2014年12月08日

charge

「ラジオ英会話」

昨年に続き、ニュースで締めることになりました。

12/1放送分
*Well, you don’t look a day past 50!
− そうですか、あなたはどう見ても50歳以上に見えませんが!
past でなく over でもオッケー。
You don’t look a day over 50.
(とても50歳を越えているようには見えないわ。)
(10/09/20「英語5分間トレーニング」)
偶然こちらも50歳!

この前フレンズで自習した
「それで19に見える?」
can pass for.PNG
I can pass for 19?
の方が、年齢関係の話題の場合、応用範囲が広そうな気がする。

12/2放送分
She suffered minor frostbite and airlifted to safety.
− 彼女は軽傷を負い、(ヘリで)安全な場所へ搬送されました。
この suffer には「フォーマルな響きがあり報道でよく使われます。」(テキスト)
日常会話には向かないってことか。
せっかくなので、suffer からひとつ。
Don’t suffer in silence.
(黙って苦しまないで。)
(10/07/26「英語5分間トレーニング」)

12/3放送分
*I’m with John McCoy who has come up with a mini kitchen inside a refrigerator!
− 私はミニキッチン内臓の冷蔵庫を考案された
  ジョン・マッコイさんとご一緒しています!
up じゃなくて down だと
I think I’m coming down with something.
(僕ね、何か病気のかかり始めのようなんだ。)
(09/06/02「ラジオ英会話」)

*I still have to work out some bugs.
− まだ不具合をいくつか正さなくてはならないので。
out 系の「解決する」だと、金曜の More Info! にも出てきた
こっちを思い出します。
Let me call her and straighten this out.
(彼女に電話して、この誤解を解きたいんだけど。)
straighten out … (問題を)解決する、(誤解などを)解く
(07/02/23・24「英会話入門」)

12/4放送分
*Jesse Martin fended off a bear today!
− 今日ジェシー・マーティンさんは熊の攻撃をかわしました
同意表現
Experts say wearing a mask doesn’t really help ward off the flu.
(専門家によると、マスクの着用はインフルエンザの予防にはあまり役立たないそうです。)
ward off … 〜を防ぐ、〜をかわす
(10/05/12「実践ビジネス英語」)

Then the bear charged!
− するとクマが襲いかかってきました
charge → 襲う
も覚えておこう...。(あんまり聞かないな)
先月の襲いかかり
The kitty just pounced on something.
(キティが今何かに飛びついたよ。)
子ネコがゴキブリに襲いかかっていた。

クマに夕飯用のマスを持って行かれたけど、
*I’ll have to grin and bear it.
笑って耐えるしかありません
クマと bear で締めるという遠山テイスト。
have to との組み合わせ多し。
Sometimes you just have to grin and bear it.
(笑って耐えるしかないときもあるんだよ。)
(10/01/19「入門ビジネス英語」)

今日の重点項目:5


【フレンズ】
モニカに勧められていたお風呂の気持ちよさに気付くチャンドラー。
「最高だ」
friends bath1.PNG
Oh, my god.
ドラマだと、簡単に言うよねー、これ。

ハマると思ったわ あとでエステしてあげる」
friends bath2.PNG
I told you you were a bath person. Hey when you get out, maybe I can give you a facial.

person みたいに簡単・便利なのは、もっともっと使わなきゃ損!


去年の今頃、11/28「実践ビジネス英語」
Becky Norton was doing time for auto theft. Last night she scaled this security wall.
(ベッキー・ノートンは自動車窃盗で服役中でしたが、昨夜、この防御壁をよじ上りました。)
do time は、犯罪もののドラマによく出そう。


posted by ラジ子 at 12:14| Comment(6) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。