2014年01月30日

go to the extreme of

「実践ビジネス英語」

私も何年か前、インフルエンザになった時は、本当にしんどかったな...。
英語どころじゃなかった。

1/23放送分
But then one year I was hit by a doozy of a flu bug that laid me low for close to three weeks.
− ところがその後、ある年ひどいインフルエンザウイルスにやられて、
  3週間近く寝込むはめになったのです。
one year が「ある年」だったとは気づかず。

a doozy of
… (程度が)はなはだしい〜
This storm is doozie!(この嵐はものすごいね!)
(13/07/10「ラジオ英会話」)
1998年「ラジオ英会話」にもあった!
The first drop was a doozy!
(あの最初の落下はさすがだったね!)
doozy … 抜群のもの、傑作
この時は、ジェトコースターの落ち方がバツグンだった。

lay someone low … (人)を弱らせる[病床に伏させる]、(人)を打ち倒す
... all it takes is a new strain of bug to lay us low.
(新種の病原菌が出現しただけで、社会が機能不全に陥るのです。)
(10/05/13「実践ビジネス英語」)
bug との関連で使われることが多いかも。(あくまでも推測)

We have to operate in an always-on, 24/7 environment.
− 私たちは、常にスイッチが入っていて常時活動している
  環境下で動かなければなりませんから。
always-on はお初。
always-on-the-go っていうのなら、学習済み。
Many people feel a sense of disconnectedness because of our always-on-the-go society and disappearance of the traditional extended family.
(私たちの社会が絶えず忙しく活動しているゆえに、多くの人が孤独感を覚えています。)
always-on-the-go … 絶えず活動している

The name of the game is definitely prevention.
肝心なのは、何といっても予防することですよ。
Change is the name of the game.
(変える、がキーワードなんです。)
(07/04/9・10「英会話入門」)
game って意外と守備範囲が広い。
..., so we can stay on top of our game.
(このままの絶好調を保てるように、...)
(14/01/08「実践ビジネス英語」)

1/24放送分
*I was surprised to learn how hard it is for many people to get into that healthy habit.
− でも、この健康によい習慣を身につけることが、多くの人にとって
  いかに難しいかを知って驚きました。
1998年度「ラジオ英会話」では、1日150回の腕立て伏せも
Well, once you get into the habit, it’s a cinch.
(一度習慣になってしまえば、朝飯前ですよ。)

手洗いについて
*That’s a second nature to me.
− 私の場合は当たり前になっていますよ。
ラジオ英会話」で復習したばかり。

I’ve heard that some hospitals are even going to the extreme of hiring hand-washing coaches.
− 手洗いのコーチを雇うという極端な手を打った病院まである、と聞きました。
ほかの行き過ぎ表現
But we don’t go overboard.(でも、そんなに夢中にはならないけど。)
(07/05/23・24「英会話上級」)

今日の重点項目:2


今日のアグリー・ベティのコーナー(開き直った)
ベティが働いているミード出版は、ミード家が所有する会社。
ミード家の息子であり上司でもあるダニエルのためだけでなく、
ダニエルの母クレアのお世話まで任されて、あくせく働くベティに向かって、
親友のクリスティーナが言ったセリフ。
When was the last time you had a Meade-free night?
(ミード家抜きの日は?)
Meade-free とは、面白い表現!
ほにゃらら-free は、自分のアレンジでけっこう使えそう。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
But you didn’t go cold turkey on email (中略), right?
(でも、メールをいきなりすっかりやめていたというわけではありませんよね。)
これ、使えたら、ちょっとカッコいいな。


posted by ラジ子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。