ。)
(10/07/18「英語5分間トレーニング」)
やっぱり「ラジオ講座」と「ポッドキャスト」の組み合わせは効果的。
さらに「映画、ドラマ」の表現も加えれば、リスニングはほぼ完ぺき。

あとはしゃべる方なんだけどね...。

本日の重点項目:2


去年の今頃、「実践ビジネス英語
That strikes a chord with me.
(それには私も共感しますね。)
strike との組み合わせは balance だけじゃないのだ。
posted by ラジ子 at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

suffer

3/13「実践ビジネス英語」

子供って、親の知らないところで
いろんなことを教えてもらっているものですよね。
他人からのアドバイスの方がすんなり理解できる場合もあるだろうな。

It’s not just simple compensation for services rendered.
− チップは、提供されたサービスに対する単なるお礼にとどまりません。
compensation … 報酬
comp and bennies package で「給与と給付手当」
comp = compensation
bennies package = benefits package
ですってよ。(07/07/27・28「ビジネス英会話」)

個人的には render と聞くと自動的に make と入れ替えてしまいます。
Tighter gun controls would only render ordinary citizens more vulnerable.
(よりきつい銃規制は、一般市民をさらに脆弱にするだけでしょう。)
(08/01/25・26「英会話上級」)
11/04/21「実践ビジネス英語」に、render の他の意味もメモしてあります。

英辞郎を読むと services rendered で決まった言い方みたいですね。

GPAよりも重要なもの。
*Like learning how to apply theory to real-life situations.
− たとえば、理論を実際の状況に応用する方法の習得ですね。
*Knowing how to adapt theory to practice is vital.
理論を実践に適用する方法を知っていることは非常に重要です。
ピアソンはよっぽど強調したかったようで、
同じことを2回言った。
apply adapt は同じように使えるっちゅーこと。

It’s one thing to learn things from textbooks, but the real world has a sneaky way of throwing curveballs at you.
− 教科書から学ぶのは大切ですが、実社会では、一筋縄ではいかないこともあります。
この one thing は、この前、「去年の今頃」で復習したヤツでしょ。
ついでに、もういっちょ載せとこ!
Saying is one thing and doing is another.
(言うこととやることはだよ。)
(12/03/26「実践ビジネス英語」)

・... if you can’t communicate effectively in an academic or professional situation, your career will suffer.
− 自分の考えを効果的に伝えることができなければ、人生において不利になるでしょう。
この suffer 、意外に使えそう。
If you are lazy, you will suffer.
(怠けていると、他ならぬ君が困ることになるよ。)
(ジーニアス)
will be in trouble でもいいか。


... but mainly tried to teach him by example.
(主にお手本を示すことで教えるように心がけていました。)
の関連表現としてヘザーさんが教えてくれた
* Do as I say, not as I do.
(私がやる通りでなく、言う通りにしなさい。)
が面白い表現だなーと思いました。
ジーニアスによれば
「酒飲みが人に禁酒を勧める場合など、
実践と忠告の内容が一致していない時に用いる」そうです。
こらこらー!
It’s contradictory. じゃー!

本日の重点項目:2つ(applyadapt は2つで1つ)


去年の今頃、「実践ビジネス英語
She says she’s really absorbed in the program and is even learning Chinese as a bonus.
(彼女は本当にこのプログラムに熱心に取り組んでいて、おまけに、中国語の勉強もしているそうです。)
おまけに」には into the bargain という言い方もあります。
bonusbargain もうれしいわ〜。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

foreseeable future

「ラジオ英会話」

デジタルテキストだと350円なんですってね。
70円の差は大きいかも。

3/11放送分
仕事をやめようと思っていたけど、やめるのをやめた人。
I had a change of heart.
心境の変化があったんだ。
日常的な軽い意味の「気が変わる」には change one’s mind を使う。(テキスト)
こういう「程度の違い」はつかみにくい。

転職の必要はないのね?と質問されて
Not in the foreseeable future.
当面はね。
辞書を読むと foreseeable future の組み合わせ、多いです。

Bottoms up!
乾杯!
どこかで習った記憶はあるんだけどな〜。

3/12放送分
40年前のデートの話が思い出せず
*Refresh my memory.
− どんなことでしたっけ?
記憶が定かでないときに相手の説明を求める決まり文句。(テキスト)
11/05/11「ラジオ英会話」では
Refresh my memory.
(どなたでしたっけ?)
相手が誰なのかを refresh してもらっていた模様。

3/13放送分
故郷に戻った気分を聞かれて
It’s like I never left.
ずっとここにいたような気分だよ
テキストによれば「決まり文句」だそうで、仮定法とか全然関係なくていいな。

昔よく来たカフェにて
I wish they’d replace these rickety chairs.
− このガタのきた椅子を取り替えればいいのに
I wish ときたら、やっぱり仮定法ね。

ロングマンには rickety bridge という例も出ていたけど、それはコワイ。

Make that two.
− それを2人分。
レストランでの注文訂正なんかによく使うパターンですが、
この間 ESL でも聞きました。
I’m just having a bad day – no, make that a bad month.
(今日はツイテない、いや、今日じゃなくて今月だな)

3/14放送分
言うことを聞かない犬。
*He has a mind of his own.
いっさい人の指示を受け付けないからな。
has a mind of his/her own … 〜は人の指示をいっさい受けつけません
ガンコやなー。
ガンコ系
He’s a stubborn man who is set in his ways.
(彼は自分のやり方にこだわる頑固な男だ。)
(10/01/30「英語5分間トレーニング」)

犬がどかないから
*I’ll step over him.
− ちょっとまたいじゃおう。
step over 〜 … 〜をまたぐ[障害物など]
言えそうで言えない系。


* way って、いろんなイディオムに使われてますよね。
set in one’s ways(年のせいで、自分のやり方を押し通す)
に似た表現で、こっちは年齢に関係なく
have/get one’s own way(わがままを言う、自分のやり方を押し通す)
というのもあったっけ。

3/13放送分の make that ... で言及した ESL でも
Nothing is going my way.
(自分の思い通りにいかない)
なんていうセリフもあったし、ESL の中で
go one's own way になると「自分の道を進む」になるという説明もありました。
あっ!
go out of one's way なら「わざわざする無理してする」だったわー。
She went out of her way to see me off.
(彼女はわざわざ見送りに来てくれた)(ジーニアス)
こういうのをサラッと言えるようになりたいなぁ。

いや、言えるように練習するのじゃ!

本日の重点項目:4つ(way のイディオム含む)


去年の今頃、「英語5分間トレーニング
I accidentally pushed “Delete”.
(うっかり「消去」を押しちゃったのよ。)
これも「うっかり」という意味で使えるんだったね。
posted by ラジ子 at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

drill into

「実践ビジネス英語」

NHKの番組から sex なんていう言葉が聞こえてくると、
なんとなくドキッとしてしまう私は古い人間なのでしょうか。

3/7放送分
・... when he was just a little tyke, ...
− ジムがまだ小さな子供だったころ、...
tyke … 小さな子供、ちびっ子
男の子に使うみたいですね。
tyke の好きな科目は、やっぱり「たいーく(体育)」だね!

little 〜 のパターンだとコレもある。
That little rascal has a voracious appetite!
(あのいたずらっ子は食欲旺盛ね!)
(12/12/18「ラジオ英会話」)
いたずらっ子はプーキー(犬)です。

3/8放送分
*My dad gave me a buck a week as long as I met my work quota ...
自分に割り当てられた仕事をこなすと、父は週に1ドルくれました。
buck の語源が buckskin(シカ皮) だったとは、
ヘザーさんの説明を聞くまで知りませんでした。

meet quota で「割り当て(ノルマ)をこなす」は使えそうな気がする。
meet 以外の動詞だと、こちらもございます。
Cody, how many raffle tickets do you need to sell to reach your quota?
(コウディー、ノルマを達成するのにラッフルチケットを何枚売る必要があるんだい?)
(10/09/28「ラジオ英会話」)

*It instilled in him a solid appreciation for the value of money and hard work.
− そのおかげで、彼はお金と勤勉の大切さをしっかり理解するようになりました。
instill in … (人)に〜を植え付ける[教え込む]
instill は SVOO の形はダメなんですよね。

*・... instead of drilling that basic understanding into them.
− 子供にそうした基本的な知識を教えもせずに、...
drill って辞書を読むと2パターン載っていてめんどくさい。
(1) drill into 人(しっかりわかるようになるまで言い続ける、教え込む)
Mother drilled it into me not to talk to strangers.
(母は私に知らない人に話しかけてはいけないと教え込んだ)

(2) drillin 事(生徒やスポーツ選手に同じことを繰り返しさせる)
She was drilling the class in the forms of the past tense.
(彼女は生徒に過去形を何度も練習させた)
(説明文と例文はすべてロングマン)

ラジオ講座だと、ほとんど (1)drillinto 人」のパターンなので、
こっちの練習しとこ。

*It sounds like you started him off on the right track.
− お二人は、彼を正しい方向に導かれたようですね。
track 以外にこんなのもあった。
But now I see that they were keeping me on the right path.
(しかし今では、正しい道を踏み外さないようにしてくれたってことがわかる。)
(07/03/23「徹底トレーニング英会話」)


本日の重点項目:4


本日、4月号のテキストを買いました。
結局、今年と同じく「実践ビジネス英語」と「ラジオ英会話」を聞くことにしました。
講師もレギュラーゲストも同じで、なんにも変わらないなーと思っていたら、
大きな変化発見!
テキスト料金が380円 → 420円ということで、いっきに40円アップですよ。
どうなんだ、コレ?
あと、Phrsal Verb Division が3月号で終わりました。
なぜか、これはちょっとホッとしたような気が...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
You really went all out.
(本当にがんばってくれたのね!)
がんばる → go all out
これも、もっと使わなきゃ損!
posted by ラジ子 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

cousin

「実践ビジネス英語」

北アメリカの親が子供に送るアドバイスについて。

3/6放送分
That kind of experience can be invaluable in helping students get a good perspective on life and work ...
− (前略)そのような経験をするのは、
  これからの人生や仕事をしっかり見通すのに、大いに役立つでしょう。
invaluable … 非常に役立つ、大いに役立つ
辞書によれば in が強調的な役割をしているらしい。
ロングマンによると extremely useful だそうです。
women constitute an invaluable pool of workers ...
(女性たちが計り知れぬほど貴重な潜在的労働力となっていて...)
(07/11/2・3「英会話上級」)
He says the new discovery will be invaluable in the study of mammalian evolution.
(この新発見はほ乳類の進化の研究において非常に貴重なものだと話しています。)
(08/10/20「ラジオ英会話」)

perspective on life との相性よし。
perspectiveoutlook ということで
*I have a new outlook on life.
(人生の見方が変わりました。)(10/06/16「ラジオ英会話」)

Well, I think we Canadians and our cousins to the south have pretty much the same take on how to teach our kids about financial responsibility.
− 実際のところ、金銭面の責任について子供にどう教えるかということでは、
  私たちカナダ人と南隣の同胞たちは、ほとんど同じ考え方をしていると思います。
cousin … 仲間、よく似たもの、(地理的に)近いもの(プログレッシブ)
ジーニアスによれば
English and German are cousins.
(英語とドイツ語は同系統の言語だ)
そうですわ。

take on 〜(〜についての考え)も頻出。
take as to っていうのもありました。
I’d be interested in hearing your take, as a Japanese, as to what strikes you as typically American.
(日本人であるあなたが、いかにもアメリカ的だと思うものは何なのか、聞きたいのですが。)
(11/03/16・23「実践ビジネス英語」)

3/7放送分
*It’s something that seems to be deeply ingrained in our culture.
− これは、私たちの文化に深く根づいていると思われることなのです。
be ingrained in … 〜にしみこんでいる、〜に根づいている
数ある「根づいている系」のひとつ。
You could say garbage awareness is ingrained in us.
(ぼくらの中には、ゴミへの問題意識が根付いていると言えるだろうな。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
ingrained habits なら「身についた習慣」
(「英語5分間トレーニング」「今日の単語」)

*You can see that in the expression “filthy lucre.”
− 「悪銭」という表現にも、それは見てとれますね。
filthy lucre … 不浄な金、悪銭
lucrelucrative は明らかに cousin だわね。(← さっそく使ってみる)
番組冒頭、「お金の話は indelicate な話題と考えられている」と
ヘザーさんが説明してました。
indelicate … 精巧でない、雑な、下品な、みだらな
この in delicate の反対の意味を表す in ですな。

本日の重点項目:3


悪銭と言えば、「悪銭身につかず」という有名なことわざがありますね。
英語で言うと何でしょう?
答えは最後!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
..., it’s absolutely vital to know how to prioritize tasks and keep things in perspective.
(仕事の優先順位のつけ方と、物事を大局的にとらえる方法を知ることが、とても重要です。)
これ、3/6の放送でヘザーさんが説明してくれましたね!


悪銭身につかず」→ Easy come, easy go.
最近、復習のため、再び聞き始めたこちらの本に載っております。
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) [単行本(ソフトカバー)] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)
B’zの曲にもあったな。
posted by ラジ子 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

on 〜's last legs

「ラジオ英会話」

空気悪いですよねー。
マスク、あんまり好きじゃないけど、しぶしぶしてます。

3/4放送分
髭を剃った理由。
I wanted an updated look.
イメージを新しくしようと思ったんだ
ここで updated ね...、でメモ。

*I guess I always grow it out.
伸ばそうと思えばいつでもできるしね。
grow out … (髪を)伸ばす
私は let one’s hair grow を使うことが多いです。

as gentle as a lamb … とても穏やかな・おとなしい
as as 動物」シリーズ。

3/5放送分
パソコンが壊れそう。
*It’s on its last legs.
壊れる一歩手前なのよ。
on’s last legs … 〜が壊れる一歩手前で、〜が疲れ切って・破産しそうで
legs が複数形だから、「最後の一本」というわけじゃないのですね。
Sarah looks as if she’s on her last legs.
(サラは疲れ切っているかのように見える)
(ロングマン)
最後の藁だと ↓
Oh, this is the last straw!
(もう、私、我慢の限界だわ!)
(07/11/14・15「英会話入門」)

3/6放送分
夫婦で断捨離。
*This is an opportunity to start fresh.
− これは再出発するためのチャンスよ。
再出発で思い出すのが
turn over a new leaf
だな〜。

妻のワッフル焼き器(waffle iron)は
It’s just sitting around collecting dust.
− ただ置いてあって、ほこりがたまっているだけよ。
ブログにメモしてあるのは、こっち。
there are empty workstations just gathering dust
(ただほこりをかぶっているだけのワークステーションがある)
(08/08/29「実践ビジネス英語」)

Out with the old, in with the new!
古きを捨て、新しきを入れよ
豆まきバージョン
Out with evil, in with good luck!
(鬼は外、福は内) ↑ Hildaさんにコメント欄で教えてもらいました。

3/7放送分
How can we breathe new life into the company?
− どうやって会社を活性化したらいいものだろう?
ちょっと似てるかもと思った表現
The mix of different generations is much like a breath of fresh air.
(異なる世代の共生というところが、まさに新風ですね。)
(06/10/30・31「ビジネス英会話」)

*That’s a step in the right direction.
それは正しい方向への第一歩だ
これ、まったく同じ英文がこの本にもあったんですよ。
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)
きっと決まり文句的な英文にちがいない。

Amen to that!
それ、大賛成です
自分は使わなくてよし、な気がする。


本日の重点項目:4


3/14のホワイトデーにはちょっと早いんですが、
いただいちゃいました、クッキー。
この男性、ホントにセンスがよろしくて、去年も写真を載せました。
今年のクッキーもカワイイのなんの、ほれ、この通り。
ホワイトデー.JPG
食べるのもったいない!
(食べたけど...)
義理といえども、こんなの返されちゃうと
「また来年もあげちゃお」と思ってしまうものです。
これからお買い物に行く方も、センスのいいのをどうぞ!


去年の今頃、「英語5分間トレーニング
It’s one thing to fall in love with a puppy, and another to care for an animal.
(子犬を好きになるの動物の世話をするのは別のことだからね。)
たまに使ってまーす。
posted by ラジ子 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

only so many

2/28「実践ビジネス英語」

my pragmatic luxuries
のアロマ柔軟剤ですが
ファーファ、ファインフレグランスボーテの香りと、その持続性に感動しました。
で、前回からの続き。

But the paradox is that with the profusion of product lines and the explosion in online shopping alternatives, we’re spoiled for choice.
− ところが皮肉なことに、製品の種類が豊富になり、
  オンラインショッピングの選択肢も急増したために、
  私たちは選ぶのに困ってしまうぜいたくな状況にいるのです。
長い!
paradox … 逆説、矛盾(しているように見える人[状態])、皮肉な状況
contradiction なら、よく使うけど、コレ使ったことない。

profusion … 豊富、多量、多数
意外に使われている「多数」系表現
plethora of … 大量の、過多の
(09/05/27「実践ビジネス英語」)

*be spoiled for choice … (選択肢が多くて)選ぶのに困る(というぜいたくな状況である)
I think we’re spoiled for choice here.
(いい人が多くて、この中から選ぶのはたいへんだと思いますよ。)
(11/04/27「実践ビジネス英語」)
就職試験の面接に優秀な人が集まったので、たいへんだった。

no fewer than 10 different brands of “fair-trade” espresso coffee beans.
− 10種類()「フェアトレード」のエスプレッソ用コーヒー豆ブランド
nothan は、やっぱり苦手だー。

・... there are only so many minutes in the day.
− 一日に使える時間は限られていますからね。
うーむ、わかりづらい。
only so many / muchused to say that there is only a limited quantity of something
(プログレッシブ)
There’s only so much that anybody’s brain can handle at any one time.
(誰の脳でも一度にできることには限りがある)(プログレッシブ)
まずは聞いてわかるように。

*It’s OK to go with your gut feelings.
直観に頼っていいのです。
直観が伝えてくれる場合
My gut tells me to climb the hill and look around to get our bearings.
(その山を登って、僕たちがどこにいるか見回した方がいいって気がする。)
(07/03/20・21「徹底トレーニング英会話」)

More often than not, you wind up making the best choice that way.
たいてい、最良の選択とはそうしたものですから。
..., I think of two cities people want to visit, and more often than not, it's Paris and then Rome, in that order.
(人が行きたい町が2つ浮かびまして、それがたいていの場合
パリ、それからローマ、とその順番なんです。)
(06/07/21・22「英会話上級」)

more than not で「どちらかといえば〜」という意味だから
more often than not で「どちらかといえば often 」ということかしら? 
ちょっと違うか...。
He’s more outdoorsy than not.
(彼はどちらかと言うとアウトドア派ね。)
(11/02/6「英語5分間トレーニング」)

本日の重点項目:3つ(小ネタ含む)


2月号の「Larry’s Americana」は Daylight Saving Time がテーマ。
その中に
* So it stands to reason that the lighter it is, the safer we are.
(明るければ明るいほど安全というのは理にかなっている)
という英文があり、前に Phrasal Verb Diversion に出てきたなぁ、ということで
調べたところ、一度ブログにもメモしてありました。
It stands to reason that it will be colder in February.
(2月がどの月よりも寒いのは当然です。)
その時に、この will はなんだろう?という疑問を残したら
montoさん Daddyさんからコメント欄でいろいろ教えていただきました。
ホントに仲間がいるってありがたい。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Well, so much for the safety gate!
(ま、セーフティーゲートも、もはやこれまでだな!)
こんなの言えたらネイティブっぽ〜い。

*Daddyさん、ご指摘ありがとうございました。
posted by ラジ子 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

wear sackcloth and ashes

「実践ビジネス英語」

今日は春の日差し、いい気分だゎ〜!

*People like me, for example, are indulging in little luxuries like designer nail polish and specialty food items.
− たとえば、私のように、デザイナーブランドのマニキュアや高級な食品などの、
  ささやかなぜいたく品を楽しんでいる人もいます。
他動詞
I'm tempted to indulge my sweet tooth, and order that chocolate cream pie.
(私、甘党の自分に身を任せ、あのチョコレートクリームパイを注文したい気分。)
(06/05/12・13 「英会話上級」)
↑ の英文は、今、復習で聞いているこの本に載ってます。
自由自在の英会話 遠山顕の英会話上級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)

nail polish … マニキュア液
manicure でもいいと思うけど。
除光液は nail-polish remover とか polish remover

Marketers call them “pragmatic luxuries” ― special items people splurge on that add a little fun to life when the going gets rough.
− マーケターはこうしたものを「現実的なぜいたく品」と呼びます。
それは、人々が奮発して買う特別な商品で、状況が厳しくなっている時
  生活にちょっとした楽しみを与えてくれます。
pragmatic … 現実的な
他にどんな“pragmatic luxuries” があるのかな〜?と思ってググってみたら
こんな記事発見。
Shoppers indulge in little luxuries
一部、ビニェットと内容がカブっております。

奮発系
*Can we splurge on a hotel room tomorrow?
(明日はぜいたくにホテルにない?)← 赤字の範囲がビミョー
(10/07/08「ラジオ英会話」)
↑ この日に indulge / pamper / spoil とグループ化済み。

when the going gets rough … 状況が厳しくなっている時に
ヘザーさんご紹介の
*When the going gets tough, the tough get going.
は、以前 QuoteUnquote でも、ケネディ家のモットーとして紹介されました。
You seem to give up on things when the going gets tough.
(状況が厳しくなると、君は物事をあきらめてしまうみたいだね。)
(08/03/10「徹底トレーニング英会話」)

2/28放送分
Yeah, you don’t have to wear sackcloth and ashes just because the economy’s depressed.
− 確かに、不景気だからといって、暗い気持ちでいなくてもいいのです。
wear sackcloth and ashes … (自分のしたことを)悲しんで[後悔して]いる
私が会話で使ったら、ネイティブに驚かれて笑われるだろうなぁ、コレ...。
ash(灰)に複数形があるっていうのも、なんかヘンな感じ。

*I know there’s such a thing as impulse buying.
− 衝動買いという物があるのはわかっています。
テキストによれば、
「油断を戒めたりネガティブな事柄の存在を喚起したりする時の表現。」
英辞郎のこの例文を読んで、なんとなく使い方がわかった(気がする)。
でも、やっぱり否定形の方が使いやすいです。
There’s no such thing as 〜.
(〜などというものは存在しない)
a free lunch は有名ですが、ロングマンで例文検索したら、
magic / ghost の例文がありました。

続きは次回。

本日の重点項目:4


一部の方は既にご存じですが、
最近の my pragmatic luxuries はアロマ柔軟剤。
美容院で読んだLDKという雑誌に、アロマ柔軟剤ランキングが掲載されていて、
ためしに1位の商品を買ってみたのがきっかけ。
高額じゃないし、実用的だし、いろんな香りが楽しめて、
ささやかながら、ちょっとぜいたくな気分♪


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Ken will be out of action for a while.
(ケンはしばらく働けないでしょう。)
何度も書くけど、こういうさりげない表現ほど、覚えられない。
posted by ラジ子 at 11:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

as much as the next guy

「実践ビジネス英語」

久々に、赤ペンの書き込みでテキストが真っ赤になりました。
内容もりだくさんでお得〜。

2/27放送分
*I like a bargain as much as the next guy, ...
− 私もほかの人に負けないくらい、お買い得品が好きですが、...
初めて聞いた!
asas the next (person[man, fellow, woman]) … 人並みに〜で、他のだれにも劣らず〜で
(プログレッシブ)
I want money as much as the next man.
(僕だって人並みに金がほしい)
(プログレッシブ)
おもしろいな、この表現。

Many smaller online retailers try to draw on people’s sympathies by emphasizing how they’re David fighting Goliath.
− 多くの小規模なオンライン小売業者が、自分たちは
  ゴリアテと戦っているダビデだということを強調することによって得られる、
  人々の共感を活用しようとしています。
辞書を読むと
draw on に「〜を生かす、活用する」という意味がある。(ジーニアス)

David(小さい方) と Goliath(大きい方) のぬり絵が、ネットにありました。
クリスチャンなら子供も知っている有名な話ってことかしら。

人名関連だと、Damocles って人もいましたね。
..., the sword of Damocles is dangling overhead.
(それは常に危険に身をさらしているということです。)
(06/08/4・5「ビジネス英会話」)

Yes, some big online retailers have been catching flak for deliberately undercutting the small fry.
− そうですね、大手のオンライン小売業者の中には、
  小さな業者より意図的に安くして激しい非難を浴びているところもあります。
catch flak for … 〜のために激しい非難を浴びる
flak flag に聞こえた、アハ。
..., mothers who work full-time away from home get hit by a lot of academic flak about debasing the importance of motherhood.
(家を離れてフルタイムで働く母親たちは、
母性の重要性をないがしろにしているという現実離れした非難をかなり浴びます。)
(06/07/7・8「ビジネス英会話」)
習ってた、アハアハ。

*undercut … (ほかの会社など)より安く売る
“big box” retail chains undercut specialty stores by offering chart-topping CDs at low prices.
(「大規模店舗」の小売チェーンがチャート上位のCDを専門店より低価格で売る)
(09/03/18「実践ビジネス英語」)
これも習ってたんだな〜。

They come off looking like mean, selfish bullies.
− 意地悪で身勝手ないじめっ子のように見えますから。
come off … ふるまう、〜のように見える、見せかける(ジーニアス)
come off looking like a hero
(ヒーローっぽくふるまう)
(ジーニアス)
ヒーローのように見える、ようにふるまう、なのか?

*・... to hold their own against the big players and their lower prices.
− 大企業とその低価格に負けないようにする
hold one’s own against … 〜に負けない、〜に引けを取らない、〜に対抗する
2011年1月、アリゾナ州の銃撃事件の犠牲になった
ガブリエル・ギフォーズ連邦下院議員の様子をポッドキャストで
She is holding her own.
(彼女は持ちこたえている)
のように、表現していました。

あー、書ききれないー!
というわけで、続きは次回。


本日の重点項目:3


ついに、「名探偵モンク」を全エピソード制覇!
まだまだ、見られる〜と思っていたのに、あっという間に
最終回になってしまいました。
いつでもどこでも、時間があれば iPad や iPod でとにかく見ました。
どのエピソードも、本当に脚本がよく練れていて、
まったく飽きることなく、しかも最後はいい感じのハッピーエンド。
本当に楽しかったです。
さて、次、何見よう?


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、
How far over the speed limit were you going?
(制限速度をどれくらいオーバーして走ってたんだい?)
これ、やっぱり今年も言えないなぁ…。
posted by ラジ子 at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

game-changing

「実践ビジネス英語」

暖かくなる → ラッキー
花粉症がひどくなる → アンラッキー
結局プラマイゼロ。

2/21放送分
online in-store shopper 両方が
利用可能な特売を行う retailer が増えることで
*That means you don’t have to fight the crowds at post-holiday bargain sales anymore.
− つまり、ホリデーシーズン明けのバーゲンで、もう大勢のお客と争わなくていいのです。
バーゲンでの押し合いへし合いか。
↓ 旅行先のドイツでゆっくり過ごした人のセリフ。
You know, we just didn't want to fight the crowds.
(いやね、人の波にもまれたくなくってね。)
(06/07/14・15「英会話上級」)
ヘザーさんが fight the traffic も紹介してくれました。

2/22放送分
This is a game-changing trend.
− これは状況を一変させる傾向ですね。
状況一変の仲間にこんなのも。
*I sometimes turn the tables on my husband when I am mad.
(私は怒ったとき、たまに、形勢を逆転して夫をギャフンといわせることがあります)
(Phrasal Verb Diversion 第11回)

小規模な店の今後について。
Can they compete with major players who have the resources to take advantage?
− そうした店はブームに乗る資力のある大企業と競い合っていけるのでしょうか。
resources ですか、なるほど。

*It’s an uphill battle for the little guys.
− 小さなところにとっては苦しい闘いです。
↓ の方がキビシイ。
I feel like I’m fighting a losing battle.
(勝ち目のない戦いをしているようだわ。)
(10/09/29「ラジオ英会話」)

*I know it really aggravates small retailers when people come into their store, see something they like and then use their smart phone to buy it online more cheaply from a big chain store.
− 小さな店にとって実に腹立たしいのは、お客さんが店にやって来て、
  気に入った物を見つけると、スマートフォンを使って、大きなチェーン店から
  オンラインでその品物をより安く購入してしまう、という場合でしょうね。
久々に聞いた気がする it when 以下を表すパターン。

aggravate … いらいらさせる、怒らせる
↓ の意味しか知らなかった。
It also says the expected heavy urbanization will aggravate water shortage.
(また、予想される激しい都市化は水不足に追い打ちをかけそうだということです。)
aggravate … 追い打ちをかける、さらに悪化させる
(12/04/20「ラジオ英会話」)
「世界人口、70億人を突破」という Good Old News から。

*They have a few tricks up their sleeve, like offering freebies that big online shopping sites can’t.
− おまけをつけるといった、大手のオンラインショッピングのサイトには
  できない秘策がいくつかあります
いらないおまけなら、つけてほしくないけどな...。
I still have a few tricks up my sleeve.
(まだいくつか技があるんだよ。)
(07/10/3・4「英会話入門」)
この時は、父親が娘に料理を作って、
ほかにもまだいろいろできると自慢していた。


本日の重点項目:5


商品を見るのは小売店で、実際に買うのはオンライン、
という話は聞いたことがありましたが、これはさすがにヒドイ!
と思った話がこちら。
@シリコンバレージャーナル 「スマホが人間をダメにする
インターネットは人の常識や価値観をも、revolutionize してしまったのか...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
... when financial markets remain volatile.
(金融市場が不安定なままである時期に、...)
聞いてわかればよし。
posted by ラジ子 at 01:05| Comment(21) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。