2011年01月11日

sit on one’s hands

「英語5分間トレーニング」

今日って1並びの日(111日)だ!
だから何って言われるとアレだけど。

1/7(金)
I’ll fish it out with this fork.
− このフォークで(トースターに詰まったパンを)取り出そう。
fish out … 引っ張り出す、取り出す(プログレッシブ)
OXFORDの例文
She fished a piece of paper out of the pile on her desk.
(彼女は机の上の山から紙を1枚引っぱり出した)
fish ( for ) だと「〜を聞き出す、〜を探り出す」← 反転確認
(07/10/8・9「ビジネス英会話」)

I’d better ( unplug ) it first.
− まずコンセントを抜いたほうがいいな。
ちょっと前に↑と同じことを英語で言いたくて言えなかったもので。

1/8(土)
This is no time to be sitting on our hands.
− 今は手をこまねいている場合じゃない。
sit on one’s hands … 熱意がない、手をこまねいている;消極的である(プログレッシブ)
こまねく:両手を胸の前で組み合わせる、何もしないでじっと傍観する(岩波国語辞典)
手の上に座っている状況?

We have to stop contemplating our navels.
めい想にふけるのはやめだ。
navel(へそ)を考えるのをやめる...、不思議な表現。
でも、「丹田(へそ)に気を集める」なんていうのを聞いたことがあるから、その関係?

And we have to get our lazy butts in gear.
− そしてぐずぐずせずに行動しないといけない。
get one's lazy butt in gear … ぐずぐずせずに仕事に取りかかる
butt は「おしり」と判明
おしりのギアを入れるって感じ?
この日のモノローグは pep talk なので、特に↑の英文を自分で使うことはなさそう。

1/9(日)
Something will come of it.
何とかなるよ
この英文を覚える手がかりが見つからなくて、何ともならなそう。

That’s not to my liking.
− それは僕の好みではない。
to one’s liking … 〈人〉の好みに合った
The coffee was just to his liking.
(そのコーヒーは彼の口にちょうど合った)(OXFORD)
「人の好みに合う」に one’s cup of tea なんていうのもあると思うんですけど
The coffee was just his cup of tea.
だとコーヒーと紅茶の混在で、なんだかよくわかんない文章になってしまう、
ゆえに、この場合は却下でしょうなぁ。


番組最後のメッセージ、考えようによっては瞬間英作文としても利用できますね。
1/10(月)/夢を実現するためには努力を惜しんではいけません
自  作:You shouldn’t spare your efforts to make your dream come true.
岩村先生:Spare no efforts to make your dreams come true.
やっぱり岩村先生の方がパンチがあるし、私の方は夢が1個。
夢はたくさん持った方がいいよね、持つのは自由だし。


去年の今頃は一回休み。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5分トレ1月号の「今日の単語」289の
I don't mind grunt work ・・・の grunt に関して、おもしろいのを見つけたので、ちょっと紹介します。(ジーニアス英和辞典(G4)より)

grunt(動)(自)(ブタ、ラクダなどが)ブウブウ鳴く

に関連しての記載で

犬    bark
ネコ   mew
おんどり cock-a-doodle-do
めんどり cluck
ウマ   neigh
ウシ   low
ヒツジ、ヤギ baa , bleat
ライオン、トラ roar
サル   chatter
ネズミ  squeak
キツネ  bark

サルは人間に近いから chatter か?
キツネが bark ?
ネズミの squeak はなんとなくわかるかんじがしますが。
Posted by ADCKN at 2011年01月12日 00:13
【ADCKNさん】
cluck, low, bleat は初めて知った単語です。ADCKNさんの感想どおり、たしかにサルの chatter とかキツネの bark とか「えっ?」と思いますね。いろんな鳴き声ワードがあるもんですね。
grunt の「ラクダがブウブウ鳴く」というのも初めて聞きました。ブウブウはブタの専売特許かと思ってました。
動物の鳴き声に関する面白い情報、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2011年01月12日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。