2013年12月31日

hunter-gatherers

12/25「実践ビジネス英語」

あきらかに2013年の最後の更新だけど、
ラジオ講座年度終わりは3月ですので、あくまでも普通っぽく。

レストランでの一人前が多すぎるので、
*Sometimes I think I’d be better off ordering from the children's menu.
− 時々、お子様メニューから注文したほうが賢明かなと思うことがありますよ。

何十年も前に中学校で習った had better(〜した方がいい)は
強い上から目線の言い方であると知った今、
提案は would be better off ing とか
would rather あたりがいいみたいですよ。
Wouldn’t you be better off buying a new computer?
(パソコンを買い換えた方が、かえってすっきりするのでは?)
(12/09/05「ラジオ英会話」)
I’d rather you not wear that shirt.
(そのシャツを着ないでほしいんだけど。)
(10/02/17「ラジオ英会話」)
↑ の英文は「おだやかに意見を言うときの表現」とメモしてあったので、
ムカつかれたりすることはない模様。

*This trend toward mega-portions is insidious.
− この特大盛を好む傾向は、やっかいですね。
insidious … たちの悪い、油断のならない
かつて習ったときは、名詞の前に使われていました。
insidious effect … やっかいなものと(の)関連
(12/01/12「実践ビジネス英語」)
insidious forms of bullying … 陰湿ないじめ
(2010年11月号の「5トレ」Word of the Day)

*Our DNA is partly to blame.
− 私たちのDNAが、原因の一つですね。
partly to blame … 責任の一端がある
be to blame のパターンだと
Both are to blame.
(どっちもどっちだよ)
というのも ↓ の中にありました。
3段階の発想で英語が伝わる! 100のツボ [単行本(ソフトカバー)] / 西蔭 浩子 (著); ジャパンタイムズ (刊)

*Our bodies are designed to store calories when there’s lots of food available.
− 私たちの体は、食べ物をたくさん取り込めた時は、
  カロリーを蓄積するようにできています。
使う場面は多々ありそうなので store calories は、このままの形で覚える。
available も、こういうふうに使うんだなぁ〜と、読むと思うんだけどなかなか使えない。
(というか、ここんとこ全然しゃべってない...)

*Trouble is, we’re no longer hunter-gatherers for whom that kind of biology works.
問題は、私たちがもはや、このような生態が機能する
  狩猟採集民ではないということです。
The trouble is のように the をつけてもいい。(ヘザーさん)

ちなみに「農耕民族」って何ていうんだろう?と思って調べたら
an agricultural people だって。

One school of thought blames the increased use of computers and other forms of technology for the obesity epidemic.
− コンピュータをはじめハイテクなものの利用が増加したことが、
  肥満がまん延した原因だとする考え方もあります。
school of thought … 考え方、学派
自分では使わないと思うけど、↓ を思い出したのでメモ。
And what if my hands start shaking or I lose my train of thought?
(それに手が震えてきたり次に何を言うのかわからなくなったらどうする?)
a train of thought … 話の脈絡、一連の考え
(06/08/2・3「英会話上級」)

The huge amount of mental energy we expend in performing our various cyber-tasks lessens our ability to resist the temptation to overeat.
− 私たちはコンピュータ・ネットワークを使ったさまざまな作業をするのに
  膨大な精神的エネルギーを使うので、食べ過ぎたくなる衝動を抑える能力が
  低下して
しまうのです。
ほんまでっか!
精神的に疲れたりしても、食べ過ぎてしまうということね。
私、すごく気を使うタイプだからな...。
(ウソ!)

lessen と言えば、risk との組み合わせ
That way you lessen the risk of offending someone’s religious sensibilities.
(そうすれば、人の宗教的な感情を害するリスクが減ります。)
(12/11/29「実践ビジネス英語」)


今日の重点項目:5


12月号「ラジオ英会話」テキスト巻末「London Calling」の話題は、
イギリスのご長寿ドラマ「Dr. Who」。
イギリス人は、
歴代ジェームズ・ボンドについて語ったりするよりも、
歴代ドクターについて熱く語り、
イギリスのメディアも、
次期ドクターを誰が演じるのかを何紙もの新聞が予測するという、
超人気番組らしいです。

お、そういえば、Huluで視聴可能だった!
というわけで、2005年から再開された
9代目ドクターのエピソードを2つほど見てみました。

うーん...、なんとなくアメリカのドラマと比べると、
あか抜けないというか、ちゃっちぃというか

でも、イギリス人なら誰でも知っているドラマであれば、
少しでも見ておくと、イギリスに行った時に雑談なんかの役に立つかも。
イギリスに行く予定もないんですけどね(汗)

でも、
Forewarned is forearmed.
(警戒は警備なり。) →「備えあれば憂いなし」
(09/10/28「実践ビジネス英語」)
って言うでしょ。
(ちょっと、この場合にはそぐわない気もするけど...)

来年も、いつ来るかわからない「いつか」のためだったり、
英語での映画・ドラマ視聴のため、
学習継続!


「去年の今頃」は、お休みです。
How do you plan to ring in the new year?
(新年をどうやって迎えるつもり?)
(12/12/27「英語5分間トレーニング」)
紅白歌合戦のサカナクションだけは見ておきたい!
posted by ラジ子 at 13:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

Do the math.

「実践ビジネス英語」

やーっと年賀状終了。
これは、パーキンソンの法則に当てはまっている...。
(わからない人はテキスト巻末 Our Magical World をお読みくだされ)

12/19放送分
*It adds empty calories to a person’s diet and has been linked to various diseases.
− これは摂取カロリーばかりを高くし、栄養素はほとんどないので、
  さまざまな病気に関連づけられてきました。
これ、とは sugar です。
empty calories といえば、ドーナツ。
A doughnut is a prime example of junk food, full of calories with little nutritional value.
(ドーナツはジャンクフードの最たるものだよ、カロリーばっかりで栄養価はほとんどナシ。)
(06/05/12・13 「英会話上級」)
ヘザーさんが教えてくれた hidden calories nothing to sneeze at ですね。

*I wouldn’t be surprised if there’s a direct link between its increasing use and the rise in obesity.
− その使用量の増加と肥満の増加との間に直接的な関係があるとしても、
  私は驚きません
I wouldn’t be surprised if increased awareness of global warming is another factor.
(地球温暖化への意識の高まりが、もう一つの要因であるとしても、私は驚きません。)
(13/03/28「実践ビジネス英語」)
なぜか、どっちも文章がカタイ。
If 節は英辞郎を読んだところによれば、
現在形でも過去形でも現在完了形でもいいようです。

12/20放送分
*No wonder American waistlines are expanding.
− アメリカ人の胴回りが太くなっているのも無理はありませんね
2008年のポッドキャストニュースより。
No wonder they call him, “Lightning BOLT”.
言わずと知れた「ウサイン・ボルト」のことですわ。

*Here’s another sobering statistic for you: ...
ドキッとするような統計がもう一つありますよ。
毎週1回外食すると、年に2ポンド体重が増えかねない、という統計。
前回のメモより
A sobering thought, to be sure.
(確かに、はっとさせられる話ですね。)
感謝祭の典型的な食事は4,000キロカロリーという話に
「はっとさせられ」ていました。

*Do the math.
計算してみてください
コメント欄には書いたんですが、Do the math. は
「私はラブ・リーガル」で、何度も聞きました
ヘザーさんも言っていたように、数字のからまない状況でも使えます。
ちょっと考えればわかるだろ、みたいな感じ。
似たような表現
put two and two together … (見え見えの条件から)自明の結論を引き出す
2000年度「ラジオ英会話」でゲット。
結局、こっちも 2+2=4 という算数の発想から来ているらしい。
I saw him leaving her house and I put two and two together.
(ロングマン)
なーるほど!つきあってるんだ、と言ったところかな?

レストランでの1人分の量がとてつもなく多いことについて。
*It’s an unfortunate example of the American “bigger is better” mentality.
− これは、「大きいことはいいことだ」という
  アメリカ人気質の不幸な例です。
ヘザーさんご紹介の反意表現
Sometimes less is more.
(少ないほうがいい場合もあるのです。)
(10/03/18「実践ビジネス英会話」)

今日の重点項目:6つ(全部!)


ビニェットの中に、
Putting it into a historical context, Americans started to put on extra pounds in a big way about 50 years ago.
(それを歴史的流れで考えると、アメリカ人がものすごく太り始めたのは、およそ50年前でした。)
というセリフがありましたよね。
実は、「奥様は魔女」に、アメリカ東部にピザをこれから流行させようとする
ピザチェーン店のエピソードがあるんですよ。
奇しくもほぼ50年前のテレビドラマなので、
アメリカ人の肥満はピザとも関係があるかもしれませんぞ!(大発見、な気分)
だって、アメリカのピザってもんのすごーく大きいんでしょ?
ドラマって、英語だけでなく、アメリカ史まで学べてしまうのね。
と、またひとつ、言い訳ができた(デヘ)


去年の今頃、「実践ビジネス英語
And by the same token, people who live in the country can treat themselves to a weekend in the big city.
(それと同様に、田舎に住んでいる人は、大都市で週末を楽しむことができます。)
まったく覚えてない...、去年の今頃は全体的に難しかった。
posted by ラジ子 at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

false hope syndrome

12/18「実践ビジネス英語」

今回のテーマ「肥満と闘う」は、
正月休み長めの今回の年末年始にはぴったりだな〜。

*Prevention is the best cure, after all.
− 結局のところ、予防は最良の治療ですからね。
テキストの説明にもあった
An ounce of prevention is worth a pound of cure.
(百の治療より一の予防。)
は10/05/12「実践ビジネス英語」で学習ずみですが、
その日に同意表現としてクリスさんが紹介してくれたのが
A stitch in time saves nine.
(今日の一針はあとで九針縫う手間を省く)
Prevention 〜 が一番覚えやすそう。

*’Tis the season to pig out.
たらふく食べるための季節なのですから。
scarf down / wolf down / devour / gorge oneself on
などなど、「大食いする」表現はいろいろ習っています。
例によって、ニュアンスの違いまではわからない...。

*End result: The pounds stay on.
− 結局、体重は減りません
そのまま、ということ。
日本人の私としては、体重の話題の時に、
pounds を使うという発想がない。

If it’s any consolation, you’re not alone in suffering from what some experts call “false hope syndrome.”
慰めになるかどうかわかりませんが、「空頼み症候群」と、一部の専門家たちが
  呼ぶものを患っているのは、あなただけではありません。
If it’s any consolation … 少しでも慰めになるのなら
12/02/22「実践ビジネス英語」では、
「何か悪いニュースを伝えるときの前置き」と杉田先生より説明あり。

false hope syndrome … 空頼み症候群(自分が変われるというむなしい希望を持つ傾向)
false hope syndrome について、わかりやすく書かれているサイトがありました。
別のサイトに書かれていた話ですが、
みんなが新年の誓いをたてるので、1月のフィットネスクラブは満員だけど、
3/1までには75%以上の人がやめてしまうとか。

*I guess I’m a bit self-conscious about my weight.
− 自分の体重について、少し自意識過剰なのでしょうね。
すでに何度も読み返している self-conscious の英文
I’m also very self-conscious about my English skills, which despite my best efforts, still leave a lot to be desired.
(最善の努力をしているのに、まだまだ不十分な自分の英語力も、
非常に気になっています。)
(12/05/30「実践ビジネス英語」)

もうひとつ
Don’t be self-conscious when you travel.
( 旅の恥は掻き捨て。)
(10/02/07「英語5分間トレーニング」)
↑ は ↓ の本にも載ってますよ。
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) [単行本(ソフトカバー)] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)

今日の重点項目:3

false-hope syndromeって、英語学習にも当てはまるかな?と思いました。
4月には新講座で頑張るぞ!と思っていたのに、
6月には「もうやめよっかな〜」になるパターン。
話せたら便利そうだしカッコいいけど、話せなくても問題ないし。

私の場合、英語は続いてるんだけど、体重を減らす系はどうにも弱い。
要するに、もう少しやせたらカッコよくなるかもと思う反面、
別に肥満で困ってるわけではないし、健康面で特に問題もないし、
と思ってしまう自分がいるってことです。
結局は意志の問題、
ということは、いちおうわかってます(汗)


去年の今頃、「実践ビジネス英語
..., instead of buying yet more material goods to clutter up our house with.
(ものをさらに買い足して、家の中にあふれさせるのではなく、...)
今は断捨離でしょ、やっぱり。
1998年度のラジオ英会話では、高校生がいいこと言ってましたよ。
If we really want to clean up the world, we need to do with less stuff.
(地球を本当にきれいにしたければ、ぼくらはもっと少ない物で
やっていく必要があるよ。)
家に比べて規模がかなり大きいけど、理屈はいっしょ。
posted by ラジ子 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

a stone’s throw away

「ラジオ英会話」

クリスマスイブイブですよ。
仏教徒には関係ないですか?

12/16放送分
樹の上から降りられなくなった猫を救出したニュース。
*Mike Nelson rescued a kitten clinging to a branch with one claw.
− マイク・ネルスンはかぎ爪1つで木の枝にしがみついている
  子猫を助けました。
比喩的にしがみつく場合
I hear they snicker at old-fashioned folks who still cling to snail mail, dial telephones and rudimentary e-mail.
(そうした人々は、通常の郵便やダイヤル式の電話、初歩レベルの電子メールにまだこだわっている時代遅れの人々を冷笑しているそうです。)
(08/10/17「実践ビジネス英会話」)
ちなみに cling の過去形は clung であることも、復習しておく。

What was going through your mind at that point?
− そこで頭をよぎっていたものは?
go through 〜’s mind … 〜の頭をよぎる
覚えるのが難しそうな組み合わせ。
go のほかに flash / run もあり。
An idea flashed into [across/ through] my mind.
(ある考えがぱっとひらめいた)(ジーニアス)

This just goes to show a cat has nine lives.
− これでわかりますね、猫は九生。
X goes to show Y. … XによってYであることがわかる・証明される
It just goes to show (= proves) how much people judge each other on how they look.
(いかに人が、互いを外見で判断するのかがそれでわかる。)
(ロングマン)
just も含めて覚えておくといいかな?(覚えられれば...)

12/17放送分
自宅プールにアオウミガメ(green sea turtle)がいてびっくりしたニュース。
*I couldn’t believe my eyes.
自分の目が信じられませんでした
同系列かな〜と思う表現
Your eyes are playing tricks on you.
(目の錯覚だよ。)
(11/10/02「英語5分間トレーング」)

逃げ出した動物園は
*It’s just a stone’s throw away.
− ほんの目と鼻の先です。
バリエーション
The bus stop is within a stone's throw from my house.
(バス停は私の家の目と鼻の先にあります。)
(2006年2月「レッツスピーク」巻末「使える英文法を身につけよう!」)

12/18放送分
飼い犬が価値ある貨幣を掘り起こしたニュース。
掘り起こした犬の名前が Digger だったので、
*What a fitting name!
− 何ともぴったりの名前ですね!
It’s only fitting that he wears his new golden collar for the interview.
(インタビューに新しい金色の首輪をつけるのは、当然といえば当然だよね。)
(09/04/14「ラジオ英会話」)
この時は、プーキーが表彰されてましたよ。
(今日の「去年の今頃」にも書いてありました、ってわかりにくいですね...)

*It’s in his blood to dig holes.
− 彼が穴を掘るのは持って生まれたものです。
金曜の More Info!
It’s in his DNA to dig holes.
(彼が穴を掘るのはDNAに組み込まれています。)
リエーション
Music is in our genes.
(音楽がDNAに入っているんですよ。)
(11/07/25「ラジオ英会話」)

12/19放送分
新種の魚を発見したニュース。
*You’re putting me on!
冗談でしょう
時々、どっちがどっちか、迷うのが pick on(いじめる)
string bean of a boy with big ears who was picked on at school
(学校ではいじめられていた耳の大きな背が高いやせた男の子)
08/08/14のブログより、マイケル・フェルプスのニュースから。

This is one for the books!
− これは世界記録ものですね!
この本は「スポーツの記録本」のことだそうです。(テキスト)

今日の重点項目:6


「温故知新」学習中に発見した表現。
12/5「実践ビジネス英語」の
Now that’s what I call an original idea.
(いやあ、それはまさに独創的なアイディアですね。)
が、2001年度「ラジオ英会話」にあった。
That’s what I call paradise.
(それこそが天国というものだわ。)
まだまだ掘り起こせそうだワン!


去年の今頃、「ラジオ英会話
去年は、クリスマスプレゼントの子猫の名前がスノウィで
That’s a fitting name.
(それはぴったりの名前だわ。)
でした。
今年のセリフはリユース?
posted by ラジ子 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

self-deprecating wit

「実践ビジネス英語」

気づけば2013年も、あと10日を残すのみ。
はや〜。

12/11放送分
*I don’t know whether you do it consciously or not, but I like your self-deprecating wit.
− あなたが意識的にしているのかどうかわかりませんが、私は、
  あなたの自嘲的なウィットが好きです。
You have to consciously develop it and have something interesting to contribute.
(意識してこのスキルを磨き、会話に役立つ興味深い話題を準備しておかなければなりません。)
(13/04/04「実践ビジネス英語」)
unconsciously の英文も発見。
uniforms are said to prevent teachers from unconsciously giving preferential treatment to wealthy people
(教師たちが裕福な子供たちを無意識のうちにひいきすることを防ぐ)
(07/09/12・13「英会話上級」)

self-deprecating wit … 自嘲的な、控えめな
謙遜バージョン
He was self-deprecating to the point where I wondered whether he wanted us to hire him at all.
(いったい雇ってほしいと思う気持ちが彼にはあるのだろうか、と私が思うほど、彼は控えめでしたね。)
(11/05/11「実践ビジネス英語」)

*It helps relieve stress when we’re all up against a deadline.
− 私たち全員が締め切りに追われている時は、
  それでストレスが和らぐのです。
be up against … (困難など)に直面している
Young people are ( up ) against a tough job market these days.
(今日、若者はきびしい雇用状況に直面している)
(11/07/27「実践ビジネス英語」Daily Exercise (1))

foragainst ってある意味、対義語ですよね。
be up for だと「〜する気力・元気がある」
I think my wife and I might well be up for a voluntourism trip sometime in the not-too-distant future.
(妻と私はおそらく、そう遠くない将来、ボランツーリズムの旅をしたくなるだろうと思いますよ。)
(12/03/22「実践ビジネス英語」)

*Of course, there’s more to leadership than humor.
− もちろん、リーダーシップに大切なのは、ユーモアだけにとどまりません
than の後ろが文章の場合
I guess there’s more to small talk than I realized.
(雑談には、私が理解していた以上のものがあるようですね。)
(13/04/10「実践ビジネス英語」)

12/12放送分
I think those all fall under the heading of communication skills.
− それらは皆、コミュニケーションスキルとされるものだと思います。
heading が「見出し」と気づけば問題なし。
と、言うは易し、西川きよし。
こりゃー、若い人にはわからないね( ̄▽ ̄;)

All of which makes them great places to work in the eyes of their employees.
− そうしたことのすべてによって、それらの会社はそこの従業員の目に
  働きがいのあるところだと映るのです
in the eyes of … 〜の見地から、〜の目には、〜の目から見れば
eye だか eyes だか、わかんなくなったら
from someone's perspective でもいいし。


今日の重点項目:3


ビニェットで「HOTコミュニケーション」が紹介されていました。
That meanshonest, open and two-way.”
だそうですが、足をくじいた時の、「RICEメソッド」って知ってます?
It stands for rest, ice, compression and elevation.
(休息圧迫引き上げという意味よ。)
誰が考えるか知らないけど、うまく acronym を作るもんですねぇ。
遠山先生の講座 ↓ より。
思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Long gone are the days when passengers were served rack of lamb on silver platters and endless free champagne.
(銀のお皿に載ったラムのあばら肉や、飲み放題の無料シャンパンが乗客に出されたのも、遠い昔のことです。)
いろんなものが時代と共に、変わってゆくのです。
身をもって語れる年齢になってしまった...。

*Daddyさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 01:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

no laughing matter

12/11「実践ビジネス英語」

実践ビジネスは make a point of のほかに
at the risk of sounding(〜と聞こえることを承知で)
も、けっこう好き。

・... they value the sense of accomplishment ...
− 仕事がうまくいった時に得られる達成感を大事にしている...
value … 評価する、尊重する(ジーニアス)
value の例文を読むと、大事にする物、けっこう硬め。

*Humor is no laughing matter.
− ユーモアは笑い事ではなく重要なものです
おおっと!ブログに初メモであった。

なんとなく思い出した表現
Five pounds is nothing to sneeze at.
(5ポンドって、ばかにできないわよ。)
(09/04/01「ラジオ英会話」)

*Like courtesy, it’s a social lubricant that can smooth out differences or misunderstandings between people.
− 礼儀と同様、それは、人と人との間の違いや誤解を取り除くことのできる、
  社会の潤滑油なのです。
social lubricant と言えば、コレでしょ!
Alcohol is a social lubricant.
(酒は社会の潤滑油である。)
↓ この本より
NHK CD BOOK 英語5分間トレーニング 岩村圭南の言えそうで言えない英語表現500 (NHK CDブック) [単行本(ソフトカバー)] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)
ユーモアとお酒は社会の潤滑油。

smooth out … 問題を片付ける、障害を取り除く(英辞郎)
美容的な smooth out
Youth Cream diminished her age spots, smoothed out her wrinkles, and made her skin more radiant.
(ユース・クリームは年齢によるシミ・ソバカスを減らし、しわを伸ばし
肌をもっとつやつやにしてしまったのです。)
(2008年11月「ラジオ英会話」)

frivolity … 軽薄さ、軽々しい行動
の同意語としてブログに書いてあったのが
levity … 軽薄さ、軽々しさ、気楽な言動(11/04/06「実践ビジネス英語」)
frivolity の形容詞
Frivolous comments aren’t welcome on executive blogs.
(浮ついた意見は歓迎されません。)
(06/12/1・2「ビジネス英会話」)

・..., you’ve got to be able to see the lighter side of things to maintain a healthy perspective on life and work.
− 人生と仕事に対する健全な視点を維持するためには、
  物事の明るい面を見ることができなければなりません。
see the lighter side of things … 物事の明るい面を見る
ということは、この light は「明るい」という意味であって、
「軽い」ではないのね。

see light の組み合わせ
We’re finally beginning to see some light at the end of the tunnel.
(ようやく少しは先が見え始めてきたね。)
岩村先生の ↓ こっちの本より。
NHK CD BOOK 英会話レッツスピーク 岩村式トレーニングブック ~表現力UP編 [単行本] / 岩村 圭南 (著); NHK出版 (刊)

続きは次回。

今日の重点項目:2


巻末「Our Magical World」の STATIONERY を読んで
あー、これって英語でこう言うんだー、と思った表現。
消しゴムのかす … eraser crumbs
crumbs ね。
知っていればどうってことないけど、知らないと「どう言うの〜?」
になります。
マーシャ先生の「温故知新」学習でも、「こう言うんだー」がいくつかあって、
第一志望の大学(学校)は first-choice school
滑り止めの大学(学校)は safety school
でした。(ほかの言い方もあるかも)

そろそろ受験シーズン、体調整えて、ベストを尽くそう、受験生!
優しく見守ろう、保護者の皆様!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
... I’m not going to hold my breath waiting for airlines to improve their act menu-wise.
(航空会社がメニューの面で改善するのを期待して待つことはできないでしょう。)
not hold one’s breath はよく聞きますね。
posted by ラジ子 at 00:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

It’s all in a day’s work.

「ラジオ英会話」

エジプトに雪が降ったんですってね!
人生、まだまだ、何が起こるかわからない。

12/9放送分
ドライブイン・シアターが閉館です。
We couldn’t justify the expense of switching to digital movies.
− デジタル映画へ乗り換えるための費用に妥当性を見いだせなかったんです。
ジーニアスの例文にも
How can you justify the expense?
(あなたはその費用をどうやって正当化できるのですか?)
のように、expense との組み合わせがあったので、これはこれで。
ただし、自分が使うことは not likely です。

*This poses challenges for all small movie theaters.
− これはすべての小規模映画館へ挑戦を投げかけるものですね。
11/04/13「実践ビジネス英語」のDaily Exercise
(1) Mastering American English can ( pose ) quite a challenge.
(アメリカ英語を習得するのは難題になりうる)
他の pose だと
I’d like to pose this question.
(私からの問題はこれです。)
(06/09/22・23「英会話上級」)
なんかもありました、問題を投げかけているので pose です。

*Sad but true.
悲しいかな現実です
会話でけっこう使える。
バリエーション
That’s all too true, sad to say.
(残念ですが、まったくそのとおりですね。)
(13/08/29「実践ビジネス英語」)

12/10放送分
orthopedic surgeon … 整形外科医
ムズイ。
08/1/17・18「英会話入門」で習った
anesthesiologist … 麻酔専門医
も難しいネ!(というわけで覚えていない...)

高校時代に痛めた膝のけがについて。
*That injury dogged me for years.
− あのけがには長年付きまとわれましたよ。
ブログを dogged で検索した結果
Carlos is a dogged auditor,...
(カルロスは根気強い会計検査官で、)
(06/05/5・6 「ビジネス英会話」)
Past mistakes dogged him throughout his career.
(過去の過ちが彼の経歴にずっとついて回った。)
(2011年2月号「英語5分間トレーニング」の「今日の単語」)

個人的には、「けががつきまとう」といえばコレ。
A sprain can come back to haunt you for the rest of your life.
(ねんざはその後一生、何度も調子が悪くなることがありますからね。)
(1999年度「ラジオ英会話」)

12/11放送分
捜索救助隊員の仕事の大変さに言及されて
*It’s all in a day’s work.
それもみな仕事のうちですから
仕事だから当然」、という謙遜表現だそうですよ。
It must be stressful being the tour guide responsible for all these people.”
It’s all in a day’s work, really. And sometimes it’s even fun.”
(ジーニアス)
のような話の展開で使うようなので、
これも not likely ...。

12/12放送分
結婚60周年を迎えた夫婦、夫から妻への一言。
*Nellie means everything to me.
− ネリーは私の全てです
60周年で2人ともお元気ということも素晴らしい。
アツアツ表現一例
Susan thinks the world of you.
(スーザンはあなたのことが大好きなのよ。)
(10/03/07「英語5分間トレーニング」)
... now I realize you mean the world to me.
(つまり...今の私にはあなたが一番大切な人なの。)
(06/04/26・27 「英会話上級」)

You’re a match made in heaven!
− お二人は理想のカップルです!
金曜の More Info! で紹介された
You were meant for each other.
の方がなじみがあります。

今日の重点項目:5


「奥様は魔女」を見ていて、この単語って、こんな風にも使えるんだ、
と思うことがしばしばあります。
ダーリンが自分の顔を気にして、上司のラリーに質問します。
How would you describe the way I look, my physical appearance?
(僕の顔をどう思う?カッコいいかな)
ラリーの答えは
Well, you’re not the best looking guy in the world.
(世界一ハンサムとは言えないな)
But you’re presentable, I guess.
(だが、見られなくはない)
人前に出すのはオッケー、というレベル、かな。
You’re OK. とか You're not bad.
と言うよりも、ニュアンスがうまく出る感じ。
何度も習っているけど、自分では使ったことがないので、
まずはここからいこうかしら。
夫を表現するときにでも...。


去年の今頃、「ラジオ英会話
アツアツのポップコーン(it)を食べるときの
冷まし方のアドバイス。
Blow on it, like this.
(息をかけて、こうして。)
on がないと「吹き飛ばせ」になるのかな?

*Daddyさん、ありがとうございます!
posted by ラジ子 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

no 〜 is complete without

「実践ビジネス英語」

英語の勉強をする時間がある自分は、幸せ者だな〜!
(小さな幸せ見つけよう運動 by ラジ子)
自分をほめようキャンペーンも継続中。

12/5放送分
*It seems no graduation speach (中略) is complete without a ritual reference to passion.
− 卒業式での(中略)スピーチは、決まり事のように、
  情熱に言及することなくして終わることはなさそうですから。
ちょっと発想としては似てるんじゃないかと思うのが
can't do without doing(〜すれば必ず〜する)の形。
I can’t drink a drop without getting drunk.
(私、少し飲んだだけで酔っちゃうんです。)
(10/03/06「英語5分間トレーニング」)

*Now that’s what I call an original idea.
− いやあ、それはまさに独創的なアイディアですね
まさに、それだよ!と言いたいとき。
Now that’s what I call a movie!
(これこそ、映画の中の映画!)
(ジーニアス)
Now もつけた方がいいのかな?

気になる単語
crook … 詐欺師
pyramid scheme … ねずみ講
アメリカのニュースでは、
Ponzi scheme の方がよく使われていた気がする。
(最近、ニュースを聞いてないのでなんとも...)

12/6放送分
*I’m sure that would be a graduation speech to remember.
− それならきっと、卒業式のスピーチが記憶に残るものに
  なるでしょうね。
反対に忘れてもいいものなら to forget だそうで。(ヘザーさん)
ヘザーさんの説明にあった例文を利用するならば、
ヘッタクソな歌を聞いた後で、こう言ったりするのかな?
His song was one to forget.

I don’t think it’s as crazy an idea as it might sound at first.
− このアイデアは、最初聞いた時に受けるかもしれない印象ほど、
  突拍子もないものではないと思います。
might の持つ、婉曲性をヘザーさんは説明していましたが、
個人的には as crazy an idea as の語順を見て、
大学受験の問題集に載っていた、
語順に関する注意(as の後ろには形容詞か副詞がくる)を思い出した次第です。

*You strike me as someone who’s always excited about the task at hand, Paul.
− あなたは、いつも目の前の仕事にわくわくしながら取り組んでいる、
  という感じがします、ポール。
何度も復習しているのに、ちっとも使えてない表現。
この日も復習しています → 11/03/16・23「実践ビジネス英語」
何人かの友達を、これを使って表現してみることを今日の宿題としよう。


今日の重点項目:4


冒頭にメモした
nois complete without は前から気になる表現だったんですよ。
2000年度の「ラジオ英会話」に2回でてきます。
No week is complete without a drink at the agency watering hole.
(代理店連中の行きつけの飲み屋で一杯やらないと、一週間が終わった気がしないのよ。)
No week is complete without a trip to the laundry room, Edward.
(洗濯室に行かないと一週間が終わった気がしないんだよ、エドワード。)
ただ、week 以外はどうなんだ?という疑問が常にあったので、
今回 week 以外もアリと知ってスッキリ!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
You almost make me want to check into my local hospital to sample the haute cuisine.
(あなたの話を聞いていると、高級料理を試食するために、
地元の病院に入院したくなりそうですよ。)
sample が言えなくても、try tasting とか言って
正しく伝わればいいよね。
posted by ラジ子 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

icing on the cake

12/4「実践ビジネス英語」

Great Lakes が世界一働きがいのある会社に選ばれたそうです!
フィクションだけどね。

これからニュースを発表するので
Well, hold on to your hats: ...
− いいですか、びっくりしないでくださいよ
似たようなパターン
Are you sitting down?
(座っている?)
(13/04/02「ラジオ英会話」)
↑ は「これから言うことに、驚いて腰を抜かさないようにという忠告」、
とメモしてありました。

*・... this is icing on the cake.
− ご褒美をいただけたということですね。
icing on the cake … (必要ではないが、あれば楽しい)おまけ
That was the icing on the cake!
(それがなんといっても最高でした。)
(11/10/21「ラジオ英会話」)
↑ は More Info! の言い換え表現で、元の表現は
That was the best part!
(それがいちばん良かったんだ!)
(11/10/17「ラジオ英会話」)

*I think we can all give ourselves a well-deserved pat on the back.
− 皆、自分を褒めてもいいと思いますよ。
再帰代名詞のパターンが多いのでしょうか?
ダイエットに成功した知人に
You have to give yourself a pat on the back.
(これは自分をほめてやっていいよね。)
(12/01/16「ラジオ英会話」)

・..., did the poll indicate any particular reason why the group was voted tops?
− その調査は、うちのグループがトップに選ばれた理由を
  特に挙げていましたか。
tops … 最高の[で]
ヘザーさんもご説明の「最大でも」という意味の tops
You should only apply to eight colleges, tops.
(最高で、八校までしか願書を出しちゃいけないって。)
(2000年度「ラジオ英会話」)

・... our employees outshone other companies’ workers in terms of “ career passion.”
− わがグループの従業員は他社のどの社員より、
  「キャリアへの情熱」という点で勝っていた、...
outshine … より優れている(ジーニアス)
out シリーズのひとつで、ジーニアスによると
outclass と同じ。
過去形は outshone / outshined 両方可。

That was really gratifying for me to hear.
− そう聞いて、私は本当にうれしかったですよ。
gratifying … 喜ばしい、満足のいく
pleasing and satisfying ということ。(ロングマン)

staunch believer 固く信じている(人)
staunch … 揺るぎない、信念を持った
hard-core(筋金入りの、徹底した)が同意語、とブログにメモあり。
(10/12/16「実践ビジネス英語」)
久々のダジャレです!
須藤んち(staunch)の父ちゃん、筋金入りだぜ!
いくつになってもくだらないことを考えてしまう自分...。

気になる単語
accolade … 名誉、栄誉
red-letter day … 記念すべき日、祝祭日
↑ カレンダーに赤文字で示される、ということで、
日本のカレンダーの祝日と同じです。

今日の重点項目:2


「奥様は魔女」って、ラジオ講座をコツコツ勉強してきた人には
たまらん!番組です。

たとえば、
スティーブンス家の隣の美女のセリフの中で、
「私のせいでご主人が締め出されちゃったから
I had to feed him breakfast to make up for it.
(お詫びに食事を)」
と、埋め合わせをする make up for にさっそく再会したり、

かつて、さんざん練習した
Yes, it scared the living daylights out of me.
(そう、あれは心底こわかった。)
(06/06/14・15「英会話上級」)
を聞くことができたりするのです。

サマンサが
I’m gonna scare the living daylights out of her.
(彼女を脅かすの)
って言ってました。
Huluではシーズン1しか見られないんですけど、
また第一話から見直して、ラジオ講座で習ったことのある表現を
今度はメモしてみようかな〜と思っています。
月額980円、授業料としては安い!


去年の今頃、「実践ビジネス英語
After I underwent IV treatment, the stone eventually left my body naturally.
(私は点滴治療を受け、結局、結石は自然に体外へ出ました。)
腎臓結石、痛いらしいですね。
出ちゃうとウソみたいにケロッと治るとか。
posted by ラジ子 at 01:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

scale

「ラジオ英会話」

なぜ、今、「ラジオ英会話」でニュースなんだろう?
と思いつつ聞いてました。

12/2放送分
Linda Ray is at the scene.
− リンダ・レイが現場にいます
scene というと、私はコレを思い出す。
Mom, don’t make a scene!
(ママ、大声で騒がないで!)(09/09/10「ラジオ英会話」)

*Traffic is backed up for ten miles.
交通は10マイルにわたって渋滞しています

交通渋滞について話す時は、traffic jam さえ言えればなんとか伝わりそう。
バリエーション
Traffic was atrocious.
(渋滞がとてもひどくてね。)
(11/01/11「英語5分間トレーニング」)

Roads are treacherous due to the blizzard.
− 道路はブリザードの影響で危険な状態です
ブログ検索したら、ありました。
... our chief danger consists in the sly and treacherous manner in which the enemy approaches us.
(我々の最大の恐怖は、敵がずるがしこく先の読めないやり方で我々に近づいてくることにあります。)
treacherous … 不誠実な、裏切りをする
2011年5月「ラジオ英会話」のスーパーイソップ、
最大の恐怖は「ネコ」でした。

12/3放送分
*Was he apprehended?
− 彼は逮捕されたのですか?
I’m glad they nabbed him.
− 現場を押さえることができてよかったですね。
apprehend nab はどっちも「逮捕する」。
ポッドキャストニュースより
The police have nabbed a notorious Los Angels tagger who has left his spray paint’s signature all over that city.
(警察は町中にペンキスプレーで自分のサインを残した悪名高いLAの落書き男を逮捕した)

12/4放送分
Becky Norton was doing time for auto theft. Last night she scaled this security wall.
− ベッキー・ノートンは自動車窃盗で服役中でしたが、昨夜、
  この防御壁をよじ上りました
do time … 服役する
以前、「ビジネス英語」、学生のカンニングのビニェットで
do time が使われていたので、カンニングで do time の可能性も示唆していたのかも。

「ラジオ英会話」の「日本人女性、エベレスト最高齢登頂」
(12/10/22「ラジオ英会話」)というニュースで、
scale(登頂する)が使われていました。
「高くて急勾配のところを頂上まで登る」という意味がある(OXFORD)
のだそうですよ。

今日の重点項目:2


「ラジオ英会話」11月の最終週からも、メモしておこ。
11/25放送分
Drivers aged over 80 in New Zealand must have their health and eyesight certified by a doctor every two years.
− ニュージーランドでは、80歳を超えたドライバーは2年ごとに
  健康状態が良好で視力が十分なことを示す医師の証明書を得ることが
  義務づけられています。

決まった割合を表す場合は for every
"For every 100 dollars spent, get a free turkey."
(「100ドル買うごとに、七面鳥1羽を無料で」)
(13/11/05「ラジオ英会話」)
The school has one computer for every three students.
(その学校には3人の生徒に対して1台コンピューターがある。)
(07/06/25・26「英会話上級」)
学校でのパソコン使用、そろそろ1人1台の時代が来るらしいですよ。
時代は変わった!


去年の今頃、「ラジオ英会話
Leo, you’ve been caught red-handed.
(リオ、現行犯で捕まったんだよ!)
去年の今頃も誰かが逮捕されていたけど、これは、
アドベントカレンダーのチョコをこっそり食べて捕まった
「ラジオ英会話」ではおなじみのリオ君がでした。
posted by ラジ子 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

disconnectedness

11/28「実践ビジネス英語」

夕べもフィギュアスケートを見ましたが、羽入君、見事でしたね。
ちょっと詰めの甘い織田君もがんばってたな。

*No man or woman is an island.
人は、男性も女性も孤立しているわけではないのです
11/07/21「実践ビジネス英語」で聞くまで、
これを英語講座で聞いたことがなかったのに、一度聞きだすと
なぜか続くことが多い。
少なくともこれを入れて3回は「実践ビジネス」で聞いてます。

Many people feel a sense of disconnectedness because of our always-on-the-go society and disappearance of the traditional extended family.
− 私たちの社会が絶えず忙しく活動しているゆえに、
  多くの人が孤独感を覚えています。
disconnectedness(孤独)が
久々の「チートイツワード」だな、と思ってみたりして。(d s c n e)

「切り離す系」単語だと detach もありますよね。
意外なことに、講座からのメモがないので、過去のダイアログから。
Urban or suburban, kids seem detached from nature altogether.
(都会でも郊外でも、子供たちは自然からすっかり離れてしまっているようだよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
attach の反対なので detach なのです。
知ったかぶり〜!(know-it-all)

always-on-the-go … 絶えず活動している
ハイフンなしの on the go の英文
Even as interns, they behave like worker bees, constantly on the go to beat the clock on scheduled assignments.
(まだインターンなのにまるで働きバチのような習性があって、与えられた任務を定刻どおりに片付けようと、絶えず動き回っているのですから。)
(07/01/12・13「ビジネス英会話」)

*It helps when you can pick up cues from a person’s tone of voice, eye contact and even what clothes they’re wearing.
− 人の声の調子、まなざし、そして来ているものからでも、
  相手の意図をくみ取れる時には、そういうコミュニケーションは役立っていますよ。
pick up a cue … 手がかりを拾う、合図を理解する
今までは subtle cue で、on があるパターン。
I think he picks up on subtle emotional cues.
(微妙な感情のシグナルに気づいていると思う。)
(09/07/26「英語5分間トレーニング」)
I sometimes can’t pick up on the subtle cues ...
( ... 微妙な暗示に気づけないことがあるのです。)
(12/05/11「実践ビジネス英語」)
KY な人は、
He is bad at picking up cues from people.

今日の重点項目:2


相変わらず「温故知新勉強法」として、
10年以上前の「ラジオ英会話」のCDを聞いては
声に出しています。
最近学習した表現と「ラジこる」こともしばしばあって、
その中のひとつが前回のエントリーにメモしたこれ。
I’ll make up for it on Sunday.
(日曜日にその埋め合わせをするわよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)

あと、聞けば聞くだけ、
未だに新発見があるというのは、どういうことなのか...。
11/20「実践ビジネス英語」分のブログに
It’s been a couple of years since we’ve seen them.
(最後に会ってから、2年ほどがたちますからね。)
since の後ろがなぜ「現在完了形」なのか?
と書き込み、hiroさん
since + 現在完了」は米口語ですね。
と教えていただきました、
その節はありがとうございました!

そしたら、あったのですよ、1998年度のダイアログに!
It’s been so long since I’ve seen a musical.
(ミュージカルはずいぶん長いこと観ていないわ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
おぉ、なんてこと!
とっくに習っていたのね...。
まだまだ古きをたずねます。


去年の今頃、11/29「実践ビジネス英語」
ビニェットからじゃないんですけど
Jeff burned his bridge behind him when he filed a complaint against his boss.
(ジェフは背水の陣を敷いて、上司に対する苦情を訴えました。)
You’ll burn your bridge in front of you if you quit school now.
(今、退学したら、将来困ることになりますよ。)
自分の後ろにある橋を焼けば、もう戻れず、
自分の前にある橋を焼けば、進めない。
なるほどねぇ〜。
posted by ラジ子 at 12:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

just thinking about it

11/27「実践ビジネス英語」

もう感謝祭も終わって、次はクリスマス商戦でしょうな、
アメリカ〜!

*He says he’s going to make up for that at this year’s dinner.
− 息子は、今年の食事の時にその埋め合わせをするんだと言っていますよ。
↑ 損したものを取り戻す時の表現。
↓ こっちは謝る場合。
I’d like to make it up to you.
(埋め合わせをしたいのですが。)
(13/02/20「ラジオ英会話」)

widowed father 妻に先立たれた父親
2人のうち、どっちが長生きしたかを言いたいときに
survive とか outlive なんかも使用可能だと思うけど、
live longer than 〜 でも十分オッケーなわけですよね。

*My mouth is watering just thinking about it.
考えるだけでよだれが出ますね。
makes my mouth water.
っていう言い方もありますよね。
mouth-watering は「よだれの出そうな」「食欲をそそる」「魅力的な」
(テキスト)

「おいしそうじゃない」英文
That doesn’t sound very appetizing.
(それ(機内食)って、あまりおいしそうではないけど。)
(11/07/06「ラジオ英会話」)
Just the word “potluck” sounds unappetizing to me.
(〔ポットラック〕という言葉を聞いただけで、食欲がわかない感じがします。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

*just thinking about it → 考えるだけで
just がないけど、きっと意味は同じ ↓
I get butterflies in my stomach thinking about him.
(彼のことを考えるとドキドキしてくるのよ!)
(13/02/11「ラジオ英会話」)

Yes, technology to the rescue once again.
− そうです、またテクノロジーの出動です。
面白そうな表現なのでメモっとこ。

*It’s interesting how virtual connections are counterbalancing the trend toward a highly mobile society.
− 高度にモバイル化した社会に向かう風潮を、仮想のつながりが
いかにバランスを取っているかというのは、興味深いことですね。
counterbalance … 平衡させる、釣り合わせる、バランスを取る

バランスをとる英文
「縁起の悪い13日の金曜日」vs 「良いことがあるという星占い」
*Maybe they’ll cancel each other out.
(たぶん、帳消しってことだな。)
cancel each other out … 相殺する
(11/09/14「英語5分間トレーニング」)
many nations are beleaguered with the task of offsetting a dwindling workforce as the baby boom generation approaches retirement age.
(多くの国では、ベビーブーム世代が定年の年齢に近づくにつれて労働力が縮小し、それを埋め合わせるという仕事に頭を痛めています。)
offset … 埋め合わせる、相殺する
(07/10/29・30「英会話上級」)

今日の重点項目:5


この間、Youtubeで SNOOPY のアニメを見ていました。

子供向けアニメなのに、完全には理解できない自分にガッカリ...。
ま、それは置いといて、
1分12秒あたりで聞こえてくる
It’s raining cats and dogs, isn’t it, sir?
というセリフの rain cats and dogs を「ひさびさに聞いたなぁ」と思っていたら、
実は、そこがギャグにつながっていたこともあって、
やっぱりどんな silly old-fashioned expression でも、
知らないよりは知っている方がいいぞ!と思った私でした。


去年の今頃、11/28「実践ビジネス英語」
On the face of it, yes.
(表面上はそうです。)
表面上は」だと superficially が先に思いつくんですけど、
こっちの方が会話ではよさそうな気がする。(あくまでも仮定ね)
posted by ラジ子 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

at a measured pace

「実践ビジネス英語」

感謝祭のごちそう、一度食べてみたいな〜。
食べた後は運動しなくちゃいけないけど。

11/21放送分
*I make a point of going for a good walk the day after Thanksgiving.
− 感謝祭の翌日は、遠くまで散歩に出かけることにしていますよ。
ブログとしては久々の make a point of ですけど、
実践ビジネス英語は、本当にこの表現が好き。
日常的なことでなくても、「こうするって決めている」場合には
make a point of とか make it a point to
ですね。
Brian and I make it a point to use e-mail to talk about mundane, everyday stuff ...
(ブライアンと私は、(中略)日常生活のことには電子メールを使うことにしている)
(10/05/26「実践ビジネス英語」)

感謝祭の食事に招かれたら
*・... my advice is to eat slowly, sip your wine at a measured pace and stop eating when you start to feel full.
− 私からの忠告は、ゆっくり食べて、ワインは一定のペースでちびちび飲み
  お腹がいっぱいになったと感じ始めたら、食べるのをやめることです。
最後の忠告はごもっとも!
at a measured pace … 一定のペースで、ゆっくりしたペースで

ちびちび飲むと言えば、こんなのも ↓
When I’m at a party or a reception, I get one drink at the very beginning with lots of ice and nurse it all night.
(パーティーやレセプションの席では、私は氷がたくさん入った飲み物を最初に1杯もらって、その夜はそれだけをゆっくり飲みます。)
nurse … (時間をかけて)ゆっくり飲む、ちびちび飲む
(12/09/27「実践ビジネス英語」)

11/22放送分
We’ll lay on the full Thanksgiving Day spread for him.
− 私たちは彼のために、感謝祭のごちそうをテーブルいっぱい用意するつもりです。
lay on … (食事を)用意する
lay something on someone で「責任を人に負わす」(ヘザーさん)
アバの曲にあった「Lay All Your Love on Me(Youtube)」は
この意味じゃなさそう。(それにしても、ふる〜)

*Thanks to the technology, it’s easy to stay connected with family and friends no matter where they happen to be.
− テクノロジーおかげで、家族や友人がたまたまどこにいようとも、
  たやすく連絡を保つことができます。
stay connected with とか stay in touch with とか、これらは必須。
どこにいようと(no matter where you are)に happen to がついて、
本当にどんなとこにいても、access できてしまう感じが強調されている気がする。

It’s a good way to reinforce family togetherness.
家族の絆を深めるいいやり方です。
「家族の絆」でパッと思いつくのは family ties かな。

今日の重点項目:3


ただ今視聴中「奥様は魔女」は、エピソードごとに、
これも習ったな〜という表現が後から後から出てきて
覚えきれないほどです。
I'm as ready as I'll ever be.
というラジオ英会話でおなじみのセリフや、
All you need is a few knickknacks.
(小物を飾るといいわ)
と、さっそく11/14「ラジオ英会話」にでてきた knickknack をゲット。
以前、岩村先生の講座で習った
I don’t see much of her these days.
(最近、彼女をあまり見かけないわね。)
って、言いにくい表現だな〜と思っていたけれど、
Do you get to see much of your mother?
(お母様と会ってる?)
というセリフを聞いて、会話では普通に使われているんだな〜と
思いました。
50年前のドラマだけど...。


去年の今頃、11/26「ラジオ英会話」
... Napoleon was exiled to the South Atlantic island of Saint Helena ...
(ナポレオンが(中略)南大西洋のセントヘレナ島に流罪となっていた...)
日本のパフォーマー集団は、どうしてこういう名前をつけたのやら?
ホントかどうかわからないけど、ここに答えが → Yahoo 知恵袋
posted by ラジ子 at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。