2012年04月13日

hand-sewn

「ラジオ英会話」

実際に使えそうな表現が多いので、練習しとこ。

4/9放送分
シアトルのカフェにて、ミュージシャンの会話。
I want to be a part of it.
− そこ(シアトルのミュージックシーン)に加わりたいんだ。
言えたらかっこよさそう。

You’re in the right place.
いいところを選んだわ。
be in the right place … 場所を間違っていない、ちゃんとしたところにいる
こんなのありましたよね。
We all know that your heart’s in the right place and that underneath your crusty exterior you’re really just an old softy.
(あなたは根はいい人で、見かけは気難しそうでも、
本当はとても優しい大先輩だということを、みんなわかっていますからね。)
読めないところは反転させると読める仕組みになっております。
someone’s heart is in the right place … [(実際には)優しい人である、根はいい人である]
(11/03/10「実践ビジネス英語」)

4/10放送分
飲物などをつぐときの言い方。
Say when.
− いいときに言って。
When.
− いいです。
どこかに書いたと思うのですが、見つけられず...。

かつての飲み物表現
(1) 飲み物をすすめられた時
「ミスター・インクレディブル」より(日本語は私の訳)
Would you care for more mimosa?
(もう一杯ミモザはいかがですか?)
Don’t mind if I do. Thanks.
(そうさせてもらうよ。ありがとう)
(09/01/12のブログ)

(2)お酒をつがれそうになった時
I don’t drink anymore.
(もう十分、結構です)
と断ったフリをしてから、ちょっと間をあけて
I don’t drink any less either.
(でも、まだ大丈夫、いただきます)
と、ニッコリ笑うと、ネイティブに受けるはず、
と英会話の先生に教えてもらった。
(10/03/18のブログ)
でも、そもそもネイティブとお酒を飲むことがないんだなー。

4/11放送分
I love watching the fog roll in.
− 霧が押し寄せてくるのを眺めるのはとてもいい。
roll なんですね。
The dense fog rolled into the harbor, nudged by a sudden change in wind direction.
(風向きが急に変わり、濃い霧が港内に流れ込んできた)
(ジーニアス)
波(wave)にも roll が使えるそうです。(ロングマン)

What’s on your agenda for tomorrow?
明日の予定は?
for を忘れてしまいそう。

4/11放送分
クッション( pillow )の話。
hand-sewn 手縫いの
Traditionally, kimonos are sewn by hand.
(伝統的に、着物は手縫いである。)
(11/07/04「5トレ」One-Pointers)
  ↑ この日に復習した sown は ( sow種をまく)の過去分詞
まぎらわしいぞ。

They look store-bought.
店で買ったもののように見える。
言われたらうれしいだろうね。

クッションを1つ持って行ってとすすめて
Take this fuzzy one.
− この綿毛のを持っていって。
fuzzycovered with soft short hair or fur
(ロングマン)


06/08/05のブログにちょっと書いたんですけど
英会話の講師として、アメリカ人の大学生とペアでレッスンをしていたとき
大学生に「果物を英語で説明してもらい、それを生徒が当てる」
というクイズをやったんです。
ある果物に関して “This is fuzzy fruit.” みたいなヒントで、
「ここで fuzzy なの!」ってびっくりしたことをよーく覚えています。
fuzzy = あいまいな
しか知らなかったから...。

ちなみに、クイズの答えは「桃(peach)」でした。


去年の今頃、4/13「実践ビジネス英語」
the younger generation has butchered English.
(若い世代の英語は乱れていますからね。)
言葉に関してはどこの国でも、同じようなもの。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
【関連する記事】
posted by ラジ子 at 12:17| Comment(6) | TrackBack(0) | ラジオ英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お酒をつがれそうになった時の会話、たぶんほとんど同じだったと思うのですが、『あなたが寝ている間に』でサンドラ・ブロックが恋する男性のおばあちゃんがそう言ったんですよね。あのおばあちゃん、可愛くて好きです。

fuzzyはやっぱり私も「あいまいな」なんですよね。一時日本語でも「ファジー」ってやたら使われていたような・・・。桃で思い出しましたが、日本の桃は美味しいですが皮はうぶ毛があるし剥きますよね。前にコメントした可能性大なんですが、『ボディガード』でケビン・コスナーが桃らしき果物をナイフで皮ごとスライスして、そのまま口に運んでいたのを見て驚きました。
Posted by Lily at 2012年04月13日 18:36
【Lilyさん】
さすがです!「あなたが寝てる間に」を使ったレッスンで、そのシーンを見たあとに、先生からすすめてもらったんです。ちょうどアメリカに行く前だったので、お酒を飲む機会もあるだろうということで。お酒を飲んでいても「いつこのジョークを言おうか」と虎視眈眈と狙っていたら、酔えないような気もしますけど...。自然に言えるように何十回も練習しておかなくては!

「ボディー・ガード」でケビン・コスナーが桃を食べたシーンは覚えてないんですが、日本の桃とは違うタイプだったんでしょうね。「日本だったらありえないよ」っていうことが、外国では当たり前だったり、そういう異文化を知るのも映画の魅力。

私も同じことを何度もブログに書いている可能性が高いです。お互い様ですから、何度でも書き込んでくださいね!
Posted by ラジ子 at 2012年04月14日 09:23
マーシャ先生の講座で、"Lutz, Bev, do you know what's on the agenda today?"が出てきて、todayの前にforがありません。以前、ネィティブに聞いたら、どちらでもOKと言われました。Googleでも両方、ヒットします。(でもforがついている方が、多いです。)
Posted by Hilda at 2012年05月03日 10:36
【Hildaさん】
あ、どっちでもいいんだ!
forがついてる方が多い、という情報まで書いてくださって、いつもさすがです。
あと2日、もっと英語の勉強するぞー!
ありがとうございました。
Posted by ラジ子 at 2012年05月05日 08:34
>What's on the agenda today?
久しぶりに聴いたポッドキャストのKen's Cafeでも、遠山先生がよくforなしで言っていました。また、agendaの代わりにplateやmenuも使っていました。

>もっと英語の勉強するぞー!
あっという間のゴールデンウィークでしたね〜。
Posted by 莉杏 at 2012年05月06日 15:02
【莉杏さん】
ホント、あっという間ですね。年齢のせいか、時間のたつのがドンドン速くなります。

遠山先生情報、ありがとうございます!
for があってもなくても、ということで、安心ですね。

今日から5月号スタートです。また気分新たにいきたいと思います。
Posted by ラジ子 at 2012年05月07日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック