2011年04月02日

Hold your horses.

3/31「実践ビジネス英語」

ちょっと今年はエイプリルフールって気分じゃなかったですね。

Hold your horses, Sue!
− まあまあ、ちょっと待って、スー。
Hold your horses. … 慌てるな。落ち着け。ちょっと待って。
「はやる気持ちを抑えるように」の意味。(テキスト)
個人的には「落ち着け」と聞くと、最初に Calm down. を思い出す。

キムがトニーのいたずらに気づいて
April Fools’ Day, of course!
− エイプリルフール、あっ、そうか
この of course
「《当然なことを思い出したりして》そうそう、そうだった」。(プログレッシブ)
だそうです。
Of course! Why didn’t I think of that?
(そうだった!どうして思い浮かばなかったんだろう)(プログレッシブ)

Tony, you really are incorrigible.
− トニー、あなたはまったく手に負えない人ですね。
He’s incorrigible.
(懲りないやつです!)(09/10/13「ラジオ英会話」)
どうしようもないペットの話だったようですよ。
今月、「ラジオ英会話」に出演中の犬のプーキーも incorrigible なやつ。

I should have seen this one coming, but I fell for your prank hook, line and sinker.
− こういうのが送られてくることを予想できていればよかったのですが、
  あなたのいたずらに、私は完全に引っ掛かりましたよ。
see something coming … 問題が起こるのを予測する
We should have seen it coming. There was no way he could keep going under all that pressure.
(それが起こるのを見抜くべきだった。
彼があんなプレッシャーに耐えられるわけがなかったのに。)(OXFORD)

なんか似たようなのがあったよな〜と思ったらこっち。
have it coming … (特に悪い意味で)(当然の報いを受ける、自業自得だ)
(カッコの中は反転でお読みください)

hook, line and sinker(完全に、すっかり)に関しては
09/07/30「実践ビジネス英語」のエントリーに
OXFORDの例文をメモしました。もう1回載せちゃお。
What I said was not true, but he fell for it hook, line and sinker.
(私の言ったことは事実ではなかったが彼は完全にだまされた)
テキストの英文と似てる!
ということは、だいたいこういう状況で使われて、こういう言い方をするのでしょう。
勉強になるわ〜。

I’m really kicking myself for not having seen through your prank.
− あなたのいたずらが見抜けなかったのは、本当に悔しいですね。
kick oneself for … 〜のことで自分に腹を立てる、〜が悔しい
Daly Exercise によれば、for の代わりに over でもOK。

see through … 〜を見抜く
岩村先生の講座で初めて習ったときは see through his lies(彼の嘘がわかる)、
辞書の例文も lie(うそ)とか game(計略)などといっしょに使われていました。
We saw through him from the start.
(私たちは最初から彼を見抜いていた)(OXFORD)
  ↑ こういう人は人を見る目がある。
見る目のない人
I’m not a good ( judge ) of character.
(人を見る目はないな。)(09/05/31「5トレ」)
You’re not good at ( judging ) people.
(あなたは人を見る目がない。)(10/12/19「5トレ」)


ひとつ前の記事にメモした
stretch things a bit … 少しやりすぎる、ちょっと極端である
stretch が名詞で使われるパターンをLilyさんが教えてくださったので、
ご紹介したいと思います。

「よく自分を殴った父親の墓石に beloved と刻まれているのを見て
主人公が"Beloved is a bit of a stretch"とつぶやくんです。」

Beloved はちょっと言いすぎだよ」って感じ?
使われる状況がわかると覚えやすいですよね。
Lilyさん、ありがとうございます!


去年の今頃、4/1「実践ビジネス英語」
take alternate Fridays off隔週金曜日に休みをとる
every other Friday が言えれば個人的には上等。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック