2010年01月10日

fetch the water

「ラジオ英会話」

リーダーシップ・トレーニングを受ける話。

1/4放送分
outdoorsy type … アウトドア・タイプ
outdoorsy(野外活動好きの)はプログレッシブだけに載ってました。

Our counselor is the guy in the sunglasses.
− 我々のカウンセラーはサングラスをした男。
何かを着ている、身につけているときの in というのはわかるんですけど、
洋服以外の物には慣れてません。
OXFORDの例
the man in the hat
(帽子をかぶった男)
   ↑ これもスッと言えるかどうか...。

That’s a tall order.
難しい注文ね。
これは4/13「入門ビジネス英語」にもでてきました。

1/5放送分
My knees are ready to give out.
− ひざが今にもだめになりそう。
be ready to 〜 … 今にも〜しそうだ
自分だったら be about to を使っていたはず。
OXFORDの例文
She looked ready to collapse at any minute.
(彼女は今にも倒れそうに見えた)

kneesgive out の組み合わせは09/07/06のブログに書いたので、
よかったらどうぞ。

I’ll take you up on that!
− それ、よろしくね。
もうちょっとカタイ場面での take up on
To tell you the truth, if I didn’t have to watch the baby, I’d take you up on that offer real fast.
(実のところ、もし子供の面倒を見る必要がなければ、
そのオファーをすぐにでも受けるんですが。)
(07/08/10・11「ビジネス英会話」)

1/6放送分
Beggars can’t be choosers.
− ぜいたく言ってる場合じゃないわよ。
これはこのまま覚えるのみ。

Should I fetch the water from the lake?
− 僕が湖から水を汲んでこようか?
以前習った「(お風呂用に)水を汲む」が draw water (だったはず)。
遠くまでわざわざ水を汲みに行く場合は fetch ってことかな。
ちなみに、「お風呂の水を抜く」は ( drain ) the tub でした。
(岩村先生の講座にて。カッコ内は反転でどうぞ)

The best is yet to come.
− 本当に面白いのはこれからだよ。
これも四の五の言わずに覚えるのみ。

1/7放送分
It’s made me look at food in a whole new light.
− 食べ物の見方ががらりと変わったんだ。
look atin a whole new light … 〜の見方ががらりと変わる
「まったく新しいライトの中に〜を見る」→ 見方が変わる。

look atfrom a different angle / perspective でも通じるでしょうか。


「まいにちスペイン語」も1月に入り、折り返し地点を過ぎて
すごく難しくなりました...。
スペイン語に関してはどんどんハードルを下げ続け、
スキットが読めて、文法的にナットクできればOKというレベルで勉強中。
この前、久々に「えっ?」と思うスペイン語が聞こえてきましたよ。
目、見ろ( me miro ) → 日本語の意味( 自分を見る )

プッ、近い。


去年の今頃、1/9「実践ビジネス英語」
おととしの今頃、放送事故があったようです。あれはビックリしたなぁ。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 11:50| Comment(14) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
fetchは犬にボールなどを投げて「持ってこい!」と言う時に使いますね。だから、その場にいて水を浴槽に入れるのと違って、移動してまた元の場所に戻ってくるという違いなのかなと思っているのですが・・・どうなんでしょう。
Posted by Lily at 2010年01月10日 15:41
Lilyさん
きっと、fetch water の場合はそういう意味があるんでしょうね。
一言で「水を汲む」といっても状況によって動詞も変わるんですね。ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2010年01月10日 15:48
>look at 〜 in a whole new light … 〜の見方ががらりと変わる
Looking at it from a different angle, you could say, “I have a whole new outlook on food.” Actually, this expression is from your blog dated June 22, 2009, but I don’t remember anything about the program.(Sad!) I wonder what made the person have a new outlook on life in the story? Could you clue me in to what the situation was like?^^; It’s not every day that you get a chance to be inspired to change your view of life.
Posted by 莉杏 at 2010年01月11日 00:20
To be honest, I don’t remember the line either, let alone the story of the day.
How could I easily forget what I wrote for my own blog only several months ago?
I’m embarrassed to say that I’m the one who needs the clue about that. To find the clue, I read the blog again. And I found a line “Yoga has done wonders for me.” So yoga let the person learn how to handle (his or her) anger.
(I don’t remember the person is he or she.)
I looked up “outlook on” in the dictionaries. It seems to be often used with “life”.
I wonder if you could say “outlook on food.” It may sound unnatural...
Thank you for giving me a chance to remember this expression!
Posted by ラジ子 at 2010年01月11日 15:01
>I wonder if you could say “outlook on food.” It may sound unnatural...
Thank you so much for your good and welcome advice along with the time you spent trying to find the clue. As you pointed out, the word, “outlook” in this sense seems too grand to be used the way I thought of. It definitely goes together with such words as life, world, nature, universe, religion, moral, and so on. I’ll keep the collocation in mind.
Practicing yoga sounds good for both mental and physical health. I might as well take it up especially when my memory is failing.^^
Posted by 莉杏 at 2010年01月11日 23:20
I don’t think you need to take up yoga because your memory doesn’t seem failing at all. Of course, it’ll do wonders in many ways.
Your explanation on “outlook” makes a lot of sense to me.
I think getting used to collocations is the key to natural English. I’m aware of the importance as well. I need more exposure to English.
You are always modest about your English skills but everyone who reads your English comment notices you’re excellent.
If I were you, I would show off my talent.
You always give me food for thought. Thanks!
Posted by ラジ子 at 2010年01月12日 15:48
スペイン語は本当にとても難しくなりましたね。再帰動詞もよくわかってないうちにあれよあれよというまに現在完了。
そんな大事なことを差し置いて気になったのが今日のアンヘラ。遅れたのにちっとも申し訳なさそうに聞こえない!!
そして、いつも気になる舌たらずの下田先生が言う「マルタさん」。ちゃんと言えてなくて、逆にほっとします。
Posted by LI at 2010年01月12日 22:58
私でした。↑
Posted by Lily at 2010年01月12日 22:58
"take you up on that"
じゃあ、おことばに甘えて。
こんなシンプルで便利な表現、全然知りませんでした。
これは絶対使ってみたい(と、思いながら、初めての表現って使うのけっこう勇気が要るんですよね)
Posted by ばっちもんがら at 2010年01月14日 00:11
【Lilyさん】
コメント遅くなってすみません。
スペイン語、難しくなりました。それも急に。
これは自分で使うどころの話ではなくなりました。
でも、あくまでも愛人ですから、それはそれでいいでしょうか。
と言いつつ、4月からの「まいにちスペイン語」も聞いてみようかな、とか思っているところです。
細く長くいきます。
下田先生、なんだかかわいらしいですよね。
けっこう好きです。舌足らずな感じもグー!


【ばっちもんがらさん】
こういうさりげない表現こそ、スッとでてこないんですよね。
take you up on that は、まず英語でオファーを受けないと使えないので、そこが難しいところでしょうか?
Posted by ラジ子 at 2010年01月14日 06:00
イギリス人の女性の先生に聞いてみました。
have a newlook on food は不自然か?
答えは使えるそうですよ。clothing などの例も出してくれました。 google で have a newlook on food  と入れたら
お料理のサイトにヒットしました。

もう捨ててしまったかと思っていた6月号のテキストが出てきました。ヨガの話が気になっていたので。
ついでに他のページを見ると、忘れている表現が
ある、ある pen-up anger in a heartbeat
鬱積した怒り、 すぐに。
出てきた記憶もない・・・(汗) 



Posted by Hilda at 2010年01月15日 18:43
【Hildaさん】
ネイティブの先生に聞いてくださってありがとうございます!
food でもOKなんだー。なるほどー。clothing みたいなミーハーっぽいのまでOKですか。
勉強になるなー。

テキストまだ保管中だったんですね。
覚えていないのは私も同じです。
気にしないようにしようっと。

「あなたが寝てる間に」なんですけど、私が思っていた以上に難しいです。
エルシーのセリフにでてくる人なんて古い有名人ばかりで、まったく何のことやらわかりません。
家族でワイワイしゃべるところもなんだか聞き取りにくい。
というわけで、苦労しつつもこれからがクライマックス。
来週はピーターが昏睡状態からさめたところからです。


【莉杏さん】
というわけで、new outlook on は food でも問題ないそうです。
いつもありがとうございます!
Posted by ラジ子(莉杏さんもぜひ読んでください) at 2010年01月16日 14:35
Hildaさん、ラジ子さん、ありがとうございます!!聞いて下さったんですねー。語感をつかむのは難しいですね。「〜かなぁ?」と思って発した呟きが、色々な情報になって返ってくる。本当にありがたいことです。それに、もちろん楽しい!またこれからも教えて下さいね。
Posted by 莉杏 at 2010年01月16日 16:18
ネイティブが大丈夫といえば、ほぼ間違いなし。安心して new outlook on food と言えますね。
look at food in a whole new light よりも語数も少ないし、これは使うしかない!
今度、チャンスをみはからって使いたいと思います。
Posted by ラジ子 at 2010年01月17日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137893359

この記事へのトラックバック