2011年02月24日

connote

2/23「実践ビジネス英語」

Thank you. と誰かに言われた後の返事として、No problem. は避けた方がいいらしい。
私が好きなのは My pleasure.

・ ... one thing he tries to drill into his staff is ...
− スタッフに言い聞かせるよう心がけていることの一つは...
全体だとこの英文けっこう長い。
drill something into someone … (何度も繰り返して)〜を(人)に言い聞かせる
小学生の頃、漢字ドリルとか計算ドリルの宿題って毎日のように出たっけなぁ。

It was drilled into us at an early age never to drop litter.
(ゴミを決して捨ててはいけないと小さい頃に繰り返し言われた)
(OXFORD)
クリスさんが instill の方がもう少し gentle な表現だと言ってました。
07/07/2・3「英会話上級」より
(Sports) instill principles of cooperation and fairness.
(スポーツは協力やフェア精神の原則を浸透させる)
instill … (徐々に)浸透させる・教え込む

lukewarm … ぬるい、生ぬるい
先日、ブログにメモしたときは、「気乗りしない熱意のない」という意味の方。

・ ..., whether it’s a corner grocery or a major airline.
− 街角の食料雑貨店であれ大手の航空会社であれ
whether A or B … A であろうと B であろうと
Whether we win or (whether we) lose, we’ll celebrate.
(勝っても負けても私たちはお祝いをします)(ジーニアス)
celebrate のところを drink にすると、酒飲みの多い草野球チーム。
選択肢が3つの英文
Whether it’s with Russia, Syria or Iran, many foreign policy experts say the dialog is long overdue.
(外交の専門家によればロシア、シリア、イランいずれの国とであれ、
会談はとうに行われるべきものであった)
09/03/10のブログにメモした、オバマ大統領の外交政策のニュース。

It can connote insincerity or even sarcasm.
− この表現は、不誠実さ、あるいは皮肉さえも暗に含むことがあるからです。
connote … 暗示する、暗に含む
名詞の connotation(言外の意味、含蓄)の方がおなじみ。
白と黒の暗示
“White” connotes purity.
(「白」は純潔という語感を伴う)(プログレッシブ)
The word ‘black’ connotes death.
(「黒」という語は死を暗示する)(ジーニアス)


【中高年のためのK-POP講座】
私や私の周囲では、まだまだK-POPブームが続いております。
姪の今イチバンのお気に入りが SHINee(シャイニー)
薦められるままに聴いてみたら、この曲の中毒性が異常に高くて
実は今、ちょびっと困っています。
気がつくとRing Ding Don Ring Ding Donと小声で歌う自分がそこにいる!

このビデオクリップはそろそろ再生回数2000万回を超えそうなほどの大人気。
みんな、クセになってんのね。(たぶん)
この曲だとわかりにくいんですけど、バラードを聞くと
彼らの歌のうまさがよくわかります。
歌も踊りもイケテるなんて、SHINeeよ、お前もか。
いつも思うことだけど、ジャニーズもガンバレ!


去年の今頃は1回休み。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 14:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もMy pleasureって言います。なんだか勝手に女性らしいかなと思って。No problem, Don't mention itなどは使ったことがあまりありません。当時20代だった男の先生がSure!って言ったことがあるのですが、それも私が使うのはどうかなあ。ゆうべの回、タイマー録音できていませんでした。なんで No problemは使わないほうがいいんですか?

歌うだけでなく、一緒に踊れたら結構なエクササイズになっていいかも!
Posted by Lily at 2011年02月24日 22:26
ラジ子さん、こんにちは。

instill かつて英作文で使用したところ、オーストラリア人の先生に、instill inとinを付けたされました。(苦笑)

なかなかこういう「小さな」ことばって落としてしまいます。
Posted by 秋田いぬのゴン at 2011年02月25日 09:15
私はNo problemを使ってしまってます。
My pleasure.のほうが、感じがよくていいですね。
これからそれを使ってみようと思います。

この放送を聞いていないので、私もNo problemを使わないほうがいい理由を知りたいです。
うちの旦那はいつもNo problemを使っているし、My pleasureと同様、No problemを耳にすることも多いです。
ちなみにうちの旦那に、「No problemはあまり使わないほうが、表現としていいのかな?」と聞いた所、
「どうして?誰がそんなこと言ってるの?僕はいつも使ってる。」
という答えが返ってきました。
はやく放送を聞いて、その理由を確認したいです(笑)。ワクワク。
Posted by Kyoko at 2011年02月25日 13:21
【Lilyさん】
英語の勉強を再開したての頃、テレビの英語講座で Thank you. にたいする返事のしかたをまとめて習いました。そのときに初めて Don't mention it. を知って「なんとなくかっこええ〜」と思ってこれもたまに使います。My pleasure. はポジティブな感じがして好き。No problem. はThank you. は英語の授業中に生徒が失敗したときなんかによく使います。

No problem. を使わない方がいい理由として、
(おっと、Kyokoさんは読まない方がいいかも、ネットで放送を聞く楽しみが減っちゃうから)

場合によっては「私がやっていなかったら problem になっていたかもね。」という、あまり nice や considerate な感じでない印象を与えるかもしれないから、とクリスさんは言っていました。あなたには大変なことでも私にはカンタンだった、みたいな印象を与えかねないってことかな。
言い方、聞く側の捉え方とか状況によるのでしょう。

高3の姪が SHINee のコンサート(日本)に行ったときに、やっぱりこの曲が一番盛り上がったと言ってました。あの子もネットで友達を作って、その友達といっしょにコンサートに行ったそうです。
私と似てる...


【秋田いぬのゴンさん】
instill は SVOO の形をとらないんですよね。間違って、直してもらったりした単語はその分、しっかり覚えられますね。
特に理由はないけど、この単語の持つ「少しずつだけどしっかり染み入る」感じが好きです。


【Kyokoさん】
Lilyさんのところのコメントを読んでいないことを祈ります!
Posted by ラジ子 at 2011年02月25日 14:06
ありがとうございました!なるほどねえ。細かいことを気にすれば、そんな風にも聞こえるかもしれませんね。
Kyokoさんに申し訳ないです。私も読んでいないことを祈ります。

姪っ子さん、ネットでお友達が出来てよかったですね。私の娘も好きなバンドのファンが身近に1人しかいなくて、彼女以外ではもっぱらネットでおしゃべりしているみたいです。
考えてみれば、私も実生活で英語や映画・音楽の話が出来る人がほとんどいなくて、こうやってラジ子さんにお世話になっているんですよね。いつもありがとうございます!
ラジ子さんはK-POPコンサートデビューはまだですか?
お住まいの場所を考えるといろいろ行けそうですね。

rebound guyがあるってことは、当然逆のケースもあるわけでrebound girlもありでしょうか?!都合のいい女みたいな。私が教わった日系の先生はまさにrebound guyだったみたいで、結婚してもいいと思っていたのに結局相手は同じインドネシア系の男性と結婚しちゃったそうです。聞いていて気の毒でした。
Posted by Lily at 2011年02月25日 18:32
実は、私もNo problemを言いながら、そういう風に感じていたことはあります。恩着せがましいふうな。

しかし、実際のところ、あまりこっちでは気にせず使っている気がしました。「私がやっていなかったら problem になっていたかもね。」というよりも、「お助けしたことは私にとってProblemじゃなかったよ。」っていう意味じゃないのかな、と思ったりして、、、。
Posted by Kyoko at 2011年02月26日 00:06
でも、My pleasure.のほうが感じはいいな、と個人的には思います(笑)。これからはそっちにしよう。女の人なら特に優しい感じでいいですね。
Posted by Kyoko at 2011年02月26日 00:08
【Lilyさん】
No problem. に関しては、人によって感じ方も違うでしょうが、他の言い方もたくさんあるので別の言い方を選んでおけば安心。
私もネットのおかげで、ディープな話ができる友人ができました。ネットってありがたいですね。
K-POPコンサートはちょっと勇気がなくて...。もしそっち方面でデビューするなら、韓国ドラマ俳優とか女優のファンミーティングがいいな。その日のためにもハングル語を地道に勉強したいと思います。(結局そういう方向へ行っちゃうんだね、わたし)


【Kyokoさん】
あー、読んでしまいましたか。
ストリ−ミングで確認してみてくださいね。
私も「(自分にとってはタイヘンなことでもなかったので、)気にせずにね」という意味の No problem. だと思うし、たいていの人はそういう意味にとると思いますが、場合によって、人によって、違う解釈をする人もいるってことでしょうか。こういうのって気にし始めると何も言えなくなっちゃいますよね、難しいもんです。
Posted by ラジ子 at 2011年02月27日 02:18
やっと、ストリーミングで内容聞きました。(おそ〜い!)
No Problem自体が悪いのではなく、その状況や声のトーンによっては誤解されることもあるので気をつけたほうがいいと言っていたのですね。それは私の納得です。
特にレストラン業では、客が何かを頼んで礼を言った際に、「No Problem」はぶしつけがましい気がします。さすがにこういう場合はMy Pleasureのほうがプロらしいですね。
友だち間では普通に使われるので、状況によっては全く問題がないことがわかりよかったです。
Posted by Kyoko at 2011年03月07日 01:57
【Kyokoさん】
ストリーミングで確認していただけてよかったです。
どんな言葉でも表情や言い方ひとつで相手に誤解される可能性があるので、そこんところも気をつけなければ...。
Kyokoさんはネイティブに囲まれて暮らしているので、言葉の使い方に関して私よりもずっと気を使っていらっしゃいますね。私は雑だなぁ。間違ったりしても実害がないので、ほんっとにテキトーです。
Posted by ラジ子 at 2011年03月07日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。