2011年02月06日

free-spending

2/4「実践ビジネス英語」

夕べ、子供の母友との「女子会(熟女会?)」があって、
かつて熱く韓国ドラマを語っていた友人に「今さらだけどハマってるんだよ〜」と言ったら
「もう飽きちゃった♪」という裏切り(?)にあい、ちょっと淋しかったラジ子です...。


how to stretch a dollar … 1ドルを長持ちさせる方法
一所懸命伸ばして(stretch)1ドルを最大限に活用する姿勢は
( spread ) oneself too thin(一度に多くのことをやろうとする、手を広げすぎる)
こっちの伸ばし方にも通じるような。

free-spending … 惜しみなくお金を使う
free に「物惜しみしない」という意味があるそうです。
a free spender(気前よくお金を使う人)
She was always free with her money.
(彼女はいつも金離れがよかった)(共にプログレッシブ)
これは知らなかったなー。

Everyone looks at the money they spend very differently than they did three years ago.
− だれもが、自分の使うお金に対して、3年前とはかなり違う見方をしています。
different / differently than はアメリカ語法の特徴。(杉田先生)
differently from にするならば以下のようにする。
differently from the way they did three years ago(杉田先生)
differently from how they did three years ago(クリスさん)
than の方が語数が少なくてすむ、とのこと。
American women carry themselves differently from Japanese.
(アメリカ人女性は日本人女性と身のこなしが違う。)
という「英語5分間トレーニング」の Word of the Dayの英文は本来
American women carry themselves differently from the way Japanese do.
と書くべき?

canny retailers 賢い消費者
クリスさんによれば canny can からの派生語だそうで。
へー。
08/03/10・11「ビジネス英会話」より
A kind heart must not run rampant over a canny head.
(優しい気持ちが先走って慎重な判断ができなくなってはいけません。)

uncanny(神秘的な、不思議な)もポッドキャストでちょいちょい聞きます。

value menu お得感のあるメニュー
私はてっきり和製英語だと思っていたのですが、
プログレッシブにはしっかり形容詞として載ってました。
a value lunch(得なランチ)
(プログレッシブ)


2/3と2/4に続けて書いた out of the wood(s) なんですけど、
続くときは続くもので、Ugly Betty を見ていたら出てきちゃったんですよー。
Mode is far from being out of the woods.
(まだ危機は脱してないわ)
不思議だねぇ。
このドラマ、英語もわりと聞き取りやすくて、
リスニングの勉強にもいいんじゃないかと思います。
ただし、スコットランド出身という設定のクリスティーナの英語は
私には聞き取りにくいけど。


去年の今頃、2/4「実践ビジネス英語」
Is she ( dead ) ( set ) against the idea of getting married?
(彼女は結婚する気はまったくないのですか。)
be ( dead ) ( set ) against … 〜に断固反対である、〜に対して反対の姿勢をとる
            ↑ これはなくても意味的にはOK。

*gunnさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 13:00| Comment(13) | TrackBack(1) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジ子さん

Everyone looks at the money they spend very differently than three years ago.(they did が抜けています。)

→ Everyone looks at the money they spend very differently than they did three years ago.(正)


than は、接続詞なので、あとにはたいていclauseが続きます。fromは前置詞なので、あとには名詞or名詞句が続きます。だから、differently from Japanese でも、differently from the way… でも、どちらでもいいような気がします(たぶん)。

韓流ドラマ、テレビでよかった。一日2時間ですみます。DVDで見たら、きっと不眠不休で最後まで見なければ気がすまなかったと思います。「華麗なる遺産」も、再放送を楽しみに待ちます。

Posted by gunn at 2011年02月06日 15:00
differentlyの時ではなくて、単純にdifferentの文でも、何だか私の周りでは、different than(+名詞)と言っている方が、 different fromと言っているよりも多いような気がします。(もしこのことを以前も書いたことがあったとしたら、すみません。<m(__)m>)thanがgunnさんの仰るように接続詞だからこそ、比較級の文で、She's taller than I am.っていう本当はこちらが正統派という文が存在するわけですよね。でも、かなり多くの場合、She's taller than me.と言って、thanを前置詞的に使うことがけっこう定着してきているのと同じように、differentの文でも、名詞を平気で(!)続けるのかなぁと思いました。differentの後に名詞を入れてググッてみても、けっこう出てきますね。

この件もそうですし、以前コメントで書いたかもしれないのですが、"I like X more than Y","Which do you like more?"といったように、私達がbetterを使うのだと教わったところにmoreをずっと使ってきているネイティブスピーカーたちも多いわけで、そういう発見をした時、「えっ?」と密かにナノ1秒ほど止まる自分に気づきました。でも、彼らにとっては小さい頃からずっと同じ言い方をしてきているので、それが普通なわけですね。以前"Which do you like better?"と私が同僚にたまたま言いましたら、彼女は、それまでmoreを使っていたのを急に改めたので、びっくりしました。(これについても既に書いていたらほんとに申し訳ありません。・・覚えが悪くて・・^^;)
Posted by deziz at 2011年02月06日 17:02
韓国ドラマの話で盛り上がれると楽しみにしていたでしょうに残念でしたね。でも過去形でも話は出来るわけで、私なんかハマっているドラマの話も出来る人いません(涙)

out of the woodsは医療ドラマを見ていると結構出会いますが、自分では使うシチュエーションにならないので聞いてわかるフレーズで終わりそうです。べディはシーズン1途中で見なくなりましたが、先日NHKでやっている最終シーズンがチャンネル変えたときにちらっと映ったのですが、見違えていたので驚きました。あの女優さん、確かアメリカっていう名前なんですよね。
Posted by Lily at 2011年02月06日 17:24
dezizさん、生きた情報をどうもありがとうございました。

different than +名詞 は、アメリカの口語に浸透しているのですね。ついでに厚かましく質問したいのですが、アメリカでは、live a little という言い方があるのでしょうか。意味は、relax, less restricted だそうです。辞書には載っていませんが、今週のビジネス英語に出てきました。

ラジ子さん、(身のこなし)の方の例文ですが、さっきはトンチンカンな事を書いてしまいましたが、the way 以下の省略は、「言わなくても相手に通じる場合の省略」でしょうかね?よくわかりません。省略した形、differently from Japanese だけの方が聞きやすいですよね。
Posted by gunn at 2011年02月06日 18:19
【gunnさん】
修正箇所のご指摘、ありがとうございます。ずいぶんスッポリ抜けました...。
恥ずかしながら than の品詞って今まで考えたこともなかったので、勉強になりました。何気なく使っている単語もそれぞれに品詞があって、文法にのっとって使っていればミスも減るわけですよね。

韓国ドラマって、ハマってるか、まったく見ないか、わりと極端に割れる傾向があるような気がします(私の周囲だけ?)。一度ハマるとグイグイ引き込まれますね。私は最近TBSの午前10時からのドラマを見ています。1日1時間弱で済むので録画して、主にアイロンがけ&洗濯物関係の仕事をする間に見ています。テレビの方がDVDよりもいろんな意味で助かります。

あっ、そうそう、live a little ですけど、先生に聞きました。先生(アメリカ人男性、50代)によると、煮詰まっている人なんかに"Live a little!"と声をかける場合に使われることが多いと言ってました。例えば「飲みに行こうぜ!」「仕事がこんなにたまっててムリだよ」「Hey, live a little!」のようなシチュエーション。Loosen up! なんかと同じように使えると言っていましたよ。ひとつの例として参考にしてくださいね。
聞くのは覚えていたけど、報告を忘れていました。
ダイジョーブか、自分!?


【dezizさん】
different than も以前ビニェットにでてきて「なんじゃ、こりゃ?」と思ったような記憶があるんですけど、ブログ検索しても見つからなかったので、記憶違いかなぁ?日本で習う英語はあくまでもいくつか存在する英語のうちのひとつなんですねぇ。She's taller than I am.のような英文も、いくらそちらが文法的に正しくても「もう使われていない」となれば than me がスタンダードになっていくのでしょう。
like more の文章もいつか日本の教科書に登場する日が来るかもしれませんね。


【Lilyさん】
やっと韓国ドラマの仲間になれたと思ったら、あっさり「今は日本のドラマの方が面白いんじゃない?」とか言われて肩すかし食わされました。私のズレっぷりがバッドタイミングだったということですね、グスン...。
out of the woods も at one's wits end 同様、使わずにすめばそれにこしたことはないですよね。
アグリーベティは第1話から面白かった。久々に見るファッショナブルな世界も刺激的。シーズン4で終了するそうですが、今のところシーズン2なので、まだしばらく楽しめそうです。
ベティー役のアメリカ・フェレーラは映画(The Sisterhood of the Traveling Pants)で最初に見て、あの容姿にインパクトを感じました。スリムで美人ばかりでは映画もドラマも成立しないので、ああいうタイプの女優さんは長く活躍できそうな気がします。
Posted by ラジ子 at 2011年02月07日 00:08
ラジ子さん

live a little 情報をどうもありがとうございました。
使えそうですね。
どこかでラジコったら、また報告に来ますね。
Posted by gunn at 2011年02月07日 19:18
私も原書を読んでから見ました、The Sisterhood of the Traveling Pants。夢を見られるという意味では、スレンダーで美人の女優さんが出るのは確かにいいですが、アメリカみたいな女優さんじゃなければ出来ない役ってありますものね。ドラマはどうかわかりませんが、今K-POPがすごい人気みたいですから、まだまだ韓流は強いのかなと感じます。ハングル語学習にも力が入ることでしょう。
Posted by Lily at 2011年02月07日 22:45
gunnさん、

私は恥ずかしながら、"live a little "を聞いたことがなかったので、夫に聞いてみました。夫が言うのを聞いたことがなかったもので、そう言いましたら、初め、夫も答えに詰まっていました。でも少し考えてから、「あ、そういえばこんな状況で使うなぁ」と教え始めました。
例えば、パーティーなどで、何かすごく楽しい/可笑しい/馬鹿馬鹿しいけどすごく場が盛り上がることとかやろうよ、となった時、恥ずかしがったりとかしてやりたがらない人がいたりしたら、、"Hey, c'mon! Live a little! Don't be a party pooper! Do something exciting/new. Try something adventurous."なんていう風に言うそうですね。どちらかというと、うちの夫はちょっと大人しい方なので、言う側というより、もしかしたら言われる側かもしれないな、とも思った次第です(というより、年齢的なこともあるのかもしれません・・^^;)。
ちなみに、party pooperの意味は、こちらです。↓
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=party%20pooper
(ここでは勿論、#1と#3の意味ですね、#2はあまりにも文字通りでお下品ですね・・。・・というより、もしかして、このフレーズの意味をラジ子さんも既に取り扱っていらしたかもしれませんね。重複していたら、すみません。)
Posted by deziz at 2011年02月08日 08:15
dezizさん、

ご主人様に聞いてくださりどうもありがとうございました。
生の情報をいただきうれしいです。ネイティブの方でもちょっと答えに詰まるようなあまり一般的とはいえない言葉なんですね。日本語の“無礼講”にかぶるかも。自分は、年齢的なこともあり、聞いて理解できることばにとどめておいたほうがいいかも。
「ビバリーヒルズ青春白書」を見ればラジコれそうですね。
Posted by gunn at 2011年02月08日 13:48
gunnさん(何度もすみません)、

>ネイティブの方でもちょっと答えに詰まるようなあまり一般的とはいえない言葉なんですね。

あの、私、これに関しては自分も聞いたことがなかったというのと、他の多くの人が使っている表現だったとしてもうちの夫がたまたま使わないだけかもしれないので、「あまり一般的とはいえない言葉」かどうかまでは、わからないのです。すみません<m(__)m>。たまたまうちの夫が今回の表現を自分があまり使わないものだから、反応が遅かったんだろうと思います。

確かにイディオムやスラングの中で、どの英語圏の人も、とか、アメリカのどの州の人も使うようなものもあれば、個人によって使い方に少し差があったりするようなものがあったりするみたいです(以前こちらのコメント欄で触れたかもしれませんが)。ですので、母語話者を含めていろんな人からの情報をお集めになりつつお試しになってみては、などと思います。「(スパッと)これはこうです」みたいな答え方でなくて、ごめんなさい。
Posted by deziz at 2011年02月08日 15:38
【gunnさん】
live a little の件、私の先生はすぐにピンときたようでした。先生は使う方のタイプだったのかもしれません。
ラジこったらご連絡ください、お待ちしています!


【Lilyさん】
The Sisterhood of the Traveling Pants の原書は読んでないんです、書き方がまずかったですね、すみません。アメリカ・フェレーラをまずこの映画で初めて見て、それからアグリー・ベティで見た、ということなんです。原書を読んでいれば、私なら「この本読みました!」とブログで自慢してます、読んでいないからできないけど...。Lilyさんは本もたくさん読んでいらっしゃいますね。チキンスープの後、アバウト・ア・ボーイでも読もうかと思っていましたが、想定外の単語本を買ってしまい、毎日細々と単語を覚える努力をしています。なんか、英単語もキリがないですね(途方にくれ中)


【dezizさん】
ご主人に聞いてくださって、ありがとうございます。私の先生の状況説明とほとんど一致したので、こういう使い方でだいたいよさそうな感じですね。なかなか日本にいて Live a little! を使う機会はなさそうだけど、状況さえ把握できればこっちのもんです。(ホントか?)
ご主人にもお礼をお伝えくださいませ。
Posted by ラジ子 at 2011年02月08日 19:33
すみません、私の日本語の方がまずくて。原書を読んでおられないのはわかっていました。私が「私も映画を見ました。その前に原書を読んだのですが」とでも書けばよかった。
ごめんなさい。英語の前にまともな日本語を書かないとダメですね。単語本って1100 Words You Need to Knowあたりかな?単語は本当にキリがないし、私の場合なかなか頭に入りません。smart.fmというサイトでゲーム感覚でダラダラやっていたのですが、もうすぐ月額千円の有料サイトになるので、継続はしないつもりです。無料のうちに少しでも使おうかと。ドラえもんの暗記パンが欲しい!
Posted by Lily at 2011年02月08日 22:58
【Lilyさん】
単語本、正解!いろんな英語学習者のブログで見たことはあったので、どんな本なんだろう?と興味が前からありました。実物を見る機会があり、試しに買ってみました。
全部覚えようと思ったら、私にとってはかなりの苦行です。とりあえず、覚えても覚えなくても1周やってみて、その後はガンガン書き込んでいこうかな、とか、わからない単語にどんどん線を引いていこうかな、とか思っているところです。
でも、2周目はどうかな?
んー...
smart.fm って有料になるんですね。そういう作戦か。
最初ちょっと使ってみたけど、すぐに行かなくなりました。
内容はすごくいいんですけど、PCの前にいる時間を減らそうと思っているので。
私はドラえもんの翻訳こんにゃくが欲しいです。東方神起が出演している韓国の番組のビデオクリップ(Youtube)、内容が全然わからなくて淋しいので韓国語がわかるこんにゃくが欲しい!
つか、そういうビデオクリップを見る時間を減らせ、って話なんですけどね...。
Posted by ラジ子 at 2011年02月10日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

英語はひとつではありません チャールズ先生(横浜関内)
Excerpt: Q お生まれはどちらですか? ハートリプールという北海の小さな町で生まれました。ハートリプールはダラム・カウンティに属し、スコットランドの国境から約40マイルのところにあります。私が子供の頃の主な産業..
Weblog: 英会話プライベートレッスン・マンツーマン英会話・英語個人レッスン・初歩からビジネス英語まで ETC
Tracked: 2011-02-28 01:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。