2012年05月05日

be quicker on one’s feet

4/26「実践ビジネス英語」

うかうかしていると、GWもあっという間に終わっちゃいます。

・ ... we decided to break up the company into smaller, more-focused entities that are quicker on their feet and can better respond to the needs of the changing market.
− グレートレイクスを、より小規模で、より特化した会社に分割することを決定し、
  より小回りが利いて、変化しつつある市場のニーズに
  よりよい対応ができるようにしたのです。
be quicker on one’s feet … より小回りが利く、もっと機転が利く
機転が利いて、on one’s feet といえば、思い出すのがこの英文。
I had to think on my feet and have all the facts at my fingertips.
(私は即座に決断しなければならなかったし、
すべての事実に精通していなければならなかった)
(07/9/12のブログ、「徹トレ」9月号テキストより)

Did shareholder pressure make management go the spinoff route?
− 株主の圧力によって、経営陣はスピンオフの道を選んだのですか?
4/20「実践ビジネス英語」に出てきた go theroute がさっそく使われていた。

・... we believe the current spate of spinoffs will activate the U.S. market, ...
− 私たちは。現在相次いでいるスピンオフによって(中略)
  アメリカ市場が活性化されるだろうと考えています。
spate of … 〜の多発[頻発]、相次ぐ〜
ロングマンによると、相次ぐことは something bad である場合が多いそうです。
a spate of terrorism … 続発するテロ(ジーニアス)

But the shrinking middle class has forced us to adjust the way we market our wares.
− とはいえ、中間層が縮小しているため、
  私たちは商品を市場に出す方法を見直さざるをえなくなっています。
one’s wares で「商品、製品」(プログレッシブ)
だから、「倉庫」って ( warehouse ) っていうんだ!

I guess we have to be on a steep learning curve.
− 私たちは、短期間に多くのことを学ばなければならないようですね。
be on a steep learning curve … 急ピッチで学習する
learning curve 3連発
I guess we’re on a real learning curve here.
(ここでは学ぶことがたくさんありそうだわ。)
ほぼ今回のビニェットといっしょ。
(08/12/23「入門ビジネス英語」)
It’s still a steep digital learning curve.
(デジタルなものを思い通りに扱うのは、まだまだ難しいのです。)
(10/06/24「ビジネス英会話」)
My wife and I climbed a very steep learning curve ...
(妻と私は、(中略)短期間で多くを学びました。)
(11/07/15「実践ビジネス英語」)
なんとなく使い方がわかってきたかも。

「急ピッチで学習する」で私が思い出したのが
( bone ) ( up ) on … 〜を詰め込み勉強する
( bone ) ( up ) on your subject and tell the world about it.
(その話題についてガツガツ勉強し、それを世界に向けて語ってください。
(07/04/16・17「英会話上級」)


先日、小・中・高と同級生だった友人と「プチ同窓会」を開催して
非常に盛り上がりました。(うち1人は保育園からいっしょ!)
高校時代の同級生に、びっくりするぐらい頭のいい人が何人かいて、
私なんかは「あの人たちは天才だから...」なんて思っていたら、
その人たちって、実は、もんのすごい「努力の人」だったと、友人が証言。
「あの人たち、○○っていう数学の問題集なんか、
ボロボロになるまで、繰り返し問題を解いてたよ。」
だって...。
みんな努力してたんだな。
「頭の出来が違うから」なんて言い訳にしていた学生時代の自分よ、
君は甘かった!


去年の今頃、「ラジオ英会話」、「英語5分間トレーニング
The sun was ( in ) my ( eyes ).
(太陽がまぶしくって。)
こんなに簡単に言えちゃうんですね〜。

)迷惑コメントを阻止するために「ラジオ」を禁止ワードに設定してあります。


posted by ラジ子 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践ビジネス英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。