2011年11月24日

compute

「英語5分間トレーニング」

更新は遅れ気味だけど、聞いてますよ!

11/14(月)
Nancy is wearing her hair in a ponytail.
− ナンシーがポニーテールにしてるのよ。
別の髪型
I remember her as a girl in ( pigtails ).
(彼女がおさげにしている少女のころを覚えているけど。)
(10/12/01「5トレ」)
(カッコ内は反転で読めます)

映画の中で
It seems to have some very strong language.
− すごく乱暴な言葉が出てくるみたいだから。
辞書で調べると violent / rough でもいいみたいです。

11/15(火)
中古の家を買ったんだけど
But it’s been renovated recently.
− でも、最近リフォームされたから。
外側をきれいにするリフォーム
It just underwent a major face-lift.
(大々的な化粧直しを受けたばかりなんだよ。)
(1999年度「ラジオ英会話」)
駅の改装の話。

コーヒーが熱いから
I’ll let it sit a few minutes.
− 少しの間そのまま置いておこう。
この let ~ sit はときどき聞きます。

進行形
Something came for you in the mail today. It’s sitting on the kitchen counter.
(今日、君宛てに何か郵便が来ていたよ。台所のキッチンカウンターの上に置いてある。)
(2001年度「ラジオ英会話」)

One-Pointers
These onions are burning my eyes.
− タマネギが目にしみる
前にこんな単語を習いました。
The dry cabin air ( irritates ) them.
(機内の空気が乾燥してたから目がしみるの。)
(10/03/11「5トレ」)
プログレッシブの例に
His eyes ( smarted ) from the gas.
(ガスがしみて目がちくちくした。)
というのもあったけど、どんなふうにしみるのか、とか、程度で使い分けるのかも...。

11/17(木)
You went quiet all of a sudden.
− 突然黙り込んで
fall silent なんていう言い方もあるようです。

ブログ検索でこんなのも発見。
... sometimes you ( clam ) up.
(時どき黙り込むことがあるだろう。)
(10/03/09「入門ビジネス英語」)

11/18(金)
But something doesn’t compute.
− でも、何か腑に落ちない
compute … 意味をなす、つじつまが合う
Something doesn’t quite compute about recent market figures.
(最近の市場に関する数値には腑に落ちないところがある。)
(プログレッシブ)
not ( make ) ( sense ) なんていうのはどうでしょうか?

11/19(土)
手作りクッキーを勝手に食べた犯人に心当たりあり。
Why do I get the sneaking suspicion you ate them?
− どうしてあなたが食べたとひそかに疑っているかって?
sneaking suspicion … ひそかな疑惑の念
かなり前に習ってます。
I have a sneaking suspicion that they amount to a new form of overload.
(私は、それが結局は新しいタイプの過剰負担を強いることになるのではないかと、
ひそかに疑っています。)
(07/10/22・23「ビジネス英会話」)

What have you got to say for yourself?
− どんな言い訳があるの?
say for oneself … 言い訳をする
speak for oneself だと「自分だけの意見を述べる」でした。
(11/11/12「5トレ」)
これはまぎらわしい!


お気に入りポッドキャストを聞いていて、気づいたこと。
脚を通してはくものは、複数形にするらしい。
briefs
trunks
a pair of ってことなんだろうけど、briefs は何がいったいペアなのかしら?
穴?


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、
He is such a ( contrary ) person.
(彼はとてもあまのじゃくよね。)
この前これを言いたかったのに、 contradict(×) と言ってしまった...。
品詞も違うってーのに

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[in a ponytail]
前置詞 in を使うんですね。
She wears her hair in braids.
Her hair was tied back in a long, thick braid.
な例もありました。

[compute]
英英辞典で調べてみると、
Informal . to make sense; add up: His reasons for doing that just don't compute.
否定文で使われることが多いようですね。add upは、
to seem reasonable or consistent; be in harmony or accord: Some aspects of the story didn't add up.
となっていました。
Posted by Daddy at 2011年11月25日 07:13
【Daddyさん】
髪型のin って、なんとなくピンときません。根拠がわかると、すんなり入るんですけどね。
すんなり入っても忘れますけどね...。

compute はOXFORDだと
to calculate something
という説明しか載っていなかったので、「腑に落ちない」という意味はアメリカ英語なんでしょうか?
日本語で「腑に落ちる」と言わないのと同じく、否定文で使われるのでしょうか?
例文も教えてくださって、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2011年11月26日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。