2012年02月13日

jump out of one’s skin

「ラジオ英会話」

scared な週。

2/6放送分
冗談でおどかされた人が
I nearly jumped out of my skin.
− もう少しで跳び上がるところだったぞ!
jump out of one’s skin … びっくりして跳び上がる、腰を抜かす
マンガにありそうな状況。

skin つながり
That got under his skin.
(それが彼をいらいらさせたようです。)
(07/10/8・9「ビジネス英会話」)
I've got you under my skin.
あなたはしっかり私のもの」(フランク・シナトラの曲)
(ばっちもんがらさんからの情報)
あとこんなのも。
by the skin of one’s teeth … 間一髪で(プログレッシブ)
例の本にも出ております。 → 日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス) [単行本] / 藤浦 文夫, ニコラス ハワース (著); Nikolas Howorth (原著); 旺文社 (刊)

2/10More Info!
I had chills running down my spine!
背筋がぞおっとしました
こんな言い方もありました、そういえば。
chills の代わりに ( shivers ) でもいいですよね。← 反転させてください

2/7放送分
これから舞台にでるコメディアンが緊張して
I’m shaking like a leaf.
− 私、ぶるぶる震えているわ。
2/10More Info!
My heart is racing.
心臓がドキドキしています
heart でドキドキといえば、これも。
It makes my heart pound and my blood rush.
(胸がどきどきして、血液の流れが速くなる。)
(08/02/02「徹底トレーニング英会話」)

2/8放送分
幽霊のノックが聞こえる!と勘違いして
You scared me out of my wits!
気が変になるほど怖かったよ
なつかしい!さんざん練習しました。
2/10More Info!
You scared the daylights out of me!
もうめちゃくちゃ怖かったです
初めて遠山先生にこれを習ったときは
昨日地震があったでしょう?と聞かれた人のセリフで
Yes, it scared the living daylights out of me.
(そう、あれは心底こわかった。)
(06/06/14・15「英会話上級」)
のように、living がついていた。

2/9放送分
緊張している体操選手。
I have sweaty palms.
手のひらが汗ばんでいる
この前、飛行機嫌いな人が飛行機に乗るとこうなると言っていた。
My palms get ( clammy ).
( 手のひらが汗ばんできて。)
(12/01/25「5トレ」)


遠山先生の講座では、緊張したときの表現を何度となく習っています。
06/08/4・5「英会話上級」で習った
面接前の緊張状態表現をプリーズ。
When I think about it my stomach starts ( churning ).
(考えただけで胃がかきむしられる感じ。)


去年の今頃、「ラジオ英会話
Harry is ( nowhere ) to be seen.
(ハリーはどこかに消えちゃったわ。)
どこ行った?

*Daddyさん、ありがとうございます。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


【関連する記事】
posted by ラジ子 at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I had chills down my spine! →I had chills running down my spine!

[daylight]
daylightを辞書で引くと、uncountableとなっていますが、the (living) daylightsのときだけ、複数形を取れるようです。
英辞郎によると、
【語源】daylightsは人の目を意味する、18世紀初頭には使われていた古いスラングであり、もともとの意味は「気を失わせる」であったと考えられる。
ということだそうです。
Posted by Daddy at 2012年02月16日 21:39
【Daddyさん】
毎度、ありがとうございます。
(ラーメン屋か!)

daylight が uncountable とは知りませんでした。
このイディオムを言うときと、broad daylight、daylight saving でぐらいしか使ったことないんですけど、英辞郎を調べたら、けっこう用例があってちょっとビックリしました。
Posted by ラジ子 at 2012年02月18日 02:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。