2014年11月29日

sound hollow

「実践ビジネス英語」

芸能人の謝罪会見も多いですよね。
別に不倫とか離婚でメディアで謝られてもなぁ、迷惑かけられてないしなぁ。
服装や髪形は地味めにとか、ああいうのにもアドバイザーがいそうです。

11/20放送分
*・... I think it’s part of human nature for people to take a kind of pleasure in hearing bad news that doesn’t affect them personally.
− ... 自分自身には影響を及ぼさない悪いニュースを聞くことに、
  人が一種の喜びを感じるのは、人間性の一面だと思います。
それが human nature なのか。

take pleasure iningpride といっしょに覚えると便利かも。
We take great pride and pleasure in having him join our team.
(彼をこのチームの一員として迎えることは
私たちにとって大きな誇りであり、喜びでもあります。)
(11/06/01「実践ビジネス英語」)

11/21放送分
*As you may know, Japanese companies are pretty big on apologies.
− ご存じかもしれませんが、日本の会社は謝罪をかなり重要視します
be big on … 〜を重視する、〜が大好きである、〜に熱心である
「重視する」という意味は初めて。
謝罪が大好き、じゃ、ヘンだと思ったよ。
he was never big on what he calls “book learning.”
(彼はいわゆる「机上の学問」が大好きなわけではなかったからね。)
(08/03/11「徹底トレーニング英会話」)

Crisis consultants in Japan say you should bow at 35 degrees when offering a formal public apology.
− 日本の危機管理コンサルタントが言うには、正式に公に向けた謝罪をする時は、
  35度のおじぎをしなければなりません。
bow atdegrees で、おじぎの角度はオッケー。

apology offer 以外に make との組み合わせもあり。

儀式化された謝罪は気をつけないと
*・..., your words can sound hollow ...
− こちらのことばがそらぞらしく聞こえて、...
sound hollow … そらぞらしく[うつろに、取って付けたように]]聞こえる
「取って付けた」つながり
Stop your empty compliments.
(取って付けたようなお世辞はためてくれ)
(プログレッシブ)
hollow empty はカラッポ仲間。

*Reputations and relationship can be seriously compromised.
− 評判や関係がひどく損なわれる可能性があるのです。
久々に聞いた気がする「損なう・危うくする」の compromise

Yet, it’s amazing how many people seem to think they’re get-out-of-jail-free cards.
− そういった言い回しを、自分を苦境から救い出してくれるものと、
  非常に多くの人が思っているうように見えるのは、驚きです。
Monopoly をやったことがある人なら、見たことのあるカード。
釈放カード.jpg

Just trot them out and all will be forgiven.
− それを得意げに持ち出しさえすれば、すべてが許されるだろう、
  と思っているようなのです。
trot out … (古びた文句など)を得意げに持ち出す
見せびらかす、という意味もあるらしく flaunt と同意と、
07/04/18・19「英会話上級」のエントリーに書いてありました。

今日の重点項目:4


11/27「ラジオ英会話」の「英会話文法」で
Mr. Manabe is as fine a teacher as Mr. Shirabe.
(真鍋先生は白部先生と同様に立派な教師です)
を聞いて、かつてブログでもチェックしたことを思い出しました。
I don’t think it’s as crazy an idea as it might sound at first.
(このアイデアは、最初聞いた時に受けるかもしれない印象ほど、突拍子もないものではないと思います。)
(13/12/06「実践ビジネス英語」)
as の後ろには形容詞か副詞がくるんですよね。
学生時代に習ったっけな?
授業中、寝てたかな(汗)


去年の今頃、「実践ビジネス英語
We Canadians observe that holiday on the second Monday of October.
(私たちカナダ人は、10月の第2月曜日にその祝日を祝うのです。)
ヘザーさんご説明の
observe の祝い方には celebrate にない重みがある」
とか、fare の説明で
Italian fare はイタリア料理 という意味」
は、読み返して「ほー」と思いました。
(要するに忘れていた...)
posted by ラジ子 at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

free-for-all

「実践ビジネス英語」

覚えにくいイディオムが多かった。

11/19放送分
It seems like hardly a day goes by without some top executive having to eat humble pie.
− どこかのトップ管理職が自分の過失をわびることのない日は、ほとんどないようです。
hardly a day goes by without … 〜なしで過ぎる日[がない日]はほとんどない
ヘザーさんご紹介の
not a day goes by の方がわかりやすい。
Not a day goes by but I think of dear old Larry.
(なつかしいラリーを思わない日はない)(ロングマン)

* eat humble pie … 屈辱を味わう[甘受する]、おそれいってわびる
同意表現
swallow one’s pride … プライドを捨てる、恥を忍ぶ
(11/03/04「実践ビジネス英語」)

culpability … 過失[責任]があること
culprit(犯人、被告人)と語源が同じ可能性が高いな。

11/20放送分
So let’s have a free-for-all brainstorming session about public apologies.
− では、公式の謝罪について、忌憚なく自由なブレインストーミングをしましょう。
free-for-all … 制約なしの[忌憚のない]
ヘザーさんの説明で思い出した free-for-all なもの → Running of the Brides
制約なしっていうか、なんでもアリっていうか。

We need to strategize about this before a crisis blows up in our face somewhere down the road.
− 将来いつか、不意に危機に陥って私たちが面目を失う前に、
  謝罪について戦略を練っておく必要があるのです。
strategize … 戦略[作戦]を練る
strategystrategizeという変化方式は
apologyapologize とか energy energize と同じ。

blow up in someone’s face … 急に悪い状況になって(人)の面目をつぶす
ジーニアスの訳では「〈計画などが〉突然つぶれて〈人〉の面目をつぶす」
One of his deals had just blown up in his face.
(彼の取引のひとつが急に悪い状況になって彼は面目を失った)(ロングマン)

Why is everyone suddenly falling all over themselves to confess their sins to the world at large?
− なぜ、だれもが突然、広く世間に向かって
  自らの過ちを告白することに躍起になっているのでしょうか。
fall all over oneself … 躍起になる、一生懸命になる、必死にがんばる
ヘザーさんの説明によれば、
なんどもあちこちで転びながら(fall all over)がんばる感じ?
all がなくてもいいらしい。
People were falling over themselves to help her.
(人々は彼女を助けるために躍起になった)(ロングマン)

Everyone’s under the microscope.
− だれもが詳細に調べられているのですよ。
類似?表現
examine under a microscope … 顕微鏡で調べる
(08/08/06「実践ビジネス英語」)

今日の重点項目:1


【フレンズ】
使えそうな単語をシチュエーションといっしょに覚えるべく、
ちょいちょい拾っています。

たいして興味のない女性と一晩過ごした後で、自分にその気がないことを、
その女性にうまいこと伝えてほしいとレイチェルに頼む図々しいジョーイ。
「それとなく分からせてよ」
friends lay the groundwork.PNG
Just casually slip it in, you know, lay the groundwork.
最終的には自分から振るけど、下準備をしておいてくれ、ってことかな?

We’re laying the groundwork for shipping your order.
(御社の注文品の出荷準備を進めているところです。)
(10/02/08「入門ビジネス英語」)
lay the ground work for 〜 … 〜の下準備をする、〜の基礎をつくる

思惑とは逆に、最後はその女性に振られてしまったジョーイ。
そしてジョーイをなぐさめるフィービー。
「ジョーイにはもっといい女がいる」
friends you're too good.PNG
Hey Joey, you know what, you’re way too good for her.

思いが伝わる英会話―遠山顕の英会話中級 (NHK CDブック) [単行本] / 遠山 顕 (著); NHK出版 (刊)
↑ の本では、サチとエミがケンカしてサチはエミを無視。
↓ は悲しみに沈むエミのセリフ。
Sachi decided that she’s too good for me.
(彼女、私にはもったいないって決めたみたい。)
人間関係のトラブルで使えそう。
でも、実際にはあんまり使いたくないセリフだな〜。


去年の今頃、「ラジオ英会話
I need to tighten my belt.
(財布のひもを締めないと。)
belt イディオムだと
under one’s belt … 所持して、身に着けて
っていうのもあったな。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

Doggone it!

「ラジオ英会話」

最近、予約投稿しているので、季節ネタを書くと
予約した時と投稿された時とで、ビミョーにずれている場合がありますが、
それもあじわいということで(汗)。

11/17放送分
*The kitty just pounced on something.
− キティが今何かに飛びついたよ。
something cockroach でした。(ひょえー!)

pounce on jump on との入れ替えも可。(More Info!)
英語学習者的には、このシチュエーションだと現在完了形を使いたくなるけど、
過去形でじゅうぶん伝わるんですね。

こういうもの↓にも pounce on を使う。
You should pounce on this opportunity.
(この機会は逃したらだめだ)(ジーニアス)

11/18放送分
*I’ve been reading up on cat behavior.
− 私、このところ猫の行動について調べているの。
I’m reading up on some classes that are offered here.
(ここで受けられるコースについて、すこし読んで調べているの。)
(09/09/15「ラジオ英会話」)
↑ の日に、いいことが書いてあったので再掲
「何かにくわしい」up on
bone up on 〜 … 詰め込み勉強をする(07/04/16・17「英会話上級」)
be up on 〜 … 〜に精通している、よく知っている(06/09/15・16「英会話上級」)
catch up on 〜 … 流行・情報などに精通する、遅れずについていく

*Cats are programed to hunt and capture their prey.
− 猫は獲物を探して捕まえるようにプログラムされているのね。
類似表現
Our bodies are designed to store calories when there’s lots of food available.
(私たちの体は、食べ物をたくさん取り込めた時は、カロリーを蓄積するようにできています。)
(13/12/25「実践ビジネス英語」)

子猫が捕まえた cockroach を子犬が食べたので
I wouldn’t want Rocky eating any of Hunter’s prey.
− ロッキーがハンターの獲物を食べるなどということはあってほしくない。
自分の脳は want Rocky to 〜 と言うように program されているので
want Rocky 〜ing はピンと来ない。

11/19放送分
Do you mean to say that Hunter could befriend a bird?
− ハンターが鳥と友達になれるかもしれないということ?
( He ) had befriended a Swedish couple, ...
(スウェーデン人カップルと意気投合して...)
(2009年、実践ビジネス英語9月号の巻末エッセイから)
反意語は defriend だと思うけど、SNS限定用語かな?

バッジーというインコの一種は
*It has the ability to mimic human speech.
− 人の言葉をまねる能力があるの。
copy との入れ替えも可。(More Info!)

人間がやる物まね表現はこっち↓らしい。
He’s good at doing impressions.
(彼はものまねがうまい。)
(11/12/18 「英語5分間トレーニング」)
こんなの↓もあった
Swindlers use techniques, ranging from verbal bullying to impersonating authority figures, to part seniors from their money.
(詐欺師たちは、言葉の脅しに始まり権威者をかたることまで、さまざまなテクニックを使って高齢者たちにお金を出させるのです。)
impersonate … (〜の)振りをする、(〜を)演じる
(06/12/15・16「ビジネス英会話」)

11/20放送分
*Remember we shouldn’t show favoritism.
えこひいきをしないということを忘れないように。
They’ve always favored her!
(2人はいつでも彼女がかわいいのよね!)
(13/04/08「ラジオ英会話」)
  ↑ この日に他の「えこひいき」表現もまとめてあります。

Well, doggone it!
− もう、悔しいぜ!
Doggone it! … 憎たらしい!ああもう![悔しさを表す表現](テキスト)
犬でダイアログのオチをつけたりするあたりが、さすが遠山先生!

今日の重点項目:5


【フレンズ】
子供の頃、自転車を買ってもらえなかったフィービーを
不憫に思ったロスが彼女に自転車をプレゼントしたのですが、
どうやら乗らずに押しているだけらしい、と聞きます。

「(自転車を)押してたの?2回とも?」
friends walk the bike.jpg
Wait a minute. She was WALKING the bike? Both times?

自転車を歩かせる → 自転車を押す
犬を散歩させるのと同じイメージなんだなぁ。

実は自転車に乗れなかったフィービーでしたが
試練(?)を経て乗れるようになりました。
「恐怖を克服したのは君なんだ」と熱い感じでほめるロスに向かって

クサイわね 教育番組みたい」
friends corny.jpg
Don’t be so corny, Ross.
It’s not an after-school special
.

こういう時に corny か、というわけでメモ。
松岡修三さんのコメントなんかは corny ちっくなのかもしれない。


去年の今頃、11/14「実践ビジネス英語」
I admire your positive, forward-looking attitude.
(あなたの積極的で前向きな姿勢に敬服します。)
こういう姿勢、いいね!

*Daddyさん、ありがとうございます。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

bristle

11/13「実践ビジネス英語」

寒くなってきましたな。

*Sometimes giving advice can be counterproductive.
− 時には、助言を与えることが逆効果を招く場合もあります。
その他 counterproductive なケース
But I think overly strict workplace dress codes can be counterproductive and are a sign of a lazy, knee-jerk management style.
(とはいえ、職場の服装規定が厳しすぎると、逆効果になりかねませんし、
それは、安易で思慮に欠ける経営スタイルの表れではないでしょうか。)
(11/07/07「実践ビジネス英語」)

動詞の類義語
That might help a firm’s bottom line, but it can sometimes backfire, creating a bad impression and eroding customer loyalty.
(そういうやり方は企業の利益に寄与するかもしれませんが、悪い印象を与えたり、顧客の支持を徐々に失ったりして、時には逆効果になりかねません。)
backfire … 逆効果となる
(09/02/05「実践ビジネス英会話」)

今さらながら、子供への「勉強しなさい」も
counterproductive だ(った)と思う。

I bristle when somebody comes over all superior and tells me in no uncertain terms that I should do something.
− 私がムッとするのは、だれかが偉そうにして、あなたはこうすべきだと
  ずけずけ言う時です。
bristle … (怒りなどで毛が)逆立つ、いらだつ、憤然とする
お初。
怒り関係の動詞
You don’t resent my moving us out here, do you?
(ここに引っ越してきたことに腹を立ててないよね?)
(06/12/18「徹底トレーニング英会話」)
exasperate(憤慨させる)っていう動詞もありますが、
be exasperate で「怒る」という表現の方が普通らしいです。

come over all superior … 偉そうにする
偉そう関連
To me, that’s patronizing and pretty offensive.
(私には偉そうな感じで、かなり不愉快です。)
(11/02/24「実践ビジネス英語」)
you might think you’re being caring and solicitous but you run the risk of coming across as patronizing and condescending.
(自分では親身になって気遣っているつもりでも、偉そうで恩着せがましいと思われてしまうかもしれません。)
(10/02/19「実践ビジネス英語」)

in no uncertain terms … ずけずけと、はっきりと、単刀直入に
very clearly と同じ意味。(テキスト)
不確か(uncertain) + じゃない(no) = はっきり の図式。

*I dislike the preachy tone of some advice, no matter how well-meant it is.
− 私が嫌いなのは、たとえどれほど善意にあふれていても、
  時として助言にある説教じみた口調です。
well-meant … 善意の、善意から出た
たいがい、「善意からではあるのだけれど...」という流れあり。
I know people who come into work sick usually mean well, but they’re actually putting everyone else at risk.
(病気のまま出勤してくる人は、大抵、迷惑をかけるつもりなどないのは
わかりますが、実際にはほかの人たちを危険にさらしているのです。)
mean well … よかれと思ってする、悪気はない
(14/01/29「実践ビジネス英語」)

*That’s a lesson I took to heart thanks to my mentor’s advice.
− それは、メンターの助言のおかげで、私が肝に銘じた教訓です。
その教訓とは
Never pass up a chance to learn.
(学ぶ機会を決して逃がすな。)

take to heart は、頻出の割に、自分の中で定着していない表現...。
I’ll take what you’ve said to heart.
(あなたがおっしゃったことを肝に銘じておきます。)
(12/05/31「実践ビジネス英語」)

It’s a question of tact, when you come right down to it.
− つまるところは、気配りの問題ですよ。
tact が「気配り、機転、如才なさ」
副詞
You’ve got to do that tactfully, however.
(でも、それはうまくやらなければいけませんね。)
tactfully … 如才なく、気配りして
(10/02/19「実践ビジネス英語」)
私の場合、そもそも「如才ない」って言葉、日本語でも使わないな...。
そういう言葉を外国人の口から聞いたら、驚くね。

今日の重点項目:3


【フレンズ】
昔、彼女が太ったという理由だけで別れたチャンドラーが、その彼女に謝ります。

今さらだが謝りにきた
friends long overdue.jpg
I owe you a long overdue apology.

聞き取れたのは、遠山先生のおかげです。
You know, you’re long overdue for a vacation.
(ねえ、あなた休暇をずっと取っていないわよね。)
be long overdue for 〜 … とっくに〜しているべきである、〜の時期をとうに過ぎている
(11/06/27「ラジオ英会話」)
遠山先生の講座では、別のダイアログでも使われています。
聞いててよかった!


去年の今頃、11/13「実践ビジネス英語」
Keeping up with younger workers who grew up texting, microblogging, using social network services and playing videogames is a never-ending challenge.
(携帯メールをしたり、ミニブログに投稿したり、(中略)しながら育ってきた
若手社員たちについていくのは、終わりなき挑戦です。)
「〜しながら育つ」という言い方、けっこう便利なんじゃないかな?と思う。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

give 〜 an out

11/12「実践ビジネス英語」

たしかに、ネットなんかでも「〜のために知っておくべき10のこと」みたいな
アドバイス、多いな。

・... my guess is that Jim has received scads of advice from all and sundry.
− ジムはあらゆる人からたくさんの助言を受けてきたのではないかと思います。
scads of … たくさんの
09/09/10「実践ビジネス英語」のDaily Quiz に
a bunch of との入れ替えで登場していたようです。

from all and sundry … ありとあらゆる人から
ちょっと正式でちょっと古い表現。(ヘザーさん)

sundry つながり
... heart trouble, lung tumors and sundry other infections
(心臓病や肺腫瘍、それにさまざまな感染症)
(06/05/19・20 「ビジネス英会話」)
sundry expenses費、もろもろの費用
(08/02/18・19「ビジネス英会話」)

とっくに本人がわかっていることを、訳知り顔で言ってくれるな。
*It doesn’t do any good to tell people with back problems to lose weight, for example.
− たとえば、腰痛がある人に減量しなさいと言っても、何の助けにもなりません
not do any good(役に立たない) は、久々に聞いた気がするので復習。
That won’t do you any good.
(それはまるでいいことなし。)
(08/01/18・19「英会話入門」)

ここでは back problem で「腰痛」。
腰痛とか、持病の悪化表現を思い出しました。
It’s acting up on me again.
(また腰の調子が悪くてね。)
(「徹底トレーニング英会話」) ← 日付はわかりません

*I think advice is overrated.
− 助言というものが過大評価されていると、私は思います。
逆に、ドイツのバンベルグという町は
actually it's one of the most underrated tourist destinations in Europe.
(実はヨーロッパで最も過少評価されている観光地のひとつですよ。)
(06/07/14・15「英会話上級」)

「過大評価」は think too highly of でもいいかも。

*Advice comes in all sorts of shapes and sizes.
− 助言と言っても、さまざまな種類があります
普通なら商品の品ぞろえに使うところ。
Yes, they came in all shapes and sizes, didn’t they?
(ええ、いろんな人たちがいましたよね。)
(11/04/27「実践ビジネス英語」)
↑ 「人」にも使ってました。

*unsolicited advice頼みもしない助言
unsolicited で「求められていない、おせっかいな」、
求めていないうえに、当人のところに届いてしまう。
It always riles me when my mailbox is full of unsolicited flyers and the like.
(家の郵便受けが勝手に送られてくるチラシなどでいっぱいになっているのは、
いつだって不愉快なものですからね。)
(10/04/22「実践ビジネス英語」)
unsolicited resumes自発的に送られてくる履歴書
(12/08/30「実践ビジネス英語」)

That gives me an out if I find myself in need of advice further down the road.
− このようにすれば、将来助言が必要な状況になっても、
  助言をもらえる道を残すことになりますからね。
give someone an out … (人)に言い訳[逃げ道]を与える
ヘザーさんによれば、出口のイメージらしいです。
I have tons of work to do. At least that gives me an out.
(仕事が大量にある、少なくともそれは私に口実を与えてくれる)
(ジーニアス)

今日の重点項目:4


【温故知新学習より】
cope withって単純に「〜に対処する」というよりは
「(たいへんなことに)立ち向かう」っていうニュアンスだったのね。
We were talking about working mothers coping with their daily lives.
(働く母親が、毎日の生活にどう立ち向かっているのか話していたのよ。)
(1998年度「ラジオ英会話」)
もちろん、その後も学習済み。
More workers in less space helps cut overhead costs for companies trying to cope with the rigors of a tough economy.
(より小さなスペースにより多くの社員がいるということは、厳しい経済という
困難な状況を切り抜けようとしている会社にとって、固定費の削減に役立ちます。)
(13/10/03「実践ビジネス英語」)

という復習でした。


去年の今頃、「ラジオ英会話
Money is no object.
(金額は問いません。)
早くロト6当てて、こう言いながら買い物をしてみたいもんです。
でも、もし当たっても、貧乏性が抜けずに、
price tag を確認しながら買うんだろうな...。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

truce

「ラジオ英会話」

家族の用事でちょっと出かけていて、しばらく英語から離れておりました。
christmas illumination.JPG
ここからまたスタート。

犬だけでなく、ネコまで飼いだすカップル。
11/10放送分
さっそく、やんちゃぶりを発揮する子犬。
*Rocky is tracking mud all over the house!
− ロッキーが家じゅうに泥をまき散らしているわ!
この表現、靴脱ぎ文化の日本の家庭だとあんまり使うことないと思うんですけど、
時々出てくるんですよね。
You just tracked mud across the carpet.
(今、カーペットに足跡つけたでしょう。)
(06/09/08「英語5分間トレーニング」音読徹底トレーニングより)

11/11放送分
*Raising a puppy is a lot of work!
− 子犬を育てるのはとても手間がかかるね!
先週(11/5)は
Owning a dog is a huge commitment.
(犬を飼うには相当の覚悟が必要よ。)
と言ってましたね。

いたずらな子犬のせいで
You must be dog-tired.
− あなた、へとへとでしょう。
子犬のせいで dog-tired は、なかなかうまいね!

11/12放送分
It’s an orphaned kitten.
親のない子猫よ。
orphaned … 親のない
金曜日の More Info! での言い換えの
abandoned (捨てられた) / homeless (家のない)
の方が応用範囲は多そうです。
Remember the time we sneaked into that abandoned barn?
(あの使われていない納屋に忍び込んだことを覚えている?)
(11/01/19「ラジオ英会話」)

11/13放送分
We need a litter box and a scratching post.
猫用トイレ爪とぎ棒が必要だわ。
画像検索
litter box scratching post

*Speaking of scratching, something bit my ankle, and it itches.
− 爪とぎと言えば、何かに足首を噛まれて、かゆい
「痛い」なら It hurts. で
「かゆい」なら It itches.

ペットのことで口論になったけど
Okay, truce!
− オッケー、停戦
「口論になりそうな場合にユーモアと共に」(テキスト)
初めて知りました。

今日の重点項目:3


【フレンズより】
またいくつか pick up しました。

感謝祭のお誘いを一度は断ったものの、
「感謝祭にはまだ参加できます?」
friends offer is good.jpg
I wanted to see if your offer to spend the Thanksgiving with you is still good?
有効期限内かどうかの good といえば
How long is that coupon good for?
(そのクーポンはいつまで有効なの?)
(10/04/18「英語5分間トレーニング」)

フィービーがちょっとしたウソをついたんですけど、
自分のウソがエスカレートしたため、
やりすぎ?」
friends go too far.jpg
I went too far, didn’t I?
go overboard (夢中になりすぎる) / go to extremes(極端に走る)
より、言いやすいですよね。

前回のエントリーで「埋め合わせ」について2種類の英文を書きましたが、
「フレンズ」だと、こっちしか聞いていないなぁ。
「じゃ、埋め合わせさせて
friends I'll make it up to you..jpg
I’ll make it up to you.
もう、「埋め合わせ」で迷うことはないです、バッチリ。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
This at a company where everybody calls the CEO by his first name.
(それも、だれもがCEOをファーストネームで呼ぶような会社でですよ。)
CEOをファーストネームで呼ぶのであれば、
Employers are also on a first-name basis with each other.
なんだろうな〜。
posted by ラジ子 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

set apart

「実践ビジネス英語」

モチベーションが上がっている間に、まとめて勉強しておこうかな。
まとめ勉って可能なのかしら?

11/6放送分
Such as banishing words like “awesome” and “like” from his spoken English?
− たとえば、awesome like といったことばを、
  英語の話しことばから追放することとか?
banish … 追放する
「(人)を追放する」という意味においては exile と同じ意味。(ロングマン)

考えを払いのける、という意味もある。
I try to banish stressful thoughts.
(ストレスがたまる考え事はしないようにして。)
(10/10/02「英語5分間トレーニング」)

11/7放送分
梅村の友達の話。
She hopes working for an agency will help her learn about the craft of communications.
− 彼女は、エージェンシーで働くことが、コミュニケーション技能について
  学ぶのに役立つと期待しています。

類似表現
Research shows that effective communication skills are crucial for tech transfer.
(調査によれば、効果的なコミュニケーション・スキルが技術移転にはきわめて重要です。)
(08/12/22「入門ビジネス英語」)
social skills … 人づき合いのスキル
(08/02/8・9「ビジネス英会話」)
Wow, that guy could use some people skills.
(あの人には少し人と接する方法を身につけてほしいわ。)
(2000年「ラジオ英会話」)
skill は複数形なんですね。

thank-you and follow-up notes … お礼とその後の状況を伝えるメモ
follow-up note は初めて聞きました。

*Handwritten notes will set you apart and help the people you meet remember you.
− 手書きの短い手紙はほかの人たちとの違いを目立たせ、会った人たちに
  こちらを覚えてもらう助けになるのです。
何との違いを目立たせるかを具体的に示す場合は from で。
... now’s the time to take a calculated risk and offer unusual, upscale products to set themselves apart from the rest of the herd.
(ひしめく同業他社との差別化を図るため、今こそ、リスクを承知で賭けに出て、独自の高級品を提供すべきだ)
(11/02/10「実践ビジネス英語」)
differentiate と同じ。

*Technology is OK as far as it goes, but the personal touch still means a great deal.
ある程度まではテクノロジーは容認されるものの、
  やはり個人的なタッチが大きくものを言いますから。
as far as it goes … ある程度(までは)
His analysis is correct as far as it goes.
(彼の分析はある程度正しい)
(ジーニアス)

personal touch は ↓ の和訳が好み。
Email doesn’t have the same personal touch as a real letter, does it?
(メールには、本当の手紙のような人間味がありませんよね。)
(12/10/04「実践ビジネス英語」)

人間味が足りない場合
It’s too impersonal.
(冷たすぎるよ)(2001年「ラジオ英会話」)
impersonal … 人間味のない、そっけない
小学校のあるクラスで、市長に手紙を書くことになった時、
e-mail ではあまりに impersonal だと言った生徒の一言でした。

今日の重点項目:2


【温故知新学習より】
前から「埋め合わせをする」がパッと言えなくて、
for が入るんだけ? 入らないんだっけ?といつも迷いがちだったんですが、
単純に、2種類あったんだ、という結論に至る。

I’ll make it up to you. 
I’ll make up for it.

辞書や英辞郎で例文を検索したところ、私が確認した範囲では
make up for it の場合、誰に埋め合わせをするのかを
含まない英文しかありませんでした。

あと virtually の「ほとんど、まったく」の意味ですが、
どうしても virtual reality 的な「仮想」方向に引っ張られがち。
almost に近い。
My husband does virtually nothing.
(私の夫はほとんど何もしないわね。)
(1998年「ラジオ英会話」)
もちろん、1998年以降も、何度も習っています。(汗)
Well, improvising is virtually impossible for me.
(うーん、私には即興は不可能も同然なんです。)
(14/01/07「ラジオ英会話」)
ま、今日で覚えられた気がするから、いっか。


去年の今頃、「実践ビジネス英語
The basic idea was to reach out to people on the wrong side of the digital divide ...
(基本的な構想は、情報格差の反対側にいる人たちに手を差し伸べて、...)
wrong side は、恵まれていない側のこと。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

orderly

「実践ビジネス英語」

「助言をひと言」というタイトルどおり、ビニェットに
何度も advice とか advise が出てきてます。

11/5放送分
ジャーナリズム専攻の学生が、自分自身の死亡記事を書かされることについて。
*It’s a good exercise that helps students reflect on what kind of life they want to have, ...
− それは、どんな人生を送りたいのか、(中略)、
  学生たちがじっくり考えるのに役立つよい訓練なのです。
reflect on … 〜について熟考する、〜を回顧する
I have time to reflect on my life.
(自分の人生についてじっくり考える時間があるからね。)
(07/06/29「徹底トレーニング英会話」)
個人的には「反省する」と言いたい時に使っています。

Obituaries are a good reminder that interesting, successful people rarely lead orderly, linear lives.
− 死亡記事を読んで改めて思うのは、成功を収めた興味深い人たちは、
  起伏のない穏やかな人生を送ることはめったにない、という点です。
orderly … 整然とした、整頓された
in order (秩序よく) なんていう時の order の形容詞。
反意語が disorderly

linear … 直線的な
You guys are such linear thinkers!
(みんなって本当に直線的思考をする人たちなのね!)
(1999年度「ラジオ英会話」)
linear thinker とは、1999年度の説明によると
「(物事を原因と結果の積み重ねとしてとらえる)直線的思考をする人」
未だにハッキリ理解できていないのですが、
原因 → 結果
のように単純な思考をする、短絡的な人のこと。(らしい)
それにしても、これが line の形容詞だったとは!

*Well, I give full marks to Jim for sheer spunk.
− それはともかく、ジムの純粋な意欲満点をあげますよ。
ほめ方いろいろ
I’ve got to hand it to Jim.
I give Jim a pat on the back.
ニュアンスは違うのかも。

sheer spunk … 純粋な意欲
1文字違いで大違い
... I was a witness to my first public birthday spanking.
(誕生日に人前でお尻をたたくのを初めて見たのです。)
spank … 〈子供の尻〉を (罰として)たたく
(11/03/17・24「実践ビジネス英語」)

11/6放送分
*In fact, Jim was debating whether he should choose advertising or public relations ...
− 事実、ジムは、広告広報を選ぶべき、(中略)、思案していました
ひとりディベート。
心の中で相異なる考えを比較する、熟考する(プログレッシブ)
They’re debating whether they should be laid to rest in their birthday suits or cased in a body bag or box.
(両親は今、何も身に着けないで埋葬してもらうべき、遺体袋か箱に収めた上で埋葬してもらうべきと考えているところですよ。)
(08/01/14・15「ビジネス英会話」)
エコという観点から、お葬式を考えていたビニェットより。

やっぱり、それなりに重みのあることを考える場合の表現なんでしょうね。
お昼、カレーかうどんか、みたいなことに使わないよね...。

今日の重点項目:3


フレンズから。
モニカが結婚するにあたり、レイチェルとフィービー、どちらが
付き添い役(maid of honor)をするかでもめたため、
対応力のオーディションをすることになりました。
審査員はジョーイとロス。

レイチェルへのお題。
結婚式目前にモニカが急にビビった ゴー!
friends get cold feet.JPG
You’re with Monica. The wedding is about to start when Monica gets cold feet.
こういう時に get cold feet の出番。

フィービーへのお題は
「誓いの言葉を言う寸前に酔ったおじさんが騒ぎ出した」
で、フィービーはタックルしておじさんを撃退し、高得点を獲得。
friends tackle.PNG

それに対するレイチェルの反論。
挙式中にタックルして満点?
friends make a scene.PNG
She just made a scene in the middle of the ceremony.

Mom, don’t make a scene
!
(ママ、大声で騒がないで!)
(09/09/10「ラジオ英会話」)
のように、大声を出して騒ぐ、というイメージがあったけど、
みんなの注意を引くようなひともんちゃくがあれば
make a scene が使えるんだなーと思ってメモ。
なるべく起こしたくないし、遭遇したくないけど。


去年の今頃、11/7「ラジオ英会話」
They’re overcharging customers!
(客から取り過ぎだよ!)
海外旅行の予定がある方は、
取られ過ぎないように、英語で反論する準備をしておくべき!
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

the pick of the litter

「ラジオ英会話」

ちょっと最近、やる気上向き。
そのせいか、長くてごめんなさい。

11/3放送分
動物保護施設からの、メス猫に関するお知らせを読みながら
It says she’s spayed and up to date on her shots.
− 避妊手術予防接種済みと書いてあるわ。
オス猫だったら
he’s neutered去勢手術済み

up to date on 〜 … 〜が予定どおりに済んでいる
遅れずにいる、という意味で「済んでいる」なのか?
いちおうメモ。

*Cats are standoffish.
− 猫はよそよそしい
猫にも使えることがわかった。
今までは人間にだけ使うのかと思っていました。
But if you keep too much distance from people, they might think you’re being standoffish.
(でも、距離をあまり取りすぎると、相手はあなたのことをよそよそしい
思うかもしれませんね。)
(14/01/10「実践ビジネス英語」)

11/4放送分
ゴールデンレトリーバーのブリーダーが子犬を勧めて
*This one is the pick of the litter.
− この子がピカイチですな。
子犬以外にも使えるみたいです。

the pick が「最上のもの、えり抜き」
She was the pick of the crop in our high school.
(私たちの高校の中で、彼女は最も優秀な人でした。)
(2011年9月号Phrasal Verb Diversion)

ブーツをかじられて
He’s a bit rambunctious.
− ちょっとやんちゃだな。
やんちゃつながり
He’s a frisky little guy.
(やんちゃ坊主ね。)
(09/10/13「ラジオ英会話」)
↑ の日は、ハムスターらしき動物だった模様。

今はやんちゃでも
He’ll settle down.
おとなしくなりますよ。
やんちゃしてても、いずれ「落ち着く」ってことね。

11/5放送分
結局、やんちゃな子犬を買いました。
He has pedigree papers.
血統書付きだよ。
papers と複数形だそうです。

血統書があるってことは
Is she a purebred?
(純血種ですか?)
(10/11/30「英語5分間トレーニング」)

Is he housebroken?
トイレの訓練はできているの?
09/10/20「ラジオ英会話」でも、同じ質問が行われていました。
トイレの訓練は大事!

*Owning a dog is a huge commitment.
犬を飼うには相当の覚悟が必要よ
commitment は、和訳が難しい英単語のうちのひとつ。
生き物を飼う、結婚する、大きな仕事をする、いろんな場合に必要。

He just had an accident on our new carpet.
− この子、うちの新しいカーペットの上で事故をおこしちゃったわ!
pee しちゃったことの婉曲表現。
wet という単語もありますよね。

11/6放送分
名前がロッキーに決まった子犬が rambunctious なため
*Rocky tore the couch pillow to shreds!
− ロッキーがソファのクッションをずたずたに
tore の現在形 tear の発音が「テア」だったことを忘れてました。

09/01/05「ラジオ英会話」では in shreds
You may find this hard to believe, but it’s in shreds.
(これ、信じられないかもしれませんが、びりびりに破れているんです!)
tearrip という一般動詞の組み合わせの場合は to shreds

He chewed up my favorite shoes!
− 僕のお気に入りの靴をかじって駄目にした
ロングマンの例文では、スリッパを犬に駄目にされていました。
完全に噛みあげた(?)イメージで。

今日の重点項目:4


過去の「ラジオ英会話」のダイアログを改めて本で読み直していると、
CDでは何度も聞いているのに、ただ聞き流していただけ、
みたいな部分に気付かされます。
And to keep the insect population in check, we would have to depend on insecticides.
(そしてその虫の数を抑えるために、殺虫剤に依存しなければならなくなりますね。)
keep in check … (行動などを)抑えてやめさせる
check に「抑制、阻止」という意味があるそうですよ。
へー、へー、へー。

そしたら、ブログにもメモしてあったんですよ。
I’m sure it helps keep my mental deterioration in check.
(チェスは脳の働きの低下を防ぐのにきっと効果があるでしょう。)
(10/07/07「ビジネス英会話」」
って、忘れてたのは私だけかしら...(汗)


去年の今頃、「ラジオ英会話
"For every 100 dollars spent, get a free turkey."
(「100ドル買うごとに、七面鳥1羽を無料で」)
そろそろ感謝祭のシーズンだから七面鳥だった、かな?
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

biology failed me

再放送週のため、自習してました。

【フレンズ】
(1) ロスが講義中に緊急事態と言ってフィービーが来たので
「少し時間をもらうよ。」(と生徒に言って、教室のすみに行く)
excuse me.PNG
Would you please excuse me for a moment?

10/23の「実践ビジネス英語」では
I tell a white lie and politely excuse myself ...
(... 失礼のないようにその場を離れるのです。)
のように再帰代名詞のパターンだったけど、会話では
こっちの方が普通な気がする。

(2) チャンドラーが将来のために一生懸命に貯めたお金を
結婚式で使わせてほしいというモニカのお願いでしたが
「この件は絶対譲れない 俺の答えはノーだ」
put one's foot down.PNG
I’ll have to put my foot down.
My answer is no
.

意見を変えるつもりはない、断固として!
という時の put one’s foot down
You should have put your foot down.
(断固要求すべきだったわね。)
(14/09/18「ラジオ英会話」)

(3) モニカとベッドで...と思ったものの、なぜかうまく機能せず、
(くわしいことは、大人なら察してほしい)
落ち込んでいるチャンドラーの、ウィットに富んだセリフ。
「昔 生物を落としたが 今夜 体が生物の試験に落ちた
fail.PNG
It’s, uh... biology, which is funny because in high school
I failed biology and tonight biology failed me
.

おー!この fail
「(人)を失望させる、〜の役に立たない」
fail ではありませんか!
Words fail me right now.
(今は言葉にならないわ。)
(10/12/19「英語5分間トレーニング」)
で初めて知った fail の使い方。

(4) 19歳の役をオーディションで受けようとしているジョーイ。
それで19に見える?
can pass for.PNG
I can pass for 19?

可能性を示すためにも could とか can といっしょに使うのがいいみたいです。

【「温故知新」学習】
Mine just went on maternity leave.
− 私の助手はちょうど産休に入ったところなのよ。
(「ラジオ英会話(2001)」)
I can’t wait to go on maternity leave.
(早く産休に入りたいわ。)
(14/09/15「ラジオ英会話」)
ちゃっかり ↑ の日に
「産休に入る、というとき go on との組み合わせとは知らなかった。」
と書いてあったけど、2001年に習ってたよ...。

行きつ戻りつの英語学習ですが、「温故知新」の一環で
過去のラジオ英会話のテキストを1日1ダイアログ音読するという
試みを開始。
テキストには練習問題もあって、
キーフレーズを使った英作文をします。
「いつかお昼ごはんをいっしょに食べましょう」
の模範解答が
Why don’t we do/have lunch one day?

で、1998年にすでに do lunch (昼ごはんを食べる)
を学習していたことに驚いた。
なぜなら、11/11/27「英語5分間トレーニング」で
初めて知ったと思っていたから。
Why don’t we do lunch today?
(お昼、一緒にランチを食べない?)
↑ この日に
「ランチする = do lunch
日本語とおんなじだ!」
と驚いていた私が恥ずかしい...。

とかなんとか言っても、けっこうがんばってるな、自分。


去年の今頃、10/24 「実践ビジネス英語」
... I (中略) started to brood about how I would exact my revenge.
(どうやって仕返しをしようかと、あれこれ考えるようになりました。)
brood aboutdwell on かー
覚えてないなー。(汗)
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ以外の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

odds and ends

「実践ビジネス英語」

Our Magical World より/ SLENDER AND GRAGILE

*I wear many hats, one of them is a photographer.
− 私はいろいろな仕事をしています。その一つは写真家。
2006年9月号「英会話徹底トレーニング」巻頭インタビューから
You wear a lot of different hats.
(何足ものわらじをはいているんですね。)
という英文をメモしております。
「わらじ」って言葉の響きが、いかんせん古い...。

tripod … 三脚
tripod という単語は、自分でなぞなぞも作ったからよく覚えてます。

*・..., and a whole bunch of miscellaneous odds and ends.
− それにとてもたくさんの多種多様なこまごまとした道具など、...
miscellaneous(種々雑多な) はこの日にメモした
アグリーベティのエピソードで完全に覚えましたぞ。

odds and ends は07/03/01「徹底トレーニング英会話」で
「はんぱ物、がらくた」として学習。

・... as I would be driving on all kinds of terrain.
− ありとあらゆる地形のところを運転するので、...
terrain terra との関連に気付いたおかげで覚えられました。

・..., I wasn’t partial to any particular vehicle.
− 特にこれがいいという車はありませんでした。
That English teacher is partial to some female students.
(あの英語の先生は一部の女子をえこひいきしてる。)
(11/12/12「英語5分間トレーニング」)
反対に「公平な」だと impartial

*I repeated under my breath, “slender and fragile.” Oh, that was music to my ears!
− 私は心の中で繰り返しました。「かぼそくて、壊れそうな」
  うわっ、なんて心地よく響く言葉なんでしょう。
under one’s breath … 声をひそめて、小声で
と辞書には書いてありました。(プログレッシブ)

music to someone’s ears
聞きたかった[待っていた]言葉です」
もっと何度も言ってほしい言葉です」
と言う気持ちが込められています、とのこと。(テキスト)

That’s music to my ears!
(その言葉うれしいわ!)
(14/01/23「ラジオ英会話」)
↑ はプロムに誘ってもらった後のセリフ。

今日の重点項目:3


ハロウィーンの日に、友達からメールが来て
Trick or Treat!」って言われたら、何て言えばいいの?
という質問でした。

んんっ?
なんか決まりフレーズってあったっけ?
と思って、Huluの「フレンズ」ハロウィーンエピソードで確認。
特に決まり文句はなかったみたい。

念のため、数少ないネイティブの友達に聞いてみました。

お菓子があったら、普通に渡して、
お菓子がなかったら、ごめんね、とか言って
別れ際に「ハッピーハロウィーン」とでも言えばいいのかな?

みたいなことを英語で質問したところ、以下が答えです。

You have to listen to what the sentence says, “Trick or Treat.” So if you have a treat and there is one kid, I usually just say, “Here’s your treat” while giving them candy. If there’s a group of kids I’ll usually say, the same thing and then talk about their costumes while giving them candies. If you have nothing, you have to prepare a trick..

そーだ、基本的には、いたずらされるんだった!


去年の今頃、10/23 「実践ビジネス英語」
He was always quick to take credit for other people’s work.
(いつだってほかの人の仕事はすぐに自分の手柄にする...)
そういう人は嫌われる。
posted by ラジ子 at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする