2013年12月07日

disconnectedness

11/28「実践ビジネス英語」

夕べもフィギュアスケートを見ましたが、羽入君、見事でしたね。
ちょっと詰めの甘い織田君もがんばってたな。

*No man or woman is an island.
人は、男性も女性も孤立しているわけではないのです
11/07/21「実践ビジネス英語」で聞くまで、
これを英語講座で聞いたことがなかったのに、一度聞きだすと
なぜか続くことが多い。
少なくともこれを入れて3回は「実践ビジネス」で聞いてます。

Many people feel a sense of disconnectedness because of our always-on-the-go society and disappearance of the traditional extended family.
− 私たちの社会が絶えず忙しく活動しているゆえに、
  多くの人が孤独感を覚えています。
disconnectedness(孤独)が
久々の「チートイツワード」だな、と思ってみたりして。(d s c n e)

「切り離す系」単語だと detach もありますよね。
意外なことに、講座からのメモがないので、過去のダイアログから。
Urban or suburban, kids seem detached from nature altogether.
(都会でも郊外でも、子供たちは自然からすっかり離れてしまっているようだよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
attach の反対なので detach なのです。
知ったかぶり〜!(know-it-all)

always-on-the-go … 絶えず活動している
ハイフンなしの on the go の英文
Even as interns, they behave like worker bees, constantly on the go to beat the clock on scheduled assignments.
(まだインターンなのにまるで働きバチのような習性があって、与えられた任務を定刻どおりに片付けようと、絶えず動き回っているのですから。)
(07/01/12・13「ビジネス英会話」)

*It helps when you can pick up cues from a person’s tone of voice, eye contact and even what clothes they’re wearing.
− 人の声の調子、まなざし、そして来ているものからでも、
  相手の意図をくみ取れる時には、そういうコミュニケーションは役立っていますよ。
pick up a cue … 手がかりを拾う、合図を理解する
今までは subtle cue で、on があるパターン。
I think he picks up on subtle emotional cues.
(微妙な感情のシグナルに気づいていると思う。)
(09/07/26「英語5分間トレーニング」)
I sometimes can’t pick up on the subtle cues ...
( ... 微妙な暗示に気づけないことがあるのです。)
(12/05/11「実践ビジネス英語」)
KY な人は、
He is bad at picking up cues from people.

今日の重点項目:2


相変わらず「温故知新勉強法」として、
10年以上前の「ラジオ英会話」のCDを聞いては
声に出しています。
最近学習した表現と「ラジこる」こともしばしばあって、
その中のひとつが前回のエントリーにメモしたこれ。
I’ll make up for it on Sunday.
(日曜日にその埋め合わせをするわよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)

あと、聞けば聞くだけ、
未だに新発見があるというのは、どういうことなのか...。
11/20「実践ビジネス英語」分のブログに
It’s been a couple of years since we’ve seen them.
(最後に会ってから、2年ほどがたちますからね。)
since の後ろがなぜ「現在完了形」なのか?
と書き込み、hiroさん
since + 現在完了」は米口語ですね。
と教えていただきました、
その節はありがとうございました!

そしたら、あったのですよ、1998年度のダイアログに!
It’s been so long since I’ve seen a musical.
(ミュージカルはずいぶん長いこと観ていないわ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
おぉ、なんてこと!
とっくに習っていたのね...。
まだまだ古きをたずねます。


去年の今頃、11/29「実践ビジネス英語」
ビニェットからじゃないんですけど
Jeff burned his bridge behind him when he filed a complaint against his boss.
(ジェフは背水の陣を敷いて、上司に対する苦情を訴えました。)
You’ll burn your bridge in front of you if you quit school now.
(今、退学したら、将来困ることになりますよ。)
自分の後ろにある橋を焼けば、もう戻れず、
自分の前にある橋を焼けば、進めない。
なるほどねぇ〜。
posted by ラジ子 at 12:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする