2009年08月05日

ビジボキャ7月号

Business Vocabuilding 7月号

一問だけ、7月号のBusiness Vocabuilding からメモ。

Because bricks are laid manually, it is essential that they ( be ) made in sizes that are easily lifted with one hand.
(レンガは、手で積み上げるので、片手で簡単に持ち上げられるようなサイズに作ることが不可欠である。)

It is A that B ... の文型で A に
essential / mandatory / crucial が来る場合、
B の動詞は原型にする必要がある(should が省略されているため)。
ベートーベン先生、まるまる写してしまいました、すみません。

propose / suggest / demand / advise などを使うとき
that 節の動詞を原型にする、というのは知っていたけど
It isthat ...という英文にもそのタイプがあったのですね。
知らなかったなぁ、あるいは習ったのに忘れたか?

上記の形容詞以外に
anxious / important / proper / necessary も同じ用法(文法書をカンニング)。

常識だったりして?
とするとちょっと恥ずかしいけど、ま、いいです。

プログレッシブの例文
It is important that exceptions not be made.
(例外を設けないことがだいじだ)
important なんて、何度となく使っているのになぁ...。

TOEIC とか英検とかにでるかもしれまへんで。

--------------------------------------------------------------
知っている方がいたら、教えていただきたいのですが
「外国では、肉はかたまりで売られていてスライスされていない」
という話は本当ですか?もし、どこかで
「スライス肉が売られているのを○○(外国)で見た!」
という情報がありましたら、コメントをお願いします。
--------------------------------------------------------------


最後に、ABCニュースのポッドキャストで知ったアメリカの結婚式ビデオをご紹介。
YouTubeで大ヒットしているそうで、ヒットの理由は見ればわかります。
ちなみに Jill and Kevin の結婚式なので JK です。

JK Wedding Entrance Dance
クリックするとYouTubeにジャンプ!

なんだか楽しくなるでしょ、ウキウキ♪
コメントを読むのも楽しいですよ。
そんなに楽しいビデオなのに涙ぐんだおばさんが約一名...。
なんの涙なのだ?(自問自答)

さて、この大ヒットビデオに inspire されて作られた
spoof というか parody ピデオがこちら。
出演者はもちろん本物の JK ではありません。
こちらも上のビデオが紹介された翌日ぐらいに
ABCニュースポッドキャストで紹介されました。

JK Divorce Entrance Dance

日本だったら「不謹慎!」と一喝されそうだけど、
アメリカならこういうのもOK?

このパロディがパロディでなくなる日が来ないことを祈ります。
JillKevin が末永く幸せでありますように...。


去年の今頃、8/4「入門ビジネス英語」 
去年の巻末はまだ Business Word Power でしたね。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
「ラジオ」と書き込むとエラーになりますので、お気をつけください。
posted by ラジ子 at 16:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 入門ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Youtubeのこの結婚式(たぶん同じものだと思います。)
同じくニュースのポッドキャストで最近知りました。
私が聞いているのは NBC TODAY の音声だけなので、
どんな感じか後で見てみようと思っていたんですけれど、
そのまま、すーっかり忘却の彼方でした。(汗)
おかげで楽しい映像を見ることが出来ました。ありがとうございます。^^
Posted by ラプ at 2009年08月05日 16:55
ラプさん
チョー楽しいでしょ。あんな結婚式いいなぁ、と思いました。
みんなで練習して、わーっと盛り上げて、最高の思い出になりそうです。
今まで列席させてもらった結婚式ってどれも
紋切り「型」というかクッキー「カッター」というか(なにげに韻踏んだ!→ かなり満足)
印象に残っているものってないなー。

ビデオを直接貼りたかったんですけど、うまく表示されなくてリンクさせました。
楽しんでいただけてよかったです♪
Posted by ラジ子 at 2009年08月05日 17:02
こんにちは。レベルの高いこちらのブログにいつか私もコメントを、を励みに拝見しています。外国ではお肉は、ですが。そういえば学生時代にカリフォルニアの滞在先で買い物に行ったときにビーフストロガノフを作るからとわざわざ薄切りにしてもらったことがありました。今世紀になってから東海岸でスーパーに行った時も相変わらずお肉が大きくて、変わってないなあと思いました。ほんの何カ所かの店なのでなんともいえませんが。

英語学習歴は長いのに初コメントが英語に関係のないことで残念です。
Posted by 花 at 2009年08月07日 21:08
花さん
こんにちは!個人的には、もうちょっとピリッと簡潔にまとめられないだろうか?と思いつつ書いているのですが、お役に立てているならウレシイです。
やはりお肉はかたまりで売られていましたか。いちいち薄く切るのはたいへんでしょうね。しゃぶしゃぶが珍しがられるのはそんなことも理由にあるのでしょうか?
英語に関係あってもなくても、コメントをいただくと元気パワーがアップします。
どうもありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2009年08月08日 17:17
JK Weddingは本当に楽しい結婚式ですね。去年甥っ子の結婚式に出たのですが、やはり友人たちが楽しいパフォーマンスをして楽しませてくれました。この結婚式のために、皆忙しい時間を割いて、色々考えたり練習してくれたんだなぁと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

花さん、情報ありがとうございます!ビーフストロガノフって何だ?と思って調べたら、なんだかおいしそうですねー。http://cookpad.com/recipe/364127今夜やってみようっかな。薄切り肉があるということは主婦フレンドリーですよね♪使う度にありがたみをかみしめたいと思います。
Posted by 莉杏 at 2009年08月09日 07:29
莉杏さん
JK Wedding、3回見ました。みるたびに、あの素人くささがプンプンの踊りにくぎづけです。あれ、踊りがうますぎたら魅力が半減ですよね。

>この結婚式のために、皆忙しい時間を割いて、色々考えたり練習してくれたんだなぁと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
甥ごさん(字はこれでいいのでしょうか?)もイイお友達をお持ちのようで、おばさまとしてもうれしかったでしょう。私もそんなことを考えて、ビデオを見ながら涙ぐみました。

どうやら薄切り肉情報が投稿されないので、やっぱりカタマリなんですよ、きっと。外国のお家には肉切包丁が揃っているに違いありません。(想像)
ビーフストロガノフとハッシュ・ド・ビーフの違いがよくわからないまま40数年生きていますが、どちらもおいしい!
お肉、ばんざーい!
莉杏さんのおたくに習って、今夜はビーフストロガノフにしようかな?
Posted by ラジ子 at 2009年08月09日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック