2011年02月23日

fall through

「英語5分間トレーニング」

静岡県では今年から2月23日は「富士山(ふじさん→223)の日」になりました。
ただのゴロあわせとかそういうんじゃなくて、本当の話。

2/19(土)
It’s a totally alien experience in the beginning.
− 最初はまったくなじみのない経験(自転車に乗ること)だからね。
以前、英会話の先生(オーストラリア人)から、
日本の公的な書類などで、在留外国人は alien と呼ばれる
と聞いて、なんとなく失礼な感じがするなと思った記憶あり。

You feel like you aren’t cut out for this.
− こういうのは向いてないように感じるけど。
よく職業に向いている、向いていないで使われるけど
自転車に乗る程度のことにも使えるのか。
I wonder if he’s not cut out for it.
(向いてないのかな。)(09/06/03「英語5分間トレーニング」)
it はゴルフだったので、スポーツもOK。

It usually happens before you know it.
− たいていは知らないうちにそうなるんだ。
10/10/13「ラジオ英会話」より
Before you know it, you’ll be back on your mountain bike.
(あっという間に、またマウンテンバイクに乗っているわよ。)
単なる偶然とは思うけど自転車つながり。

Once you learn it, you’ll never unlearn it.
− 一度身についたら、決して忘れることはない。
自転車の乗り方を忘れない英文には unlearn を!
You can’t unlearn how to ride a bicycle.
(自転車の乗り方を覚えたら忘れることはない。)(10/02/28「英語5分間トレーニング」)

2/20(日)
Rumor has it that she got married.
− 彼女が結婚したってうわさよ
この前コメント欄には書いたばっかだけど、講座では久々に聞いた。
rumor(動詞)は通常受動態の形で使われる
と、過去ブログ記事に書いてありました。
過去の自分、ナイス!
ジョンは死んだといううわさだ。」
() John is rumored to be dead.
(×) They rumor that John is dead. ← のようには言わないんだって。
(プログレッシブ)
「うわさ話をする」という動詞ならこちらで。
2006年6月号「徹底トレーニング英会話」巻末「Let's Fill in the Blanks!」より
I try not to ( gossip ) too much.
(うわさ話はあまりしないようにしてるから。)

The plan fell through.
− その計画は失敗に終わった。
fall through … むだに終わる、実現されない
OXFORD も計画が失敗に終わる例文。
Our plan fell through because of lack of money.
(資金不足で我々の計画は失敗に終わった)


再び富士山ですけど、静岡県人と山梨県人の間で
静岡から見た富士山と、山梨から見た富士山とではどっちが美しいか
みたいな話題になることが時どきあります。
たいてい静岡県人は「静岡側」、山梨県人は「山梨側」と両者一歩も譲らず。
個人的には
どっちでもエエ!
いや、
どっちもエエ!
おぉー、「」があるかないかで、意味が全然違う...。(意外な着地点)


去年の今頃、「入門ビジネス英語
Who’s ( running ) the ( show ) here?
(どなたがここの責任者ですか。)
と問われれば、このブログに関しては I am. と言わねばなるまい。

*yuriさん、ありがとうございます。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 15:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山の日、ニュースで先程知りました。日本一の山ですからねえ。そういう日があってもいいかも。昔、カナダ人の先生が「カナダ側から見るナイアガラの滝は、アメリカ側から見るより雄大で美しい」と自慢していました。どこでもそういう対抗意識があるのでしょうね。

例のイディオム本、ちゃんと読んでないのがバレバレでしたね。失礼しました〜!CDは最後まで流したんですけど、途中から集中力が切れてBGM化するんです。
Posted by Lily at 2011年02月23日 17:58
私も、ニュースで富士山の日、知りました。私の聞き違いでないのなら、小中学校はお休みですか?それを耳にして「え〜、開校記念日の他に休みなの〜!ずる〜い!」と学生でもないのに思ってしまいました。なんと、料簡の狭いヤツ。

「で」の話ですが、レストランで「お飲み物はどうなさいますか?」ときかれ、「コーヒー「で」いいです」という答えをよく耳にします。それを聞くと私は心の中で「コーヒー「が」いいです(コーヒーをお願いしますのほうが、いいかもしれないけど)だろ!」と叫んでしまいます。「で」って、わりと横柄な助詞ですね!(英語と関係ない話でした〜)
Posted by monto at 2011年02月23日 22:41
こんばんは。

You feel like you aren't cut out for this.とそれに付された訳の「こういうのは向いてないように感じるけど」についてなのですが、英文の主語はYouですが、「向いていない」と判断を下している主体はだれなのかなあとふと疑問に思いました。「あなたはそうかんじてるの?」なのか「あなたはそう感じているよね?」なのか。。。日本語の「・・・に感じるけど」は、第3者から見て「You」と呼ばれている人物は「向いていないんじゃないかな」と第3者が判断しているように取れます。。。って変な疑問を持ってしまいすみません。。。
Posted by 秋田いぬのゴン at 2011年02月23日 23:13
【Lilyさん】
ナイアガラの滝をめぐるカナダとアメリカの対決の方がスケールでかいですね。「おらが山」だったり「おらが滝」だったりするわけでしょうが、どっちからもイイですよね。死ぬまでにナイアガラの滝も一度見てみたいものです。
あのイディオム本を集中して通しで聞くのはけっこうキツイですよ。同感!


【montoさん】
「富士山の日」は今年から制定された日なので、小中学校の対応を全県統一させる時間が足りなかったようで、各市町でまちまちでした。三島市はお休みでしたが、隣の長泉町はお休みではなかったそうです。県立高校は休みでした。
休みが増えて子供はうれしいでしょうね〜、富士サマサマ。
「〜でいい」の「で」はたしかに横柄ですよ。あんまりいい響きではないですよね。このニュアンスを外国人に英語で伝えるとしたら、どう説明するかなぁ、なんて思うことがあります。やっぱり日本語も難しいですね。


【秋田いぬのゴンさん】
ここの you は誰かを特定しない、一般的な人を指す you かな?と思いていました。自転車に初めて乗るときの感覚って、割りと誰にも共通する体験だと思うので。
どうでしょうか?
Posted by ラジ子 at 2011年02月24日 15:34
こんにちは。
Once you learn it, you’ll unlearn it.
→  Once you learn it, you’ll never unlearn it.

Posted by yuri at 2011年02月25日 16:53
【yuriさん】
今回の間違いは正直、自分に腹がたちました。
反省します。
今日もありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2011年02月25日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。