2006年10月22日

afford

10/21・22「ビジネス英会話」

さて、今回は学費の高騰が話題に。
Even scions of this county’s richer families need to rely on college loans ...
  この国では比較的裕福な家庭の子供たちですら、… 大学教育ローンに頼る必要があるのです。
scion … (formal or literary) a young member of a family, especially a famous or important one(OXFORD英英辞典)
(家族の中の若い人、特に名士や名高い家や地位の高い家柄の若者)
「花より男子」っていうマンガにでてくる超金持ちの西園寺くん。
Saionji is a scion(サイァン).(西園寺は、名門の御曹司)
これ、どう?連想ダジャレ記憶術。西園寺家だったらローンの必要はありませんけど。

repayto pay back the money that you have borrowed from somebody
(誰かから借りたお金を返すこと)
pay back ばかり使っていたので、初歩的な単語の割には使ったことがないな、と思った次第。

The high road to success is a toll road, but college counts so much that you can’t afford not to afford it.
成功への近道は有料道路ですが、大学教育はきわめて重要なので、お金を払ってでもその道を通らないわけにはいかないのです。
high road (to something) … the most direct way
(最も近い道)
count はしつこいぐらいに出ますね。be important とか、matter よりも口語では一般的なのね、きっと。
後半下線部分、なんのこっちゃ?って感じでかなり混乱しました。afford が2回も続けてでてきちゃって、金銭的な余裕がない余裕がない...、あーっ!何コレ?でしたが、Daily Quizに救われました。provide と入れ替えになっていて、答えは you can’t afford not to provide it。そう、afford には provide という意味もあったのです。へぇ〜。
私なりに you can’t afford not to afford it を直訳すると「大学教育を与えないわけにはいかない」。
afford … (formal) to provide somebody with something
OXFORDの例文
The programme affords young people the chance to gain work experience.
(その計画は労働の機会を得るためのチャンスを若い人たちに与えます)
言い換えると
The programme provides young people with the chance to gain work experience.
ですね。

クレジットカードに頼って生活をしていると...
you end up as poor as pauper with a huge debt loan.
莫大な借金を抱えて生活が立ちゆかなくなってしまうかもしれません。
pauper … (old use) a very poor person
(とても貧しい人)
金銭的な貧しさってこと。英和辞典だと「貧民、乞食、貧困者」など。乞食ぐらいビンボーになっちゃうよ!ってずいぶんキョーレツな表現。


10/18・19放送分で sulk(ふくれる・すねる)と同じように使えるとクリスさんが紹介してくれた単語「モゥ」はいったい何だったのか?結論:mope。「ふくれっ面をする」の同意語が pout 、「すねる、しょげる」の同意語として mope が紹介されたようです。Eucalyptus さん、Julietさん、Emiさん、いろいろ捜査にご協力いただきありがとうございました。川本佐奈恵さん発行のメルマガで確認もしました。クリスさんは「子供が自分の欲しいものが手に入らない時にとる態度を表す言葉」と言っていたので、mope は「すねる」方の態度を表す単語だったのですね。
ふくれてる子どもはまだかわいげがあるけど、しょげられると手におえない。私はしょげるタイプのイヤーな感じの子どもでした...。


posted by ラジ子 at 16:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ビジネス英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ?と思うことがあって追求した言葉は、タラ〜という感じでやり過ごしてしまった言葉より印象に残ります(はずです)。このmope、しっかり覚えられたかも!
Posted by Emi at 2006年10月26日 11:26
同感、同感。なんだかんだ苦労した単語の方が定着します(たぶん)。私の場合 mope には、老人がすることもなくしょんぼり家にいる、みたいなイメージがあって、子どもがしょんぼりする、という絵がまったく浮かんできませんでした。mope は老人向けの言葉とは限らなかったのね。
Posted by ラジ子 at 2006年10月26日 12:14
はじめまして。こんにちは!

素敵なブログですね。
更新楽しみにしています。
また遊びにきますね。
Posted by べんべら at 2007年05月31日 22:33
べんべらさん、コメントありがとうございます。
Posted by ラジ子 at 2007年06月01日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。