2010年12月12日

draw blood

「ラジオ英会話」

水曜・木曜分。

12/8放送分
He’s chased her up the Christmas tree!
− クリスマスツリーのてっぺんまで追い上げちゃったぞ!
10/05/10「ラジオ英会話」より
He’s on my case about Pookie treeing his cat.
(プーキーが木に追い上げた彼の猫をどうしてくれるってさ。)
これがメモしてあるんで、プーキーが猫を追い上げたことはたしか。
tree … 〈人・動物を〉木の上に追いつめる
tree にこんな動詞があるなんてねぇ。(5月の時点ではスルー...)

The tree is going to fall over.
− ツリーが倒れてくるわ!
先月、遺言のミステリーの話で彫像が倒れそうだったとき
He said that the statue could ( tip ) over.← いつもの反転読み
(彫像がひっくり返るからと。)(10/11/15「ラジオ英会話」)

Oh dear, she drew blood!
− あらあ、血が出ているわよ!
draw blood … (主語のせいで)出血する
to draw water from a well(井戸から水をくむ)とかの draw といっしょかな?

12/9放送分
She’s purring now.
− のどをゴロゴロ鳴らしているわ。
鳴らしているのは、もちろんネコのミスティー。
09/11/15「5トレ」の
The whining sound of stray cats is so loud I can’t sleep.
(野良猫の鳴き声がうるさくて眠れないよ。)
で「ネコにも whine が使えるんだ」と思った。

We’ll get a laugh out of this someday.
いつか、このことを笑える日が来るわ
似たような表現を岩村先生の講座で習ったことは覚えているのですが、
どのノートのどこにメモしたかがわからない...。
その点、ブログは便利だな〜。
岩村バージョンは12/10(金)の More Info! の
We’ll look back on this and laugh someday.
(いつか、このことを振り返って笑う日が来ます。)
に近かったと思う。

ちょっと戻って12/6の Try It in a New Situation! より。
John has a full-fledged cold now ...
(ジョンの風邪はいまや本物で、...)
full-fledged … 一人前になった、十分に発達[発展]した
風邪にも使えるのですね。
ブログメモより
full-fledged adulthood(一人前の大人)
a fully-fledged economy(円熟した経済)

11/8のブログに書いた bubble wrap(気泡シート)が
先週の Listen for It! に出てきたでしょ。
わたしって一歩先を行ってるな〜。(ただの偶然とも言う)


去年の今頃、「ラジオ英会話」、
Would you mind if I sat in on a union meeting?
(組合の会合を傍聴してもよいでしょうか?)
これ、妖精( elf )の組合の会合ですよ。
「あなたが寝てる間に」にでてきた
A word to the wise: Drink soda.
(こう言うだけでわかるでしょう、ソーダを飲みなさい)
もメモしてありました。
あなたが寝てる間に… [DVD] / サンドラ・ブロック, ビル・プルマン, ピーター・ギャラガー (出演); ジョン・タートルトーブ (監督)
韓国ブームが落ち着いた頃、もう1回見ようっと。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。