2011年06月09日

suffer a setback

6/8「実践ビジネス英語」

創造力のために持ち歩くものはメモ帳。
英語力アップのために持ち歩くのが講座テキストなのよね。

・ ... I was quite disheartened.
− 私はすっかり意気消沈してしまいました。
5月号「5トレ」の巻末「Let’s Build Up Your Vocabulary」、
Group 20に disheartened は「落胆した」という意味で載ってました。
Group 20に載っていた「意気消沈した」は ( dispirited ) だったので
この2つは同じ意味ってことですね。
番組冒頭、ヘザーさんが使っていた「意気消沈した」は( dejected )。
(カッコの中は反転だよん)

My creativity definitely suffered a setback.
− 私の創造力が挫折したのは確かですね。
suffer a setback … 挫折する、妨げられる
Hit by the depression, his business suffered a setback.
(不景気のあおりで彼の事業は挫折した)(プログレッシブ)

他動詞の suffer は「〈苦痛など〉を経験する」という意味。
辞書によれば suffer とよくいっしょに使われる単語は
injury / defeat / attack / loss など

「挫折する」だと foil / frustrate なんかもありますけど、
ブログ検索したらこんなの発見。
overseas postings ( fall ) by the ( wayside ).
(海外勤務が途中で挫折してしまう)(06/10/4・5「ビジネス英会話」)

There are any number of things you can do in your daily life to get the creative juices flowing.
創造力をかきたてるために日常生活の中でできることは、いくらでもあります。
以前の creative juices
I think the trick in keeping the creative juices flowing is to learn to think differently.
(創造的なアイディアがいつもわき出るようにする秘訣は、
人と違う考え方ができるようになることだと思いますね。)(08/06/06「実践ビジネス英語」)

creative juices といっしょに使われている flow
↓の flow は意味的に似てるんじゃないかと思ったんですけど、どうでしょう?
And the more the alcohol flowed, the more the adults became like kids.
(そして、酒が進むにつれて、大人たちはますます子どもっぽくなった。)
(09/12/25ブログ)
flow … 酒などがふんだんに出される(プログレッシブ)
創造力がじゃんじゃん出る、みたいな意味の flow ってアリ?

When I hit a brick wall in trying to find a solution to a problem, ...
− 私の場合、問題の解決策を探っていて壁に突き当たった(行き詰まった)時は、...
突き当たったら、ぶち破らねば!
再び、番組冒頭のヘザーさんですが、「壁を乗り越える」という表現として
overcome a mental block(思考停止を克服する)
と言っていました。
overcomebreak through は同意(OXFORD)。


作家がアイディアに行き詰ってぶち当たるのはコレ。
It’s a great way to pass the time when I have ( writer’s ) ( block ).
(書けなくなったときの時間つぶしにうってつけの方法なの。)(2000年度「ラジオ英会話」)

最近、石川遼君は in a ( slump )?
I hope he will get out of his ( slump ) before long.


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、
well-connected → うまいことつながっている → (有力なコネがある)
という仕組み。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック