2011年03月25日

apparently

3/17・24「実践ビジネス英語」

「バースデーお尻たたき」の行事は知りませんでした。

・... I was a witness to my first public birthday spanking.
− 誕生日に人前でお尻をたたくのを初めて見たのです。
be a witness to … 〜の目撃者である、〜を目撃する
witness の他動詞にも「〜を目撃する」という意味があるので
I witnessed my first public birthday spanking.
でも間違いではなさそう。(ニュアンスが変わるのかもしれませんが)

spank … 〈子供の尻〉を (罰として)たたく
かつて通っていた英会話クラスで、子供のしつけに関する話題になると
必ず聞いた単語。
この単語を聞くたび、こっちのスパンクを思い出す...。

It apparently originated as a kind of initiation ceremony ...
− 一種のイニシエーションの儀式として始まったようで、...
apparently … どうやら〜らしい
この apparently に関して、以前コメント欄で montoさんに教えてもらいました。
TDミントン著「日本人の英文法II」で
apparently は自分の発言に100パーセントの確信がない、
あるいは100パーセントの確信は持てないが、どうやら真実らしい、という意味だとあります。

いつも、ありがとうございます!
Apparently, we’re going to follow the yogurt up with a revivified line of Brightwell’s classic breakfast cereals.
(確かに私たちは、そのヨーグルトに続いて、
ブライトウェル・ブランドの懐かしい朝食用シリアル製品群を復活させる予定です。)
(06/09/18・19「ビジネス英会話」)
まだ復活かどうか100%確かではなかったってことですね、ふむふむ。

initiation the act of becoming a member of a group(OXFORD)
というわけで birthday spanking initiation ceremony
テキストには「ユーモラスな一種の通過儀礼(rite of passage)」と
書かれていました。
She's in the painful rite of passage from the onset of puberty to full-fledged adulthood.
(娘は、思春期の始まりから一人前の大人へと至るつらい節目の時期にあります。)
(06/06/30・31「ビジネス英会話」)
子供グループから大人グループへ。
その他の通過儀礼
Coming-of Age Day(成人の日)は日本の rite of passage(通過儀礼)だ、
とクリスさんが言っていた
(08/09/04「実践ビジネス英語」)
ウェディング・ドレスの大安売りのお店に
女の子たちが開店前から並び、ドレスを奪い合うように買う
Running of the Brides
アメリカで、これは一種の rite of passage(通過儀礼)と認識されているそうです。
(08/04/28のブログ)
このサイトに行って、スクロールすると写真と記事が読めますよ。
ウェディングドレスを買いに来た、というよりは
完全に運動会のノリ。


アメリカ的な人―ハリウッドの歴史というよりも「アメリカの歴史」、
スターという言葉では表しきれないほどの大スター
とポッドキャストで紹介されていた、
エリザベス・テーラーさんが亡くなったそうです。
今でもハリウッドに美男美女スターはたくさんいるけど、
エリザベス・テーラーやジョン・ウェインのようなスターがいなくなったとも
言っていました。
今はいろんなメディアが発達して、スターがスターでいることが難しい時代。
どこかで目撃されれば即、ツイッターか何かで
「○○がラーメン食べてるなう」(← あんまりよく知らないけどこんな感じ?)
とかつぶやかれちゃって、「あ、フツー」ってことになっちゃうもんなぁ。


去年の今頃、3/17「実践ビジネス英会話」
Sometimes less is more.
(少ないほうがいい場合もあるのです。)
過ぎたるは及ばざるがごとし」という諺と同意だそうですよ。
(久々に隠してみました。反転で読んでください)

*Daddyさん、ありがとうございます!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 16:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウエディングドレスの争奪戦、ドラマ「フレンズ」でも面白おかしく描かれていました。あちらは買うのが一般的なんでしょうか。日本はレンタルも多いですよね??(私だけ?)

エリザベス・テイラーは本当に綺麗な女優さんでしたね。銀幕のスターって感じ。「クレオパトラ」をやったときのスチール写真なんてうっとりします。キャサリン・ゼタ・ジョーンズやアンジェリーナ・ジョリーあたりが近いって言う人もいますが、アンジーはちょっと違うかなあ。彼女もクレオパトラやるって話ですが。今は一般人も写真を高く売りつけるためにパパラッチみたいなことしているみたいですし、セレブも大変ですよね。
Posted by Lily at 2011年03月25日 22:44
【Lilyさん】
Run of the Brides のニュースは日本でもときどき取り上げられているので、割とおなじみですけど、みんな必死ですね〜。値段もそれほど高くないのかなぁ?私の結婚式の時もレンタルでした。レンタルでもなかなかの値段でしたから、買うのはちょっとムリだし、それに置き場所がない!

ポッドキャストでも「クレオパトラ」といえば彼女のイメージだ、と紹介されていました。代表作のひとつなんですね、(私は未見)。なんか、オーラが本当に見えそうなぐらい濃そうなイメージ。色とかにおいまでついていそうです。大スターってそういうものなのかな?
放送の中で「リズとリンジーとでは(ゴシップスターといっても)大きな違いがある」みたいなことも言ってました。波乱万丈、それこそ彼女の生涯が映画になりそうです。
Posted by ラジ子 at 2011年03月26日 10:32
spank … 〈子供の知り〉を (罰として)たたく
子供の知り->子供の尻

子供にspankしたことは、ありませんが、「Melody Fair]と言う映画を思い出しました。昔の話ですけどね。
Posted by Daddy at 2011年03月26日 23:01
【Daddyさん】
ご指摘、ありがとうございます!

私もspankしたことないです。行儀が悪いときに手をパチン!と叩いたり、脚をペチッと叩いたりはしましたが。もう、かなり昔の話になってしまいました。
「メロディ・フェア」というとマーク・レスターの映画ですか?私は残念ながら見たことがありません。音楽はCMでよく流れたりするので、もう今や classic の部類ですね。
Posted by ラジ子 at 2011年03月28日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。