2011年02月25日

turn on the charm

2/24「実践ビジネス英語」

従業員は上司が自分に接するのと同じように、お客に接する傾向がある、
上司の皆さん、部下にいろんなところを見られてますよ、たいへんね〜。

To me, that’s patronizing and pretty offensive.
− 私には偉そうな感じで、かなり不愉快です。
「偉そうで恩着せがましい上から目線の」この単語(patronize 含む)と
Daily Quiz で入れ替えだった condescending(condescend 含む) は
2月に入ってからブログ3度目の登場。

I hate it when waiters turn on the charm when it’s tip time.
− チップを渡す時になると、急にウェイターの愛想がよくなるは嫌ですね
またI hate it when が!(でも今日はスルー)
turn on →「まるでスイッチを入れたように急に」(杉田先生)
の説明がとってもわかりやすかったです。
そう考えるとこんなのも覚えられるかも。
turn on the waterworks:泣き落としにかかる(ジーニアス)
涙腺スイッチオン。

Yes, obnoxious waiters like that make me hanker for Japan, ...
− そんな不愉快なウェイターがいると、私は日本が懐かしくなってしまいますね。
hanker for … 〜にあこがれる、〜を恋しく思う
hanker の同意語は yearn / crave (クリスさん)。

1字違いの hunker は「しゃがむ、ひざを抱えて腰をおろす」
hunker down になると「やる気を出す、本腰を入れる」(反転でどうぞ)
Instead of hunkering down and hitting the books, they spent far too much time in front of the idiot box.
(腰を据えて一生懸命勉強する代わりに、
子供たちはどれほど長い時間をテレビの前で過ごしたことか。)
(09/07/02「実践ビジネス英語」)

detail … 詳しく述べる
あらゆる情報をすべて与えること。(OXFORD)
問題はこれが動詞として使われていることに気づくかどうか...。
The brochure details all the hotels in the area and their facilities.
(そのパンフレットにその地域のすべてのホテルと設備が詳しく書かれている)(OXFORD)

ちょっと好奇心で、パンフレット関連の単語をイメージ検索してみました。
brochure / leaflet / flyer / booklet / pamphlet
flyer だけはペラペラしてる感じ、でも他の違いがよくわからなかった。好みの問題?


2/4のブログに
I didn't want to be a woman on the rebound,...
(やけっぱちで付きあうようなことはしたくなかったのに)
「失恋の反動」の rebound をメモしました。
ドラマ「Ugly Betty」を見ていて rebound に遭遇。
ベティに好意を持つジオという男性が、
別の男性に失恋したばかりのベティにこう言いました。
I don’t want to be the rebound guy.
I want to be the guy.

rebound guy
「(失恋した女性が)やけでつきあう男」ってことはわかったけど、
日本語だと rebound guy って何て訳されているのかな?
と思い、字幕で確認。
慰め役はごめんなんだ ちゃんとつきあいたい」
なるほど〜、プロの仕事は素人のやっつけ仕事とはわけが違う。


去年の今頃、2/24「実践ビジネス英語」
I managed to hold my tongue, since I was very keen to land the contract with his company.
(彼の会社との契約を何が何でもものにしたかったので、どうにか口をつぐんでいられました。)
クリスさんが先月説明してくれた land の「魚を釣って、陸に引き上げるイメージ」は
すごくわかりやすくてありがたい。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

詳しく述べる=detail≒spell out というのはいかがでしょう?
Posted by 秋田いぬのゴン at 2011年02月26日 17:31
【秋田いぬのゴンさん】
なるほど、spell out に「詳細に説明する」という意味がありましたね。ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2011年02月27日 02:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。