2012年04月17日

bottom out

4/11「実践ビジネス英語」

今考えてみると、昨年度まで月に2回、
スーザンである必要があったのかという気もします。
もちろんスーザンさん、好きでしたけど。

But things usually get back to normal not too long after the economy bottoms out.
− とはいえ、景気が底を打って健全なレベルに回復するまでに、
  普通はそんなに長くかからないものです。
bottom out … 底に達する、底を打つ
OXFORDもロングマンも、例文は recession bottom out でした。
この out は「完全に、最後まで」の out でしょうか。
この意味の out を使ったこんな英文ありましたよね。
I’m ( coffeed ) out today.← 反転させて読んでください
(今日はコーヒーを飲みすぎたわ。)
(11/06/12「5トレ」)

The economy hasn’t exactly bounced back.
− 景気が立ち直ったとは言い難いですよね。
recover ということです。
bounce つながり
if you need someone to bounce ideas ( off ) of, ...
(あなたのアイデアに対して意見を言ってくれる人が必要なら、...)
bounce ideas ( off ) ( of ) somebody …(人に)(アイディアなどを)ぶつけてみる
( of はあっても、なくてもいいようです)

And the glacial pace of the recovery has probably caused more damage than the recession itself.
− それと、景気回復のスピードが非常に遅いことによるダメージは、
  おそらく不況そのもののダメージより大きかったのでしょう。
glacial pace … ゆっくりした速度、遅々として進まないスペース
snail’s pace とどっちがゆっくりなのか?
スケールが違いすぎるか。

It’s eroded the middle class ...
− 景気回復の遅れによって(中略)中間層が疲弊してきています。
erode … (徐々に)損なう[衰退させる、疲弊させる]
It can erode your sense of personal identity.
(それ(バーチャル依存)は、自分のアイデンティティーを損ないかねないということです。)
(02/01/12「実践ビジネス英語」)
過去2回メモしている文章は、どちらも無生物主語。

inflation-adjusted income インフレ調整後の所得
難しい単語だけど、ニュースなんかで聞くことあるかも。


すみません、私事ですが、昨日、行っちゃいました、
東方神起 IN TOKYO DOME!!」← ニュースへのリンクなので、早めに切れそうです
アイドルのコンサートに行くのは初めてだったんですけど
彼らがいかに素晴らしいスターであるかを再確認。
いやー、夢のようでした〜。
隣の席のおばさまは、このツアー中、昨日で5回目ですって!
熱い、熱い!
帰り際、偶然撮れた写真↓
トランポ.jpg
こういう機材を運ぶトラックのこと、
ファンの人たちは(?)「トランポ」って呼ぶんだそうです。
何の略かと思ったらコレでした。


去年の今頃、「実践ビジネス英語」、「ラジオ英会話
We adults aren’t immune to technology’s effects in that regard either.
(私たち大人も、その点ではテクノロジーの影響を受けています。)
この英文は「実践」からですけど、うーん、わかりにくい!

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。
posted by ラジ子 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック