2013年08月30日

undefinable

8/23「実践ビジネス英語」

またまた長め。

It boils down to the fact that it disturbs other diners in some undefinable way.
− 結局のところ、何かしら漠然とした形で、食事をしているほかの
  お客の迷惑になるということです。
* boil down to … 結局のところ〜(の問題)である
ヘザーさんが紹介していた同意表現
... but I think that in the final analysis it comes down to each individual’s ability to strike the right work-life balance.
(結局は、各個人がワークライフ・バランスをうまくとれるかどうかの問題になると思いますね。)
(11/01/20「実践ビジネス英語」)
復習になりますが
come down on (人) だと「(人)をしかる、非難する」。

undefinable … 定義[説明]できない、言いようのない
indefinable と同じ。
in some undefinable way somehow ってとこか。

*You’re discouraged from talking on your mobile phone when you’re on the train in Japan.
− 日本では、電車に乗っている時には携帯電話を控えるように言われています
be discouraged from … 〜をしない[やめる]ように言われる
「がっかりさせる」方なら、
2011年度「英語5分間トレーニング」、5月号Word of the Dayに
I was bummed out when he didn’t call me.
(彼が電話してこなくてがっかりした。)
の同意表現として、discouraged が書いてありました。

*・ ... if you agree to check your cell phone.
− ... 客が携帯電話を店に預けることに同意すれば、...
「預ける」の check
鉄道の「チッキ」と関連ありと知って以来、かなり定着。

*The ubiquity of mobile phones has really gotten out of hand.
− 携帯電話がどこにでもあるという状況は、
  本当にどうすることもできなくなっていますから。
ubiquity の形容詞が ubiquitous で、その同意語がこれ。
The thing is, most companies sit around and wait until a megatrend becomes omnipresent and obvious.
(問題は、メガトレンドは広まって当たり前の現象になるまで、
ただじっと待っている企業がほとんどだ、ということです。)
(11/09/01「実践ビジネス英語」)

私は get out of control 派。

Did anyone forget themselves and reflexively reach for their handset?
我慢できずに思わず携帯電話に手を伸ばしてしまった人はいましたか。
forget oneself … 自制心を失う(プログレッシブ)
没頭する、なんていう意味もあるので、文章の流れを読む必要あり。

* reflexively … 反射的に、無意識に、思わず
Trouble is, we all tend to touch our eyes or nose reflexively.
(問題は、だれでも反射的に目や鼻をよく触るということです。)
(10/05/12「実践ビジネス英語」)
難しげだけど、使えなくもなさそう。

*I could see a couple of my pals start to fidget and eye their phones nervously.
− 2、3人がそわそわして、自分の電話を落ち着かない様子で
  見つめだしたのがわかりました。
Calm down and stop fidgeting.
(落ち着いて、そわそわするのはよせよ。)
(10/04/26「英語5分間トレーニング」)
品詞の違いこそあれ、fidget と聞くと思い出す単語。
Stop being so antsy.
(そんなにそわそわするのはやめなさいよ。)
(09/10/23「英語5分間トレーニング」)

動詞の eye も、いちおうチェック。


今回の重点項目:6


ここのところ、昔のマーシャ先生の講座を聞き返すようにしています。
その中に discourage(思いとどまらせる) があったので、ご報告。
Parents discourage their kids from going in the woods nowadays.
(このごろの親は、子どもが森に入るのに賛成しないものね。)
(1998年度「ラジオ英会話」)

こういう復習をしようと思ったら、
時間的には、ポッドキャストを断念せざるを得ないのが現実。
使える時間には限りがあるし。

何かを求めるなら、
別の何かをあきらめなくてはいけないのです...。

格言チック〜。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Yes, it’s survival of the fittest over there, all right.
(ええ、確かにあちらは適者生存の世界です。)
中国のビジネス社会のこと。
8/28 Quote...Unquote のダーウィンの言葉によれば、生き残るのは
the one most responsive to change(変化に最もよく対応できる種)
だそうですよ。
posted by ラジ子 at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

admonish

「実践ビジネス英語」

ここんとこ、一回分が長いな〜。
それだけ講座の内容が充実してるってこと。

よいレストランの条件のひとつ。
It’s friendly but reserved at the same time, ...
気さくであると同時に、落ち着いた雰囲気なのです。
よいレストランの条件に、こういうのもあった。
The service is appropriately slow ...
(サービスは早からず遅からずなので...)
(06/05/5・6「英会話上級」)

料理の写真を撮っているお客さんに対して、
*I’ve seen restaurant staff admonish people for taking snapshots of their food.
− レストランのスタッフが、料理のスナップ写真を撮っている人に
  注意しているところを、私も見たことがありますよ。
admonish … (穏やかに)諭す、注意[忠告]する
同意語は reprove とヘザーさんの説明あり。
マーシャ先生の講座(2000年度)でこんなのも習いました。
Marco bursts into a crowded classroom, where one of his students, Rob, gently chides him for being late.
(マーコが混み合った教室に突入すると、学生のひとりロブが、
マーコの遅刻をやんわりとたしなめる)

I don’t think taking photos is kosher in an upscale eatery ...
− 高級レストランでは、写真撮影は不適切なことなのでしょうね。
... saying something good ― or bad ― about their body isn’t kosher.
(相手の体のことに関しては褒めても、けなしてもいけません。)
(13/04/11「実践ビジネス英語」)
否定文で使われる、というヘザーさんの説明どうりです。

8/22放送分
*・... the restaurant has a rule against photography.
− 当店の決まりで写真撮影は禁止されています...
意外と言えそうで言えなさそう。

*We were treated to a guided tour of the kitchen ...
− 私たちは調理場を案内してもらい、...
be treated to … 〜のもてなしを受ける、〜をおごってもらう
10/07/13「ラジオ英会話」の
Sophie treated me to lunch and dinner.
(ソフィーがランチとディナーをごちそうしてくれたの。)
の受動態。
おごられる時以外にも使えるのですな。

調理場のシェフや調理スタッフが
*They even posed for photos with my friends.
− 友人たちと一緒にポーズを取って写真に写ってくれさえしたのです。
pose は、[絵・写真などのために]ポーズをとる。
他動詞だと「ポーズをとらせる」。

11/03/02「英語5分間トレーニング」の「ポーズをとる」
He struck a triumphant pose after the game.
(試合の後で彼はガッツポーズをした。)

*I’m sure your friends came away with an excellent impression of New York.
− きっとお友達は、ニューヨークにすばらしい印象を持ったことでしょう。
come away with … (感情・印象など)を抱く[抱いて去る]
I think everyone came away with a positive image of H&B.
(だれもがH&Bにいいイメージを持ったと思います。)
(12/09/06「実践ビジネス英語」)
辞書を読むと、抱いて去るのは、テキストの説明通り、
impression feeling です。

But I still have a nagging question in my mind: ...
− でも、私の中には、どうにも消えない疑問が残っています
nagging に、こんな使い方があるんだね〜、
なんて思ってたら、ブログにあったどー!
If I could explain, I had a nagging headache and was very much under the weather when the customer called.
(もし説明させてもらえるなら、お客様が電話をかけてきた時はいらいらするような頭痛がしていて、あまり具合がよくなかったのです。)
(06/10/13・14「ビジネス英会話」「あんな時、こんな時」)
「なかなか取り除けない」頭痛。


今回の重点項目:5


先日、以前ブログに載せていたメルアドに一通のメールをいただきまして、
それがご縁で、このブログを読んでくださっているという素敵な男性の方々と
お会いする機会に恵まれました。
ムフ!
ちなみに、わたくしの先輩の papiさん(女性)もいっしょでした。
ラジオ講座に関するディープな話で盛り上がった夜でしたよ。
T.AさんY.KさんN.Hさん、(たぶん、年齢順)
楽しい時間をありがとうございました!
ブログやっててよかった


去年の今頃、「実践ビジネス英語
You’ve got nobody to blame but yourself.
(自分を責めるしかありません。)
自分に厳しいのも大事だけど、たまには「自分を褒めよう」、
というキャンペーンも一人で地味に続けています。
posted by ラジ子 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

sporadically

「ラジオ英会話」

この週ぐらいの内容が、会話練習にはちょうどいいかな。
ということもあり、通常の1.5倍の長さ。

8/19放送分
高校の同窓会に有名になった同級生がやってきた。
*We rolled out the red carpet for her.
− 皆で盛大に歓迎したんだ。
実際にカーペットを敷かなくてもいいそうです。(当たり前か...)

*Unfortunately, some paparazzi crawled out of the woodwork.
− あいにく、パパラッチが突然どこからともなく現れてね
実は、パパラッチの単数形は paparazzo であった。

あと、「どこからともなく表れる」場合、come out of でも OK。
It’s amazing how many long-lost pals seem to come out of the cyber-woodwork when you join an SNS.
(SNSに加入すると、ずっと音信不通だった友人が何人も何人も
インターネットから思いがけず現れてくる、というのは驚きですね。)
(10/06/24「ビジネス英会話」)

*That figures.
やっぱり
「だと思った。」、「だよね〜。」と同じかな。
言えそうで言えない系。

8/20放送分
*Mick threw all his money down the drain in Las Vegas.
− ミックはラスベガスで、一銭残らず失いましてね。
↑ こっちは配水管。
↓ こっちはドブ。
You might as well throw your money into the ditch as give it to him.
(彼にお金を貸すぐらいならドブに捨てる方がまし) ↑ よく英文法の本に書いてある英文。

*He’s lucky to have a roof over his head.
住むところがあって、彼はラッキーね。
とりあえず、雨はしのげる。

He’s working sporadically as a gardening assistant.
− ガーデニング助手として、時たま働いています。
久々にマーシャ先生の講座の記憶がよみがえったゎ!
ただし、形容詞。
And not just sporadic involvement, like for field trips. But on a daily basis.
(校外学習のときのように、ほんのたまにだけしか関わらないのではなくてね。日常的にということね。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

8/21放送分
*He treated her like a doormat.
− 彼は彼女のことを踏みつけにしていたから。
別バージョン
treat a person like dirt … 人をごみのように扱う
(07/11/7・8「ビジネス英会話」)
偶然だけど doormat dirtd で始まっている。

*When June left, she took everything but the kitchen sink.
− ジューンは別れるとき、考えられるものはすべて持っていったって。
You've thrown in everything but the kitchen sink.
(君は何でもかんでも放り込んでいる。)
(09/05/18「入門ビジネス英語」)
ヘザーさんが今週、偶然にも、この表現について
説明しましたよね!

男女関係の破たんに関するダイアローグってけっこうあるんですよ。
遠山先生の「英会話中級」では
And Joan is taking him to the cleaners.
(で、ジョーンは彼を無一文にするって。)
と、やはり女性が男性に仕返ししていた。
女はコワイよ〜。

I’m sorry things didn’t pan out for them.
− 物事がよい方向に進展しなかったのは残念だ。
「宝石を求めて、砂利を選鉱なべで洗う」、という動詞 pan が由来のようです。
以前、私の師匠、Hildaさんにコメント欄で教えてもらった英文。
It's obvious why New Year's resolution didn't pan out, Keiko.
(何故君の新年の決意が上手く行かなかったかは明らかだよ、桂子。)
2004.1.7 岩村圭南先生の講座からだそうです。

8/22放送分
I’m going under the knife on Friday.
− 金曜日に手術を受ける
受ける場合は go といっしょ。
英辞郎にこんな例文もありました。

Just to let you know, I’ve put my house in order.
いちおう知らせておくけど、家をきちんと整理してある。
メールでは J2LUK と打つ。(テキスト)
こういう省略形、なかなか覚えられない...。

*But it’s something that’s been on the back burner too long.
− ただ、これまで実に長い間、後回しにしてきたことなのでね。
11/11/09「実践ビジネス英語」Daily Exercise (2)に
Do some people put their health on the back burner?
という質問があったので、健康に関することを
わかっちゃいるけど後回しにするときに使ったりするのかも。

今回の重点項目:8

現場スタッフが若いからではないかと思うのですが、
最近のNHKテレビ、雰囲気も明るく楽しい番組が
増えているような気がします。
NHKラジオも負けてないなと思ったのが、月曜日の U R the ☆!のコーナー。
マサイ・サカトがゆうべ私たちの同窓会に来ました」
って、この人のもじりでしょ?10倍返しの!


去年の今頃、「ラジオ英会話
One little bite won’t hurt you.
(ほんの一口ならいいでしょう。)
使いたいなーと言いつつ、使ってないなー。
posted by ラジ子 at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

Our Magical World

「実践ビジネス英語」7月号テキスト、
Our Magical World」より自習。

An American friend said to me, “I heard that the Japanese revere Mt. Fuji so much that they put a ‘san’ at the end of its name to show respect to the mountain, like Sasaki-san or Tanaka-san.”
− 「日本人は富士山に強い畏敬の念を抱いているから、
  敬意を示すために、名前のあとに『さん』をつけるんだってね。
  ササキさんとかタナカさんみたいに」あるアメリカ人の友達が私に、そう言いました。

違います、けど、面白い発想。

revere … 崇拝する、あがめる

似たような単語で、2007年度の「英会話上級」に何度も出てきた
単語があった気がする → ブログ内検索の結果、
venerate
でした、たいして似てなかった...。

veneration … 崇拝、尊敬
venerable … 尊敬すべき
venerate … 尊敬する、あがめる
すべて、2007年の「英会話上級」で習った単語。

Average Joe using some deductive reasoning, it does make sense.
演繹的に推理する普通のアメリカ人には、なるほどと思う説明なのです。
deductive … 推論的な、演繹的な
頭良さそうに聞こえるかと思うので、メモしとこ。
ブログ検索したら
deduction →「演繹法」
とメモあり。
ちなみに、「帰納法」なら induction だそうですが、
そもそも「演繹法」と「帰納法」の意味が
正しく理解できているのか、自分?

Phrase Review コーナーより
やりすぎて失敗したときのフレーズ。
The best-selling author should have left the series at Part Three.
− そのベストセラー作家は、そのシリーズを第3作まででやめておくべきでした
こういうことって、あるある。

「〜しなければよかったのに」さらに何かをやっちゃった、という感じ。
The president should have just left it at “thank you” but what did he do? He blabbered on!
− 社長はお礼を言うだけにしておけばよかったのに、何をしたと思います?
  ペラペラしゃべり続けたのです!
blabber … くだらないおしゃべりをする、べらべらしゃべりまくる
blab と同じ(プログレッシブ)
blab(ber)の他動詞は「〈秘密を〉うかつに漏らす」という意味があるそうで、
そうなると blurt と同意。
どうでもいいことをしゃべりを続けている様子を表す blah-blah-blah
など、どれも bl で始まっている「しゃべる系」。

そういえば、8/21の「実践ビジネス英語」を聞いていて
admonish(穏やかに諭す、注意[忠告]する)の説明にでてきた
reprove(たしなめる)ですが
類語としてプログレッシブに掲載のある
reproach(人の落ち度を不満としてとがめる)
rebuke(厳しい叱責)
は、どれも re で始まってるな。

ふむふむ。

と、ラジオ講座が夏休み中でも、マジメに勉強していた、という
自己満足的な話でした。
posted by ラジ子 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

どうでもいい話

ここのところ何年か、夏の間だけ行われる
英語講座の講師みたいなことをさせてもらっています。

自分が会話練習が好きということもあって、
ある市販の英語本から、
「初対面での質問」
「出会い始めた頃の質問」
をいくつか生徒さんに紹介しました。

が、その中に「?」がつくような質問が紛れ込んでいたのです。

初対面での質問より
Why did you come here?
(どうしてここに来たのですか?)
ここのブログにいらっしゃるぐらいオタクちっくな方なら
なぜこの質問がダメかはおわかりになると思います。
ズバリ、失礼だから。
ペアで教えていたイギリス出身のネイティブ(D先生)も
rude だと言ってました。
「なぜ、あなたがここにいるのか?」
いるべきでない人がいる、
というニュアンスがあると習ったことがあります。

出会い始めた頃の質問より
What do you like?
(何が好きですか?)
いきなり、こんな漠然とした質問されても...。
What の後ろに名詞を足した方がいいですね、ということで説明。

What is your family like?
(どのような家族ですか?)
家族全体について答えるのって難しいですよね。
個性もバラバラだし。
What is your father like?
のように、個人について質問するほうが答えやすい、と説明。

Where’s your hometown?
(故郷はどちらですか?)
文字通り答えると、たとえばマンチェスタ―出身の場合、
In England.
のような答えになってしまう可能性もあるので、
Where are you from?
の方が出身地を聞くときはベター。

What memories do you have?
(どんな思い出がありますか?)
この質問を読んで、D先生がなぜか大うけしてました...。
漠然としすぎていて、答えようがない、ということ以外に
受けていた理由があったのかな?
Do you have any good memories about
のように、
もっと、答える人の立場に立った質問をしなくっちゃいけません。

それにしても、そこそこ有名な出版社から、
ネイティブだってチェックしているだろうに、
こんなにツッコミどころ満載の本が堂々と書店で売られているとは、
驚きを隠せないわ!

というわけで、市販の本に書かれている英語を
すべて鵜呑みにしない方がいいこともあるという話でした。
posted by ラジ子 at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

cherry-pick

8/9「実践ビジネス英語」

地元の夏祭りが終わり、季節は秋へ...。
と思ったけど、まだあぢぃ。

*It stimulates their brains.
− ペットを飼うことによって、そうした人たち(高齢者)の脳が刺激されるのです。
stimulate の同意語と、ヘザーさんが言っていた単語。
That’s fueled a growing need for accent reduction training.
(このため、アクセント矯正トレーニングの必要性がますます高まっているのです。)
(13/04/18「実践ビジネス英語」)

The jury is still out on this question, apparently.
− この問題に関しては、まだ結論が出ていないようですね。
But isn’t the jury still out as to just how solid this whole idea is?
(しかし、こうした考えそのものが一体どれほど確かなのかということに関して、
結論がまだ出ていないのではないでしょうか。)
(10/07/02「実践ビジネス英語」)
自分がこう言いたいときは
We haven’t come to any conclusions yet.
とかの方が無難では?

*Certainly having a pet enhances the lives of many seniors.
− 確かに、ペットを飼うことで、多くの高齢者の生活の質は高まります
enhance … 高める、向上させる
Meetings should enhance our work, ...
(ミーティングは仕事の質を向上させるべきもの ...)
(08/06/24「入門ビジネス英語」)
improve です。

*Also, one study found that the more attached elderly people are to their pets, the more depressed they tend to be when the animal dies.
− さらに、ある研究では、ペットに対する高齢者の愛情が強ければ強いほど、
  その動物が死んだ時の高齢者の落ち込みがひどくなる傾向があることがわかりました。
こんな複雑な文章を、さらっと言える日が来るのか?
この attached はもっと使ってもいいな。
At the same time, though, I’m still attached to my library of dusty tomes.
(それでもやはり、私は今でも、ほこりまみれの自分の蔵書に愛着があります。)
(12/02/22「実践ビジネス英語」)

・... older folks who own cats, for example, have a lower incidence of heart attacks, strokes and other cardiovascular maladies.
− たとえば、猫を飼っている高齢者のほうが、
  心臓発作や脳卒中といった循環器系疾患の発症率が低いそうです。
incidence … (病気・貧困・出来事などの)発生、出現頻度
(プログレッシブ)
the incidence of divorce … 離婚率
「離婚率」は divorce rate でもいいらしいから rate と同意かな。
Our town has a low incidence of crime.
(この町の犯罪の発生率は低い)(プログレッシブ)

It sounds like you can cherry-pick data to suit your individual point of view.
− 皆さん、それぞれの考え方を裏付けるデータがあるようですね。
cherry-pick … 入念に[慎重に]選ぶ、えり好みする
プログレッシブの訳だと、「(いいところだけを)つまみ食いする」。
似たような単語
By the cut-off date we had ten applicants hand-picked for interviews.
(締切日には、面接に向けて十人の志願者が厳選されました。)
hand-pick … 〜を厳選する
(06/06/12・13「ビジネス英会話」 )

果物関係で思い出すのが plum
Scoring style points may well help you land that plum job.
(身だしなみで点数を稼ぐことは、おそらく、よい仕事に就くための助けになるでしょう。)
(11/07/06「実践ビジネス英語」)


本日の重点項目:3


ここんとこ、どうでもいいことで忙しくて、
英語の勉強をほとんどしてませんでした。
で、久々にポッドキャストを聞いてみたら、
「あ、なんか新鮮♪」
ちゅーわけで、たまには離れてみるもよし!
(でも、またガンバリます)


去年の今頃、8/9「実践ビジネス英語」
Gee, that sounds awfully cold and calculating.
(それはまた、ひどく冷淡で計算高いものに思えますね。)
いっしょに書いてあった calculating bitch で覚えておけばバッチリ!
posted by ラジ子 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

history

8/7「実践ビジネス英語」

世界陸上を見て、美しい筋肉にホレボレする毎日。

*Some authorities used to think that children from families with a history of allergies shouldn’t have pets.
− かつては、アレルギーの家系の子供はペットを飼うべきではない、と
  考える専門家もいました。
病気で「〜の家系」という時に family history を使う。
Is there any history of heart disease in your family?
(心臓病歴が家族にありますか?)
(ロングマン)
個人の病歴
He has a history of stomach cancer.
(彼は胃癌の病歴がある)(ジーニアス)

They feared that pets could cause a latent tendency toward allergies to develop into full-fledged allergies.
− 彼らは、ペットが原因で、潜在的なアレルギー体質が
  本格的な症状が出るアレルギー体質に進展しかねないと懸念したのです。
latent … 隠れた、潜在的な
He knows how to bring out latent creative talent in people.
(彼は、人の隠れた創造的才能を引き出す術を心得てますから。)
(11/06/01「実践ビジネス英語」)
↑ この日、「latenttalentanagram(つづり換え)!」
なんてことにまで気づいて冴えていたのに、
すっかり忘れていたなんて...。

*Yes, that seems to have been the conventional wisdom back in the day.
− ええ、昔は、それが一般的な見解になっていたと思います。
conventional wisdom … 社会通念、広く受け入れられている考え
That’s just a way of describing a leadership style based on bucking conventional wisdom and not going with the flow.
(これまでの常識から外れ、周囲と同調しないことを基本とするリーダーシップのスタイルを説明する一つの方法として、そう言ったにすぎません。)
accepted wisdom という言い方もある、というのを、ポッドキャストでゲット。

*・... without her cats to keep her company.
一緒にいる猫たちがもしいなかったら、...
相手をする」という意味で、ちょいちょい出ますね。
keep company の間は目的格。
I just came to keep you company in the kitchen.
(台所で君の相手をするために来たんだよ。)
(11/05/20「英語5分間トレーニング」)

・... having a dog or a cat is a great way for seniors to keep high blood pressure and stress at bay.
− ... 犬や猫を飼うことは、高齢者が高血圧やストレスを防ぐ非常に効果的な方法だ...
keepat bay … 〜を(未然に)防ぐ、〜を寄せつけない
この bay が「窮地」という意味であると
09/03/31「入門ビジネス英語」にメモしてありました。
やるなー、自分。
ムハ!
keep[hold] an enemy at bay だと「敵を寄せつけない、食い止める」
(プログレッシブ)
これを読むと、bay が「窮地」とか「追いつめられた状態」という意味で
納得、って思います。

本日の重点項目:3


アスリートは体の筋肉、
ラジオ講座の受講者は英語の筋肉、
どちらも鍛えれば美しくなる!
そして、休むとどちらもなまっちゃうんですよね。
と、キレイに決めてみた。


去年の今頃、8/8「実践ビジネス英語」
His candor and determination to heed the feedback he’d received eventually landed him a bigger role in the company.
(彼の率直さと自分が受け取ったフィードバックに耳を傾けることへの決断力が
あったからこそ、結果として社内でより重要な役職に就くことになったのです。)
この land は、今やおなじみ、釣った魚を陸に上げるイメージ。

*Hildaさん、ありがとうございます!
posted by ラジ子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

sturdy

「ラジオ英会話」

前回からの続き。

8/7放送分
アパートの下見の話。
The kitchen has top-of-the-line appliances.
− キッチンには最新の家電製品が備えてあります。
これは初めて聞いた。

バスルームを見た感想。
*It’s on the small side.
小さ目ですね。
on theside … やや〜、〜め
She’s on the petite side.
(小柄なほうでね。)
(11/08/10「ラジオ英会話」)
They’re a little on the pricy side.
(ちょっと値の張るほうだな。)
(11/10/10「ラジオ英会話」)
↓ は似ているけど、用法としては別?
Put on some sunscreen to be on the safe side.
(念のため、日焼け止めをつけて。)
(10/09/09「英語5分間トレーニング」)

バスルームは小さいけど
*Yes, small but cozy.
− はい、小さいけれど、心地がいいですよ!
以前どこかで、外国人を家に招待するとき、自分の家を
small but cozy で表現するといい、と習いました。
そういえば、こんな表現も習いました。
... I don’t mind it when my American friends tease me for living in what they call a “shoebox.”
(アメリカ人の友人に「靴箱」に住んでいるとからかわれても、平気です。)
(12/06/21「実践ビジネス英語」)
最初、「マッチ箱」だったっけ?と思って、検索したけど見つからず。
靴箱だったのね...。

*What concerns me is the street noise.
− 私が気になるのは通りの騒音です。
先週の「英会話タイムトライアル」では
「気にさわる」という意味で bug を練習。

8/8放送分
・... I’m building a crib for the nursery.
子ども部屋の寝台を作っているんだ。
nursery に、子ども部屋という意味があるのも知らなかったし
商売用の苗を育てる場所(種苗場)を
nursery ということも、忘れていた。
でも、使うこと、なさそう。

It’s nothing fancy-schmancy.
すごく凝ったものとかそういうものではまるでないんで。
自分が使う可能性限りなく0% に近いけど、メモ。

*It looks nice and sturdy.
− とてもしっかりできているみたい。
robust とほぼ同じ意味、と、ブログに3回書いています。

本日の重点項目:4


水曜日のダイアログにでてきた「通りの騒音」と言えば、
1999年度「ラジオ英会話」に
Things That Go Bump in the Night
(夜ガタンと音をたてるもの)
というダイアログがあって、風の強い夜には、停めてある車の
盗難防止警報が一斉に鳴り始める」と言っていました。
「(警報が)鳴り始める」の言い方復習しておきましょ。

All of the car alarms go off!

これこれ。

マーシャ先生の「ラジオ英会話」、また復習したいな。
いや、
したい、じゃなくて、することにする。


去年の今頃、1回夏休み。
posted by ラジ子 at 15:04| Comment(3) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

make a statement

「ラジオ英会話」

来週は再放送。
ここんとこ忙しかったんで、ちょっとノンビリできる。

8/5放送分
ソファを買いに来たカップル。
How about a neutral color like beige, Garret?
− ベージュのような中間色はどうかしら、ギャレット?
quiet(地味な) – neutral(中間の) – loud(派手な)
ってとこでしょうか。
acid(酸性の) − neutral(中性の) − alkaline(アルカリ性の)
っていうのもありますね。

*It’d be a nightmare to clean if we spilled something on it.
− 何かこぼした場合、拭き取るときは悪夢だよ。
とっても口語的。
09/06/18「実践ビジネス英語」には
he was a nightmare.
という文章もあったらしい。

*That helps narrow down the choices.
− それで選択範囲が狭まってくるわ。
Has it been narrowed down to a few finalists?
(最終選考に残す(インターン候補は)二、三人に絞りこまれましたか。)
(06/06/12・13「ビジネス英会話」)
ラジオ講座だと、候補者を絞るシチュエーションで使われること多し。
同意表現
... whittling down the list of candidates … (後任)候補を絞っている
(07/08/27・28「ビジネス英会話」)

*This red sofa really makes a statement.
− この赤いソファは個性をしっかり打ち出している
make a statement … 独自の主張がある、個性が強い
物も個性を主張できるのだ。

*It’s a little tacky.
− ちょっと安っぽいわ。
tacky … 安っぽい、ダサい
「安っぽい」関係だと
chintzy / sleazy なんかもあったことを、マイブログで復習。

*I’m leaning toward this gray sofa.
− このグレーのソファに気持ちが傾いているの。
考えや気持ちが傾く。
I’m leaning toward visiting my friend in Europe.
(ヨーロッパの友人を訪ねる気になっている)(08/11/17「入門ビジネス英語」)
金曜日の More Info! では leangravitate に代わっていた。

8/6放送分
キッチンのリフォーム希望。
I’d like more elbow room in the kitchen.
− 私としてはキッチンにもっとゆとりが欲しいんです。
That’s our best bet if you need more elbow room.
(もう少しゆとりがほしければ、彼らに聞くのがいちばん確実な方法だ。)
(10/01/4「入門ビジネス英語」)
似てる表現
There may be some wiggle room though.
(しかし、検討の余地はあると思う。)
(10/01/11「入門ビジネス英語」)

You might want to consider new flooring, cabinets, and countertops.
− フローリング、キャビネット、調理台を新しくしては
  いかがかと思いますが
You might want to で「〜してはいかがかと思います。」
ブログに、こんな英文を発見。
英文メールをうまく書くためのアドバイス。
Say “You might want to” or “it would be good if you could.”
(You might want to(...してみてはどうでしょう)とか
It would be good if you could(...できればいいと思いますよ)と言ってみたら。)
(08/06/09「入門ビジネス英語」)
英文を書かれる際にもいかが?

続きは次回。

本日の重点項目:5


「アリーmyラブ」の中で、赤ちゃんのオムツを
Out with the old, in with the new.”
と言いながら替えていた。
これは
Out with the old, in with the new!
(古きを捨て新しきを入れよ!)
(13/03/06「ラジオ英会話」)
ということわざのアレンジ。
オムツはしばらく変える機会がなさそうだけど、
使いようによっては、いろんな場面で使えそうです。


去年の今頃、「ラジオ英会話
All my aches and pains are gone.
(僕のあちこちの痛みがすべてなくなっている。)
金曜日にちょっとハジけて、土曜日は筋肉痛だったけど、
日曜日はまさに、この状態、体調戻した!
まだイケルぜ〜。

*Daddyさん多摩のおっさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

take 〜 as a given

「実践ビジネス英語」

心頭滅却しても暑いもんは暑いな。

8/1放送分
*People are scrimping and saving as the economy slowly recovers from the recent recession, and a lot of people see pet ownership as a frill that can be cut.
− 先ごろの不況から景気が緩やかに回復している中で、人々は倹約して
  お金を貯蓄に回して
おり、多くの人が、ペットを飼うのは、断念しても
  いいことだと考えているのです。
scrimp … 節約する、生活を切り詰める
scrimp といえば、save とペアなのです。
People are scrimping, saving and cutting coupons like never before.
(人々はかつてないほど節約してお金をため、クーポン券を切り取っています。)
(10/04/16「実践ビジネス英語」)

frill … (魅力的だが)余分なもの、むだな飾り
イコール bells and whistles イコール fancy features

*When I was a boy, my big golden Lab Rex and I were inseparable.
− 私は子供のころ、当時飼っていた大きな金色のラブラドール・レトリーバー、
  レックスと大の仲良しでした。
inseparable … 切り離せない、離れられない、とても仲がよい
many people are simply inseparable from their pets.
(どうしてもペットと離れられない人が多い)
(10/02/19「実践ビジネス英語」)
この時も、ペットの話題。

*In fact, most Americans probably take that as a given.
− 実際、たいていのアメリカ人はおそらく、
  そんなことは当たり前だと思っているでしょう。
..., it was taken as a given that you wanted to have your own car or house.
(自分の車か家を持ちたいと思うのが当然だとされていました。)
(13/05/10「実践ビジネス英語」)
take as a given の形。

8/3放送分
*But at the risk of over-generalizing, I think that in most cases the pluses of pet ownership for kids outweigh the negatives.
− しかし、一般論にすぎるかもしれませんが、たいていの場合、子供のために
  ペットを飼うことのプラス面は、マイナス面より多いと思います。
outweigh … 〜にまさる
outなんとか」シリーズのひとつ。
outじゃないものもあります。
However, we believe that the overriding factor must be public transportation.
(しかし、何よりも重要なのが公共交通機関であることに間違いない)
override … 〜に優先する、〜より重要である
(09/03/13「実践ビジネス英語」)

*I’m inclined to agree with you, Steve.
− 私はあなたの考えにさんせいしたいですね、スティーブ。
使ってないな、コレ。


本日の重点項目:5


コンパニオン・アニマルといえば、2000年度の「ラジオ英会話」。
Just the presence of an animal can be therapeutic.
(動物がいるだけで治療になることがあるんだ)
Doesn’t being around animals lower your blood pressure or something?
(動物の周りにいると血圧が下がるということじゃないの?)
ほら、プラス面、多いよ!


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「実践ビジネス英語
It also includes a self-assessment to help round out the overall picture.
(それには、より完全な全体像を得るために、自己評価も含まれています。)
やっぱり円(round)は完璧な形ってことかしら。
posted by ラジ子 at 09:00| Comment(17) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

worlds away

7/31「実践ビジネス英語」

今回は「コンパニオン・アニマル」の話。

I was worlds away.
すっかりうわの空になっていました。
worlds [a world] away … まったくかけ離れている、別世界にいる
ぼんやり系
Sorry if I seem inattentive.
(ぼんやりしてるみたいだったらごめん。)
(07/04/28「徹底トレーニング英会話」)
I was spaced out.
(ボーッとしてた。)
(13/06/06「ラジオ英会話」)
I spaced out.
(ぼんやりしていました。)
(06/12/8・9「ビジネス英会話」)

Executives ... are being asked to contribute their two cents’ worth ...
− ... エグゼクティブたちは、意見を出すよう、求められています。
two cents 系はバリエーションがいっぱいあるんですよ。
その中のひとつ ↓
Hey, mind if I butt in and add my two cents’ worth to this discussion?
(あのう、私が口出しして、この話に意見を差し挟んでもいいですか。)
(12/11/07「実践ビジネス英語」)

*I thought their business was stable and turned a profit every year like clockwork.
− この会社の事業は安定していて、毎年必ず黒字を計上しているものと、私は思っていました。
like clockwork … 規則正しく、決まっていつも
11/12/27「ラジオ英会話」より
He wakes up every hour on the dot and cries.
(きっかり1時間ごとに起きて泣くの。 )
It’s like clockwork.
(まるで時計仕掛けのように。)
というわけで時計仕掛けのようだったのは、赤ちゃんです。

*・... that’s reflected all too clearly in their bottom line.
− それがそのまま、この会社の収益に表れてしまって...
be reflected in … 〜に反映されている、〜に表れている
↑ 受動態ですよね。
↓ 能動態
Modernist architects who strove to remove traditional, historical references and reduce buildings to a pure form that reflected their function..
(モダニスト建築家たちが、建築物から伝統的、歴史的な面影を取り除こうと骨を折って、建築をその機能を反映しただけの形のものにおとしめてしまったんだよ。)
(07/04/18・19「英会話上級」)← 難易度の点では伝説の番組

I guess you could say their business is going to the dogs.
− その会社の業績は下降線をたどっている、といったところでしょうか。
犬に行くか、それとも
lifestyle and technological changes have driven many once-thriving businesses south.
(ライフスタイルとテクノロジーの変化が、かつて栄えた多くのビジネスに陰りをもたらしているのですね。)
drive[go] south … いなくなる、失敗する、(景気が)下向く
(09/03/18「実践ビジネス英語」)
南に行くか。

*Sorry for the cheesy pun.
くだらないだじゃれを言ってすみません。
以前、「おやじギャグ」をどう訳すかという話になった時、
アメリカ人ALT が cheesy joke かな?と言っていました。
ご参考まで。

本日の重点項目:3


ここんとこ、ちょっとプライベートでバタバタしてまして、
英語はサボってました、英語の神様、ごめんなさい(汗)

高校時代の同窓会があって、友達と話していて、
「もうちょっとやせたいよね。」という方向へ。
いくつになっても、女性の関心事は「美」なのね。
来年の同窓会までに3kgやせよう(自己申告制度)ということになりました。
英語と同じで、仲間がいれば、がんばれるかも。

「かも」で文章終わらせてるあたり、まだまだだな...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
チャリティーのクッキーが
If you ask me, that’s a bit overpriced.
(私に言わせれば、それはちょっと高すぎるな。)
そうか、overpriced もあった!
他にも使えそうな表現がありましたよ。
posted by ラジ子 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ご連絡

コメント遅れてます、すんません。

今夜、書き込みますね〜。
posted by ラジ子 at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

can't seem to

「ラジオ英会話」

家の中での会話。
内容、盛りだくさん。

7/29放送分
夫がサラダを作るところ。
*I can’t seem to find the stainless-steel bowls.
− ステンレスのボウルがどうしても見つからない
can’t seem to … どうしても〜できない
こんな意味になるとは!
I can't seem to decide on which courses to take.
(どの講義を取ったらいいか決められないの。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
辞書で例文検索すると、けっこうヒット。
I just can’t seem to get her out of my mind.
(ぼくは彼女を心の中から締め出してしまうことはできないようだ)
(ロングマン)

「どうしても〜できない系」
I can’t find Snowy and Pookie for the life of me.
(スノウィとプーキーがどうしても見つからないわ。)
(13/07/01「ラジオ英会話」)
* I got tongue-tied and couldn’t bring myself to speak a word of French.
(口ごもってしまって、フランス語のフの字も話すことができなかったんだ。)
(08/09/30「ラジオ英会話」)
けっこういろんな言い方があるんですよね。
でも、ニュアンスの違いはわからない...。

lazy Susan … 回転台
私はこっちしか知らなかったんですわ。

colander … 水切りボウル
この単語と言えば、私の中では
calendar との聞き間違いで鮮明な記憶あり。
kitchenカレンダー?と思ったら、自動的に colander に変換。

*No, I don’t want you to lift a finger.
− 君は何もしないでいてほしい!
普通は否定的に使われるそうですよ。(テキスト)
辞書で例文検索すると
自分が困ってるのに相手は何もしない、みたいな状況の英文が多いです。
We moved furniture all day long, and Sarah never lifted a finger.
(私たちは1日中重い家具を移動したが、サラは決して手伝わなかった)
(ジーニアス)

finger つながり
* I can’t put my finger on it.
(はっきりこれだと言えないけど。)
(10/02/09「ラジオ英会話」)

7/30放送分
冷蔵庫のおそうじ。
マスタードがまだ食べられるかどうか?聞かれて
It’s still good.
− まだ大丈夫だよ。
有効かどうかの good
How long is that coupon good for?
(そのクーポンはいつまで有効なの?)
(10/04/18「5トレ」)

The expiration date says August 2011!
賞味期限が2011年8月よ!
They’re years past their expiration date.
(使用期限が何年も過ぎてるから。)
(12/12/02「英語5分間トレーニング」)
期限を表す単語はいくつかあるけど、これが一番覚えやすい。

Miso has a long shelf life.
− みそは長期保存ができるんだ
でも、豆腐は a short shelf life(日持ちしない)(U R the ☆!)

7/31放送分
妻から夫へ honey do list(お願いリスト)を渡すところ。
*Tony, we need to spruce up the house.
− トニー、家中をきれいにする必要があるわ。
She mentioned she wanted to spruce up the family plot.
(お墓をきれいに掃除したいと、ちらっと言っていたけど。)
(13/04/18「ラジオ英会話」)
きれいに、見栄えをよくする時の単語。
人にも使えます。

Is the queen coming over for dinner?
女王様でもディナーにいらっしゃるのかい
家を掃除することに対する定番表現だそうです。(テキスト)

8/1放送分
兄弟ゲンカ、洗面台に歯磨粉が残ってる状況。
I rinsed the sink out!.
− 洗面台ならきれいに流したわ!
水洗い系には rinse
Rinse out that rag after you use it.
(その雑巾を洗った後、すすいでね。)
(12/01/09(月) 「英語5分間トレーニング」)

Then what is the gunk in the sink?
− じゃあ、この洗面台についたベトベトしたモノは何だい?
水回りはベタベタが多い。
This sink drain was plugged up with hair and other gunk.
(排水管が髪の毛や他のベトベトしたもので詰まっていた。)
(06/01/21「レッツスピーク」)

本日の重点項目:5


水曜日の「英会話タイムトライアル」で
ace という動詞の練習をした直後、
「ラジオ英会話」にも ace が出てきて、なんだかビックリ!
夏のプチボーナス。


去年の今頃、7/25「実践ビジネス英語」7/26「実践ビジネス英語」
Rexworthy says that one strong reason for becoming healthy trumps a dozen excuses.
(レックスワージーによれば、健康的になろうという強い理由が1つあれば、
多くの言い訳を封じられるということです。)
rex の価値ある、って何かと思ったら、人の名前ね。(汗)
運動の必要性を感じつつ、なんとなく踏み切れないダメな私。
運動神経も悪くないし、好きなんだけどな...。

*多摩のおっさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする