2006年09月21日

to spare

9/18「徹底トレーニング英会話」

さかのぼって月曜日の徹トレ。なぜかこの日は内容が濃かった。
いよいよ子供の運動会。ビデオのための場所取りに手間取る健司とジムの会話。

tripod … 三脚
突然ですが、なぞなぞです:What device is hiding in a tripod?
tripod に隠れている装置は何でしょう?)
答え:ipod(アイポッド) (答えは文字を反転させてちょ)← アラレちゃんか!
オリジナルですけど、けっこういいですよね(自画自賛)。ただし、誰にでも出せるなぞなぞじゃないのが残念。

vantage point … 見晴らしのきく地点
vantage … (名)有利、優越、優勢(プログレッシブ英和中辞典)
vantage point とか vantage ground(有利な立場、地の利)なんていうフレーズでよく使われるみたいですよ。advantage と意味もほとんどいっしょ。

photographer … 写真家
たまたま聞いた基礎英語(3だったかな?)で photographercameraman の違いを取り上げていて「なるほど!」と思った記憶あり。cameraman は一般的に映画・テレビのカメラマンのこと。けっこう言い間違えているのを聞いたことあります。

That tripod is so big that I could sit under it with plenty of room to spare.
 あの三脚はとても大きいから、その下に僕が座れるくらいの十分なスペースが空いてるよね。
最後の to spare が無くてもこの文章は成立するんじゃないか?と思った私。そしたら to spare でちゃーんと意味があったんですね。
to spare if you have time, money, etc. to spare, you have more than you need(OXFORD英英辞典)
(もし時間、お金などが to spare にあるならば、必要以上に持っていることになる)
プログレッシブの訳だと「好きに使える、余分の」。plenty of room to spare で「十分な(余っているから好きに使える)スペース」ということか。
時間もお金も余るほどあったらいいなー。I’d like both time and money to spare!

prime real estate … 一等地の不動産
real estate が不動産、real estate agent で不動産屋。
prime はスキットだと「of the best quality; excellent(最高級品質の、非常にすぐれた)」という意味。遠山先生のレッスンで prime example of 〜〜の最たるもの)を習ったことを思い出しました。


昨日は英会話クラスに参加したものの、消化不良の気分で帰宅。毎日ブログを書いたりしゃべる練習をしているつもりでも、いざとなると未だになかなか言葉がでてこないんです。家に帰って落ち着いて考えると「ああ言えば良かったのにどうして思いつかなかったんだろう…」の連続。あー、なんかクヤシー!でも私の場合、このくやしさ、もどかしさこそが英語学習の大きなモチベーションだったりするのです。今日もがんばろーっと!
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24108915

この記事へのトラックバック