2008年12月02日

toe the mark

12/1「入門ビジネス英語」

今月のゲストはヘッドハントされていくつもの優良企業を渡り歩かれた優れた人材。
テキストを読むと、岡島さんがMBA取得のために留学されていた時、
奥様が仕送りをされていたとか。現代版、山内一豊の妻!

Hiro, we have our work cut out for us with Quantum Digital.
− ヒロ、我々にはやらなきゃならない仕事が待っている。クワンタム・デジタル社の件だ。
have our work cut out for us … ひと苦労する(7/8「入門ビジネス英語」

7/8「入門ビジネス英語」のブログコメントに、莉杏さん から
「仕立て屋さんが洋服を縫う前に、生地を裁断して並べておくことに由来する」
と英会話入門か何かで聞いたような気がします。

と書き込みをいただきました。おかげで、覚えてましたよ。
(実は一度、ばっちもんがらさんのところで復習したこともある、テヘ)

toe the mark … (基準、命令、方針に)従う、服従する
陸上競技のスタートラインの関係からできた、とジェイソンさんも言ってました。
toe the line も可。
OXFORDの例文
One or two of them refused to toe the line.
(彼らのうち、1人2人は従わなかった。)

toe the company(会社に従う)や
toe the party line(党の方針に従う)という例もありました。
tow と間違えると「会社をロープで引っ張る、牽引する」になるので要注意!

That’s why I would like to put it on your plate.
− だから、君に任せたいのさ。
puton one’ s plate … 〜を責任として割り当てる
「入門」はどんだけ plate 好きなのか、遠山先生の elated に迫る勢い。
I have a full plate.
(こちらも手一杯なんだ。)(4/8「入門ビジネス英語」)
I know that our plates are still full.
(私たちにはまだ、やることが山ほどあるのはわかっているよ。)(6/30「入門ビジネス英語」)

Let me suggest for starters that you sketch out some tech transfer fundamentals ...
− 手始めに技術移転の基本要素をざっと書き出してみてはどうかな。
for starters … 最初に
ジーニアスによれば first of all to begin with と同じ。
ゲストの岡島さんも first of all をよく使うとおっしゃってました。

コレ、OXFORDで見つけたんですけど、どこかの講座で習ったなーと
記憶の隅からこんにちは。
starter home … ( 初めて家を買う人向けの小さな家 )(反転で確認してください)
日本人はこれで精一杯。

sketch out … 概要を述べる、書く
わかりやすい。
OXFORDの例文
She sketched out the plan for a new house.
(彼女は新しい家の計画の概要を話した)
OXFORDによれば outline と同意。

あっと言う間12月ですねぇ。そして、今月は冬至がございます。
12月21日、日曜日です。あら、上から読んでも 12/21、下から読んでも 12/21 だわ!
「山本山」の法則じゃない!(海苔屋さん)
そんな冬の夜に、いつもと違うことをしてみませんか?
電気を消すのよ、電気を...。ムフフ...

やだ!ヘンなこと考えちゃダメ、ダメ!
私が言いたかったのはコレ!

100万人のキャンドルナイト(日本語)
Candle Night 2008(英語)

環境問題に関心の高い、我が憧れの先輩 ecott さんが教えてくれました。
電気を消してキャンドルを灯すもよし、
キャンドルなんてシャレたもんがなければ、仏壇のろうそくでもよし、
思い切って夜の散歩に出て夜空ながめるもよし。

なんだか、停電になって、かえってわくわくした子供の頃を思い出すなぁ。


去年の今頃、11/26・27「ビジネス英会話」、老後の話。
 

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
「ラジオ」と書き込むとエラーになりますので、お気をつけください。
posted by ラジ子 at 13:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 入門ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入門はもうテキストは書店に3月まで他のと一緒に取り置きを頼んでしまったのですが、もうイディオムを拾って単語帳に記入するのみです(-_-;)
plate1つとってもヴァリエーションがあるんですね。私はhave a lot on one's plate, have too much on one's plateとしかインプットされてないので、微妙に違うと対応できません(;_:)1級保持者のRさんのすごさと比べてはいけないのはわかっているんですが、単語帳に書き込だけで覚えた気になって終わる自分が悲しいです。
もう来年度の講座がどうなるか、気にしております(^.^)
今のパターンでいくんでしょうかね。
Posted by Lily at 2008年12月02日 23:48
Lilyさん
私も同じです。そもそも「入門」は内容が縁遠くて、なかなか真剣に聞く気になれない感じ。あっしには係わりあいのねぇことでござんす、ですよ。(我ながら久々!)
Rさんて誰かな〜?キョロキョロ...。
私もブログに書いたことで安心して、覚えるにいたっていない単語や熟語がいっぱいあります。でも、ゼロよりましと思うことにしています。それに、初めて知った時と、1度聞いたことのある単語に再会したときの印象って全然違うんです。記憶に断然残りやすい。
そういうわけで、こういう地味なことをチマチマやってます。
Lilyさん、思いっきり仲間ですから〜!
来年度の構想はNHK側では決まっているんでしょうね。
どんな番組が始まるのかな?というワクワク感もRADIOで勉強している者にとっては楽しみのひとつですよね!
(RADIO のところ、カタカナで打って、エラーになった!アホだ!)
Posted by ラジ子 at 2008年12月03日 14:25
ラジ子さん、キャンドルナイトのご紹介、ありがとうございます。
世界へ向けてのニュースレターを発信中で、皆さま、良かったら登録してくださいませ。
私は、もちろん英文担当ではなく^^;その前段階の和文で記事を書いていま〜す。
と言っても、まだ新人ですが。
Posted by ecott at 2008年12月03日 21:50
ecottさん
12月になったら書こう、と思ってました♪
あんまり気負わずに、逆に楽しむぐらいの勢いでこういう活動ができたらいいですね。
「キャンドルナイト」関係では新人ライターですが、ecottさんのライター歴はなかなかのものですよね。
英語関係ばっかりやっていて、ちょっと疎い部分があります。ちょっとアンバランスですので、今後も sustainable な活動のご紹介をお願いします!
Posted by ラジ子 at 2008年12月04日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。