2012年04月04日

There’s nothing to it.

「ラジオ英会話」

せめてもの新年度気分を!ということで背景を変えてみました。

4/2放送分
「アーチェリーを習得するのは大変ですか?」と質問されて
There’s nothing to it.
わけないです
4/3の放送で、Listen for It! の答えを聞かれたケイティーさんが
Nothing to it.
だけで使ってました。

コツも教えてもらえると聞いて
Okay. You convinced me.
− オーケー。やる気になりました
入会するらしい。
convince は「聞けばわかるけどあまり使ってない」単語のひとつ。
09/12/18「実践ビジネス英語」より
メインディッシュを2人で分けよう!という提案に、
At first I was a bit taken aback by her suggestion, but she convinced me that these days it’s not so unusual.
(その提案に最初はちょっとびっくりしましたが、近頃ではそれほど
珍しいことではないと彼女に言われて、納得しました。)

4/3放送分
会社の歓迎会で会った初対面の人に
Where’s home for you?
− ふるさとはどちら?
*年齢が近ければ使える
*できれば、国名だけで終わらせず街の名前まで答えてほしい
という説明あり。

I’m from A but what I really call home is B.
(出身はAですが、本当にふるさとと呼べるのはBです。)
という答え方もあるそうです。(テキスト)

Are you homesick at all Zoe?
少しはホームシックになる?
at all? … 少しは〜ですか?
疑問文の at all は「いったい、そもそも」という意味と習ったのですが...。
Is George into sports at all?
(一体ジョージってスポーツに関心があるの?)
(06/09/16「徹底トレーニング英会話」)

ベーグルショップに一緒に行く、という話の流れになったので
I'll hold you to that!
それ、約束ね!
これ、「ラジオ英会話」でよく使われてる気がする。
10/01/21「ラジオ英会話」では
(それ、守ってくださいね。)という訳。


There’s nothing to it. ですけど、プログレッシブには
お茶の子さいさいだ(very easy)」という訳が載ってました。
それを読んで心に浮かんだプチ疑問。
若い人って「お茶の子さいさい」を知ってるのかしら?
そもそも、「お茶の子さいさい」ってなんだろう?
「花の子ルンルン」なら知ってるけど。
友達に「わからないことがあったらググれ」とよく注意されるのでググりました。
よかったらどうぞ。
お茶の子さいさい 

今年度も書けるときに書く、というペースで行きたいと思います。
お付き合いいただける方は、よろしくお願いしますね!


去年の今頃、4/1「実践ビジネス英語」「ラジオ英会話」
It’s hard to believe people could be so credulous.
(人々がそんなにだまされやすいなんて、信じがたいですね。)
           ↑ 24年度、初反転
実は私も credulous タイプ、かな。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 13:54| Comment(9) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンニャンヴァージョンとてもかわいいですね♪

>お茶の子さいさい
piece of cakeと同じってすごい。甘いものはいずこも同じ、ペロリ!^^

今年度もよろしくね〜。
Posted by 莉杏 at 2012年04月04日 22:34
背景が白で私には見やすくなりました。そしてトップの動物たちがキュート!今日は去年天国に行った愛犬の誕生日でして、生きていれば16歳。このイラストを見て癒されたいと思います。

I'll hold you to thatは覚えていました!覚えたのは確かあの講座。先生のお気に入りのフレーズでしょうか。何度か出て、こうやってブログでも確認させてもらうと私でもしっかり定着するかもしれません(期待)
There's nothing to itは今日もケイティさんがNothing to itとして使っていたような・・・。あまりの強風でいろいろありまして集中していなかったのですが。

お茶の子さいさいってそういう事だったのですね!
ありがとうございました。花の子ルンルンでくすっと笑ったのは私だけでしょうか?
今年度も英語3講座、頑張って聞きます。よろしくお願いします!
Posted by Lily at 2012年04月04日 23:09
【莉杏さん】
実は、今まで背景を変えなかった理由のひとつが「気に入ったのがない」だったんです。あと、かわいくても反転させたときに、文字が見えてもだめなんで、ずーっと同じ背景でした。でも、これイイでしょ!しばらくこれでいきますね。

お茶の子さいさい = piece of cake

さっすがー!思いつかなかったなぁ。
今年度も莉杏さんのお知恵を拝借したいと思います。
よろしくね!


【Lilyさん】
ワンちゃんの旅立った日を覚えているなんて、Lilyさん、やさしい!

番組の内容をマンネリとか思うときもあるんですけど、だからこそ繰り返しやって定着する、という面もありますからね。物事をポジティブにとらえるクセをつけなくては。
ケイティさん、昨日も言ってましたよ。Say it!のコーナーでした。

お茶の子さいさい、この年で初めて語源を知りました。montoさんもブログに書いていたように、母国語にも気をつけていかなくちゃいけませんね。

こちらこそ、よろしくです〜。
Posted by ラジ子 at 2012年04月05日 13:25
久しぶりに訪れてみたら、あらすてき。
犬やら猫やらネズミやら骨やらにぎゅっっとハートをつかまれてしまいました。

ベーグルはうまいぞ。シカゴもユダヤ系の人が多いんだね。

本年度もたまーに訪問させてねん。
Posted by 康子 at 2012年04月05日 19:53
【康子さん】
お久しぶりです!
私もこのテンプレート、気に入りました。

もともとベーグルってジューイッシュフードだったんですね。なーんも考えないで、もぐもぐ食べてました。おいしいですよね、あのもっちり感がたまらんです。

気が向いたときに来てください。ノロノロだけど、なんとかやってると思いますので。
Posted by ラジ子 at 2012年04月07日 12:57
BSのDlifeでドラマを見ていたら、I'll hold you to that!ってセリフが出てきたので、NHKの講座で出てきたんだよな〜たぶんと検索して参りました。そしたら自分の過去のコメントも(笑)credulousもレッスンのプリントに出てきたところでした。同じドラマで先日覚えたan educated guessも出てきたので、なかなかNHKの講座内容が頭に入らない、昨日のレッスンで適切な言葉が出ずに落ち込んだ私も(まあ自業自得ですが)ちょっと気分がよくなりました(単純)
Posted by Lily at 2013年10月24日 11:14
【Lilyさん】
はい、I'll hold you to this. とか that. とか、何度となくでております。
結局、覚えるか覚えないかは、頻度の問題なんじゃないかという結論に達しつつあります。
イヤでも毎日聞いていれば、自然に覚えてしまうものがありますし、覚えたいと思っても、しばらく聞いていないと忘れてしまうし。
言葉って、結局そこ!なんじゃないでしょうか?

頭に入らなくても、忘れてしまっても、そこでその表現とのコンタクトがあることに意味があるんですよ、きっと。

と、またひとつ、新しい言い訳が増えました...。

Lilyさん、Huluにも「ラブリーガル」が追加されましたよ。いつまで見られるか、契約の関係がわからないんですけど、しばらくはコレ、見てみますね、楽しみで〜す!
Posted by ラジ子 at 2013年10月24日 20:29
私も今日ちょっと検索して「ラブリーガル」が見られるのを確認しました。途中までしか見てないのですが、犯罪ものじゃないから楽しく見られると思います。あと、映画ですがジュリア・ロバーツの「ベスト・フレンズ・ウエディング」もありますね。見たことありますか?「あなたが寝ている間に」と同じく私の好きなロマコメです。まだでしたらぜひ!
Posted by Lily at 2013年10月25日 00:15
【Lilyさん】
ラブ・リーガル、2話見ました。前にLilyさんもコメントしてくださった記憶がありますが、「キューティブロンド」のエッセンスがかなり入ってますね。面白かったです。
完璧とは言えない主人公が、努力して前進していく姿がいいですね。その点はベティと似ています。
「ベスト・フレンズ・ウェディング」はDVDを持ってますよ〜。キャメロン・ディアスが初々しくてかわいかったですね。
やっぱりロマコメ、最高です!またオススメあったら、教えてください (^ω^人)
Posted by ラジ子 at 2013年10月28日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック