2012年03月15日

sidestep

「英語5分間トレーニング」

今日もやるぞ!

3/5(月)
5分ごとに鳴る電話に
It breaks my concentration every time.
− そのたびに、集中力が途切れるんだよ。
break のプッツリ感
The shoelace broke.
(靴ひもが切れた。)
(2011年9月号「Let’s Build Up Your Vocabulary!」)

3/6(火)
One-Pointers
one too many が「1つ多い」で
one too few が「1つ足りない」、こっちは知らなかったなぁ。
11/11/13「5トレ」
He always says one word too many.
(彼はいつもひと言多いんだよ。)

3/7(水)
One-Pointers
This Italian place’s popularity took off.
− このイタリアンの店、急に人気が出ちゃってさ。
take off … 急にうまくいき始める(ジーニアス)
辞書の例文を読むと career との組み合わせが多かった。
Her singing career took off after her TV appearance.
(彼女の歌手としてのキャリアは、テレビ出演の後、急にうまくいき始めた)
(OXFORD)

3/8(水)
薄暗い所で急に声をかけられたから
Ahh! You startled me.
− うわっ!びっくりした
正確には「あなたが私を、びっくりさせた」だけど。
人が急に現れたりして「びっくりする」場合、
You scared me!
でもOK。(ジーニアス)

3/9(金)
大切なファイルを消去しちゃった人。
I accidentally pushed “Delete”.
うっかり「消去」を押しちゃったのよ。
「うっかり」といえば ( absentmindedly ) とか ( inadvertently )もありましたね。
(反転ですよ)

3/11(日)
She has a good eye for detail.
− 彼女は細かいことによく目が届く
野球で「選球眼がいい」という場合にも使う。
Good eye!
(球を)(しっかり見てるわ。)
(1999年「ラジオ英会話」)

Don’t try to sidestep the question.
− 質問をはぐらかそうとしないで。
類似表現
( dance ) around the subject
(その話題をはぐらかす)
(08/03/19「徹底トレーニング英会話」)
( fudge ) the issue
(論点をはぐらかす)(ジーニアス)

I wonder what you see in him.
− 彼のどこがいいのかね。
What do you see in boxing?
(ボクシングの何が面白いの?)
(ジーニアス)
結局、「彼」も、「ボクシング」も、よさがわからないってことですよね。


TOEIC English Upgrader というポッドキャストを聞いています。
最新回のダイアログの中に
ペイパー クリック」と言う単語が聞こえてきて
paper click” ってどういう意味なのだ?
と混乱していたら、
pay-per-click だった。

さんざん自分のブログで pay-per-pee! とか言って、感心していたのに...。
いやーね!


去年の今頃はお休み。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 英語5分間トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
pay per click、知らなければ、paper clickだと思ってしまいますよねえ。おかげで、今度、paperと聞こえてきたけど、辻褄あわない時はpay perの可能性を疑うことができるかも。

このところ、録音した番組を聞かないまま、たまりすぎて、消したりしています。ラジ子さんのブログが頼り。これからも、よろしくお願いします。m(_ _)m
Posted by monto at 2012年03月18日 20:58
【montoさん】
pay-per-〜は比較的新しい言葉だと思うので、要注意ですよね。

私も最近、らじおはたまりがちです。でも、来年も懲りずに聞きます。お付き合い、よろしく!です。
Posted by ラジ子 at 2012年03月19日 16:02
one too many マーシャ先生の講座でこの表現聞いたことがあって気になっていました。
やっと今日、出会いました。(すっきり)

2001年度2月
Yes, I was the chauuffeur for those who had one too many. (ええ、私は飲みすぎた人たちのお抱え運転手だったわね)
have one too many ちょっと飲み過ぎる
Posted by Hilda at 2012年05月14日 14:06
【Hildaさん】
絶対マーシャさんの講座で聞いたはずだけど、どこだっけ?っていう経験、私もあります。あれ、気になりますよね。

アイーシャのセリフだ!もう11年前のダイアログなんだなぁ。でも、まだまだ勉強になりますよね!
Posted by ラジ子 at 2012年05月14日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。