2014年07月11日

selective

「実践ビジネス英語」

pseudonym (ペンネーム、偽名) のスペルを覚えるのは
むずかスードゥ...。

あ、あのー、
ダジャレとしては nym は未処理だし、何の役にもたたない文章ですんません。(汗)

7/3放送分
*I go to the kitchen and I blank out.
− キッチンに行くと、頭の中が真っ白になります
あらやだ、私もよく経験します、コレ。
「頭の中が真っ白になった」で、
My mind went blank.
なんていうのもあったな。

*One interesting thing is how selective memory is.
− 一つ面白いのは、記憶は非常に選択的であるということです。
a selective memory で「都合のよい記憶」(ジーニアス)
そのココロは → 自分に都合のよいことだけ覚えていること
そして、それは、ズバリ私の記憶力傾向。
We’re very selective about what we let the children watch.
(子供に何を見せるかに関しては私たちはとても選択的だ)(ロングマン)
                       ↑ うまい日本語が見つからない

*Our brains filter out or discard various bits of information for all sorts of reasons.
− 私たちの脳は、さまざまな情報をいろいろな理由で
  ふるいにかけて取り除いたり廃棄したりするのです。
大事なものを残し、不要なものを捨てる!
It filters out traffic noise and other urban sounds that can disturb your sleep.
(通行車両の騒音など、あなたの眠りを妨げかねない都会の音を取り除いてくれます。)
(14/03/20「実践ビジネス英語」)

7/4放送分
I recently read about a study that found people who consume a lot of trans and saturated fats and simple carbohydrates do much more poorly in the memory department than folks who eat more whole grains and good fats.
− 私が最近読んだある研究結果によると、トランス脂肪酸や飽和脂肪酸
  そして単純糖質をたくさん摂取する人は、精白していない穀物や良質の脂肪のほうを
  多く食べる人よりも、記憶力の分野でかなり劣るとのことです。
この文章、ブログ最長記録かも。
これだけ長く書いて、気になったのはこれ。
* do poorly … 結果が悪い、良くない
Jana’s doing poorly in school.
(ジャナは学校の成績が悪い)(ジーニアス)

saturated trans fat が含まれる英文。
..., and they are probably saturated with trans fats .
( ...、たぶんトランス脂肪まみれだから。)
(07/05/4・5「英会話上級」)
だから、食べない方がいい、という内容だったのかな?

*And I’ve heard that drinking too much alcohol can interfere with memory.
− それに、アルコールを飲みすぎると記憶力に支障をきたすことがある、
  と聞いたことがあります。
ブログ2回目のメモ。
We don't want to interfere with that curriculum.
(私たちはこうしたカリキュラムに干渉するつもりはありません。)
(06/04/24・25 「ビジネス英会話」)
アルコールと記憶力の件は、夫に、しかと伝えねば!

今日の重点事項:4


heartening(心強い、励みになる)って単語ありますよね、
ビジ英からもメモしています。
イギリス出身の ALT と話していた時のこと、
同僚の ALT を含め、彼の周囲には、
わりと多くのイギリス出身者がいるという話題になり
It must be heartening to know there are some people from Britain around here.
みたいなことを言ったんですよ。
そしたら、”heartening... heartening...” とブツブツ言いながら、
「うーん、その単語、ほとんど使わないな。」(← 急に日本語でソーリーソーリー)
と、英語で言ってました。(いちおう、やりとりはすべて英語)

出たーーーっ、久々の「それ普段使わないよ」攻撃!
普通に You must be happy to know とか relieved to know
程度の方が、良かったのかも?
もう、英語の試験を受ける予定もないし、
普通の日常会話がスムーズにできればいいから、(← それでさえ苦戦中)
「聞いてわかればいいカテゴリー」と「自分で使うカテゴリー」を
もっともっとガッチリ分けていこう、と思った moment でした。
やっぱり使い分けって、難しいな〜。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
Steve is the epitome of a digital native.
(スティーブはまさにデジタル世代です。)
自分が言うなら good example で十分そう。


posted by ラジ子 at 12:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。