2010年05月10日

sit around

「英語5分間トレーニング」

岩村先生の辞書には「ゴールデンウィーク」という文字はないにちがいない。

5/4(火)
Don’t just sit around.
− 何もしないでぶらぶらしているだけじゃなくて。
07/03/26・27「ビジネス英会話」より
Suppose I choose to do nothing, just idle my old age away?
(老後を何もしないでただぶらぶらして過ごそうと決めた場合はどうなるのか?)
07/11/22のブログに、「ぶらぶらする」がいくつか書いてありました。
putter (around) / fritter away / loaf around / fool around / hang around
ICレコーダーの中に録音してあった「ぶらぶらする」は
lounge around / goof around
いっぱいあるなー。
微妙なニュアンスの違いまではわかりませんが、
ざっくり言うと「ぶらぶらする」。

5/5(水)
We should go on a weeknight.
平日の夜に見に行くべきよ。
全国的にそうなのかどうかは知りませんが
私が住んでいるエリアでは夜8時を過ぎると1200円で映画が見られるので、
この英文を使うこともあり得る。

5/6(木)
Who let the cat out?
− 誰が猫を外に出したの?
let the cat out of the bag になると「うっかり秘密をもらす」。(← 反転プリーズ)

5/7(金)
Can you believe the clothes we wore?
− 僕たちが着てた服を信じられるかい?
「何、この服!信じられなーい」というニュアンスでしょうか。
自分だったら
Can you believe that we wore such funny clothes?
のように言っていたかな。

5/10(日)
(3) The championship is riding on tonight’s game.
− 優勝が今夜の試合にかかっているんだ。
岩村先生が押している phrasal verb のひとつでしょうか。
去年から数えて3回目。
A lot is riding on it.
(多くのことがそれにかかってる。)(10/03/09)
The whole election is riding on tonight.
(選挙全体が今夜にかかってる。)(09/06/05)
全部進行形。
OXFORDを読んだら「通常進行形」と書いてありました。

(4) She does things flawlessly.
− 彼女は物事をそつなくこなすわね。
「そつがない」→ 失敗がない という意味なので flawlessly ですか、なるほど。
プログレッシブではこんな感じ。
He makes no mistakes in what he does.
(彼のやることにはそつがない)

(5) He has mellowed out recently.
− 彼は最近丸くなった
09/05/10の「5トレ」より
Our manager has mellowed out these days.
(最近、部長も丸くなったな。)
ICレコーダーの中には、形容詞の mellow(性格が円熟した)といっしょに、
同意語として mature が録音されていました。
Her personality has become mature.
(彼女も人間ができてきた)(プログレッシブ)
こっちは全部、現在完了形。


「実践ビジネス英語」5月号テキスト巻末
Phrasal Verb Diversion の英文をまるごと覚える実験について。
ああいう暗記作業っていうのは、何度もやっているうちに
「順番で思い出す」ことがありますよね。
この英文の次はこれ、みたいな。
ゆえに最終確認の際は、日本文をランダムに並べて、
相当する英文が正しく言える、あるいは書ければ合格としたいと思います。
今のところ経過は順調♪

去年の今頃、「ニュースで英会話(その1)」「ニュースで英会話(その2)」、
宝塚のニュース方、自分で書いといてアレですけど
riddle に「ふるい」という意味があることを忘れていた。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 20:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関係副詞whenとwhereの考察、ありがとうございました!ラジ子さん、莉杏さん、康子さん、大変、参考になりました!

lounge aroundで思い出したのですが、アメリカにいたとき、週末何していた?という質問に、なにもしないでリラックスしていた、と言ったら、lounge lizardだったの?と言われました。「何それ?」と聞き返したら、なにもしないでブラブラ時を過ごすことだとの返事でした。今、辞書で確認したら、「カクテルラウンジの常連で自分がカッコよくて女にモテると思っている男」という定義でした。goof aroundの意味での用法は彼女独特のものだったのか、そういう意味でも使われるのか、わかりませんが、ソファに座っているトカゲのイメージは、ヘンテコリンにかわいくて、忘れられません。今回、lounge aroundも一緒に覚えておきたいと思います。
Posted by monto at 2010年05月10日 22:15
実践ビジネス英語の巻末、まともに答えられませんでした。どれも似たようなものでイメージもしにくいです(涙)
これならビニエットに出てくる長くて難しそうな単語の方が頭に残ります。会話ではphrasal verbがバンバン出てくるのでしょうね。ラジ子さんみたいに工夫することもせず、切り取ってひたすら声に出して覚えることにします。無理そうだけど。
Posted by Lily at 2010年05月10日 23:56
【montoさん】
lounge lizard なんていう言葉があるんですね。かわいいです。私も覚えたいと思います、ありがとうございます!
「ぶらぶらする」という熟語をOXFORDで調べると「何もせずにゆったり過ごす」のと「するべきことがあるのに、それをしないで無為に過ごす」という2パターンに分かれるようです。lounge は前者で、goof は後者。たぶん、ネイティブはそのへんもキチンと使い分けているのでしょうね。
私はまだまだ使い分けるに至っておりません...。


【Lilyさん】
hold の熟語は難しかったですねー。いかに自分が今まで覚えようとしてこなかったかがわかりました。
覚えようとし始めたら、ポッドキャストから hold off on が聞こえてきたりして、「やっぱり日常的に使っているんだな」と思ってみたり...。
長ったらしい単語の方が印象に残りやすくて覚えやすいというのはたしかにありますね。巻末のPhrasal Verb Diversion を1年分全部覚えたら、力がつきそうな気がするので、切り取ったものをまとめて保存版にしようかと思っています。
(まとめるだけでなく覚えなくちゃダメだけど)
Posted by ラジ子 at 2010年05月11日 11:08
今でも使うかどうかわかりませんが、映画"Pretty Woman"には、We'll just veg out in front of the TV.というセリフがありました。 英辞郎には、veg out〈話〉〔何もせずに〕ぼんやり過ごす、のんべんだらりとする◆【語源】vegetateを短くしたvegから。
とありました。
Posted by at 2010年05月12日 17:09
すみません、またやってしまいました。上のコメントはInaです。ついでに恋愛適齢期には、So you don't get more mellow as the hours pass?

年取って円熟味を増すならいいですが、頑固にばかりならないように気をつけねば。
Posted by Ina at 2010年05月12日 17:15
veg out は、「ビジ英」のフリートーキングの時に確か
以前、スーザンさんが使っていましたよ。

オリビアの曲 Have You Never Been Mellow を思い出しました ♪
Posted by Hilda at 2010年05月12日 21:58
【Inaさん】
なんだかすごく久しぶりのような気がします〜。
お元気でしたか?
veg out 、ありがとうございます!本当にイッパイあるんだなぁ。
名前の件は大丈夫です。名前が無いのはだいたいInaさんかHildaさんだから(?)
夏あたり、会いたいです!(ラブコール)


【Hildaさん】
スーザンさんが使っていたのを聞き逃さないとはさすがですね!
次こそカラオケで英語曲オンリーやろうか?
Posted by ラジ子 at 2010年05月13日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。