2014年12月26日

disown

12/18「実践ビジネス英語」

なぜ「わたしわたし詐欺」が無いのか?と思ったんですが、
娘って普段から親と連絡とりあってるから、騙しにくいのかな。

典型的な詐欺の手口。
*He was crying and begged her to wire the money ASAP.
− 泣きながら、すぐに電信送金してほしいと、祖母に頼み込んだのです。
別の送金単語
All I have to do is transfer some money.
(送金するだけだから。)
(11/06/08「英語5分間トレーニング」)

That’s a common ploy for a swindler pretending to be a son or a grandson.
− それは、息子や孫を騙るという、詐欺師がよく使うですよ。
11/11/10「実践ビジネス英語」で紹介されていた ploy
They’re just a marketing ploy to get people to spend more money.
(あれは消費者に、さらにお金を使わせる、販売促進の仕掛けにすぎないのです。)
「あれ」とは
One example that springs to mind is falling for buy-one-get-one-free deals.
(すぐに思いつく例は、1つ買えば1つただでもらえる商法に引っ掛かることです。)
fall for がここでも使われていた。(前回にメモ)

The bad guy may sound a bit strange but he’ll camouflage it by crying or pretending to have a sore throat due to a cold.
− そういう悪い人間は、声が少しばかり変に聞こえる場合がありますが、
  泣いたりのどが痛いふりをしたりして、それをごまかしているのです。
ここ ↑ で「カモフラージュ」ときたか...。
こっち ↓ は「なるほど!」。
Zoo staffers carefully count every single creature, including leaf insects and other camouflaged animals as well as poisonous snakes and spiders.
(コノハムシなどの草木に隠れて見つけにくい昆虫や、毒ヘビや毒グモなどを、
動物園のスタッフが1匹ずつ慎重に数えていきます。)
(13/05/27「ラジオ英会話」)

機転をきかせて詐欺を防いだガーシアのおばあちゃん。
*Your granny is obviously on the ball.
− あなたのおばあちゃんは間違いなく機敏に対応できる方ですね。
↓ 脳にいいことをする話題の時の英文。
Sounds like your mother’s on the ball.
(あなたのお母さんは鋭敏そうですね。)
(10/07/08「実践ビジネス英語」)

He didn’t want to give her his phone number, and asked that she not tell his mom about his problem.
− 相手は電話番号を教えたがらなかったし、
  自分が抱えている問題を母親に言わないようにと、祖母に頼んだのです。
ask that 以下は原形、って、会話でそこまで気がまわらないな(汗)

*He said his mom would disown him if she found out.
− 母親が知ったら、自分との縁を切るだろう、と言いました。
disown … (子供を)勘当する、縁を切る
own dis する、っていうわかりやすい構造の単語。
ブログにメモしてあった類似表現
renounce one’s son … 息子を勘当する


今日の重点項目:3


【フレンズ】
レストランが新聞で酷評されたモニカ。
屈辱的よ」
friends humiliated.PNG
I’m so humiliated.

humiliate とか humiliation と、
humility(謙虚、謙遜)の混同がこわくて、humility が会話で使えない私。

モニカを慰めようとフォローするレイチェル。
「”悪い論調も宣伝になる”と言うわ」
friends there is no such thing as.PNG
You know what they say, Mon, there is no such thing as a bad press.

これは、定型句で、as 以下にいろんなものを入れて言えるみたいですね。
一番最初に知ったのは
There is no such thing as a free lunch.
(無料のランチなどというものはない。)
でしたが、13/06/19「ラジオ英会話」には
The best things in life are free.
(この世で最良のものは無料。)
なんていうセリフもあったりして、
どう思うかは、あなた次第!


去年の今頃、12/18「実践ビジネス英語」
I guess I’m a bit self-conscious about my weight.
(自分の体重について、少し自意識過剰なのでしょうね。)
お正月の間、自意識過剰ぐらいに見張らないと!


posted by ラジ子 at 10:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。