2010年08月16日

leave 〜 to

「英語5分間トレーニング」

あぢー、あぢー。

日曜日の「言えそうで言えない表現」。
I’ll leave it to your imagination.
− あなたの想像に任せるわ。
「ご想像にお任せします」ってやつですね。

「英語が伝わる!100のツボ」では、食事を注文するときの
適当に頼みます」という表現がこれに近かった。

」に任せる場合
He left everything to chance.
(彼はいっさいを運に任せた)(プログレッシブ)
むちゃくちゃですがな。

成り行きにまかせよう」だと
Let things take their course.(プログレッシブ)
とか
Let’s go with the flow.(06/06/19・20「ビジネス英会話」)
なんていうのはどうでしょう?


「5トレ」テキスト巻末、「今日の単語」にはポイントの単語以外にも
使えそうな表現があるんですよ。
drinking session … 飲み会
以前、「会社の飲み会」とか「つきあいの飲み会」で
social drinking を習った記憶がありますが(岩村先生の講座)、
普通の飲み会は drinking session かー。
session には
「2人以上の人が集まって、一定の活動をすること」という意味があるそうで
辞書にあったのは
a study session(勉強会)(プログレッシブ)
a dancing session(ダンスの集い)(ジーニアス)
残念ながら、
「ダンスの集い」より dancing session の方が、なんとなくかっこいい。

bound-in supplement … 綴じ込み付録
男性誌によくあるアレ?

throw money at 〜 … 問題をお金で解決しようとする(プログレッシブ)
OXFORDの例文
It is inappropriate simply to throw money at these problems.
(お金をでこれらの問題を簡単に解決しようとするのは不適切だ)
そもそも、お金を投げてはいけません。
バチが当たる。
You will be punished.
You will suffer for it.
You will pay for it.

岩村先生のテキストは、付録(巻末の読み物)も充実。
綴じ込みじゃないけど。


去年の今頃、「ニュースで英会話」、
conjecturalconjecture も1年間聞いていない(と思う)ので
縁がなかった、ということにする。
また会う日まで〜。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 15:10| Comment(7) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジ英もビジ英も休みの中で、blogを更新し続けるラジ子さんは岩村先生もキット絶賛するだろうガンバリストです。
この頑張りに感謝状以上のものを出したいけれど思いつかない。
Posted by 高木俊介 at 2010年08月16日 20:22
高木さんに大賛成です。感謝状以上のもの、なんでしょう?スイカ?(想像力なさすぎ・・)

ところで、このleave 〜 toに今朝、早速遭遇してしまいました。朝から「ラジコる」今日はいい日になるかも♪

Today's route was from the "Rock" bridge to the Central bus station, the rest will be a left for your imagination.

これは、英語ネイティブじゃない人が書いた文なのでもしかして、正しくないかもしれませんが、言いたいことは一緒ですよね。
Posted by mijoka at 2010年08月17日 10:04
NHK語学講座ですら休みを取っている中、毎日更新してくださるラジ子さんに感謝感謝です。

今朝、conjecture にラジコりました。このブログを読んだ後なので、conjecture のほうから飛び込んできてくれました。

If this is an incorrect conjecture, there is little doubt that our Navy spots German subs and guides British ships to them. (第2次世界大戦中のアメリカの記事)


それから、オフ会で教えていただいたrarejobに入会しました。もう3回レッスンを受けました。講師が若くて、対応が柔軟でした。とても楽しかったです。いろいろ教えてくださり、ありがとうございました。

Posted by gunn at 2010年08月17日 11:20
私も、高木さんに賛成。
ラジ子さんには、感謝文として、
We know you have what it takes to be a good blogger.
を贈らせていただきます。

Posted by 深津 at 2010年08月17日 22:51
【高木さん】
ほめていただいたのに、さっそく本日休みというのは、なんとも気まずいもんです...。今日は地元の夏祭りに、息子の高校のPTA関係で、一日外出してヘトヘトです。
涼しい部屋でブログの更新でもしていた方が、よっぽど快適でしたけど、若いエキスをおすそ分けしてもらったので、よしとします。
感謝状以上のものでしたら、今度オフ会に参加していただいて、お互いに一杯おごりあうというのはいかがですか?
以前、「一杯おごります」と書いたことは、忘れていませんよ〜。


【mijokaさん】
ここのところ、mijokaさんの「英語で世界に広げよう、友達の輪!」といった交流ぶりには目を見張ります。日本にいながらにして、世界中の人と話すmijokaさんがまぶしいです。キラリ〜ン☆
お友達の英文のご紹介ありがとうございます。
やっぱり、がんばる人はラジコるんだなぁ、と思います。
私も早く韓国ブームから戻らないと...。


【gunnさん】
英文のご紹介、ありがとうございます!この場合は名詞なんですね。
conjecture なんて、しょっちゅう出会う単語じゃないと思うんですけど、スゴイですね!
オフ会効果かしら...?
いや、gunnさんのがんばりですね。
レアジョブ、早速入会されたんですね。その行動力もツキを呼んでいる一因にちがいありません。
レアジョブとかスカイトークとか、ちょっと惹かれます。
もし始めるなら、映画英語クラスをやめないとダメだなー(金銭的に)。


【深津さん】
わぉ、なんというありがたい感謝文でしょうか。
ありがとうございます!
英語をネタにあれこれ考えるのが好きなんです。
特にダジャレの神が降臨したときは、サイコーに楽しいです。
またお付き合いくださいね。
Posted by ラジ子 at 2010年08月17日 23:58
Leave it to fate, Leave it to natureなんて言い方もあるんですね。私としては" Leave it to me!"と言えるほどのものを持っているといいなという願望が・・・。

これとはちょっと意味合いが違うかもしれませんが(それもどこで拾った表現かも忘れていて)We'll see what the future holdsっていうフレーズもいつか使ってみたいものの1つです。We'll see what happensも同じ意味なんだと思うのですが、ネイティブが何度かwe'll seeって言われたことがあったし、ドラマなどでも使われているのを耳にしたことがあります。あまり考え過ぎても仕方ない、そのうちにわかる、静観しようってことなのかな。どうしようもないのに考えて心配しちゃう性格なのでこうありたいです。
Posted by Lily at 2010年08月18日 17:33
【Lilyさん】
Leave it to me! と言えるもの...、むー、私も何もないです。好きになると(音楽など)、いっときはスゴーク凝るんですけど、極めるまではいかないしなー。

「静観しよう」のご紹介、ありがとうございます!
日本語もそうですけど、ひとつのことを言うのにいろんな言い方がありますね。
leave を chance や fate と組み合わせるというのは、なかなか便利ですよね。まずは、これを自分の中の基本形にしたいと思います。
We'll see what the future holds
これも覚えられたらいいな〜。
Posted by ラジ子 at 2010年08月20日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159620338

この記事へのトラックバック