2012年04月07日

click

「ラジオ英会話」

前回からの続き。

4/4放送分
スペイン語のテスト前に単語の意味を思い出そうとして
Hmm. I’m drawing a blank.
− うーん。出てこないわ
draw a blank … 何も思い出せない
初めて習ったのが07/12/22「徹底トレーニング」だったようです。
Sorry, I’m drawing a blank.
(ごめん、思い出せないな。)

4/5放送分
名前だけ知っていた人にやっと会えた。
I’ve heard so much about you.
おうわさはかねがね
私は
I’ve heard a lot about you.
で覚えました。

実際に会って、名前と顔が一致した英文
It’s nice to be able to put a ( face ) to the ( name ) after corresponding with you by e-mail for the past few months.
(あなたとはここ何か月かメールでやり取りをしてきましたが、
名前と顔が一致できてうれしいです。)
(10/04/02「実践ビジネス英語」)
put a ( face ) to the ( name ) … 名前を知っている人の顔がわかる、名前と顔が一致する

ほめられて
Well, I’m flattered.
− まあ、(お世辞でも)とてもうれしいわ
ほめられたときに、素直に返すなら↑
ちょっとひねるなら ↓
Flattery will get you nowhere.
(お世辞を言っても無駄だ。)
(09/04/09「実践ビジネス英語」)
ネイティブに英語が上手だね、とか言われた時にこれを言うと、
けっこうネイティブが笑ってくれます。

Try It in a New Situation!
They instantly click.
− 2人はすぐに意気投合する
私の場合、「意気投合する」だと
They hit it off.
がすぐに浮かぶんですけど、mijokaさんのブログに 
こういう記事があって、それから「使ってもいいものかどうなのか」
思案中。
何度もラジオ講座にでてきているし、英辞郎でも特に問題なさそうなんだけどなぁ。
これ ↓ も「意気投合」ですよね。
They ( took ) ( to ) each other instantly.
(彼らはすぐにお互いを好きになった。)
(12/01/29「英語5分間トレーニング」)


英会話タイムトライアル」の、今までにない試み、SPRトレーニングが楽しいです。
SPR って、いったいどんな難しい単語の略なんだろうと思ったら
SPR = 瞬発力(Shun Patsu Ryoku)
ってことで、コケました、わたし。


去年の今頃、「英語5分間トレーニング」、4/6「実践ビジネス英語」
歯医者さんに行くまでの間、
I was ( counting ) the hours.
(あと何時間って指折り数えて待ってたわ。)
歯が痛かったから。
どうせ待つなら、楽しいことを待ちたいものです。


)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 16:06| Comment(8) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もリーダーズなどで俗語としてああいう意味があると知って、mijokaさんのところにも気を付けるって書いたんですが、電子辞書に入っているOXFORDの定義はto  私もI’ve heard a lot about youの方を使うと思います。so muchはどうも使いこなせていない私。Thank you so muchくらいですかねえ。  

have a good friendly relationship with sbとあるので心配しすぎることもないのかなあ。あとはその対象が誰かってことによるのかもしれませんね。私が誰か異性と気が合うと言うと話した相手が妄想しちゃうのかもしれないけれど、どうしようもないですね。聞き手の方がにやりとしようものなら「そういう意味じゃないからね」って言えばいいか・・・。日本のドラマなんかでもそういうシチュエーションありますよね。

Flattery will get you nowhereって言ってみたいです。昔、先生に何かで褒められてDon't butter me up!と言ったら素直にありがとうと言えって叱られました。
ついでにじゃあjam upがいい?と言われました(さむい)それ以来、ハローみたいな挨拶と同じレベルに聞こえるGood job!やWell doneなどのお決まりの褒め言葉にも素直にThank youと答えておくことにしました。

ソレイシイ先生はSPRに力を入れていますよね。衰えてきているので頑張ります。
Posted by Lily at 2012年04月07日 18:26
今YouTubeでドラマ『大草原の小さな家』で意地悪なネリーを演じていた女優さんのインタビューを彼女の自伝を読んでいることもあって見ています。ネリーは主人公のローラとよく取っ組み合いのケンカをやっていましたが、「ローラを演じたメリッサのことは嫌いなの?」などとよく聞かれるそうです。彼女によると初日から気が合って仲がいいとか。そこで"We hit it off."と言っていました。同性で誤解を受けるようなこともないシチュエーションなので、こういう場合は問題なく使えるんじゃないかと思いました。
Posted by Lily at 2012年04月08日 14:04
こんにちは

>英会話タイムトライアル、
SPR = 瞬発力
ってことで、つっこみました、わたし。

なぜ日本語の略?!と疑問をいだいたリスナーは、
他にもたくさんいると確信します。(^^;

語句はシンプルだけれど、かなり実践的な「英会話」のトレーニングになりそうですね。
Posted by ラプ at 2012年04月08日 14:24
私も"hit it off"の使い方が気になって、オンラインレッスンで質問してみました。
聞き手が何の予備知識もない人のことを"hit it off"と言ったら、誤解される可能性があるということでした。聞き手も知っている人の話をしていて「彼とは初めて会ったときからウマがあった」のように使う場合は問題ないそうです。Lilyさんのおっしゃるように状況次第っていうことなんでしょうか。
Posted by ばっちもんがら at 2012年04月08日 21:20
以前、友人(オーストラリア人)の誕生日パーティーで日本人の女性の方(初対面)と話が弾んでいたのを見て”hit it off”と言われました。

Posted by Hilda at 2012年04月09日 13:39
【Lilyさん】
hit it off に関しては、もしかするとmijokaさんのお友達の個人的な意見かも?って思うことにしました。皆さんの意見やNHKでの使用頻度を見る限り、safe な表現としか思えないので。ネイティブの中に、そういう意見の人もいるんだなー、ぐらいにしておきます。
あと、「大草原の小さな家」からの情報、ありがとうございます!

英語で話す場合、謙遜するよりも素直に喜ぶようにしています。なんたって、自分の子供を堂々とほめちゃう文化ですもの、ほめるのは全然特別なことじゃないんだな、って思います。でも、私たち日本人だとなかなか...、ね。

ソレイシイ先生の講座は、実際に英会話のレッスンをして、言葉がでてこなかったときの「もどかしさ」を体験できますよね。「ガンバリマショ」っていうあたたかい励ましもいい感じです。


【ラプさん】
SPRはずるいでしょ、ねー。そんなこと言ったら、私のブログだって
NEF ですよ。なんかカッコイーかも。ラプさんのとこは
OEW ですね。
これ始めると訳わかんなくなりそう...。


【ばっちもんがらさん】
誰と誰とが hit it off って、知っている人について言うのなら、まず問題ないわけですね。
英語もまだまだ奥が深いですねー。
情報、ありがとうございます!
あと、オンラインレッスン、楽しんでいるみたいですね。


【Hildaさん】
やっぱり safe だわ。Hildaさん、実際の現場からの情報、ありがとうございます!
Posted by ラジ子 at 2012年04月09日 15:27
今、アメリカ人の女の先生のレッスンを受けたのですが、take to each otherはお互いに問題なくやっていけるって感じで、hit it offだと共通点があって話が盛り上がって意気投合するというような意味らしいです。彼女の解釈かもしれませんが、本だと単純に同じ意味としか書いてないことも多い中で、そういう微妙なニュアンスの違いがあるようです。後者はやはり普通は気にせず使ってOKらしいです。使い方によると・・・。

ついでにCD BookにもあったDon't sidestep the questionという言い方、映画やドラマでそういうシチュエーションってたくさんあるけれど、聞いた記憶がないなあと思ったので尋ねたのですが、おそらくsidestep最近使われるようになったのかもと言われました。dodge,avoid,beat around the bushなどの方が頻繁に使われるかもしれないと彼女は言っていました。もちろんこれも彼女の意見ですし、中にはそれほど使う人がいないと分かっていても、あえて好きで使う・難しい言い方・面白い言い方だから使うという人もいますよね。
Posted by Lily at 2012年04月11日 08:28
【Lilyさん】
>take to each otherはお互いに問題なくやっていけるって感じ
なーるほど!辞書の例文が上司に対して take to だっていう内容だったので、恋愛感情というのとちょっと違うみたい、って思ってたんです。
ありがとうございます!

あと sidestep の情報も、ありがとうございます、パート2。
この前、ABCNews で sidestep が使われていて「おっ!」と思いましたが、何のニュースだったかはサッパリ...。

やっぱりネイティブのレッスンは学ぶところが多いですね。
Posted by ラジ子 at 2012年04月12日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック