2011年12月20日

dock

「ラジオ英会話」

ただ今、年賀状印刷中。

12/12放送分
写真撮影を注意された学生の謝罪。
My apologies, ma’am.
申し訳ありません
フォーマルな謝罪。(テキスト)
プログレッシブによれば
Please accept my apologies.
(ここにおわびいたします。)
の短いバージョンらしいです。

12/13放送分
リポートを提出できない、という学生に、教授が言ったセリフ。
That’s a shame, Alan.
− それはいけないわね、アラン。
I’m sorry. のくだけた言い方。(テキスト)
なんとなくshame の語感が強い気がして、使いにくい。

I’ll have to dock your grade.
− 成績を下げなければならないわ。
dock … 〜を下げる、減じる[評価・給料など](テキスト)
I’m going to have to dock your pay next time you’re late.
(次に遅刻したときは、君の給料を減らさなければならなくなる。)
(08/08/19「ラジオ英会話」)
評価・給料、両方カバー。

dock って、宇宙船の「ドッキング」とかの dock ですよね。
あと、
dock a dog
(犬の尾を切り詰める)
(プログレッシブ)
なんていう意味もあるそうです。
痛い!

I’ll give you until Friday to turn it in.
− 提出は金曜日まで猶予を与えます
until Friday が「(今から)金曜日まで(という期間)」
という名詞的な扱い方。(テキスト)
説明されなかったら、聞き流していたかも。

12/16放送分のWeekly Review
You have until Friday―and no later―to turn it in.
− 提出はどんなに遅くても金曜日までです。
no later than Friday という強調らしい。
You should turn it in by Friday at the latest.
(遅くとも金曜日までには提出してください。)
なんかでもOKかなぁ?


時間的な短さの割に内容の濃いポッドキャスト「CNN 毎日ちょこっとリスニング特訓
の最近のシリーズテーマが
「センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす」。
さらに、
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、
ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!」
っていう説明が入ります。
知的で品の良いスラングの例がこちら。
have the runs
technicolor yawn
number two / number one
the john
XYZ
知的で品の良いスラングの定義が私にはよくわかりませんが...。
あと、すごいと思ったのは
have the runs XYZ をコメント欄で以前、私に教えてくれた人がいるんです。
その人の名は Lilyさん!!
Lilyさんは硬軟取り混ぜて、いろんな表現を知っていらっしゃるのです。
すごいな〜。
いつも、ありがとうございます!


去年の今頃、12/17「実践ビジネス英語」「ラジオ英会話」
店員」という意味の sales ( associate ) は12/14のダイアログにも出てきましたね。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
until Fridayは目からうろこでした。こんな風に使っていいのねって。自分なら「あと3日あげる」とか「金曜までに終わらせなさい」と言うと思います。give you until Fridayとはねえ。

最近はNHKの講座を聞きっぱなしで単語・熟語を書き留めておくこともせず、今週は遠山先生のは歌だから聞いてもいません。ここに来るたびにラジ子さんが過去の記事やポッドキャスト、同僚の先生とのエピソードも織り交ぜながら、各講座細かいところまで書いて下さっているので、本当にありがたいです。読者の皆さんの羨ましいほど素晴らしい文法の知識と記憶力を披露して下さるコメントも楽しみです。そんな中で最後に私の名前なんか出して頂いて恐縮しています。ホントに恥ずかしいです。こんなだらだらしている私へのお優しいお言葉、クリスマスと誕生日両方のプレゼントを頂いたような気持ちです。ありがとうございました。あの2つはなかなか使うチャンスがないのですが(あっても困るけど)口にしても下品と思われない類いのものでよかった。日本語でも他人に対してストレートに物を言いすぎたり、女性も男性のような言葉遣いをする人が若者に限らず増えている気がします。あえて汚い言葉を使って笑いをとったり。上品ぶるつもりはさらさらありませんし、回りくどい言い方も嫌ですが、お下品なおばさんにはなりたくないなと思います。

今、YouTubeでアクターズスタジオのハル・ベリーのインタビューをまた見ていました。白人の母親とアル中の父親を持った彼女の苦労話は白人の俳優さんからは聞けないことで興味深いです。彼女がラブシーンの撮影秘話でloinclothと口にしたのを聞いて、あっラジ子さんのところで話題になったわ!と思いだしました。上品でありたいと願いつつ、耳に残ったり思い出すのがそんな単語の私です。まあ単語自体は下品でもなんでもないからいいか!こんな私をこれからもよろしくお願いします。
Posted by Lily at 2011年12月20日 15:14
【Lilyさん】
講座を聞いていて、今まで何度も「そんな簡単な言い方でいいの?」と目からウロコが落ちましたが、また再生されてしまいます...。

実は、私も今週の遠山先生の講座は聞いていません(汗)
やっぱり会話モノがいいです。

最近、惰性で聞いているようなところもあるんですけど、やめたいと思わないのは、やっぱり好きなんだろうな、と思います。その日によって、やるぞー!っていう日もあれば、聞くだけで精一杯っていう日もありますが、とにかく続いてます。
やっぱりいっしょに勉強して、情報交換できる仲間がいることが、モチベーションの一つになってます。ありがたいなぁ。Lilyさんにも、いろんな表現を教えてもらったり、コメントの交換をさせてもたったりして、いつもお世話になってます。
ありがとうございます!

今回の「知的で品の良いスラング」、いかがですか?もちろん、実際に「品の良いスラング」もあったんですが、こんなのポッドキャストで教えていいのー?っていうのもありましたよね。私も、年齢的にも「品のいい」単語や表現を使いたいと思っています。どうせ失敗するなら、カタイぐらいの表現で失敗する方が、いいかな、と思います。

ハル・ベリーの回、たしか私も見ました。内容は忘れましたけど...。loincloth が出てきましたか、だったら忘れないはずなのになぁ。お下品な間違いを避けるためにも、お下品な単語を知っておくことも重要です。くだらない単語や表現もお付き合いくださいね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!
Posted by ラジ子 at 2011年12月22日 00:13
自分もブログ作りました。
完全にラジ子さんに触発され、しかもそっくり真似してしまいました。
同じ会社のブログで、反転も使っています。
すみません。

単なる自分の備忘録なので、質は全然高くありません。

それで、作成過程で、ラジ子さんのところに記載されたものを引用したい場合があるのですが、引用してもよろしいでしょうか?
もちろんラジ子さんのHPから引用した旨記載します。
ここにアドレスを記載したかったのですが、はねられてしまいました。

「NHKradio  語学学習 リンクスロード」でググれば、自分のHPが一番上に出てきます。

では、よろしくお願いします。
Posted by リンクスロード at 2011年12月22日 14:59
【リンクスロードさん】
ブログ開始されたんですね。また仲間が増えました。ウレシイです。

見せていただきましたが、そっくりなんてことないですよ。
几帳面なリンクスロードさんの性格が反映されていると思います。
英語だけでなく、中国語、ハングル講座も聞いていらっしゃるとは、素晴らしいですね!私も一時期ハングルの勉強をしていましたが、結局中途半端になってしまいました。早く素敵な韓国人のボーイフレンドでも作らなくては...。

引用の件に関しては、もともとNHKに帰属する情報ですので、私が承認するとかしないとかは言えないのでしょうが、個人的には問題ありません。
ただ、間違って書き込んである場合もかなりありますので、それだけ気をつけてくださいね。気がついたら、ご自身で直して書き込んでください。すみません(汗)

情報交換しつつ、お互いに英語のレベルを上げていけたらいいですね!
Posted by ラジ子 at 2011年12月23日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。