2010年12月07日

wriggle out of

「ラジオ英会話」

遠山先生はずいぶんプーキーがお気に入りのようで。

11/29放送分
Look at it snow!
− ほら、雪が降っている!
これが知覚動詞の英文だったとは!

He’s putting up Christmas lights.
− クリスマスライトの飾りつけだよ。
put up … 飾り付ける

He’s getting on in years.
− 彼も、もうお年なのだから。
婉曲表現。
12/3 More Info!より
He’s getting along in years.
− 彼も、もうお年なのだから。
09/10/17のブログ
along には「〈時間などが〉かなり進んで」という意味の副詞があるそうです。
と書いてあるんですけど、「もうお年」は、まさにコレ。

He’s no spring chicken.
− 彼も、もう若いときとは違うのだから。
ジーニアスには
spring chicken … 若者、うぶな女
って書いてありました。
やはり「春」は若者の象徴か。
May-December romance(年の差カップル)の May もカップルの若い方だったもんね。

11/30放送分
Oh, Pookie just wriggled out of his collar!
− おや、プーキーが首輪をすり抜けた!
wriggle out of … もがいて〜から抜け出る
The fish wriggled out of my fingers.
(魚がもがいて指からすり抜けた)(OXFORD)

今の今まで wriggle のところが wiggle かと思ってた。
wiggle … 身体の一部などをぴくぴく[くねくね]小刻みに動かす
wiggle one’s toes
(足の指をぴくぴく動かす)(プログレッシブ)
意味も似てるし。

1巻の途中で挫折した「ライラの冒険」に wriggle があった。
“No, Mommy,” I piped up as I peel off my tights and leotard and wriggle back into my school dress, ...
(体をくねらせてまた制服を着た)
wriggle は体全体をくねらせる感じなのかなぁ。

He’s tangled up in the Christmas lights!
− (プーキーが)クリスマスライトにからまってしまった
mangle に似た単語として、ブログに1度だけ、書いてありました。
mangle … ( めちゃくちゃにする )← 反転可読
おまけ
dangle … ( ブラブラする/させる )

Try It in a New Situation!
Pookie’s antics … プーキーのいたずら
antics … こっけいな動作[しぐさ](ジーニアス)

続きは明日。

私の中では声の感じから、遠山プーキーはフレンチブルドッグのイメージなんだけどなぁ。
設定としてはゴールデンレトリバーでしたっけ?


去年の今頃、「ラジオ英会話」、
You’re right on the button.
( ドンピシャリです!)
right on the シリーズのひとつ。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。