2011年03月07日

in single file

「ラジオ英会話」

年度末ということで、「物事を終わらせる表現」。

2/28放送分
クッキーショップ経営者が従業員(学生)に
You can run along.
帰っていいよ
テキストによれば
You can leave. よりフレンドリーな表現。
辞書によれば Run along. は
子供に対して「あっちに行け(Go away.)」という命令としても使われるそうです。

3/1放送分
There’s not a grain of truth to that.
− それには真実のかけらもありません。
09/11/12「ラジオ英会話」の真実のかけら
There’s not a ( fraction ) of truth to that.
(真実のかけらもない話だよ。)
この日のテキストにはもうひとつ「真実のかけら」が紹介されていた。
an ( ounce ) of truth
個人的には ( fraction ) が一番「かけら」っぽい気がする。

Come on, Sam-Me, let us in on what’s really going on.
− またぁ、サム・ミー、実情をそっと私たちに教えてよ。
let (人) in on 〜 … (人)に〜を打ち明ける
「打ち明け(る)」でブログ検索して引っかかった英文
I'm going to level with you...
(あなたには率直に打ち明けるのですが、...)(06/06/26・27「ビジネス英会話」)
It’s someone posturing as your son and confessing to having caused a traffic accident.
(だれかが息子の振りをして、交通事故を起こしたと打ち明けるのです。)
(06/12/11・12「ビジネス英会話」)
... if they let on to their families, ...
(もし家族に打ち明ければ...)(06/12/18・19「ビジネス英会話」)

3/2放送分
Everyone line up in single file for recess.
− みんな、休み時間だから一列縦隊に並んで。
in single file in Indian file ともいうそうです。
語源を調べたところ「アメリカ先住民族」と関係あるらしいけど、
Indian のままでいいのでしょーか?

Hey, don’t shove me!
− おい、押すなよ
あんな時、こんな時の shove
Time to shove off.
(もう行かないと。)(08/02/29・3/1「ビジネス英会話」)

3/3のダイアログは job interview でした。
偶然にもポッドキャスト TOEIC Upgrader の3/3配信分も「ジョブインタビュー」がテーマ。


【コメント欄便り】
(1)3/4のブログに
follow suit(先例にならう、人のまねをする)は「トランプ」から派生した表現
と書いたところ、Lilyさんから
「ドラマで何度か耳にしたstrong suit(長所、強み、得手)も
元々は強い組札という意味らしい」
とコメントをいただきました。
トランプの「ブリッジ」の組札から来ているそうです。
suit イコール「洋服」とばかり思っていらんない!
Lilyさん、ありがとうございます!

(2) ADCKN さんより、「5トレ」最後のメッセージの
It is you who determines your future.
determines がついているのがなぜ?
という疑問コメントが寄せられ、その後ものすごく内容の濃いコメントが続きました。
興味のある方は結果をコメント欄にてお読みください
コメントしてくださった皆さん、ありがとうございます!


去年の今頃、3/5「実践ビジネス英語」
In the 1960s, the two generations went head-to-head over divisive issues ...
(1960年代にはこの2つの世代は、(中略)論争の的になっていた問題を巡って、
真っ向から対立していました。)
go(went) head-to-head(直接対決する)は今年度も3/3のビニェットにでてきたばかり。

*Daddyさん、ありがとうございます。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・ Come on, Sam-Me, let us in on what’s really going in on. -> what’s really going on.
Posted by Daddy at 2011年03月07日 23:37
【Daddyさん】
ありがとうございます、修正しておきました。
Posted by ラジ子 at 2011年03月08日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。