2014年01月26日

be more than happy to

「ラジオ英会話」

音楽関連のイディオムを普通の会話に突然入れ込むのは
ちょーっと不自然な気がするので、自分は聞いてわかればよし、ぐらいで。

1/20放送分
誕生日パーティーの打ち合わせ中。
We’ll need a birthday cake, and balloons, and all that jazz.
− バースデーケーキに、風船に、そうしたあれこれが必要になるわ。
and all that jazz … そうしたあれこれ、なんたらかんたら
似たような表現に
the whole kit and caboodle … 何もかも、一切合財
(09/10/07「ラジオ英会話」)
なんていうのもありました。

Baking is not my forte.
− 焼くのは得意ではないのよ。
forte … 得意なこと、十八番、長所
piano に逆の意味があるかと言えば、そうでもないらしい。

*I’d be more than happy to provide drinks.
− 飲み物なら喜んで準備させていただきます
2009年12月「入門ビジネス英語」Business Vocabuilding
If worse comes worst, you can always call me.
I’ll be more than happy to help you
.
(もし最悪の事態になった場合には、いつでも電話してください。
喜んでお助けいたします。)
more than がなくてもイケると思うけど、
入ると一歩上行く感じ。

1/21放送分
普通の日常会話。
I’m fiddling around in the kitchen.
− 台所でだらだらしているわ。
「だらだらする」表現は1/24のMore Info!でも紹介されていました。
よろしければ、10/05/04ブログの「ぶらぶらする」表現もどうぞ。

I don’t mean to sound like a broken record, ...
壊れたレコードのように同じことを言うわけではないけれど、...
若い人には通じない可能性もある。

*Help me get rid of all the junk that’s sitting around.
そこら中に散らかっているがらくたの処分を手伝ってほしい。
sit around にも「だらだらする」という意味があるけど、
ここの around は「あちこちに」の意味。

1/22放送分
ミュージカルのオーディションを終えた人と友人の会話。
You had great stage presence.
舞台での存在感がとてもあったよ。
東方神起のステージを見たりすると、すごくコレ感じる。

My hands were shaking, and my stomach was in knots.
− 手は震えていたし、胃はキリキリしていたのよ。
遠山先生の講座で習った「緊張表現」
I’m shaking like a leaf.
(私、ぶるぶる震えているわ。)(12/02/07「ラジオ英会話」)
My heart is racing.
(心臓がドキドキしています!)(12/02/10More Info!)
When I think about it my stomach starts churning.
(考えただけで胃がかきむしられる感じ。)
(06/08/4・5「英会話上級」)

Well, you nailed it!
− とにかく、やったね
決めたね!みたいな感じ。
10/09/14「ラジオ英会話」では、就職が決まった人に
You nailed it!
(やったんだね!)
と声をかけていました。

1/23放送分
プロムに行きたくないボーイフレンドに、ほかの男性から誘われたことを言えば
He’ll change his tune.
態度をガラッと変えるよ。
change one’s tune … (態度・論調などを)ガラッと変える
普通の会話なら tune でなく attitude でいいのでは?

プロムに誘ってもらって
That’s music to my ears!
− その言葉うれしいわ
先週は、モーツァルトの音楽を聴いて
This music is pleasing to the ear.
(この音楽は耳に心地よいね。)
というセリフがありました。

今日の重点項目:2


またまた「予備知識がないとドラマが理解できない」と思った件。
Snoopy って日本でも人気がありますよね。
Snoopy のマンガのエピソードに、チャーリーブラウンがルーシーにだまされて、
フットボールを蹴りそこなう、という定番ギャグ?があります。

これを知らないと理解できないセリフが「Ugly Betty」にあったんです。
And Lucy’s actually gonna let Charlie Brown kick the football, right?
You’re not fooling me, Alexis
.
(チャーリー・ブラウンは毎回だまされる
僕はもうだまされないぞ 兄貴)
直訳すると、
「ルーシーがチャーリー・ブラウンに実際にフットボールを蹴らせるだって?」
その心は「ありえない」ってとこかな?
スヌーピー好きがこんなところで役立つとはね〜。(ご満悦!)


去年の今頃、1/17「実践ビジネス英語」
I guess we were all taught not to take a long lunchtime.
(昼休みを長く取らないようにと、わたしたちはみんな教えられましたよね。)
私の場合、
I was taught not to leave food served on my plate.
外食だとどうしても残せない...。


posted by ラジ子 at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。