2009年05月17日

a stroke of genius

「ラジオ英会話」

昨日の続き。

5/14放送分
Business is looking up.
− 仕事・商売は上を向いてきた
look の代わりに pick とか turn でもいいと思うんですけど、
他にもありそう。

The phone has been ringing off the hook!
− 電話が鳴りっぱなしよ!
この表現は07/12/5・6「英会話入門」にもでてきましたよ。
ただ、電話機の数が違った。
the phones have been ringing off the hook.

Let’s get this show on the road!
− さっそく始めよう!
こちらは08/03/21・22「英会話入門」に。
Then let’s get the show on the road!
(じゃあさっそく実行に移そう!)
ちょっとだけ違うけど。

やはり、同じ先生が考えていらっしゃるダイアログなので、
似たような表現が使われるのですね。
ということは、同じ先生の講座を続けて聞いていれば
以前習ったフレーズを復習できるということでしょうか。

Try It in a New Situation
The sky is overcast.
− どんより雲で覆われた空である。
overcast … 雲で覆われた、どんよりした、本曇りの
ジーニアスによれば《◆cloudy より雲量が多い》そうですよ。

5/15放送分
【月曜日の復習】
That’s something we’re going to address.
− それはこれから我々が取り組みます。
address … 〈物・事〉に焦点をあてる、的をしぼる、取り組む(ジーニアス)
OXFORDを読むと formal って書いてあるので、とりあえず意味だけ確認。

【水曜日の復習】
It’s a stroke of genius!
− それは天才的ひらめきです!
OXFORDに
Your idea was a stroke of genius.
という例文があったので、
a stroke of genius(天才的ひらめき)
で覚えておくと、使えるチャンスがあるかも。


今週の Listen for It! は献血の話でした。
献血できる人の条件が
Anyone who is healthy, between 18 and 70 years old ...
(健康で、18歳から70歳までの...)
だったんですけど
18歳 と 70歳の間、と訳すと
対象者は 19歳 から 69歳 になってしまいます。
あれ?

プログレッシブを読んだら betweenand
普通、両端の数を含む」そうです。
なんだ、そうだったのか。
より明確にしたい場合は
from 18 to / through 70 を使えばベター、とのこと。


去年の今頃、5/16「実践ビジネス英語」
corporal punishment は「スクール・オブ・ロック」にもでてきましたよ。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD





)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
「ラジオ」と書き込むとエラーになりますので、お気をつけください。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 11:24| Comment(3) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「プラダを着た悪魔」では、People are panicking, so the phone is going to be ringing off the hook.

「心の旅」では、The phone hasn't stopped ringing all week. が使われてました。

「スクール・オブ・ロック」休み時間のことを"recess"と言っていたのだけ覚えてます。
Posted by at 2009年05月17日 14:46
すみません。上のコメントはInaです。これだけではあんまりなんで、ジャック・ブラックつながりで、彼が出演した「ホリデイ」では、天才に"prodigy"を使っていました。
Posted by Ina at 2009年05月17日 14:51
Inaさん
セリフの紹介、ありがとうございます。
ring off the hook が思い出せなかったら
not stop ringing のように応用してもいいのですね。
なるほどー。
なんでも、応用できなくちゃダメだなー。

スクール・オブ・ロック、corporal punishment がでてきたあたり(かなり最初の方)、
割とラジオで習った表現がまとめて使われていた記憶があります。

スクール・オブ・ロックはレンタルで一度見て、今は買ったDVDで見直している途中なんですけど、
設定も何もメチャメチャですね。ジャック・ブラックだから許されるって感じ。
ホリデイのときの彼はコザッパリした紳士でした。
いつもは小汚い役が多いので、ずいぶんカッコよく見えましたよね?私だけ?
Posted by ラジ子 at 2009年05月17日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。