2010年07月23日

Talk about boring.

7/22「実践ビジネス英語」

プレゼンでしてはならないことのひとつが、
misspelled words
私も気をつけないと。(プレゼンの予定はないが)

human touch … 人間味、人情味
「人間味」を文字通り human taste と訳すと「人間の味」になるのか?(コワイっす)
英辞郎で調べてみたら「人間の味覚」という訳がありました。
そっちかー。

Misspelled words, distracting color combinations
− スペルの間違いや気を散らせるような配色
何年か前は distractdisrupt でよく混乱したんですけど、
今は大丈夫。
disrupt は「混乱させる、台無しにする」という意味。(反転どうぞ)

・ ... the speaker read every word of every slide with her back to the audience.
話し手が聞き手に背中を向けて、すべてのスライドに書かれていることばを一字一句読み上げていました。
付帯状況の問題は大学受験にもけっこうでるようです。
ちょっと変わった例
with one shoe off and with one shoe on
(片方の靴は脱ぎ、片方ははいたままで)(プログレッシブ)
どういう状況なのか。
あと
with one shoe off and with the other shoe on
でなくていいのだろうか?(どっちでもええのか)

Talk about boring.
− 退屈の一語に尽きましたね。(なんて退屈なんだ。)

ポジティブな使われ方
Talk about luck! I passed the examination.
(何てついてるんだ。試験に通るなんて。)(プログレッシブ)
クリスさんは、Talk about の後ろにどんな形容詞を入れてもいいって言ってました。
名詞でもいいようです。

反語的に「〜だなんてとんでもない」という意味でも使われるそうです。(杉田先生)
上の例文をちょっと変えて
Talk about luck! I didn’t pass the examination.
(幸運が聞いてあきれる。試験に落ちるなんて。)
のように、落ちた場合にも使えるってことでしょうか。

・ ... having a passion to communicate your ideas to your audience.
− 自分の考えを聞き手に伝えようとする情熱を持つこと
communicate … 情報・見解などを知らせる、伝える
この意味で communicate を使ったことないかも。
get across とか convey を多用。
And if you can get your message across, your English doesn’t have to be perfect.
(言いたいことを伝えさえできれば、英語は完璧でなくてもいいんだよ。)
(07/04/11・12「英会話上級」)


ここんとこヒマを見つけては「東方神起」のDVDばかり見ているので、
息子に「また見てる」とあきれられ気味、いーじゃん、いーじゃん、別にー。
とは言うものの、なんとなく恥ずかしくなってきて、
DVDは家族のいない間にコッソリ見ています。
悪いことしてるわけじゃないんだけど、この気恥ずかしさは何なんすかね...。
ところで、
彼らはアップテンポな曲もいいけど、バラードがこれまたいいんですよ。
この美しいハーモニー、どーですか。
(↑ Youtube にてお楽しみください)
今までアイドルに夢中になったことは一度もないので、
もし彼らをアイドルと定義するなら
40ん才にしてアイドルのファン、デビューか、
照れるぜぃ...。

それにしても、一般女子と比べたら、ものすごい時差。
少なくとも30年ずれてるよ。


8/8(日)、東京で開催するオフ会のお問い合わせはこちら。
nhkradio_everyday@yahoo.co.jp
(@を半角に直してくださいね。)

去年の今頃、7/22「実践ビジネス英語」
blind の動詞について。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東方神起,彼らのハーモニーは素敵。楽しまさせていただきましたよ♪ ついでにジャンプ「どうして君を好きになってしまったんだろう」 何度聞いてもいいわぁ。

Talk aboutを聞いた時、マーシャ先生の講座を思い出しました。 つくづく呆れた気持ちを表す表現としてでてきました。 
Talk about a breakdown in communication! コミュニケーションの断絶とはよく言ったものだわ! 2002年1月
Posted by Hilda at 2010年07月23日 15:03
Hildaさん
いいでしょう〜。Forever Love もいいよ♪

Talk about 〜 . のマーシャ先生の英文、私は全然思いつかなかったよ。
ありがとうございます!
あとで、確認しておかなくっちゃ。
Posted by ラジ子 at 2010年07月24日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック